長友佑都 中田英寿に関するニュース

W杯日本代表、チーム内派閥対立で空中分解?本田と大久保に確執?

Business Journal / 2014年06月12日22時00分

また「文春」は、セレッソ閥については「新潮」と同じものの、吉田麻也、川島永嗣、内田、長谷部ら、代表合宿で一緒に散歩をすることが多い「散歩閥」や、合宿中にゲーム「モンスターハンター」に興じる内田、酒井高徳、岡崎らの「モンハン派」、そして本田や遠藤保仁、長友佑都らW杯優勝を目指す「理想派」の4つの派閥があると報じている。●チームが空中分解?「新潮」によれば、 [全文を読む]

W杯直後のサマージャンボは「代表選手ゆかりの地」がカギ

WEB女性自身 / 2014年07月02日07時00分

10年の南アフリカ大会では、長友佑都の母校・東福岡高のある福岡で1等3億円が3本。W杯直後のサマーは、代表ゆかりの地に億の実績があるんです」 と、風水建築家の山下剛さん。そこで今回、日本代表は予選敗退したが、代表ゆかりの地から、お勧め売り場をあげてもらった。 ◯宮城県仙台市《あすと長町チャンスセンター》――DF今野泰幸の出身地。 ◯埼玉県さいたま市《浦和 [全文を読む]

ザックJAPAN「本田VS川島」の派閥バトルが勃発?(1)理想派と現実派に分かれている

アサ芸プラス / 2014年05月15日09時57分

「その本田は『理想派』グループを形成し、同い年でともにイタリアのミラノで活躍する長友佑都(27)がそれに賛同。本田と長友は月に1度以上のペースでミラノで会い、食事をする間柄です」(スポーツ紙サッカー担当記者) 派閥が一つできれば必然的に、対抗する勢力も生まれる。それが、キャプテンとしてチームをまとめてきた長谷部誠(30)が形成する「現実派」グループだ。メ [全文を読む]

「インチキファンド報道以来、音信不通……」“旅人”元サッカー日本代表・中田英寿氏はどこへ!?

日刊サイゾー / 2014年01月08日16時00分

ASローマ在籍時代にはリーグ優勝も経験しており、香川真司(マンチェスター・ユナイテッド/イングランド)や長友佑都(インテル・ミラノ/イタリア)、本田圭佑(ACミラン/イタリア)といった現代表における海外組の先駆けとなった、日本サッカー史上最大のスター選手。それだけに数々のテレビコマーシャルに出演し、2006年の引退時には現役時代に稼いだカネが82億円とも報 [全文を読む]

伊紙が50歳のカズを特集「セリエAと日本サッカーの架け橋」…トッティとも比較

ゲキサカ / 2017年02月27日13時16分

三浦は「セリエAと日本サッカーの架け橋となった先駆者」であり、のちに名波浩、中田英寿、中村俊輔、柳沢敦、大黒将志、森本貴幸、小笠原満男、長友佑都、本田圭佑ら多くの日本人トップ選手が後に続いた。 さらに17歳から23歳までブラジルにサッカー留学をしたエピソードを挙げて、三浦が「典型的な日本人とは違う」ことを紹介した。ブラジルでドゥンガとともにプレーし、ジーコ [全文を読む]

高校サッカー選手権から平山相太に続く“怪物”はもう生まれない!?

週プレNEWS / 2016年12月25日11時00分

この年の高校サッカーに出場していた長友佑都(東福岡・福岡)に至っては、愛媛FCのジュニアユースのセレクションさえ不合格になっている。高校時代も無名のまま終わった長友が、インテルの一員になるとは、当時は誰も想像しなかっただろう。 12月30日の関東一(東京)と野洲(滋賀)の試合で開幕する今大会には、卒業後に京都サンガ入りが内定しているFWの岩崎悠人(京都橘 [全文を読む]

アモーレ長友じゃないの?リオ五輪サッカー代表の地味なOAにテレビ局が悲鳴

アサ芸プラス / 2016年06月28日05時59分

これまでOA枠の候補として長友佑都、大久保嘉人、大迫勇也、清武弘嗣、宇佐美貴史らの名前が挙がりましたが、彼らに比べると地味なのは否めません。視聴率的にはアモーレ熱愛で注目を浴びた長友は入れてほしかったですね」(広告代理店関係者) そもそもU-23のメンバーが地味なのも問題だ。ロンドンでは宇佐美や清武、北京では本田圭佑に香川真司、アテネでは大久保嘉人に田中マ [全文を読む]

「IoT」「サブスクリプション」「ジョガパン」「マッサ」…etc.これを知らなかったアナタはすぐ読むべし! アイテム情報誌『GetNavi』8月号は6月24日発売!

