大倉忠義 稲垣吾郎に関するニュース

超クールな生田斗真(「秘密 THE TOP SECRET」)が表紙!「シネマ☆シネマNo.64」は7月12日(火)発売です!

PR TIMES / 2016年07月06日19時20分

また阿部寛主演、大倉忠義&大島優子共演「疾風ロンド」の先出しスチールや、松田龍平「ぼくのおじさん」、小松菜奈&菅田将暉&重岡大毅&上白石萌音「溺れるナイフ」、本田翼&山本美月&稲垣吾郎「少女」の撮影現場レポートも見どころ。話題の舞台「ビニールの城」森田剛&荒川良々の初共演対談や、坂本昌行「マーダー・フォー・トゥー」レポートも。【ご注文はコチラ】Amazon [全文を読む]

表紙&巻頭は櫻井翔!『テレビライフプレミアム18』が6月27日(月)発売!嵐で29P、Hey!Say!JUMPだけで24Pの超ボリューム!

PR TIMES / 2016年06月24日15時27分

さらに、生田斗真、横山裕&大倉忠義、A.B.C-Z、Mr.KING、ユナクのSPグラビアも必見だ。ライブレポートは、NEWS、山下智久のステージをたっぷりとお届けする。櫻井翔表紙の「テレビライフプレミアム18」は、2016年6月27日(月)に発売する。[商品概要]TVLIFE Premium Vol.18 Summer【テレビライフプレミアム18】TVLI [全文を読む]

嵐・相葉の月9は苦戦、SMAP・木村と東山は14%超! ジャニドラマ年間視聴率ランク

サイゾーウーマン / 2015年12月29日09時00分

多部未華子主演で関ジャニ∞・大倉忠義とHey!Say!JUMP・八乙女光が出演した『ドS刑事』(同)は10位で、平均は9.3%。メンバー内で最も低視聴率だったのは、伊野尾慧が出演した『戦う!書店ガール』(フジテレビ系)。稲森いずみとAKB48・渡辺麻友のW主演作だったが、全話平均は4.7%で16位という結果だった。 [全文を読む]

SMAP・木村『HERO』が独走、嵐・松本『失ショコ』も健闘!ジャニドラ年間視聴率

サイゾーウーマン / 2014年12月30日09時00分

また、午後8時~10時台放送で、デビュー組の出演作でいえば、最下位は平均6.9%の関ジャニ・大倉忠義主演『Dr.DMAT』(TBS系)だった。同局の木曜9時枠は低視聴率が続いており、『Dr.DMAT』の前に放送された『夫のカノジョ』(13年10月~12月)は、5話で3.0%と今世紀民放連ドラ最低記録を更新。ジャニタレを起用した『Dr.DMAT』も案の定、 [全文を読む]

SP特典がいっぱい! TV LIFE(テレビライフ)お正月特大号が12月16日(月)発売!

PR TIMES / 2013年12月17日11時04分

登場するのは岡田准一、滝沢秀明、大倉忠義、山田涼介&有岡大貴、八乙女光のほか、檀れい&稲垣吾郎に、玉木宏、向井理&綾野剛、三浦春馬、武井咲&TAKAHIRO、GENERATIONS、ももいろクローバーZらだ。 さらに、直筆サイングッズが当たる「初夢プレゼント」では、西島秀俊、玉木宏、向井理、仲村トオル、TAKAHIRO、三代目J Soul Brothers [全文を読む]

関ジャニ∞か、Kis-My-Ft2か……事務所内“派閥”も見えてくるジャニーズ「バーター王」は誰だ!?

日刊サイゾー / 2013年05月02日11時00分

横山に続いて6本と、共演作が多かったのが、同じく関ジャニの大倉忠義。『必殺仕事人2007』(主演・東山紀之/07年・テレ朝)、『歌姫』(主演・長瀬智也/07年・TBS)、『ヤスコとケンジ』(主演・松岡昌宏/08年・日テレ)、『必殺仕事人2009』(主演・東山紀之/09年・テレ朝)、『GM』(主演・東山紀之/10年・TBS)、『三毛猫ホームズの推理』(主演 [全文を読む]

フォーカス