息子 松田龍平に関するニュース

満を持して高橋一生回!夫婦とは、結婚とは、離婚とは…「男って他人の言うことは信じるのに、妻の言うことは信じない」/『カルテット』第四話レビュー

messy / 2017年02月08日23時00分

2人の間には小学生の息子もいますが、現在は茶馬子が引き取って育てています。ではどうして、半田たちが茶馬子を追っているのかというと、「茶馬子は僕と離婚してすぐ、彼氏を作ったんです。その男が西園寺誠人っていう金持ちのくせに親の跡も継がずに小説家になりたいってわがまま言っている奴(お前が言うな)で、茶馬子と夜逃げをしたんです。さっきの2人はそいつの父親の部下で、 [全文を読む]

面倒な母からも妻からも逃げた「夫」がついに登場/『カルテット』第五話レビュー

messy / 2017年02月16日02時00分

第四話では愉高(高橋一生)の家庭事情(バツイチ、元妻さんと暮らす息子もいる)が明らかになり、騒動を経て一件落着。かと思ったら今度は愉高がすずめ(満島ひかり)に、実は自分は真紀(松たか子)の夫さんと面識があり、「(ベランダで)妻に落とされた」と打ち明けられていたこと、カラオケボックスでの出会いは“偶然”ではなく真紀に会うため出向いたことを告白しました。同じ [全文を読む]

あの人とあの人は親戚だった?意外と知らない芸能人同士の血縁関係!?

日本タレント名鑑 / 2015年06月10日15時15分

夫婦が芸能人で息子二人が俳優デビュー。さらに姪はバラエティでも活躍する有名バイオリニストです。 歌舞伎の世界などはさらに親戚だらけです。たとえば、松本幸四郎さんは奥さまも女優で、長女の松本紀保さん、長男の市川染五郎さん、二女の松たか子さんもみなさん芸能人です。実は中村獅童さんのおじい様と、幸四郎さんのおじい様は兄弟で、獅童さんは故中村勘三郎(十八代目)さん [全文を読む]

長嶋一茂、落書き騒動で笑いを取る! 辻仁成はあの名言をギャグ化!? タブー解禁の芸能人

サイゾーウーマン / 2015年02月08日16時00分

松ちゃんも、あの「バカ息子」っていう落書きにハマったんだろうね。B美 そうそう。で、今回の『DX』でも不動産屋の話から、自分の家を「例の家」って言ったり、内田恭子が壁塗りにハマってるという話をしてたら、松ちゃんが「壁を塗ったりとかする話はヤメてもらって……」とイジってた。一茂も内田の家の写真を指して、「これ塗ってほしかったよ!」と、乗っかってみたりね。A子 [全文を読む]

松田龍平、柄本明と親子役「幸せでしたがやりづらかった」

Movie Walker / 2016年03月29日19時01分

松田が続けて「すごくやりづらかったんですが、それが父と息子の関係性と言いますか、複雑な関係性ということで良かったかなと」と苦笑い。監督は「2人が立っているだけで素敵でした」とうれしそうに語った。 前田は、姑役のもたいについて「まさこさまはとっても格好良いので、さあ、来い!と受け止めてくれる。その胸に飛び込んでいった感じです」と言うと、もたいは「いやいや、あ [全文を読む]

前田敦子、妊娠でモヒカンの恋人の故郷に結婚報告!?

Movie Walker / 2015年07月23日09時00分

結婚報告をするため、瀬戸内海に浮かぶ故郷へ恋人と共に6年ぶりに戻った息子が、父や母、弟とともに繰り広げる悲喜こもごもを描いた本作。モヒカン頭の息子・永吉を松田龍平、昔気質の父・治を柄本明が演じ、前田は永吉の恋人・由佳に扮する。 妊娠をきっかけに、永吉の故郷へ一緒に帰る由佳は、どこか頼りない永吉をそばにいて支えるが、少し世間知らずなヒロイン。料理も上手にで [全文を読む]

