ドラマ 長谷川博己に関するニュース

第14回「21世紀の連ドラ史」

ソーシャルトレンドニュース / 2016年12月23日11時30分

■お仕事ドラマの夜明けまず、21世紀の連ドラの特徴として、それまでの“純愛ドラマ”全盛だった90年代と比べて、“お仕事ドラマ”の時代となったことが挙げられると思う。で、その扉を開けたのが、この作品――フジテレビの月9ドラマ『HERO』(1stシーズン)だったと。奇しくも2001年1月8日スタート。文字通り21世紀最初のクールの作品だったんですね。思えば、9 [全文を読む]

第17回「あなたの21世紀マイ・フェイバリット連ドラ」

ソーシャルトレンドニュース / 2017年02月03日19時00分

そう、『踊る大捜査線』(フジ系/1997年)もそうだったけど、お仕事ドラマといいつつ、やっぱり視聴者は青島俊作(織田裕二)と恩田すみれ(深津絵里)の恋の行方も気になるワケで。2人が心を通わせつつも、なかなか前に進めないもどかしさに、視聴者は感情移入するのである。■そのチームに阿部寛はいるか3つ目の世界は、主人公が所属する組織である。東京地検城西支部。検事も [全文を読む]

“独断と偏見”で選ぶ!年末年始にまとめてみたい2015年お薦めドラマたち

日本タレント名鑑 / 2015年12月26日09時55分

きれいに掃除した気持ちの良いお部屋で、おいしいお酒と食事を用意して、ゆっくりと撮りだめしておいた今年の話題のドラマを楽しむ・・・なんて年末年始はいかがでしょうか? 今年は感動ものから、サスペンス、ファンタジーと多種多様なドラマがたくさん放送されました。最近の話題ドラマはもちろん、今年頭の少し懐かしいドラマまで、2015年のお薦めドラマを独断と偏見で選んでみ [全文を読む]

<絶不調フジテレビの起死回生なるか>月9『デート~恋とはどんなものかしら~』をこう考える。

メディアゴン / 2015年01月21日02時17分

黒田麻衣子[徳島テレビ祭スタッフ]× 岩崎未都里[ブロガー]* * *メディアゴン執筆陣の中でも、1、2のテレビドラマ好きである黒田麻衣子さんと岩崎未都里さん。30代半ば〜アラフォー世代という「妙齢」な2人が、恋愛ドラマについて、妙齢だからこそ語りを対談形式で御届けします。(メディアゴン編集部)・・・前回(「東京ラブストーリー」をSNS時代にリメイクしたら [全文を読む]

TBSが好調でフジテレビは大惨敗?”春ドラマ”成否の分かれ目

デイリーニュースオンライン / 2017年07月03日08時00分

先日、4月からスタートした“春ドラマ”がすべて終了した。今期の民放ドラマのなかでは、全話平均視聴率で長谷川博己(40)主演の『小さな巨人』(TBS系)が首位を獲得。全話の総合視聴率が21.3%(ビデオリサーチ調べ、関東地区、以下同)を記録した。本作は警視庁本庁と所轄の確執や、警察内部の戦いを描いたドラマ。警察という巨大組織に翻弄される主人公や、周囲の人間ド [全文を読む]

ド派手アクションの刑事もの?悪に立ち向かう所轄の正義?イケメン満載の兄妹愛?心に残った2017年春ドラマ5選!

日本タレント名鑑 / 2017年07月20日17時30分

2017年も夏ドラマが始まり、各作品がこれからどのような展開を魅せてくれるのかとても楽しみです。思えば今年の春ドラマも、今と同じように期待感満載でドキドキしながら視聴していたものです。すべての作品が最終話を迎え完結した今、皆さんの心に残った春ドラマ作品はどんなドラマだったのでしょうか? そこで今回は、2017年春ドラマを振り返り、特に心に残ったドラマ作品を [全文を読む]

春の桜は日本人の心!?桜ソングだけじゃない!桜(さくら)絡みの日本ドラマ5選!

