新曲 沢田研二に関するニュース

沢田研二は劣化などしていない! 69歳のジュリーが今こそ愛しい理由

CREA WEB / 2017年08月29日12時00分

新曲「ISONOMIA」を聞いたが、衰えていないどころか深みを増している! 現在のぽっちゃり腹は、ビール腹でなく鍛え上げたオペラ腹ではなかろうか。そう思い直すほど、低音の迫力はものすごい。 1988年、テレビ朝日のドキュメンタリー「疾風のアラビア~天地創造の大地を走る」撮影のために訪れた中東から帰国したジュリー。ところで、背後にいるのは、若き日の芸能レポー [全文を読む]

沢田研二へのバッシングに反論した、ジュリーファンのブログがカッコよすぎて必見

AOLニュース / 2015年02月05日12時00分

何年も繰り返しライブに行くファンにとっては古い曲を殆ど歌わないのは通常通りの沢田のライブで、新曲は近年の曲がファンの間ではライブを通して浸透し盛り上がっていることなど、まだまだ彼が現役のロックアーティストであることなども綴ってある。「TVに出ないと落ちぶれた」と言われがちな日本の音楽シーンの悪い慣習などについての誤解などもコンサート会場に行かないと判らな [全文を読む]

吉井和哉、熱狂の全方位開放武道館でニューアルバム発売と全国ツアー開催を発表

okmusic UP's / 2014年12月29日15時00分

【その他の画像】吉井和哉「YOSHII KAZUYA SUPER LIVE 2014~此コガ原点!!~」と題されたライヴは6年ぶりに全方位開放で行なわれ、11月にリリースされた初のカヴァーアルバム『ヨシー・ファンクJr.~此レガ原点!!~』からの多数の選曲、同作には入っていない沢田研二「サムライ」のカヴァー、1月28日に発売されるTRIAD移籍第1弾シング [全文を読む]

吉井和哉、熱狂の日本武道館公演でオリジナルアルバム発売と全国ツアー16公演の開催を発表!

Entame Plex / 2014年12月29日00時27分

「YOSHII KAZUYA SUPER LIVE 2014~此コガ原点!!~」と題されたこのライブは、6年ぶりに全方位開放で行われ、11月にリリースされた初のカバーアルバム「ヨシー・ファンクJr.~此レガ原点!!~」に収録されている楽曲をはじめ、さらにはカバーアルバムには入っていない沢田研二の“サムライ”をカバー、そして、2015年1月28日に発売される [全文を読む]

昇竜の勢いみせるBOYS AND MEN ニューシングル発売決定

dwango.jp news / 2017年04月28日19時14分

現在、日本全国47都道府県を巡る“社長が言ったから有言実行!ボイメン47都道府県ツアー”中のが新曲を発売することが決定した。 大きな期待の中、満を持してリリースする新曲は、「夢は諦めなければ必ず叶う」その熱い思いを胸に、日本中の人たちの背中を押し続けてきた彼らの男気溢れるド派手なボイメンワールド炸裂の最高潮の楽曲になっている。制作陣は現在の日本音楽シーン [全文を読む]

田村直美、8年ぶりとなる全新曲オリジナルアルバムを9月21日にリリース

okmusic UP's / 2016年09月14日00時00分

2017年に30周年を迎える田村直美(SHO-TA)が、豪華参加ミュージシャンと8年ぶりに全曲オリジナル新曲のアルバムを9月21日にリリースする事を発表した。【その他の画像】田村直美サウンドプロデューサーにはhide with Spread BeaverのメンバーでありGLAYのサポートメンバーなどもしていたDIE、Gacharic Spin、Lc5、Do [全文を読む]

「MステSP」に桑田佳祐、総選挙直前のAKB48ら!

Smartザテレビジョン / 2016年06月10日21時00分

そして、海外から3回目の出演となるアリアナ・グランデは、世界中で大ヒットしているアルバムから新曲「Into You」を披露する。かわいいだけじゃない、格好いいアリアナのパフォーマンスにも期待が高まる。 ほか、「第8回AKB48選抜総選挙」直前となるAKB48は向井地美音がセンターを務める「翼はいらない」、関ジャニ∞も最新曲を歌い上げる。そして、2週連続登 [全文を読む]

演歌界のプリンス・氷川きよしが登場!『The Vocalist「氷川きよし~日本有線大賞を歌う~」』TBSチャンネル1で12月5日(土)テレビ初独占放送!!

PR TIMES / 2015年12月04日14時24分

新曲「男花」で第48回日本有線大賞史上最多・9回目の大賞受賞を目指す氷川きよし。 「箱根八里の半次郎」、「白雲の城」、「きよしのソーラン節」など、デビューからこれまで、有線大賞を受賞した楽曲を中心に、氷川きよし大ヒットソングの数々をたっぷりお届けする、超プレミアムなステージ。 本人の楽曲はもちろん、過去に沢田研二が大賞に輝いた「勝手にしやがれ」も熱唱。こ [全文を読む]

あの「お江戸」が新Ver.に!? カブキロックス、2015年元旦にアルバムリリース!

okmusic UP's / 2014年11月20日17時00分

アルバムタイトルは『カブキロックスNOW&BEST~今昔詩歌集~』で、新曲5曲を含めたベストアルバム使用となり、「お江戸」も新ヴァージョンとして収録される。 ジャケ写とアーティスト写真も公開され、当時からの一貫された「和洋折衷歌謡ロック」が期待出来そうだ。近年クールジャパンの影響によって日本のポップカルチャーや伝統芸能が世界から注目される中、彼らの動きも再 [全文を読む]

