松田龍平 綾野剛に関するニュース

瑛太、小栗、松田龍平…ムロツヨシの周囲に俳優が集う理由

WEB女性自身 / 2014年10月31日10時00分

あとから来た松田龍平(31)が『え、今日って何の会なの?』と言うから、『俺の誕生日会だよっ!!』と、僕が鍋を作りながら言うっていう(笑)。みんなおいしいって言ってくれるんですけど、山田孝之(31)だけが『みんなが持ち上げすぎるけど、普通だな』というシビアな評価でした(笑)」中山「これだけ同世代のスター俳優たちが集まるということがあるんですね」ムロ「ありがた [全文を読む]

第17回「あなたの21世紀マイ・フェイバリット連ドラ」

ソーシャルトレンドニュース / 2017年02月03日19時00分

主人公・天野アキをはじめ、その母親・春子(小泉今日子)やマネージャーの水口(松田龍平)など、もはや役者当人しか演じる姿を想像できない絶妙のハマり役だった。そうそう、登場人物に基本、悪い人が一人もいない――これも同ドラマの特徴。それはクドカン流の優しさでもあったんですね。この物語の世界に誰一人として不要な人物はいないという。■初打席に強いクドカンクドカンネタ [全文を読む]

芸能界の一大勢力「小栗会」に藤ヶ谷太輔ら若手ジャニーズも続々入会!?

アサ芸プラス / 2015年09月28日09時58分

「また、松本は高校のときからの友人・松田龍平や中村七之助、さらには瑛太なども友人で、特に七之助の家にはかなりの頻度で遊びに行っていたため、歌舞伎界にも友人は多いんです。生田は『劇団☆新感線』の古田新太を尊敬しており、舞台にも出ているため舞台関係の友人も多い。すごいのは、そんな3人の交友関係がドラマのキャスティングに影響されることが多くなってきていること。実 [全文を読む]

杏に綾野剛も 丸メガネが芸能人の「最先端盛りアイテム」に

NEWSポストセブン / 2015年06月13日07時00分

松田龍平、綾野剛ら個性派の男性俳優やモデル、ミュージシャンもかけており、抜け感があって、モードにもロックにも、また知的にも見せられるおしゃれアイテムとして男女問わず人気だ。 先の月9ドラマ『デート~恋とはどんなものかしら~』(フジテレビ系)でも、主演の杏が丸メガネ姿を披露していたが、ここ最近、目にする機会がかなり増えた。 ファッションライターの川口ゆかりさ [全文を読む]

表紙は竹野内豊! 「TV LIFE g{ジー}」第2弾が9月30日(火)発売!

PR TIMES / 2014年09月30日11時00分

そのほか、この秋のドラマに出演する小栗旬、綾野剛、水谷豊&成宮寛貴、大沢たかお、福士蒼汰、岩田剛典、秋映画からは大泉洋&安藤裕子&染谷将太、瑛太&松田龍平など“最旬”のアクターたちが登場。また、沢尻エリカ、ナオト・インティライミのクローズアップインタビューなども。「秋のドラマ&シネマガイド」と併せて、お楽しみにいただきたい。 ◆TV LIFE g {ジー [全文を読む]

黒木メイサの峰不二子がコスプレ並みの安っぽさ! “コレじゃない”感たっぷりのルパン三世実写版

messy / 2014年04月09日17時00分

これらのキャストは世間が持つ『ルパン三世』のイメージとのギャップがかなり激しかったようで、Twitter上でルパン役に大泉洋(41)、次元大介役に竹野内豊(43)、石川五ェ門役に松田龍平(30)、銭形警部役に故・いかりや長介、峰不二子役に藤原紀香(42)という理想のキャストを掲げる画像が拡散されたほどだ。 そんな反応を経て公開された劇中ビジュアルの評判は上 [全文を読む]

異例の6作品!日本アカデミー賞ノミネート発表

WEB女性自身 / 2014年01月16日16時00分

最優秀作品賞候補である優秀作品賞には『凶悪』(主演・山田孝之)、『そして父になる』(主演・福山雅治)、『少年H』(主演・水谷豊)、『舟を編む』(主演・松田龍平)、『東京家族』(主演・橋爪功)、『利休にたずねよ』(主演・市川海老蔵)の6作品が選出された。通常は5作品であるため異例と言える。その他にも、優秀アニメーション作品賞には『かぐや姫の物語』『劇場版 魔 [全文を読む]

フォーカス