向井理 長谷川博己に関するニュース

花尽くし! 伊野尾慧(Hey! Say! JUMP)が初登場にして初表紙 ぴあ『SODA 2016年9月号』本日発売

PR TIMES / 2016年07月23日11時53分

~長谷川博己、向井理、三浦春馬、岡田将生、松坂桃李も登場~ 本日7月23日、ぴあ『SODA 2016年9月号が』が発売となりました。 表紙を飾るのは、バラエティを中心にブレイクし、ドラマでもその才能が華開いたHey!Say!JUMPの伊野尾慧。 これまでにない表情で魅せるグラビアはもちろん、現在放送中のドラマ『そして、誰もいなくなった』(日本テレビ系)から [全文を読む]

木村拓哉が表紙&巻頭グラビアに登場! 亀梨和也、河合郁人&五関晃一、戸塚祥太、中山優馬らジャニーズグラビアも大増量!「シネマ☆シネマ58」が7月14日(火)発売!

PR TIMES / 2015年07月06日16時19分

木村拓哉の巻頭超ボリュームグラビアのほか、7月5日(日)に行われた出演者勢ぞろいの「HERO」完成報告会見の模様を、どこよりもいち早くレポートする![画像: http://prtimes.jp/i/7512/141/resize/d7512-141-362670-0.jpg ]SPグラビアには、「進撃の巨人」に出演する三浦春馬&長谷川博己&本郷奏多のほか、 [全文を読む]

西島秀俊に続き向井理「泣ける…」人気俳優の結婚ラッシュに大ダメージ!

messy / 2014年11月21日18時30分

かねてから交際がささやかれていた俳優の向井理(32)と女優の国仲涼子(35)の結婚が判明したのだ。2人は、2012年1月クールで放送されたドラマ『ハングリー!』(フジテレビ系)での共演がきっかけで交際に発展。約2年半の交際を経てゴールインするという。12月下旬に婚姻届を提出する予定だそうだ。 このおめでたいニュースに、ネットからは「おめでとう」「お似合い [全文を読む]

伊藤英明、山田孝之も?2016年の”大コケ映画”を振り返る

デイリーニュースオンライン / 2017年01月03日12時05分

絶対舌感をもつ蘭丸を演じた向井理(34)は死体でも何でも舐めまわり、「事件の謎は、この舌が味わった」という決め文句を言い放つ。金曜22時枠で放送され、平均視聴率は最低3.8%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)を記録するなど大コケした。 それにもかかわらず、最終回直後には劇場版『RANMARU 神の舌を持つ男 鬼灯デスロード編』(中略)の公開が発表された。公開 [全文を読む]

星野源は今さら古い? 異常事態の『塩顔男子』人気で次の狙い目は…

週プレNEWS / 2016年01月16日06時00分

しかし今では星野源や綾野剛、長谷川博己といった“代表的な”塩顔俳優のみならず、松山ケンイチ、向井理、小栗旬までもが「塩顔」と呼ばれる異常事態が発生中! そこで、「塩顔男子」の乱用に怒り心頭の自称“塩顔男子ソムリエ”である文化系OLふたりに「正しい塩顔男子とは?」、そして次にブレイクしそうな「次世代・塩顔男子」について聞いてみたぞ。 ■塩顔の代表は、今や星野 [全文を読む]

木村文乃?石原さとみ? ネットが騒いだ今年のベスト“キスシーン”は!?

アサジョ / 2015年12月30日09時59分

国仲も2014年末に向井理と結婚、長谷川も鈴木京香と結婚間近との報道もあったように、メンバーは全員“熱愛真っ只中”の人物たち。その背景からドキッとした視聴者も多かったようだ。 続いては「サイレーン」(フジテレビ系・10月クール)の木村文乃×松坂桃李。4度目の共演となった2人だが、前回の共演作である映画「ピース・オブ・ケイク」では同性が好きな男とその女友達と [全文を読む]

“独断と偏見”で選ぶ!年末年始にまとめてみたい2015年お薦めドラマたち

日本タレント名鑑 / 2015年12月26日09時55分

まっすぐな善人役や、軽いノリの男性役の多い向井理さん。『遺産争族』ではダークサイドに転じるシーンもあり、また役者としての新たな一面を見せてくれそうです。 そして、木曜ドラマと言えば今年頭に放送された『アイムホーム』はいかがでしょうか。現在の人格、過去の人格との違いに翻弄される主人公。実に人間の色々な側面をみせてくれました。作品としての面白さはもちろん、主演 [全文を読む]

絶対あの日!“最後の大物独身俳優”竹野内豊と倉科カナの入籍日がわかった!?

アサ芸プラス / 2015年10月02日09時59分

14年から15年の年末年始も、東出昌大と杏(12月26日発表)、米倉涼子と一般男性(12月26日発表)、向井理と国仲涼子(12月28日入籍、30日発表)、永井大と中越典子(12月30日発表)、染谷将太と菊地凛子(15年1月1日発表)など結婚発表が相次いだ。 最後に、2人を後押しする情報をもう1つ。今年の12月23日は大安吉日! この日、2人は結ばれる‥‥は [全文を読む]

新月9ドラマ 新進気鋭の脚本家が寿女優をどう料理するか注目

NEWSポストセブン / 2015年01月19日07時00分

依子も巧も一癖二癖あるキャラに間違いありません」(カトリーヌさん) また、向井理(32才)と入籍したばかりの国仲涼子(35才)が元ヤンキーの売れない画家役として出演している。私生活でもおめでたい人ばかりの女優陣を新進気鋭の脚本家がどう“料理”していくかに期待だ。 ※女性セブン2015年1月29日号 [全文を読む]