日本レコード大賞 炎の四番勝負!<第2回>「1978年~沢田研二VSピンクレディー~」(3)

アサ芸プラス / 2013年12月12日09時58分

例えば『8時だヨ!全員集合』でも僕がいかりや長介さんと何度も打ち合わせて、沢田にどんなコントをやらせようか練っていきました」 レコード売上げも前年とそん色なく、新曲をテレビで発表するたびに見せ方が大きな話題となる。9月に発売した「LOVE(抱きしめたい)」は、各テレビ局に「画面をセピア色にしてほしい」と依頼した。 レコ大の下馬評でも「V2は確実」との声が多 [全文を読む]

安室奈美恵など、大物アーティストによるアニメ主題歌が増えているのはなぜ

THE PAGE / 2017年09月17日17時10分

歌手・安室奈美恵の新曲『Hope』が、フジテレビ系アニメ番組「ワンピース」の主題歌に起用されることが発表された。 同曲は、同アニメのために制作期間約半年間をかけて書き下ろされた曲で、仲間同士の“絆”が未来への答えを導く“希望”となることを歌っているという。 最近は、日本を代表する演歌歌手の一人である氷川きよしが同局系人気アニメ「ドラゴンボール超」の主題歌『 [全文を読む]

岸谷香生誕前夜祭 森口博子、高橋みなみと共演

dwango.jp news / 2017年02月19日21時21分

全国で1公演しか行われないこのプレミアム公演は、懐かしい曲から新曲までを含む全22曲が披露されたほか、親交の深い友人たちからの温かいお祝いメッセージも寄せられるなど1200人のファンが集まった会場は温かい空気に包まれる公演となった。 第1部は、18才から29才までに作られた曲たちがメドレーで登場。オープニングでは岸谷の生い立ちを小さい頃からの秘蔵写真と共に [全文を読む]

町あかり初のクリスマスソング 期間限定フリーダウンロード実施中

太田出版ケトルニュース / 2016年11月25日10時20分

新曲『クリスマスをレンジでチン!』は、クリスマスを恋人と過ごす世間の風潮に反し、自宅で冷凍食品を解凍してひとりで自由に食べる楽しさを歌うという、新しいクリスマスの過ごし方を提案する楽曲だ。 今回は、町あかりからのクリスマスプレゼントとして、11月21日から希望者にフリーダウンロードの形で無料プレゼントを実施している。フリーダウンロードは、町あかりオフィシ [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】桑田佳祐「俺も1票入れました」 指原莉乃の『AKB48総選挙』1位に言及

TechinsightJapan / 2016年06月19日15時20分

桑田はこの日、6月29日発売の新曲『ヨシ子さん』をテレビ初披露した。エンディングで指原莉乃の肩を抱いてうっとりする桑田佳祐、出演した感想を求められて「あっ、さしこじゃなくてヨシ子だ」と我に返って周囲を笑わせていた。 翌日には『第8回AKB48選抜総選挙』の開票イベントが行われて、HKT48の指原莉乃が昨年に続き1位となった。夜11時から放送されたラジオ番 [全文を読む]

吉井和哉 2年ぶりの武道館ライブでサプライズ発表

dwango.jp news / 2014年12月29日11時01分

「YOSHII KAZUYA SUPER LIVE 2014~此コガ原点!!~」と題されたライブは、6年ぶりに全方位開放で行われ、11月にリリースされた初のカヴァーアルバム『ヨシー・ファンクJr.~此レガ原点!!~』からの多数の選曲、カヴァーアルバムには入っていない沢田研二の『サムライ』カヴァー、2015年1月28日に発売されるTRIAD 移籍第1弾シング [全文を読む]

元祖クールジャパン!? カブキロックスが新作をリリース

Entame Plex / 2014年11月20日13時13分

新曲5曲を含めたベストアルバム仕様で、「お江戸」の新ヴァージョンも収録される。 また、1月28日には渋谷ラママでリリースライブが決定。現在チケットも発売中。 [全文を読む]

ピンク・レディー 「モンスター神話」の真実(5)いつもコタツで力尽きていた

アサ芸プラス / 2014年08月06日09時58分

ピンクの新曲といえばプレス工場を空けて待機しているんですが、それでも、このままでは出したくないと思ったんです」 都倉の曲はゆったりとしたミディアムテンポ調。幸い、ストックの中に飯田のイメージに合うアップテンポの曲があったので入れ替えた。そして阿久には、その曲に合わせて全面的に書き直してもらった。 「それは阿久先生もムッとしたと思います。ただ、常識を覆すもの [全文を読む]

「Fan+(ファンプラス)」に新ショップ「'80年代J-POP GARDEN~LIVE&TALK session」登場!

@Press / 2012年11月12日17時30分

★2007年、avex新人女性ヴォーカリスト高杉さと美の大澤楽曲「そして僕は途方に暮れる」のカバーがきっかけで彼女の新曲2曲をプロデュース。★2008年大澤誉志幸ソロ・デビュー25周年のANNNIVERSARY YEARを迎えるにあたり、東・名・阪・福で前哨宴SPECIALライブを展開。5月7日「そして僕は途方に暮れる/Single」、5月28日「Seas [全文を読む]

フォーカス