PR TIMES / 2016年06月23日17時17分

ワイン・スピリッツの世界最大の見本市「VINEXPO香港」にてベールを脱いだ「日本酒セラー」の正体とはいったい!?そして、綴じ込み付録は、大人気通販サイト「ホン・モノ・ケイカク」のベストセレクションカタログ! なんと、「ホン・モノ・ケイカク」内にてサッカー日本代表の長友佑都選手のプロデュースブランド「UTOOL」が始動。長友選手本人が監修・テストし、「長く [全文を読む]

インテル愛強調…長友、マンUからのオファーを断ったことを認める

ゲキサカ / 2016年02月12日13時12分

日本代表DF長友佑都が、現地で報じられた今冬にマンチェスター・ユナイテッドからオファーがあったとする報道を認め、断りを入れていたことを明かした。 報道は8日に『トゥットメルカート』などが報じていたもので、ユナイテッドが移籍締め切りの数時間前に長友の獲得を目指したが、長友のインテルへの思いが強く、交渉は成立しなかったとしていた。 長友は1月にDFアンドレア・ [全文を読む]

サッカー遠藤保仁が子どもの夢を壊す!? マイペース男が問題発言連発中!

日刊サイゾー / 2014年12月17日15時00分

後輩の長友佑都選手に対しては『サッカーセンスだけで言えば、プロレベルまで達してないんじゃないかと思います(笑)』と、辛らつな評価を下していました」(前出ライター) 究極の目標は「試合中にダッシュしないこと」と大胆に語る遠藤だが、時に強いこだわりと信念さえもうかがえる。34歳と、一般的には引退を意識する年齢だが、周りの常識に捉われない遠藤は、虎視眈々と38歳 [全文を読む]

サッカー代表アギーレジャパン、試合も視聴率も“惨敗”スタートで早くも深刻な事態に!?

日刊サイゾー / 2014年09月10日19時00分

本田圭佑や長友佑都など、南ア大会の中心メンバーもそのまま残っていたので、ファンの期待も大きかった。そんな期待の大きさが視聴率に表れたのでしょう。しかし、今回は逆にブラジル大会でファンの不興を買った本田らが代表メンバーに再び選ばれたこともあり、盛り上がりに欠けたのだと思います」(同) W杯の惨敗を受けての初陣といえば、やはり06年のドイツW杯で惨敗を喫したジ [全文を読む]

“ポスト遠藤”の柴崎が7番に 「背番号にこだわりはないけど…」

ゲキサカ / 2014年09月03日19時30分

活動量を多くしてプレーしたい」 今合宿では練習の前後にFW本田圭佑やDF長友佑都ら欧州組と積極的にコミュニケーションを取る姿も見られる。「僕は日本国内でしかやっていないし、話を聞けるのは貴重なこと。いろんな選手と話したいし、まんべんなく話したいと思っている。刺激になっているし、みんな気さくで、話しかけやすいし、話しかけてくれる」と、ピッチ内外でさまざまなこ [全文を読む]

本田圭佑の態度 W杯出場権を獲得した直後から変化が起きた

NEWSポストセブン / 2014年07月01日07時00分

2012年には長友佑都がテレビのインタビューで、「カラオケで自分の世界に入る圭佑を皆で笑っていた」と証言しているように、雰囲気は良かったようだ。 しかしそんな本田も、ザック体制の中核として順調に勝ち星を重ね、W杯出場権を世界最速で獲得したあたりから、変化が起きた。 味方を責めるようなことはいわなかった本田が、「個の力が足りない」と、8人の選手の実名を挙げて [全文を読む]

