築地 卸売市場に関するニュース

黒船ガール×路線バス:CITYSCAPE vol.1 (3/4)

INLIFE~あなたと保険を繋げるメディア~ / 2016年11月14日09時00分

BACK NUMBER 黒船ガール×路線バス:CITYSCAPE vol.1 (1/4) http://insurance.rakuten.co.jp/inlife/fun/cityscape-20161024/ 黒船ガール×路線バス:CITYSCAPE vol.1 (2/4) http://insurance.rakuten.co.jp/inlife/f [全文を読む]

ぐっちーさん「豊洲移転など、ありえない!」 築地なら都の負担ゼロ、家賃も入るのが常識

東洋経済オンライン / 2017年06月09日07時00分

築地、豊洲、結局どっちなんだ?」。6月5日、東京都の小池百合子知事が特命で設置した「市場問題プロジェクトチーム」(PT、築地から豊洲への卸売市場移転を検証する目的で設置)が報告書をまとめた。「築地市場の再整備」と「豊洲への移転」の両論を並記しつつ、築地を「食のテーマパーク」、豊洲を「IT+物流センター」として両方活用する案も提示。特色は、築地再整備に重き [全文を読む]

小池都知事 都政の信頼戻すため…秘めていた“築地改築”

WEB女性自身 / 2016年09月22日06時00分

(写真・AFLO)「(築地市場の移転先である豊洲新市場の)青果棟、水産棟などにおきまして、じつはこの4.5メートルの盛り土が行われていなかったのではないか、そして、それはいったいどうなっているのか、といったような疑問が出てきたわけでございます 」 9月10日、土曜日の夕刻に突然行われた緊急会見で、小池百合子東京都知事(64)はいつになく緊張した面持ちでこう [全文を読む]

築地は自らの首を絞めた? 今更聞けない、移転にゆれる築地市場の価値

tocana / 2016年09月15日11時00分

11月7日に豊洲新市場に移転ということで長きにわたり二転三転してきた築地市場移転騒動も良し悪しはともかくとして一段落したかのように見えたが、「土壌汚染をめぐる安全性」や「盛り土」問題などが次々と浮上し小池百合子都知事は移転の延期を決定した。関係者の中では白紙撤回もあり得るのではないかと囁かれており、築地市場移転問題は海外メディアでも広く取り扱われている。 [全文を読む]

新聞・テレビが報じない「豊洲新市場」動乱“10大スクープ”(6)テリー伊藤、ラムちゃん声優の店の運命

アサ芸プラス / 2016年10月04日05時55分

築地が移転しても、卸売市場周辺の「場外市場」は今後も残る。一般消費者向けに、寿司店、海産物店など400店舗がそれにあたる。本丸移転でも「築地ブランド」は維持できるのか──ある場外市場店主が明かす。「原材料は豊洲に頼らざるをえない。築地では必要なかった場内の空調や、地面にまく水の費用が原材料に転嫁される可能性が高い。交通、物流アクセスが脆弱なこともあって、商 [全文を読む]

第一ホテル創業75周年記念特別企画~新橋周辺を徒歩で巡る! 「歴史ウォーキングツアー」 第一ホテル東京にて 2013年3月~7月の毎月1回開催

PR TIMES / 2013年02月26日14時14分

初回の3月8日(金)は日本料理「明石」にて昼食後、新橋を出発し、明治の外国人居留地周辺を歩きながら築地まで散策いたします。 【フェア名】 「歴史ウォーキングツアー」明治の外国人居留地周辺を歩きながら築地散策【開催日】2013年3月8日(金) 【時間】 11:15集合/15:30終了予定(築地市場にて解散) 【料金】 4,000円 ※税金・サービス料込 【 [全文を読む]

ポスト築地は千住大橋から徒歩5分!築地市場移転によって注目を集める足立区千住「足立市場」の魅力とは!?

GOTRIP! / 2016年03月26日02時00分

日本はおろか世界最大級の規模を誇るといわれる巨大市場「築地」。 1935年(昭和10年)より約80年にわたり日本の「和食」文化を支え続けている「築地市場」は、海外の観光客からの注目も高く、今では東京を代表する観光地の1つとなっています。 しかし残念ながら築地市場は今年の11月をもって豊洲へと移転が決まっており、かつてのような雰囲気ではなく近代的な市場へと生 [全文を読む]

新聞・テレビが報じない「豊洲新市場」動乱“10大スクープ”(2)「壊し屋」小池百合子に味方する勢力

アサ芸プラス / 2016年10月01日17時55分

築地移転の延期を決定し、「盛り土」のウソを暴いた小池知事に呼応するかのような動きだ。「小池氏は当選直後、築地移転中止を公約に掲げていた宇都宮健児弁護士と面会。資料を入手し、移転延期に前向きとなった。その時から共産党とのラインができていた。反自民都連の流れをくむ小池政治塾の幹部には、共産党と密に接触している都議がいます」(都政担当記者)「政治塾」を軸に、左右 [全文を読む]

寿司専門番組『早川光の最高に旨い寿司』8月後半のラインナップ!

