輸入 蔡英文に関するニュース

中国、トランプ発言に猛反発。南シナ海に「怒り」の爆撃機

まぐまぐニュース! / 2016年12月16日04時30分

自由時報によれば、北京情報筋の話として、中国共産党は報復対象のために、中国が輸入しているアメリカ製品のリストアップを始めているといいます。もちろん輸入関税を引き上げたり、さまざまな嫌がらせをして輸入ストップさせるためでしょう。 ● 將報復美國?路透:傳北京已列好企業名單 とはいえ、アメリカは中国にとって最大の輸出国である以上、報復措置を取れば、アメリカ以 [全文を読む]

日本からの食品輸入めぐり混乱する台湾、「賛成」と答える市民はどのくらいいるのか?―中国紙

Record China / 2016年11月16日12時10分

2016年11月15日、台湾で日本の原発事故被災地からの食品輸入再開をめぐる混乱が続く中、国民党は「市民の7割が再開に反対」とする意識調査の結果を発表した。環球時報が16日付で伝えた。 調査は国民党の立法院議員らが調査会社に委託して実施したもので、蔡英文(ツァイ・インウェン)政権が進める被災地5県からの食品輸入再開に対し、74.6%の人が「反対」と答えた。 [全文を読む]

中国人観光客・農作物輸出が激減、蔡英文政権に中国が“経済制裁”―台湾

Record China / 2016年06月06日05時30分

中国政府は「92コンセンサス」、いわゆる「一つの中国原則」を明言しない蔡英文総統にいらだちを示しており、中国人観光客の減少、台湾産農作物の輸入削減といった経済的手段で締め付けている。 6月1日、高雄市議会では「6月に高雄市を訪問する中国人観光客が3分の2にまで減少すると見込まれているほか、農作物の輸出も影響が予測される。陳菊市長自ら中国で売り込みをかけてほ [全文を読む]

中国の輸入拒否リストで台湾製が4割占める、中台関係の冷え込みが原因か―台湾メディア

Record China / 2017年03月04日06時40分

2017年3月3日、環球時報によると、中国の品質検査当局が発表した最新の輸入不許可食品・化粧品リストで、台湾の商品が全体の4割以上を占めた。これを受け、台湾メディアは悪化した中台関係との関連性に言及している。 中国国家質量監督検験検疫総局が1日発表した情報では、今年1月に中国が輸入を拒否した403ロットの商品のうち、台湾の商品が約170ロットと4割以上を占 [全文を読む]

原発ゼロにかじを切った台湾。資源の少ない「島国」の決断は吉か凶か

まぐまぐニュース! / 2016年10月27日05時00分

自前でエネルギーを調達できなければ、石油や天然ガスを輸入せざるを得ないということになります。 しかしその場合、台湾海峡を中国に封鎖されるようなことがあれば、台湾はエネルギーで重大な危機に直面することになります。日本同様、そうしたこともきちんと考えなくてはなりません。 2025年に向けて、蔡政権がエネルギー政策でどのように舵取りをしていくのか、日本も注意深く [全文を読む]

ドナルド・トランプ日本最大の理解者『予言 ドナルド・トランプ大統領で日米関係はこうなる』 著者:植山周一郎が最新ツィートに隠れた本音を分析「彼(トランプ)も(テロを)内心非常に恐れているのではないか」

DreamNews / 2017年01月12日12時00分

冗談じゃない!工場をアメリカに作るか、多額の輸入関税を払え。【トランプの本音分析】:NO WAY! 大文字と!で、強調している。本音は「ふざけるな!」という最大の不快感を示している。トヨタ自動車がアメリカで10万人近くのアメリカ人を雇用していることを言っても、彼には通用しないだろう。外国製の自動車に多額の輸入関税を課すことは、本当にやるかもしれない。彼の性 [全文を読む]

【緊急開催決定】「日台農産物貿易~新時代の幕開け」ご取材のお願い

PR TIMES / 2016年03月01日16時48分

現在、台湾では震災直後から東日本大震災の被災地の食品輸入を禁止、又は規制をしていますが、これについては実情にあわせてもっと緩和すべきとの意見も上がってきています。 台湾南部5県市の首長はすべて民進党所属であり、今回の選挙でも大きな役割を果たしました。 新政権においても大きな影響力をもつと見られます。特に今回の訪問団のリーダーである高雄市長、陳菊氏は蔡英文 [全文を読む]

遂に中国に「ノー」を突き付けた台湾。蔡英文勝利が意味するもの

まぐまぐニュース! / 2016年01月21日19時30分

輸出は、2.8%減輸入にいたっては、14.1%も減った。 中国政府、GDPについては、いくらでもウソをつけます。しかし、輸出入に関しては、「相手国」がいるので、ウソがつけない。貿易額が8%、輸入が14%減った国のGDPが、「6.9%成長」なんて、ありえないですね。 「金の切れ目が、縁の切れ目」 去年まで中国に「へ~こら」していた世界中の国々も、今年から徐々 [全文を読む]

かつてないほどに緊密な日本と台湾、だが、「日台の中国対抗は無駄に終わる」―中国メディア

Record China / 2017年04月05日09時40分

台湾は福島など被災地産の食品輸入を認めず、食品輸入問題で日本に圧力をかけている。日本政府は沖ノ島の主権問題で譲らない。蔡総統は日本と「全面的な」関係強化を望んでいるが、日本は経済分野以外に関心が低い。 互いが自らの思惑だけで連携し、中国に対抗しようとするならば、あまりに愚かで天真爛漫といえよう。日本政府が台湾へ近づく行為は、外交的なギャンブルに過ぎない。利 [全文を読む]