ブラジルW杯の日本状況 ジーコ監督時のドイツ大会と重なる

NEWSポストセブン / 2014年06月30日07時00分

ザックジャパンでは長友佑都、香川真司、岡崎慎司ら欧州組を中心に編成。一方のジーコジャパンは、中村俊輔に加え、小野伸二、稲本潤一に代表される、いわゆる「黄金世代」を軸に据えた。 そして最も大きな共通点が、チームに「王様」がいたことである。今回は本田、ドイツでは中田英寿。2人は、それぞれの世代における日本代表で傑出した存在だった。 中田はまだ日本人サッカー選手 [全文を読む]

本田圭佑 W杯間近も“大不調”の理由とは?(4)不安要素は本田だけではない

アサ芸プラス / 2014年06月19日09時57分

さらに内田、吉田も試合には出場しているものの故障明けで、長友佑都(27)は先日のキプロス戦で右ふくらはぎを打撲、好調をキープしていた岡崎までがコスタリカ戦後に発熱している。レギュラーを担ってきた今野泰幸(31)にしても、所属するJ1ガンバ大阪において絶不調でスタメン落ちの体たらくですからね」 こう嘆く、日本サッカー協会幹部が続ける。 「今大会は、高温多湿と [全文を読む]

サッカー元日本代表・中田英寿が大サービス! コスプレまで披露したワケとは?

日刊サイゾー / 2014年06月06日21時30分

なので、ヒデにとってカフェはW杯における唯一のアピールの機会なのでしょう」(サッカーライター) 史上最強の呼び声が高い現在の日本代表を応援する若いサポーターにとっては、日本サッカー界最大のスターだった中田氏の存在感も、香川真司(マンチェスター・ユナイテッド=イングランド)や本田圭佑(ACミラン=イタリア)、長友佑都(インテル・ミラノ=イタリア)といった現代 [全文を読む]

本田圭佑 華々しいデビューの裏で漏れ伝わる辛口評価

アサ芸プラス / 2014年01月30日09時57分

「中田英寿、中村俊輔、長友佑都など日本人選手が移籍すれば日本企業がスポンサーにつくことは織り込み済み。オーナーのベルルスコーニ元首相の下半身醜聞でスポンサーから金が集まらなくなったこともあり、現在、深刻な経営難に苦しむミランにとっては、前所属のCSKAモスクワとの契約が満了し、ムダな移籍金が発生しない本田はまさに金のなる木。一説には15億円もの“本田需要 [全文を読む]

本田圭佑 超名門ACミランではピッチの外で2つの試練が待つ

NEWSポストセブン / 2014年01月23日07時00分

同じくセリエAの名門インテルで活躍する長友佑都が「持ち上げるのも凄いが落とすのも早い」と評するイタリアの中でも過激で知られる。サッカー誌編集者はいう。 「結果が出ないと自宅の不審火や車タイヤのパンクといった嫌がらせは日常茶飯事です。過去には、夫人とのショッピング中の集団襲撃といった事件も報告されています」 特に助っ人外国人は厳しい眼に晒されるのが常だ。例え [全文を読む]

セルジオ越後の一蹴両断! 第334回「ようやくロシア脱出! ACミラン本田の爆発に期待したい!」

週プレNEWS / 2013年12月12日15時00分

その間には、日本代表のチームメイトである長友佑都がインテル(イタリア)に、香川がマンUにと、それぞれビッグクラブへの移籍を先に果たした。高いプライドは傷ついただろう。 ようやく実現した今回のミラン移籍にしても、いわゆる“ゼロ円移籍”。決して、日本のメディアが報じているようなスーパースター級の評価を受けているわけじゃない。本田が望むようなビッグクラブは、移 [全文を読む]

韓国サッカー界 後進が育たぬ「朴智星後継者問題」が深刻化

NEWSポストセブン / 2012年06月22日07時00分

香川真司や長友佑都に代表されるように、サッカー界では日本人選手が次々と海外で成功を収めているが、お隣り韓国では、日韓W杯以降の後進選手が伸び悩んでいる。実際、韓国サッカー界では「朴智星(パク・チソン)の後継者問題」が解決しないのが最大の懸案とされている。一方で日本では中田英寿の次は中村俊輔、その次は本田や香川と、世界的クラブで主力を張る選手が途切れることな [全文を読む]

フォーカス