家族を捨ててもいいし、会いたくないなら逃げていい。/『カルテット』第三話レビュー

messy / 2017年02月01日19時30分

姪にあたる女性(中村優子)とその息子で高校生くらいの少年(前田旺志朗)が見舞っています。「あいつ、いつ来んのかなあ」とこぼす老男性に、少年は「おじさん、娘に会いたいの?」と尋ね、おじさんは「そりゃあ会いたいさ」と。この男性、すずめの父親なのです。 父親とすずめは20年以上音信不通と聞き、少年は「その子、Facebookとやっていないの?」と現代の若者らしい [全文を読む]

細野晴臣、新曲「MOHICAN」配信スタート&スペシャルMV公開

okmusic UP's / 2016年04月06日21時00分

広島での先行公開も話題となる中、いよいよ4月9日(土)から全国公開となる『モヒカン故郷に帰る』は、瀬戸内海に浮かぶ故郷へ結婚報告に恋人と共に7年ぶりに帰郷したモヒカン息子と父や母、弟が繰り広げる悲喜こもごもあふれるホームドラマ。沖田監督のオリジナル脚本で、主演の松田龍平がモヒカン息子の永吉を、昔気質の頑固親父である治を柄本明が、永吉の恋人の由佳を前田敦子、 [全文を読む]

2世タレントとして評価される俳優、同情される俳優

tocana / 2015年04月25日12時00分

■松田優作・松田美由紀の息子 松田龍平(兄)、松田翔太(弟) テレビドラマ『太陽にほえろ!』(日本テレビ系)などに出演した、個性派俳優の松田優作(満40歳没)と女優で写真家の松田美由紀の息子、松田龍平(兄)と松田翔太(弟)は、多くの映画やドラマで俳優として活躍する兄弟だ。 若くしてこの世を去った父親について、2人はこのように語っている。兄の龍平は、幼少期の [全文を読む]

水嶋ヒロ&絢香、川崎麻世&カイヤら、2014年芸能人カップルの“イタ~イ”ツーショット

サイゾーウーマン / 2014年12月30日17時44分

A子 辻仁成が「女性自身」(光文社)で、お料理エッセイを連載してるの知ってる?B美 知ってる~! 辻が息子に作るご飯を紹介したり、子育てについて語る「子連れロッカー『希望回復大作戦』ムスコ飯」でしょ? 2014年の最終号では冒頭から「2014年を振り返りますと、まるでジェットコースターに乗っているかのような一年でした」ってつづってて、なんか妙に同情しちゃっ [全文を読む]

松田龍平 堀越の同級生松潤のため電車で埼玉のコンサートへ

NEWSポストセブン / 2013年11月26日07時00分

「松潤は七之助くんの母親を“おかん”と呼んでいたし、父親の勘三郎さん(享年57)は松潤のことを“息子”と公言していました。というのも、入学当初、反抗期だった七之助くんが“学校を辞めたい”と言っていた時に、親友だった松潤が引き止めたことがあって、勘三郎さんは感謝してもしきれないと言っていました。勘三郎さんの葬儀の時、松潤は、“息子”として弔問客にサンドイッ [全文を読む]

ムロツヨシ 本名が明かせない理由と猫が飼えない理由

NEWSポストセブン / 2017年05月27日07時00分

俳優になろうと思って名前を考えた時、もし本名だったら、母親がテレビを見て『あ、私の息子だ』って目障りなんじゃないかってムロさんは思ったそうなんです。実際はそこから17年くらい売れないんですけどね(苦笑)」(テレビ局関係者) そんなムロにとって家族は「壊れる前提」。だから恋人がいたことはあったが、これまで結婚願望を抱いたことはまったくなかったという。 ◆ツラ [全文を読む]

松田美由紀、そのエゴイズムと悪評…息子・龍平の離婚危機の原因、翔太を強引に引き抜きか

Business Journal / 2017年03月27日20時00分

擁護するわけではありませんが、今回のことも魔がさしたというか、現実逃避したくなったのではないでしょか」(モデル事務所関係者) [全文を読む]

