意味 蔡英文に関するニュース

米中断交さえ!? 台湾総統の米国経由外交

ニューズウィーク日本版 / 2017年01月10日16時00分

「境」は「国境」の意味で、「国境を渡る際に、通過する国に着陸して外交を展開する」という意味だ。 特に今回は、なんといってもトランプ次期大統領が昨年「禁断の電話会談」をした相手の蔡英文総統。北京政府は早くから「トランプ陣営が蔡英文と会ったりなどするものか」という報道を続け、警戒音を鳴らし続けてきた。「共和党議員だって会いやしないさ。でも同情などすることはない [全文を読む]

本当に頼れる国は日本だ…台湾の元総統が語った「日台友好」の真意

まぐまぐニュース! / 2016年09月01日04時45分

そこで蔡氏は、「李登輝時代は台湾の民主化の歴史の中で特別な意味を持つ」と李登輝氏の功績を改めて強調し、「我々には当時とは異なる任務がある。新政府は『民主主義の深化』というバトンを受け取り、進み続けていく」と述べました。 李登輝氏は現在92歳です。これまでも様々な病と戦いながら、総統を退いた後もご意見番として台湾政権に影響を与え続けてきました。 総統時代(1 [全文を読む]

日本は利用される。突然「一つの中国」を認めたトランプの思惑

まぐまぐニュース! / 2017年02月14日19時00分

「バックパッシング」(責任転嫁)とは、つまり「アメリカが勝つために、中国と日本を戦わせること」を意味します。どうやって? リアリズムの大家ミアシャイマー教授は、その著書『大国政治の悲劇』の中で、「バックパッシングの方法」について触れています。4つ方法がある中で、もっとも「今の日米関係に当てはまる」と思われるのは、以下の方法です。 「4つ目は、バックパッサ [全文を読む]

蔡英文氏の中米歴訪の贈り物は非礼、指摘受け台湾政府が釈明―中国メディア

Record China / 2017年01月08日20時30分

2017年1月6日、観察者網は記事「中米訪問の蔡英文総統、サルを描いた磁器は罵倒の意味?台湾政府は否定」を掲載した。 台湾の蔡英文総統は7日、ホンジュラス、ニカラグア、グアテマラ、エルサルバドルを歴訪するため出発した。その前日に友好国指導者に送られるギフトが公開されたが、非礼な品物が含まれていると話題になっている。問題視されたのは、エルサルバドル大統領に贈 [全文を読む]

中国軍元幹部 一つの中国明言しない台湾に武力侵攻示唆

NEWSポストセブン / 2016年11月06日07時00分

中国人民解放軍の元南京軍区副司令官、王洪光中将は台湾問題に関して、今年5月に台湾の最高指導者に就任した蔡英文・台湾総統が「一つの中国」の原則を明言していないことは、中国の「反分裂国家法」にある「中国と台湾の平和的統一が不可能」を意味し、中国軍の武力統一の条件に一致すると指摘した。王氏が中国共産党機関紙「人民日報」傘下の国際問題紙「環球時報」のインタビューで [全文を読む]

香港で中国の言論弾圧が本格化。次のターゲット・台湾はどうなる?

まぐまぐニュース! / 2016年01月27日19時00分

中国が言論弾圧を強めるなかで、彼女の総統就任は、非常に大きな意味を持ちます。 香港の「雨傘革命」は台湾の「ひまわり学生運動」に触発されたものでしたが、台湾の蔡英文総統誕生は、中国による香港の支配強化を見た台湾人の危機意識によるものだったとも言えます。 馬英九路線を継続していれば、早晩、台湾も香港と同じ状況に陥っていたことでしょう。しかし、これに対して台湾人 [全文を読む]

原発ゼロにかじを切った台湾。資源の少ない「島国」の決断は吉か凶か

まぐまぐニュース! / 2016年10月27日05時00分

それはまた、反国民党体制運動の一環としての意味も持っていました。 かつて、私も反原発運動のリーダーである林義雄氏とエネルギー問題について議論したことがありました。反対派が原発に反対する最大の理由としては、地震と台風が多い上に、台湾は人口が都市部に密集しており、4基ある原発のうち3基が台北に隣接しており、危険だということです。また、核廃棄物の処理について、現 [全文を読む]