日本タレント名鑑 / 2017年05月12日10時45分

私たちの大好きなドラマにも「桜」絡みの作品はたくさんあります。 そこで今回は、数ある日本の名作ドラマの中から「桜」に関連する作品を5本ピックアップしてみました。映画作品まで入れてしまうとなかなかのボリュームになってしまいますので、今回はあくまでドラマかつ、タイトルに「さくら」のワードが入っている作品のみに絞らせて頂きました。もう5月に入り、若干桜の季節とは [全文を読む]

アラフォー清純派女優・石田ゆり子、NHKドラマでついに濡れ場解禁!?

メンズサイゾー / 2014年07月30日09時00分

20日に終了したドラマ『MOZU Season2~幻の翼~』(WOWOW)に出演していた女優の石田ゆり子。同ドラマは、4月クールのドラマ『MOZU Season1~百舌の叫ぶ夜~』(TBS系)の続編で、石田は西島秀俊演じる主人公の妻で爆弾事件によって亡くなった人物という役どころを演じていた。 また、10月からはNHKドラマ『さよなら私』に主演することが決ま [全文を読む]

テレビウォッチャー・てれびのスキマが選ぶ、2015年のテレビ事件簿【ドラマ編】

日刊サイゾー / 2015年12月30日15時00分

2015年のドラマを振り返る際、真っ先に挙げなければならないのは『下町ロケット』(TBS系)だろう。多くのドラマが視聴率1桁台と2桁台の境目でもがいている中、20%超えする回もあるなど、高視聴率を獲得。いわば、ひとり勝ち状態だった。 これには、さまざまな要因がある。中でも大きいのは、伊與田英徳プロデューサー&福澤克雄演出というチームの完成度が、いよいよ円熟 [全文を読む]

キャリアとノンキャリアは仲悪い? 刑事ドラマのウソホント

NEWSポストセブン / 2017年06月03日07時00分

「近年の刑事ドラマには、犯人の追跡劇だけではなく、推理や人間ドラマの要素も加わり、魅力がぐっと増している」 そう話すのは上智大学文学部(メディア文化論)の碓井広義教授。昔と今のドラマに甲乙はつけられないものの、大きな違いがあるという。「昔の警察ドラマは勧善懲悪で、犯人は悪者でした。しかし最近は、そういう単純な構図ではなくて、犯人側にも人生があり、犯罪へと至 [全文を読む]

この秋始まる新ドラマの最新情報を紹介!金曜~土曜編

Smartザテレビジョン / 2016年08月24日20時53分

この秋から始まる金曜から土曜に放送する新ドラマの最速情報を紹介する! ■ “最凶の隣人”が菅野美穂を追い詰める 菅野美穂主演で、“最凶の隣人”に追い詰められる主婦を描くサスペンスドラマ「砂の塔~知りすぎた隣人」が金曜夜10時からTBS系で放送。平凡な主婦の亜紀(菅野)は、きらびやかなタワーマンションに引っ越し、同じマンションに住む通称“タワマン主婦”の独自 [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】『デート』最終回は大女優の登場で急展開。“恋愛不適合者”の恋に感動。

TechinsightJapan / 2015年03月24日14時50分

ドラマ『デート』の最終回は、主人公の2人がバスで出会った女性の言葉をきっかけに本当の“恋”に目覚めていく。毎回、もどかしい2人と周辺の姿がコミカルに描かれてきた本作だが、ツイッターで「このドラマでまさか泣くとは…」とつぶやかれるような感動のラストとなった。 杏と長谷川博己が“恋愛不適合者”の男女を演じるドラマ『デート~恋とはどんなものかしら~』(フジテレビ [全文を読む]

杏&東出が結婚後初共演! 話題のカップルたちも出演でネット上は大騒ぎ

メンズサイゾー / 2015年03月17日21時30分

現在放送中の月9ドラマ『デート~恋とはどんなものかしら~』(フジテレビ系)に出演中の杏(28)が、16日放送の『草なぎ剛のがんばった大賞』(同)に夫の東出昌大(27)と結婚後、初となるバラエティ共演を果たして話題になっている。 同番組は2014年10月から2015年3月までフジテレビ系列で放送された情報・バラエティ・ドラマの名・珍場面を一挙放送するというも [全文を読む]

デート・◯◯妻・レストラン!あの人気ドラマのあらすじと後半戦の注目ポイントを大公開!