国仲涼子が結婚後初の公の場に!「結婚生活は楽しいです」

Smartザテレビジョン / 2015年01月12日20時29分

そんな国仲はこの日、昨年末に向井理と結婚してから初の公の場となった。舞台あいさつ終了後に報道陣から祝福のことばを受けると、「ありがとうございます。(結婚生活は)楽しいです」とほほ笑み、会場を後にした。 [全文を読む]

杏&国仲“新妻”揃っての登場、新婚生活は「楽しいです」

WEB女性自身 / 2015年01月12日00時00分

先月28日に俳優の向井理(32)と結婚した国仲は、報道陣から「おめでとうございます」と祝福を受けると「ありがとうございます」とニッコリ。新婚生活について聞かれると「楽しいです」と答え、幸せいっぱいの様子を見せた。 元旦に俳優の東出昌大(26)と入籍した杏も報道陣の祝福に笑顔で応え、理想のデートについて「オシャレをして歩いてみたい。お着物を着ていろんなとこ [全文を読む]

杏、国仲涼子、田中哲司…新婚役者たちの視聴率バトルの勝者は!?

アサ芸プラス / 2015年01月06日18時00分

ネット上では「シリアスもコミカルな役もこなせる2人の駆け引きが楽しみ」「長谷川さんのダメンズ役が見もの」などの声が多数だが、「向井理との結婚を発表してますますキレイになった国仲涼子の演技にも期待したい」との声も。期待の「月9」だけに、W新婚女優の出演で視聴率を稼げるか? 続いては「ゴーストライター」(フジテレビ系)。主演は中谷美紀で、自分の才能の枯渇に怯え [全文を読む]

「あなたのATMとして生きる」ほか アイドルオタクに学ぶ、好きなタレントの熱愛ショックから立ち直る方法5つ

ウートピ / 2014年11月30日12時00分

竹野内豊の熱愛騒動、伊藤英明、西島秀俊までもが結婚かと思えば、ダメ押しで向井理もとは……。もうやめて! 全国総女子のライフはゼロよ!!このところ、名だたるイケメン俳優たちの結婚ラッシュが止まりません。「まだ大丈夫、長谷川博己や佐々木蔵之介が残っているわ」といった声もありますが、彼らだっていつ逝くとも限りませんから、鞍替えするのは早計です。では一体、私たちは [全文を読む]

向井理と国仲涼子の結婚…決め手はアノ若手俳優だった!?

デイリーニュースオンライン / 2014年11月25日13時00分

そして、その傷が癒えぬ間もなく、21日には向井理(32)が、かねてから交際がささやかれていた女優の国仲涼子(35)と結婚することを発表。イケメン俳優の結婚ラッシュが続いている。 結婚の動機は小栗旬? 向井と国仲は、2012年のドラマ『ハングリー』(フジテレビ系)の共演がきっかけで交際をスタート。当時国仲は33歳。結婚に焦る年齢だが、彼女は向井に結婚を催促 [全文を読む]

<5月23日は“キスの日 女性300人に聞いた キスに関する意識調査!>キスしてほしい芸能人 第1位は「西島秀俊」さん 女性は「アラフォー紳士」と「塩顔・ヘビ顔男子」に夢中

@Press / 2014年05月21日17時30分

また、第4位「向井理」さん、第7位「綾野剛」さん他、フリーアンサーでは「佐藤健」さん、「長谷川博己」さん、「松田翔太」さん、「深瀬慧」さん、「星野源」さんなど、話題の「塩顔・ヘビ顔男子」を挙げる回答が目立ちました。■映画・ドラマの名キスシーン、「タイタニック」の船上キス、「花より男子」の飛行場キスが上位ランクイン憧れのキスシーンとして、印象に残る映画やドラ [全文を読む]

坂口憲二、佐々木蔵之介…「そろそろ結婚しそう」と思う独身俳優と言えば?

NewsCafe / 2013年04月21日12時00分

その他では「向井理さんとか綾野剛さん、長谷川博己さんも30代で一時期には結婚の噂もあった程です」「亀梨和也…いいパパになりそう! 奥さんにも子供にも溺愛しそう」など選択肢に入りきらなかった名前が挙がったほか「どなたでも。そういう幸せ報告はノロケ混じりでも楽しいですから」と、春らしいアンケートに支持を寄せるコメントも届いた。ただ、なかには「皆さんズーッと独身 [全文を読む]

名作ドラマ&漫画「最終回のヒミツ」(2)「もう一度見たいドラマ」 1000人アンケート

アサ芸プラス / 2013年03月13日09時54分

布美枝(松下奈緒)としげる(向井理)が故郷の森の石段に座っている。しげる「まだまだ、これからだ」。布美枝「はい」。そして2人で歩いていく後ろ姿。 やはり、誰もが好きなドラマの最終回は、後ろ髪を引かれる余韻が好まれるようである。 [全文を読む]

蜷川実花が撮る100人の女と100人の男 『NINAGAWA WOMAN 2』 『NINAGAWA MEN 1』 2013年1月30日 2冊同時刊行!

PR TIMES / 2013年01月30日11時03分

【商品詳細】書名:『NINAGAWA WOMAN 2』 『NINAGAWA MEN 1』著者:蜷川実花発売日:2013年1月30日判型:B5変型判(各128ヘ゜ーシ゛)定価:各2,800円(税込み)発行:講談社【NINAGAWA MEN 1】哀川翔 /Ashin /與真司郎(AAA) /綾野剛 /綾小路 翔 /新井浩文 /安藤政信 /市川猿之助 /市川染五 [全文を読む]

フォーカス