中国が輸入不許可の食品、台湾からが最多、4割超占める―米華字メディア

Record China / 2017年03月15日11時40分

2017年3月14日、米華字メディア・多維新聞は、中国で輸入不許可となった食品の最大の供給地は台湾だと伝えている。 中国の品質管理当局の国家質量監督検験検疫総局の支樹平(ジー・シュウピン)局長は14日、中国が今年1月に輸入を認めなかった食品の約43%が台湾からのものだと明らかにした。不許可となった輸入食品全体に占める台湾の割合は、2014年が22.06%、 [全文を読む]

だから中国は侮れない。トランプの態度を一転させた懐柔作戦の全容

まぐまぐニュース! / 2017年03月03日04時45分

北朝鮮からの石炭を輸入停止にすることによってだ。 (同上) ホントに輸入を停止しているか、大いに疑問ですが…。少なくともトランプ政権は、信じているのですね。 7番目の理由。 7. 相手の弱みを自分の強みに これは、何でしょうか? RPEでも何度か触れましたが、「評判の悪いトランプさんと『逆』のことをする」。具体的には? トランプは、「ナショナリスト」なので [全文を読む]

「台湾当局は詐欺集団」=蔡政権に2000人が抗議、日本産食品の輸入も問題に―台湾

Record China / 2016年11月28日20時20分

この日集まったのは台湾各地にある電子工業、ガス、教育、金融、小売り関連などおよそ50の団体に所属する人々で、労働者の権利保障や住宅問題、日本の被災地からの食品輸入や観光業界の不況などに対してシュプレヒコールを続けた。「選挙前と選挙後で態度が全く違う」との声も聞かれ、蔡総統に向けて「詐欺集団」と記された額縁を用意する動きもあった。 蔡氏が総統に就任してわず [全文を読む]

「蔡氏が先に被災地の食品を!」=日本からの輸入再開めぐり大混乱、抗議で公聴会中断も―台湾

Record China / 2016年11月14日22時30分

2016年11月14日、海外網によると、台湾で13日に開かれた日本からの食品輸入再開をめぐる公聴会が、反対者らの抗議を受け中断される事態となった。 中断に追い込まれたのは台中市の台中栄民総医院で開かれた公聴会だ。蔡英文(ツァイ・インウェン)政権は日本の被災地5県からの食品輸入再開を進めており、午後3時の公聴会開始が予定されていた同医院では、再開反対のスロー [全文を読む]

日本産食品の輸入解禁にまっしぐらの台湾政府、「余計なこと言うな」の強権的姿勢に民間から怒りの声―台湾メディア

Record China / 2016年11月08日10時30分

2016年11月7日、台湾・蔡英文(ツァイ・インウェン)政権が日本の被災地5県の食品輸入の解禁を進めていることに対して、台湾の民間団体から批判の声が上がっている。 台湾・衛生福利部は同日、福島原発事故を受けてこれまで輸入を全面的に禁止してきた被災地5県の食品について、福島県産以外は一部を除き輸入を再開する方案を立法院に提出した。民進党政権は輸入解禁に前向き [全文を読む]

北朝鮮危機が招いた米中接近、「台湾化」する日本の選択

ニューズウィーク日本版 / 2017年05月25日09時20分

中国の習近平(シー・チンピン)国家主席がトランプ米大統領に示した「100日計画」によれば、中国は外資系金融機関への規制を大幅に緩和し、米国産牛肉の輸入も再開する。こうして中国は、「為替操作国」に指定されて関税を上げられる危機を回避した。その分、貿易面での圧力というしわ寄せを日本などがかぶることになってしまった。3月の米貿易赤字急増について、ロス米商務長官は [全文を読む]

安倍首相が外交の素人・トランプ大統領を頼る危険性と愚かさ

NEWSポストセブン / 2017年04月16日07時00分

「日本からアメリカへの2日分の自動車輸出が、アメリカから日本への輸出の1年分より多い」 アメリカ車が消費者にとって魅力のない商品であることを棚に上げて、“日本はもっと車を輸入しろ”というのだ。何よりも、外交が一貫しない国は信頼されないということを、トランプは理解していないようだ。 トランプは当選直後に台湾総統の蔡英文と異例の電話会談をした。そのことは「1 [全文を読む]

台湾政府は「日本人のコピー版」になるなかれ!=台湾人ジャーナリストが指摘―中国紙

Record China / 2016年11月22日12時50分

沖ノ鳥島の巡視船を引き揚げたり、被災地の食品の輸入再開を目指すなど、「親日色」の強い言動が目立つ民進党政権について、徐氏は台湾・中国時報への寄稿文のなかで不満をあらわにしている。 徐氏が例として挙げたのは、映画「KANO」。同作は日本統治時代の1931年の台湾と日本が舞台で、台湾の嘉義農林学校(現嘉義大学)野球部が甲子園大会に初出場し、準優勝の快挙を達成 [全文を読む]

「私は日本人を信じている」=被災地食品の輸入解禁問題で台北市長が発言―台湾メディア

Record China / 2016年11月15日12時30分

2016年11月14日、台湾・東森新聞によると、台湾当局が日本の被災地の食品の輸入再開を進めていることに対して各方面から疑問の声が上がっていることについて、台北市の柯文哲(カー・ウェンジャー)市長は、「私は日本人を信じている」と述べた。 台湾で12〜14日に開かれた公聴会で、「蔡英文(ツァイ・インウェン)総統が決定すれば(日本の被災地の食品を)食べるのか」 [全文を読む]

台湾・蔡政権発足1カ月、市民の「不満」明らかに上昇―中国メディア

Record China / 2016年06月22日01時30分

豪雨による桃園空港の浸水、米国産豚肉の輸入再開、端午節期間中の夜間の国道(有料高速道路)無料化廃止などの問題が影響したとみられる。(翻訳・編集/柳川) [全文を読む]

フォーカス