未婚の台湾女性総統を人格批判する習近平主席の”女性問題”

デイリーニュースオンライン / 2016年06月16日12時06分

現在の中国のネット上では「洗禁評」(習主席の名前の当て字、言論弾圧を意味する)や「趙王回車」(パソコン音痴)など、習主席を皮肉る趣旨の言葉が次々と禁止用語になっているのですが、その中に「柯小明」というものがあります。 現在の習主席の夫人は「彭麗媛」という人物ですが、実は1980年に柯小明という女性と結婚していたのです。当時、習主席は中国の人気歌手だった彭麗 [全文を読む]

”台湾総統選”結果に中国人漫画家が提言「中国と台湾は統合すべき」

デイリーニュースオンライン / 2016年02月01日12時00分

そういった意味で今回の蔡主席の当選は、新時代の到来のきっかけとして大いに期待しています。 ■台湾の民主化の歴史 ここで台湾の民主化の歴史を振り返ってみましょう。1911年に「辛亥革命」が発生し、それまで中国大陸を支配していた清王朝が打倒され、国民党が政権を握り司法・立法・行政の三権分立主義をとる「中華民国」が誕生しました。 しかしこの国は国民党以外の政党は [全文を読む]

蔡英文新総統がまもなく就任、「内憂外患」抱える厳しい船出―台湾

Record China / 2016年05月18日03時30分

新総統就任後、一定期間は成果が出るまで批判を控えることを意味するが、喫緊の課題を抱える蔡英文政権には「ハネムーン」は存在しないとエコノミストは指摘している。(翻訳・編集/増田聡太郎) [全文を読む]

台湾問題で習近平が激しい警告――全人代の上海市代表団分科会で

ニューズウィーク日本版 / 2016年03月08日16時39分

台湾が独立しないことを意味する。両岸は中台の意味)。 台湾に対する大政方針は明らかで、一貫している。台湾の政局に変化があったからと言って変わることは絶対にない。われわれは「九二コンセンサス」を政治の基礎として、継続的に両岸関係の平和的な発展を推進する。そのために「九二コンセンサス」という線引きを我慢強く堅持していくことが肝心だ。「九二コンセンサス」の歴史的 [全文を読む]

遂に中国に「ノー」を突き付けた台湾。蔡英文勝利が意味するもの

まぐまぐニュース! / 2016年01月21日19時30分

台湾総統選、蔡英文勝利の世界史的意味 皆さんご存知のように、台湾で16日、総統選挙がありました。 蔡英文主席、地滑り的勝利…台湾総統選まとめ 読売新聞1月17日(日)20時39分配信 【台北=比嘉清太】16日の台湾総統選で初当選を果たした最大野党・民進党の蔡英文(ツァイインウェン)主席は、得票数、得票率ともに同党候補で過去最高で地滑り的な勝利を収めていた [全文を読む]

台湾総統選前日「家の戸開けると買収歓迎」一票3000~9000円

NEWSポストセブン / 2012年01月23日16時01分

選挙前日や当日の早朝、家の戸が開いているところは、買収歓迎という意味なんです。南部の屏東県などでは一票の金額が千元から三千元(※日本円で約三千円から九千円)だったと聞きました」 ※週刊ポスト2012年2月3日号 【関連ニュース】櫻井氏「中国は台湾飲み込めば尖閣、沖縄を狙って来る」中国大陸の侵食から台湾守るために台湾総統交代をと李登輝氏「次の総統選(2016 [全文を読む]

中国メディアがコカ・コーラに不快感、「蔡英文の仲間でない証明を!」

Record China / 2017年05月18日22時10分

記事は「Countryという単語は『国』以外に『地域』を指す場合もあるが、専門家からは『通常は国を指す』『地域という意味になるのは限定的』との意見が出た」ことを示した上で、コカ・コーラ社や前述の著名ブランドに対して「台湾は中国の領土の一部で、両岸に関しては『中国大陸』『台湾地区』を使ってほしい。中国の消費者に『このブランドは蔡英文の仲間だ』なんて絶対に思 [全文を読む]