PR TIMES / 2015年08月12日12時53分

独立前は、横浜や銀座の寿司店をはじめ、築地の鮪仲卸でも働き、技と知識を磨いてきた。店名の通り、親方が志すのは“心を豊かにする寿司”。地の魚、近海の天然ものにこだわり、三種の酢をブレンドしてつくる自慢のシャリと、絶妙な温度管理で、訪れた客に感動をもたらす。湘南エリアの絶品寿司との出会い、お楽しみに。 ・8月23日(日)よる8時~ 大船「鮨處もり山」照りゴチ [全文を読む]

~“もったいない”を“おいしい”にする「もったいないアクション」始動~「東京中央卸売市場」の廃棄物4万tをスマートに

PR TIMES / 2015年01月06日16時35分

「もったいないアクション」では、世の中に存在する“もったいない”食材にスポットライトを当て、“もったいない”を“おいしい”に変換することを目的に活動し、このたびはその第一弾として、東京中央卸売市場「築地市場」の“もったいない”を解決する飲食店「魚治」をいたします。◇東京中央卸売市場の約4万tをスマートに 平成24年度に東京中央卸売市場が出した廃棄物は39 [全文を読む]

新聞・テレビが報じない「豊洲新市場」動乱“10大スクープ”(8)共産党「調査能力」を支える「地下シンパ」網

アサ芸プラス / 2016年10月06日05時55分

築地で働いている仲卸業者の中で、移転に反対している人には共産党支持者が多い。賛成しているのは自民党系で、実はここにも共産党対自民党の構図があるんです。今回の『豊洲移転』で、小池氏が情報を得ているのはこの反対派からだったと言われている」(都政担当記者) しかし、この「地下シンパ」という情報源が、小池氏にとって諸刃の剣になる可能性もささやかれているのだ。「左 [全文を読む]

「想定外」では済まされない豊洲市場の土壌汚染―仲卸を営む渡部区議からの寄稿

政治山 / 2016年08月23日11時50分

築地市場が移転し、豊洲市場として開場するのは11月7日の予定。すでに3カ月を切っていますが、多くの問題点が指摘され、未だに解決策を見いだせないまま、小池百合子都知事が決断を下そうとしています。そこで、地元である中央区の議員として、また自ら築地市場の仲卸を営んできた当事者の1人として、豊洲への移転に警鐘を鳴らし続ける渡部恵子区議にご寄稿いただきました。 80 [全文を読む]

2ヶ月で寿司職人としての「本物の技術」が身につく 東京すしアカデミー大阪校開校!第2期生7月4日スタート

@Press / 2016年06月08日11時30分

【コース詳細】<コース名>江戸前寿司ディプロマコース(2ヶ月)<受講期間>2016年7月4日(月)~2016年8月26日(金)<内容>・前期(第1週~第4週)第1週 寿司職人の基本を学ぶ第2週 小魚の捌き方~細巻き第3週 タイ、イナダ、カンパチの実習~築地見学(イベント)第4週 サーモン、タコの実習~前期終了テスト(実技)・後期(第5週~第8週)第5週 コ [全文を読む]

デカ過ぎ!? 重過ぎ!? たった一切れ!? 衝撃のボリューム、絶品鉄火丼

ぐるなび / 2015年04月21日14時10分

花の卸売市場で明治から続く鮮魚店が営む同店は、築地などから仕入れる新鮮な海の幸が自慢。同店のヘビー級グルメ「川幅鉄火丼」は長さ18センチ、厚さ1.5センチ、重さ100グラムと、ほぼ一サク分のマグロが乗った圧巻の逸品。切り身にすると10~12切れはとれる超巨大サイズに食事客も食べ方に困るほどのサイズだ。 「川幅鉄火丼」を食べた川村さんは「うん! あっ! さ [全文を読む]

在日イケメンのウクライナ人が見た“再生可能エネルギー推進都市”東京の「今」

週プレNEWS / 2014年09月15日06時00分

世界最大の卸売市場・築地。 ついに今年2月末に移転工事が着工し、来年度中には江東区豊洲へと移転する予定の築地市場。移転先の豊洲市場では大規模な太陽光発電施設を導入するなど、環境負荷を減らす施策が講じられる予定だ。新市場に設置が予定されている太陽光発電設備の発電能力は2千キロワット。これは一般家庭約580世帯分の使用量にあたり、新市場の総需要の数%を賄(ま [全文を読む]

鮮魚流通のアマゾンを目指す八面六臂(株) 鮮魚流通過疎地MAPを公開 ~過疎地の[箱根]に新鮮な魚を流通させる箱根プロジェクト始動~

PR TIMES / 2014年04月07日11時04分

観光名所として数多くの旅館やホテルが立ち並び、海鮮料理も多く提供されるため、新鮮な鮮魚に対する需要は高い一方で、近隣で水揚げされた魚の大半が築地市場に卸されてしまうことが原因にあります。■東京都では築地を中心に高い水準を誇るも、中心部と周辺部の落差が顕著に40万t以上の流通量を誇る築地市場を中心に、都内では総じて6万t以上と高い流通量となっており、飲食店に [全文を読む]

東京の11市場の魅力を発信! 「TOKYO ICHIBA PROJECT」 がスタート!

PR TIMES / 2012年11月20日15時54分

中央卸売市場は、昭和10年に築地、神田、江東3市場を開場しました。現在では都内の11市場が都民の生活を支えています。卸売市場の代名詞ともいえる「築地市場」は豊洲新市場用地への移転を控えており、東京の基幹市場が大きく生まれ変わろうとしています。 当プロジェクトでは、都内の生鮮流通の中核を担う東京都の11市場の機能や役割を、より多くの方に再発見・再認識してい [全文を読む]

フォーカス