雑誌 大倉忠義に関するニュース

Kis-My-Ft2・玉森裕太と南明奈が復縁!? 「部屋の照明が同じ」とファンが検証

サイゾーウーマン / 2012年11月24日09時00分

南はすでにタレントとして雑誌やテレビに出演し、一方の玉森は、ジャニーズJr.内でKis-My-Ft2として活動。ディズニーランドや渋谷でのデートなど多くの目撃談があがり、「お揃いのペアリングをしている」と騒がれたこともあった。 南は昨年、俳優・向井理との熱愛が一部週刊誌で報じられ、玉森も共演した女優・瀧本美織との熱愛説がネット上に出回っており、玉森&南はす [全文を読む]

関ジャニ丸山が「ジャニーズを2回受けた」理由

日刊大衆 / 2017年03月17日15時05分

そのまま二人とも雑誌撮影に参加したという。 しかし、それから半年ほど、事務所から丸山への連絡が来なかった。一緒に雑誌に出た子たちはテレビに出ており、丸山は自分が合格していなかったのだと思っていたようだ。その後、丸山は親にもう一度「いけるやろ」と言われ、再度履歴書を送り、二度目のオーディションに臨んだ。 会場には、安田章大、錦戸亮、大倉忠義がいたという。そし [全文を読む]

素顔は意外と野心家?キスマイ北山と関ジャニ大倉の知られざるもう一つの顔

アサ芸プラス / 2015年11月26日09時58分

「大倉も雑誌のインタビューで、北山のことを『あの当時は運良く俺はデビューさせてもらえたけど、あいつはデビューまで長かった。でも、一切辞めるとか自分の状況への愚痴がなかったところがすごい』と話し、大倉にとってもキスマイのデビューは感慨深いものがあったことを語っています」(前出・芸能ライター) 二人は今でも雑誌「WiNK UP」(ワニブックス)の伝言板コーナー [全文を読む]

角川春樹氏初となる映画ロングインタビュー連載スタート 雑誌FLIX「いつかギラギラする日 角川春樹の映画革命」 連載開始 メディアミックスで日本映画界に大変革を起こした男が過去のすべてを初めて語る

DreamNews / 2014年08月21日11時30分

今回映画雑誌FLIXでの連載で、映画評論家の清水節氏が聞き手、ということで初めてロングインタビューが実現しました。角川氏は、映画プロデューサーとして映画監督としても規制の概念を破壊してきたイノベーター。雑誌FLIXの読者層は10代20代が中心。物心ついた頃からインターネットとともにいた世代にとっては、逆にこの時代は未知の世界であり、角川春樹氏のフィルターを [全文を読む]

嵐・松本潤、Hey!Say!JUMP・山田涼介にライブ演出を直伝! 「意見をすごく言ってくれた」

サイゾーウーマン / 2014年06月13日09時00分

「山田君は、以前から雑誌等であこがれの先輩として松潤の名前を挙げています。昨秋の雑誌では『東京オリンピックの時にどうなっているか』という質問に『ズバリ松本潤くんになっていたい!』と発言していたんです。松潤も4年前の『WiNK UP』(ワニブックス)で、『オレは感動した』『アイドルとしてすごくまっとうにいるなって。キャピキャピ感にぐっとくる』と、JUMPを [全文を読む]

森田剛はV6メンバーを「仕事仲間」と呼ぶ“冷男”だった!

アサジョ / 2017年07月29日10時14分

森田のダンスに憧れを抱いている後輩は数知れず、特に強火担(=ジャニヲタ用語の熱狂的ファン)なのが今井翼で、雑誌のインタビューでは「剛君に抱かれたい」「尊敬しています」とまで語っている。 また、関ジャニ∞の大倉忠義も「森田君のダンスが魅力的でジャニーズに入った」と公言するほど森田のことが好きで、今でも大倉は森田が近くにいるとドキドキして目が合わせられないとい [全文を読む]

関ジャニ「ダンス格差」で真っ二つ!?

日刊大衆 / 2017年04月20日15時05分

メンバーはそれぞれ、テレビやラジオ、雑誌などでレギュラーを抱えており、超多忙を極めている。それでも年に一度のライブツアーは欠かさず、地元関西のローカル番組『関ジャニ∞のジャニ勉』(関西テレビ)も続けている。 そんな関ジャニだが、七人もメンバーがいればキャリアやスキルの違いは当然出てくる。振付を覚えるスピードも異なるため、関ジャニのダンスレッスンは “2部 [全文を読む]

似すぎと話題! 芸能界「そっくり美女」列伝

日刊大衆 / 2017年01月06日23時00分

ちなみに二人には、フィギュアスケートの羽生結弦選手(22)のファンだという共通点があり、広田は過去にSNSで“羽生選手のクリアファイルをもらえた”と喜んでおり、真木も羽生結弦選手が表紙を飾った雑誌『anan』(マガジンハウス)の特集号を買ったことをインスタで興奮気味に報告したことがあったので、男性の趣味も似ているようだ。 「仲が良い者同士が似てると言われる [全文を読む]