台湾・蔡英文総統が「中国大陸」と呼ばず「中国」と表現、中国報道官が批判

Record China / 2017年05月11日13時00分

そのため「台湾海峡を挟んだ2地域」を意味する「両岸関係」という用語が慣例になっている。 台湾との対比で中華人民共和国を指す場合には「中国大陸」または「大陸」と表現する。台湾側も「両岸」や「中国大陸」、「大陸」の用語を使ってきた。国民党などが主張する「一つの中国」の立場を取れば「中台」などの表現はできない。「台湾はすでに主権が独立した国家」と主張する民進党も [全文を読む]

彼女の誕生日にブレスレット発注、英語で「誕生日おめでとう」と刻印するよう頼んだら……とんでもない失敗でネットユーザー爆笑―台湾

Record China / 2016年12月04日00時20分

なんとね、ブレスレットの内側には“英文生日快楽(英文さん、誕生日おめでとう)”って(中国語で)そのまま刻印されていたんだ(笑)」 「英文生日快楽」は、「英語で誕生日おめでとう」のほかに「英文さん、誕生日おめでとう」の意味にもなる。書き込みには、とんでもなく間抜けなブレスレットの写真も添えられていた。あまりにも予想外の失敗はネットユーザーの笑いのタネとなった [全文を読む]

世界政治に変化をもたらす“女性リーダー”たちの現在地

WEB女性自身 / 2016年11月13日06時00分

「ガラスの天井」とは、 80年代にアメリカで生まれた造語で、「ある組織のなかで、女性やマイノリティが直面する、実力とは関係なくキャリアアップを妨げる障壁」を意味する。立ち上がればガラスが粉々に割れ、自らも深い傷を負ってしまう。そんな、もろく危険な「ガラスの天井」に、女性たちは頭を押さえつけられてきた。だが今、女性たちは、その「ガラスの天井」を突き破り始め [全文を読む]

小池百合子都知事と台湾、知られざる「深い関係」

まぐまぐニュース! / 2016年08月04日04時45分

前回の参議院選挙、そして今回の東京都知事選挙も、大きな意味ではこうした世界的な潮流と軌を一にしたものだったと思います。新聞やテレビといったメディアへの懐疑、「左派ジャーナリズム」への不信、多文化共生への不安といったものが背景にあり、いくら「護憲」を訴えても国民に響かなくなっている。現実から乖離した野党の野合は、単に時代錯誤でしかないのです。 続きはご登録 [全文を読む]

<コラム>台湾・蔡英文総統が台湾先住民族に謝罪、読み取れる「台湾は中国でない」の主張

Record China / 2016年08月02日12時10分

蔡総統の「謝罪」の持つ政治的意味として、まず考えられるのが「台湾は中国の一部ではない」との間接的なアピールだ。蔡総統は、台湾先住民族こそ「台湾の本来の主人」と論じ、400年前からやってきた華人が、「すべてを奪った」と表現した。つまり、台湾は中国大陸から渡ってきた華人の土地ではなかったとの言い方だ。現在の中国(大陸部)でも、少数民族の居住地の多くは、華人の住 [全文を読む]

台湾の「日本好き」が過去最高に。なぜここまで相思相愛なのか?

まぐまぐニュース! / 2016年07月28日05時00分

たとえば蒋介石の死後、台北の中心地の総統府前には、蒋介石を祀る巨大な中正廟が建立されましたが、棺は将来中国大陸へ帰葬するため、絶対に異域である台湾の土にはならぬという意味で、地面から三寸離して安置してあります。 それに対して、7代目の台湾総督であった明石元二郎は「余の死体はこのまま台湾に埋葬せよ。いまだ実行の方針を確立せずして、中途に斃れるは千載の恨事なり [全文を読む]

フォーカス