両思いは現実、片思いは夢のよう。切なくて苦しい満島ひかりと高橋一生に萌えてしまう/『カルテット』第八話レビュー

messy / 2017年03月08日22時00分

帰郷前夜には4人に御礼の手料理を振る舞い、4人の生活習慣の乱れが大いに目に付く、と滔々指摘する寮母さん……いや、金八先生みたいな境子さんでしたが、現在息子はコンビニ強盗の罪で拘留中という事実が彼女の身には降りかかっています。しかし嘆き悲しむ素振りは見せぬまま、真紀にも「自分の人生を生きてください。ごめんね。じゃあね。ばいばい」と気丈に声をかけて去っていきま [全文を読む]

松田龍平を嫉妬させたい?故・松田優作「人間の証明」ドラマ化で藤原竜也が決意表明

アサ芸プラス / 2017年01月31日17時59分

さらに12年公開の映画『I’M FLASH!』で初共演して懇意になった優作の息子・松田龍平に対して、『どうして俺じゃなく藤原が演じてるんだ、と言わせたい』と語るほどやる気を見せています」(映画誌ライター) 藤原の演技にも注目だが、松田優作の人気を不動のものにした作品だけに、いつか龍平にも演じてほしいものだ。 [全文を読む]

「羽生結弦は殿様というより……」元祖・氷上の殿様、織田信成が後輩の演技に物申す!

ソーシャルトレンドニュース / 2016年05月04日23時55分

印象的なシーンを聞かれると、「息子がいるので、兄弟や親子関係がぐっと響きました。十三郎(阿部サダヲ)の父は、今まで思いを語らず、黙々と頑張って、それでも最後には息子に伝わるっていうのが、一番感動したところでした。そういう父親になっていきたいというのは、すごく感じましたね」と、映画の中で登場する“つつしみの掟”を、心に刻んだ様子だった。■織田信成、羽生結弦に [全文を読む]

天真爛漫なおバカキャラで新境地開眼!? 映画『モヒカン故郷に帰る』前田敦子インタビュー

エンタメNEXT / 2016年04月19日07時00分

まぁ、食べることがとにかく大好きだから、どこに行っても結局、食べてばっかりなんですけどね(笑)」 家族や恋人とは対等でいたい あっちゃんの思う理想とは ――映画のなかでは、息子から父親への親孝行というのがひとつのテーマになっていますが、前田さん自身は〝親孝行〟してますか? 「お母さんたちには日頃から楽しんでほしいから『したいことがあったら言ってね』とは言っ [全文を読む]

松田龍平、柄本明と「やりづらかった」と大胆発言

Smartザテレビジョン / 2016年03月29日21時05分

今回、息子を演じた松田について、柄本は「龍平くんは、日本映画界においても独特な存在の方です。親子の役をやらせていただいて、僕としては違和感なくやらせてもらいました」と語る。一方、松田は「柄本さんとやらせていただいて幸せでした。すごくやりづらかったんですけど、それは父と息子の関係性の複雑な関係がうまく出たんじゃないかと思います」と突然大胆発言し、会場の笑い [全文を読む]

男は黙って 『ザ・レイド GOKUDO』‼

GIGAMEN / 2014年09月23日07時00分

組長役は遠藤憲一、その息子は松田龍平、組長の右腕が北村一輝です。主人公ラマが悪の組織に潜入、全滅を目指すストーリーです。インドネシアの格闘技、「シラット」に注目です。 松田龍平にも注目です。今年の10月に公開される映画『まほろ駅前狂騒曲』にも出演しています。私の印象に残っているのは映画『北のカナリアたち』の警察官役です。雰囲気がよかったなあ……。あと、『探 [全文を読む]

松田優作のお墓に行ってきた! 霊園が広すぎて「なんじゃこりゃ~!!」

ハピズム / 2013年10月05日13時00分

きっと優作は、息子・龍平の晴れ姿を見てくれているに違いありません。 ハガキを見てとても敬虔な気持ちになったのでファンとしては叫びたいところですが、「なんじゃこりゃ~~!!」はあえて控えました。 霊園入口に戻るために早歩きで坂を下っていたところ、運よく循環バスに拾ってもらって、福生駅行きの最終送迎バスに間に合いました。西多摩霊園は、徒歩の人があまりおらず、お [全文を読む]

フォーカス