ANGIE / 2015年02月21日08時59分

いよいよ冬のドラマも折り返し地点! 寒さを吹き飛ばす熱いドラマが繰り広げられています。 奇しくも、“女性の生き方”を描いているドラマが視聴率もよく話題となっています。 今回は特に視聴率がよく話題にもなっているのドラマのあらすじと、後半戦注目のポイントを紹介いたします。 これさえ読めば、途中からでも人気のドラマを楽しめること間違いなし! 恋をしなくても結婚 [全文を読む]

アラ40〜50女性が虜に!気になるドラマ枠「ドラマ10」

WEB女性自身 / 2014年02月02日07時00分

原田知世(46)が主演するNHK「ドラマ10」の『紙の月』(火曜夜10時〜全5回)に、アラ40〜50女性が大注目している。視聴率は初回6.5%から21日放送の第3回は8%に急上昇。世の女性の心に響く秘密はどこにあるのか? 第25回柴田錬三郎賞受賞・角田光代原作の同ドラマ。物語は、子供ができず夫と2人暮らしの主婦・梨花がパートとして銀行で働きはじめ、独居老人 [全文を読む]

“木村拓哉ブランド”失墜の危機!? ジャニーズ事務所がTBSに不快感を抱くワケ

サイゾーウーマン / 2017年01月29日11時45分

木村拓哉のソロ転身後、初の大仕事になる同ドラマの視聴率に、ジャニーズ事務所は苛立ちを抱えているという。 「現在、視聴率全体が低迷するテレビ業界において、14%超というのは高い数字といえますが、最も好調なドラマ枠といわれるTBSの日曜劇場で、しかも“視聴率王”木村が主演とあっては、やはり物足りない印象です。ジャニーズも、歯がゆい思いをしているのではないでしょ [全文を読む]

花尽くし! 伊野尾慧(Hey! Say! JUMP)が初登場にして初表紙 ぴあ『SODA 2016年9月号』本日発売

PR TIMES / 2016年07月23日11時53分

表紙を飾るのは、バラエティを中心にブレイクし、ドラマでもその才能が華開いたHey!Say!JUMPの伊野尾慧。 これまでにない表情で魅せるグラビアはもちろん、現在放送中のドラマ『そして、誰もいなくなった』(日本テレビ系)から得たこと、ジャニーズに入ったきっかけ、転機についてなど、彼の魅力が伝わるインタビューもたっぷり掲載。ドラマの現場レポートにも御注目を [全文を読む]

山崎、菅田、土屋…今旬の俳優&女優たち かつては学園ドラマの生徒の一人だった

日本タレント名鑑 / 2016年05月19日13時55分

学園ドラマといえば、昔から新人俳優、女優がブレイクするための登竜門。『3年B組金八先生』(TBS系)や『ごくせん』(日本テレビ系)など多くのスターを生み出していることで有名です。最近では、ドラマや映画で人気上昇中の山崎賢人さん、菅田将暉さん、土屋太鳳さんらも以前は学園ドラマの生徒役の一人として出演していました。 『まれ』の夫婦役・土屋太鳳&山崎賢人の初共演 [全文を読む]

広瀬アリス、濱田岳に「ハマちゃんみたいな人は旦那さんには無理」!?

Woman Insight / 2015年10月22日20時20分

10月22日都内にて、10月23日夜8時から、テレビ東京系列で放送を開始するドラマ『釣りバカ日誌 新入社員 浜崎伝助』の記者会見が行われ、主演の濱田岳さん、広瀬アリスさん、吹越満さん、西田敏行さん、浅原雄三監督が出席しました。 ハマちゃんの西田さんとスーさんの三國連太郎さんで人気を博した、映画『釣りバカ日誌』(原作:コミック『釣りバカ日誌』)が、2015年 [全文を読む]

広末涼子、“馬乗りで濃厚なキス“がエロすぎる! 「熟女の色気」溢れる生々しいエロスに絶賛の声

メンズサイゾー / 2014年09月25日17時00分

23日に放送されたドラマ『聖女』(NHK)で主演の広末涼子(34)が、相手役の男性に馬乗りになって濃厚なキスをするという過激なシーンを披露した。この広末の大胆な演技はネット上でも大いに話題になっており、「表情がエロい」「生々しいエロス」「熟女の色気」といったコメントが寄せられている。 「放送が始まる前から、広末さんが悪女役に挑戦するということで注目を集めて [全文を読む]

フォーカス