ビジネス 蔡英文に関するニュース

バッシングもカネも効かぬ「トランプ流」に歯ぎしりの中国

まぐまぐニュース! / 2016年12月07日17時30分

しかし、ビジネスはともかく、チャイナ・マネー(賄賂)抜きでトランプは大統領になった。 「扱いにくい男が大統領になったのう…」 と習近平は、頭を悩ませていることでしょう。 image by: a katz / Shutterstock.com 『ロシア政治経済ジャーナル』 著者/北野幸伯 日本のエリートがこっそり読んでいる秘伝の無料メルマガ。驚愕の予測的中率 [全文を読む]

瀕死の韓国経済に大打撃。THAAD配備に対する中国の容赦ない仕返し

まぐまぐニュース! / 2017年03月10日04時45分

メルマガ『黄文雄の「日本人に教えたい本当の歴史、中国・韓国の真実」』の著者で評論家の黄文雄さんは「これは政治問題をビジネスに絡める中国特有のやり方だ」と言及しています。 【韓国】中国に殺されることが確定した韓国 韓国免税店業界に衝撃、中国人観光客の激減で倒産の恐れも─中国メディア 在韓米軍のTHAAD(高高度ミサイル防衛システム)配備問題で、韓国に対してさ [全文を読む]

人民元、関税、南シナ海──トランプの対中批判はどこまで正確か

ニューズウィーク日本版 / 2016年12月06日16時46分

トランプの主張は、中国でビジネスをするアメリカ企業の意見を反映したもののようだ。在中米国商工会議所が1月に発表した年次調査によると、アメリカ企業は、中国におけるビジネス環境がますます困難になりつつあると考えており、企業の10分の1が移転を計画しているか、すでに事業の一部を中国外に移しているという。同調査では、一貫しない規制と不明瞭な法律――および一般的な [全文を読む]

<インタビュー「台湾とは何か」著者・野嶋剛(1/3)>米中の狭間で揺れる台湾は「日本の鏡」、蔡英文総統の「現状維持」を選択

Record China / 2016年06月18日14時20分

台湾は「米国に後ろ盾になってもらいながら、台頭する中国と経済的に付き合ってビジネスをしなければならない」中で、試行錯誤しながら、現状維持の政策を志向し、悩み抜いて先の総統選挙で蔡英文を選んだと指摘した。また米中両大国に挟撃される台湾は「日本の鏡」のような存在になり得る、と語った。(聞き手・Record China主筆八牧浩行)――5月に上梓した新著「台湾と [全文を読む]

現時点で見えた「トランプ政権」の輪郭を、しっかり分析していく

まぐまぐニュース! / 2016年11月16日18時00分

▼政権への家族の関与というのは、一見すると公私混同でおかしいが、ビジネスも子どもたちとの集団指導でやってきているので、仕方ない面もある。それに親父さんより常識的な人々(特に長女とその夫、あるいは次男)なので全く悪い動きではない。第1Gにシフトするという動きも、子どもたちの意向が入っていそう。 ▼それより、一家のビジネスをどうするのか、利益相反は絶対にダメ [全文を読む]

世界で最も影響力がある女性100人 中国系は9人

NEWSポストセブン / 2016年06月12日07時00分

蔡英文氏、マーガレット・チャン氏、彭麗媛氏以外の6人はいずれもビジネス界のトップだった。 ちなみに、1~3位は、ドイツのメルケル首相、ヒラリー・クリントン前米国務長官、イエレン米連邦準備制度理事会(FRB)議長の順だった。 [全文を読む]

[宮家邦彦]【台湾政権交代、経済回復が急務】~問われる蔡英文新総統の手腕~

Japan In-depth / 2016年01月19日07時00分

ビジネス・アズ・ユージュアルの政権交代、これが先週末の印象だ。今回の総統選の本質は国民党惨敗(注:立法院での過半数割れがこれを象徴)であって、「民進党圧勝」ではない。台湾の人々は統一でも独立でもない「現状」の維持を求めたことは事実。国民党の敗因は台湾経済を停滞させ人々の期待に応えられなかったことだ。 一方、今後民進党が成功する保証もない。民進党の新たな政 [全文を読む]

安倍首相が外交の素人・トランプ大統領を頼る危険性と愚かさ

NEWSポストセブン / 2017年04月16日07時00分

ビジネスの現場でカネのことばかり考えてきたトランプは、外交についてはまったくの素人だ。だからその場しのぎの外交を繰り出してくるのである。問題なのは、安倍が、そんな一貫しない国のトップを全面的に頼っていることだ。 3月上旬、北朝鮮が4発の弾道ミサイルを連射して秋田県沖の日本のEEZ(排他的経済水域)に着弾させた。それを受けて安倍は緊急でトランプと25分間に [全文を読む]

日本は中国を軽視するな。ダボス会議でわかった習近平の真の狙い

まぐまぐニュース! / 2017年01月22日08時00分

習近平、ダボス会議で、世界の支配者層に取り入る 世界中から政界、ビジネス界の超エリートがスイスに集結する「ダボス会議」。ここで習近平が1月17日、演説しました。なんと、「グローバリズム絶対支持」演説。 習近平、「グローバリズム絶対支持」を表明 習主席、保護主義に警鐘 トランプ新政権にらみ、ダボス会議で講演 AFPBB News 1/18(水)9:37配信 [全文を読む]

ドナルド・トランプ日本最大の理解者『予言 ドナルド・トランプ大統領で日米関係はこうなる』 著者:植山周一郎が最新ツィートに隠れた本音を分析「彼(トランプ)も(テロを)内心非常に恐れているのではないか」

DreamNews / 2017年01月12日12時00分

数多くの大規模な不動産取引をやってきた海千山千のビジネスマンであるトランプ氏のことだから、裏での取引はやらないと考える方が不自然だろう。<2017年1月6日21:05 トランプのツィート>Hopefully, all supporters, and those who want to MAKE AMERICA GREAT AGAIN, will go to [全文を読む]

「世界で最もパワフルな女性100人」発表、韓国・台湾のトップが上位入り

Forbes JAPAN / 2016年06月07日11時04分

ランキングの決定においては今回も、保有資産(または所属企業の収益やGDP)、メディアへの露出度、影響力を持つ分野、活動する分野(メディア、テクノロジー、ビジネス、慈善活動、政治、金融)とそれ以外に対する影響力の4項目について調査・分析を行った。また、大統領など国のリーダーになる女性が増えたことをうけ、今回は「著名人」のカテゴリーを排除した。リストの作成に際 [全文を読む]

中国外相、米ワシントンで講演「台湾の新総統は憲法にある『1つの中国』を尊重すべき」=米国ネットでは批判の声も

Record China / 2016年02月27日14時40分

また、台湾の人々は中台関係の平和的発展を望んでおり、中国本土から台湾へ観光やビジネスで訪れる人々を求め、良好な関係のもとに暮らしたいと考えていると述べた。 この報道に、米国のネットユーザーからは、「なんという冗談だ!中国は表現の自由などの自国の憲法を尊重したらどうなんだ!」「習(近平)国家主席とその部下たちは悪党だ。アジアのすべての国は中国に反対の立場だ」 [全文を読む]

フォーカス