立法 蔡英文に関するニュース

台湾人少女に謝罪を強要。中国が致命的な墓穴を掘った台湾総統選

まぐまぐニュース! / 2016年01月20日20時00分

立法院選でも彼女が率いる、中国からの独立志向の高い民進党が圧勝しました。民進党大躍進の要因は多々ありますが、メルマガ『黄文雄の「日本人に教えたい本当の歴史、中国・韓国の真実」』著者の黄さんは、「周子瑜事件」をめぐり中国が犯した大失態の影響を紹介、併せてこれまで台湾を牛耳ってきた国民党の悪事を糾弾しています。 【台湾】中国が致命的な墓穴を掘った台湾総統選 ● [全文を読む]

退任目前の台湾・馬英九総統「人々は将来きっと私を懐かしがる」―台湾

Record China / 2016年05月14日13時50分

2016年5月12日、間もなく退任予定の台湾・馬英九総統は同日夜、オフィスに国民党の新旧立法委員(国会議員)らを招宴したが、そこで「人々は将来きっと私を懐かしがる」とコメントした。同日付で中国台湾網が伝えた。 会場には前立法院長・王金平氏および国民党主席・洪秀柱氏らが現れた。会の雰囲気は非常に和やかで、馬総統は皆に感謝の言葉を述べ、これからもより一層団結し [全文を読む]

”台湾総統選”結果に中国人漫画家が提言「中国と台湾は統合すべき」

デイリーニュースオンライン / 2016年02月01日12時00分

1911年に「辛亥革命」が発生し、それまで中国大陸を支配していた清王朝が打倒され、国民党が政権を握り司法・立法・行政の三権分立主義をとる「中華民国」が誕生しました。 しかしこの国は国民党以外の政党は認められておらず、本当の意味での民主主義国家ではなかったのです。その後中国には共産党が設立し、国民党とは対立状態になります。そして第二次大戦後、「国共内戦」にて [全文を読む]

米中会談後、台湾・蔡英文総統は海外に亡命?―台湾メディア

Record China / 2017年04月06日12時00分

2017年4月4日、時事述評によると、台湾の前立法委員で政治評論家の邱毅(チウ・イー)氏は、中国の習近平(シー・ジンピン)国家主席とトランプ米大統領が今週初会談した後、台湾の蔡英文(ツァイ・インウェン)総統が「海外へ亡命する」と予測した。 トランプ政権発足後、台湾の民進党政権は米国との関係を強化すると表明。専門家チームを組織し、情勢分析に力を入れてきた。邱 [全文を読む]

「台湾独立支持しない」台湾の新国防相が発言撤回―中国メディア

Record China / 2016年05月25日20時10分

2016年5月23日、台湾の新しい国防部長に就任した馮世寛(フォン・シークワン)氏が、立法院(国会)外交・国防委員会で、「台湾独立を支持しない」と発言し、民進党議員から注意を受け、発言を撤回する一幕があった。観察者網が伝えた。 台湾・中央社や香港・中評社によると、馮氏は、国民党の黄昭順(ホアン・ジャオシュン)立法委員の質問に答える形で「台湾独立を支持しない [全文を読む]

遂に中国に「ノー」を突き付けた台湾。蔡英文勝利が意味するもの

まぐまぐニュース! / 2016年01月21日19時30分

04年、民進党から立法委員(=議会)選挙に出馬して当選。06年1月から07年5月まで行政院副院長(=副首相)。10年前には、すでに行政院副院長(=副首相)をされていたのですね。 民進党が再び野党になった08年、同党12代主席に就任。2012年、再選を目指す国民党の現職・馬英九さんと台湾総統選を戦い、敗北。この結果をうけ、党主席を辞任。しかし2014年、党主 [全文を読む]

「一帯一路」効果?フィジー共和国の在台湾窓口、事前発表なく撤退―仏メディア

Record China / 2017年05月18日14時40分

国民党所属の立法委員(国会議員)・盧秀燕(ルー・シウイエン)氏はこの事案を立法院で取り上げ、「中国の『一帯一路』が原因だとする説や、蔡英文(ツァイ・インウェン)政権が進める『新南向政策』にフィジーが反発したとの説がある」と指摘した。 台湾当局の外交部門は、フィジーが外交窓口を廃止したのは経済的な問題が理由だと聞いているとするが、盧氏は、フィジーは外交窓口 [全文を読む]

少数民族出身の台湾立法委員「日本にも謝罪させよ」、蔡総統に呼び掛け―台湾メディア

Record China / 2016年08月02日16時50分

2016年8月2日、台湾・聯合報によると、中華民国の少数民族出身の立法委員・高金素梅氏が、「蔡英文(ツァイ・インウェン)総統は日本に謝罪を求めるべきだ」と主張した。 蔡総統はこのほど、「台湾先住民の権利を侵害してきた」などと述べ、先住民に対する不平等政策を謝罪した。この問題について、台湾総統が公式に謝罪するのは初めて。 これについて高金素梅氏は、「新政権は [全文を読む]

政府の財布はもうカラッポ!「総統の年内外遊は予算的に無理」―台湾外交部長

Record China / 2016年07月05日11時50分

李部長はこの日、立法院外交・国防委員会で外遊成果を報告。立法委員の1人が「今回の訪問で9000万台湾ドル(2億8600万円)近くが使われた。馬英九(マー・インジウ)前総統の最後の外遊は約6000万台湾ドル(約1億9000万円)。今年度予算は1億2500万台湾ドル(約3億9700万円)で、すでにオーバーしている」「副総統が予定しているバチカン訪問はどうなるの [全文を読む]

李登輝氏「馬英九は習近平と握手しにのこのこ出掛けただけ」

NEWSポストセブン / 2016年01月08日07時00分

国民党は、1月16日に行われる総統選挙でも立法委員(国会議員)選挙でも、これまでにない大敗を喫する可能性がある。一昨年11月の統一地方選挙に続く大敗となれば、党勢の凋落が加速度的に進むだろう。それを立て直すためには、国民党本土派のリーダー格である王金平・立法院長が率先して、台湾の主体性を重視する本土派を中心とした「台湾国民党」に生まれ変わらせるべきだ。 [全文を読む]

フォーカス