関ジャニ∞×TVガイド創刊54周年超特大号

PR TIMES / 2016年08月03日09時35分

関ジャニ∞が7パターン表紙で日本全国をジャック!「TVガイド」や「B.L.T」などの雑誌を発行する株式会社東京ニュース通信社は、TVガイド創刊54周年を記念し、8月3日(水)発売のTVガイド創刊54周年超特大号(8/12号、豪華メモリアルジャスト号)で、関ジャニ∞リサイタル「真夏の俺らは罪なヤツ」とスペシャルコラボ企画を実現いたしました。この号のTVガイド [全文を読む]

草彅、二宮、大倉… 止まらない異性スキャンダル! ジャニーズ内部で、いま何が起きているのか!?

tocana / 2016年07月21日09時00分

小学館発行の別の雑誌でジャニーズにはお世話になっているので、配慮が働くわけです」(スポーツ紙記者) 二宮のお相手である伊藤アナの評判が芳しくないため、ジャニーズ側が別れさせるためにわざとリークした可能性も考えられるが、報道後の2人の動向を探る限り、現時点で「別れた」という話は聞かない。となると、考えられるのはジャニーズ内の“変化”だ。内部事情に詳しい人物が [全文を読む]

表紙は櫻井翔! ジャニーズ特大グラビアなど特集企画満載!!

PR TIMES / 2016年06月22日13時20分

~「TVガイドPLUS VOL.23」、6月27日(月)発売~ 「TVガイド」や「B.L.T.」等の雑誌を発行する、株式会社東京ニュース通信社は、TVガイドPLUS VOL.23を、6月27日(月)に発売いたします。 表紙には、この夏、4年連続で大型音楽番組「THE MUSIC DAY」の総合司会を務める櫻井翔が登場。撮りおろしグラビア&番組への意気込みを [全文を読む]

ジャニーズ恋愛で得する人・損する人

NewsCafe / 2015年06月07日15時00分

雑誌本体では特集詳報を組み、藤ケ谷のマンションに週1ペースで通う瀧本に突撃取材しました」デスク「例によって双方の所属事務所は『プライベートに関することは回答せず』との姿勢だけど、否定しないということは、関係者周知の事実ということなんだろうな」記者「藤ケ谷のマンションに瀧本の事務所関係者の車が迎えに行ってたということなので、少なくとも瀧本サイドは事務所公認と [全文を読む]

村上信五が関ジャニ∞の中で「最も評価が高い」意外な理由

アサ芸プラス / 2015年01月05日18時00分

一方、恋愛は2008年にドラマで共演した戸田恵梨香さんと破局以来、目だった報道はありませんが、今は事務所から『恋愛をしてもいいが、イメージダウンになるようなことはするな』と言われてるそうです」 16歳の頃、アイドル雑誌「明星」(集英社)のインタビューで「何歳で結婚したいか?」と聞かれ、「結婚願望強いから、早ければ早いほどええ!」と答えていた村上。1月には3 [全文を読む]

【意外】「an・an」あの名物特集と女性の性欲との関係性が判明

しらべぇ / 2014年11月21日15時00分

ほぼ毎年の恒例となっている雑誌an・anの「SEX特集」。毎回、飛ぶように売れているという噂を耳にしますが、実際この号だけは最新号が発売されても、店頭にいつまでも置かれている光景をよく目にしました。 では、この特集号を購入した人は、実際どれぐらいいるのでしょうか?しらべぇでは、アンケートサイト「マインドソナー https://mind-sonar.com/ [全文を読む]

嵐・櫻井翔、Kis-My-Ft2・北山らと飲み会! 「豪華すぎる」参加者と「隆平会」とは?

サイゾーウーマン / 2014年06月20日09時00分

また、安田と同じく同日のラジオに出演した加藤によると、雑誌で対談したHey!Say!JUMP・中島裕翔に隆平会の話をしたところ「誘ってくださいよ!」と興味を示し、今後はKAT-TUN・田口淳之介、上田竜也も、会への参加が予定されているという。 櫻井が参加した飲み会がいつ頃開催されたのかは不明だが、丸山のことが大好きな櫻井も、晴れて隆平会の一員になったという [全文を読む]

Hey!Say!JUMP・知念侑李、『必殺仕事人』に田中聖枠で出演!? 写真流出で確定か

サイゾーウーマン / 2014年02月06日09時00分

田中が宣伝活動から抹殺されていることで『ジャニーズを解雇された代償は大きかった』と言われていましたが、3日は品川と一緒に取材を受けていたそうで、雑誌など何らかの形で宣伝活動には参加するようですね」(ジャニーズに詳しい記者) 一方、田中がジャニーズを抜けたことでファンが懸念していたのは、少年隊・東山紀之主演の『必殺仕事人』(テレビ朝日系)シリーズだ。田中は2 [全文を読む]

フォーカス