夏目漱石 樋口一葉に関するニュース

「文を見て涙にむせび、心緒みだれ尽して…」(樋口一葉)【漱石と明治人のことば88】

サライ.jp / 2017年03月29日06時00分

今年2017年は明治の文豪・夏目漱石の生誕150 年。漱石やその周辺、近代日本の出発点となる明治という時代を呼吸した人びとのことばを、一日一語、紹介していきます。 【今日のことば】 「よ所(そ)ながらもの語りききて胸とどろかし、まのわたり文を見て涙にむせび、心緒みだれ尽して迷夢いよいよ闇(くら)かりしこと四十日にあまりぬ」 --樋口一葉 わずか24歳で早世 [全文を読む]

有名作家たちの素顔は「人間失格」だった!?『教科書では教えてくれない 日本文学のススメ』

PR TIMES / 2015年03月20日13時06分

夏目漱石、樋口一葉、石川啄木、森鷗外、宮沢賢治、芥川龍之介、太宰治、三島由紀夫、川端康成、中原中也、10名の作家の教科書には載せられないエピソード満載 株式会社学研ホールディングス(東京・品川 代表取締役社長: 宮原博昭)のグループ会社、株式会社学研教育出版(東京・品川 代表取締役社長:碇 秀行)は『教科書では教えてくれない 日本文学のススメ』を発売いたし [全文を読む]

五千円札にメイクさせると「鬼龍院翔」に激似だとネットで話題に

秒刊SUNDAY / 2014年01月20日20時25分

実は福沢諭吉や旧千円札に描かれている夏目漱石なども、ヘアースタイルを変更することで「ヴィジュアル系」に変身すると以前ネットでも話題になっていた。今回も新たな発見というわけだ。福沢諭吉をV系にするとイケメンでカッコイイ!とネットで話題にhttp://www.yukawanet.com/archives/4223762.html―実際に似ているのだろうかでは実 [全文を読む]

「池澤夏樹=個人編集 日本文学全集」3月より電子書籍の配信を開始 池澤夏樹新訳のベストセラー『古事記』がついに電子化!

PR TIMES / 2017年03月03日14時44分

●2017年3月 『古事記』(池澤夏樹訳)【1巻・1,800円】 ●2017年4月 『中上健次』 【23巻・2600円】 『樋口一葉 たけくらべ/夏目漱石/森鴎外』(川上未映子訳/夏目漱石/森鴎外)【13巻・2700円】 ●2017年5月 『堀辰雄/福永武彦/中村真一郎』【17巻・2600円】 『南方熊楠/柳田國男/折口信夫/宮本常一』【14巻・2700 [全文を読む]

重版決定!!トーチweb連載作品『有名すぎる文学作品をだいたい10ページくらいの漫画で読む。』重版のお知らせ

@Press / 2015年10月06日10時00分

<収録作品> ・太宰治「人間失格」 ・中島敦「山月記」 ・梶井基次郎「檸檬」 ・森鴎外「舞姫」 ・坂口安吾「桜の森の満開の下」 ・フランツ・カフカ「変身」 ・宮沢賢治『注文の多い料理店』 ・永井荷風『濹東綺譚』 ・泉鏡花『高野聖』 ・夏目漱石『三四郎』 ・アンデルセン『雪の女王』 ・芥川龍之介『羅生門』 ・田山花袋『蒲団』 ・幸田露伴『五重塔』 ・新美南 [全文を読む]

トーチwebから『有名すぎる文学作品をだいたい10ページくらいの漫画で読む。』刊行のお知らせ

@Press / 2015年09月10日10時00分

<収録作品> ・太宰治「人間失格」 ・中島敦「山月記」 ・梶井基次郎「檸檬」 ・森鴎外「舞姫」 ・坂口安吾「桜の森の満開の下」 ・フランツ・カフカ「変身」 ・宮沢賢治『注文の多い料理店』 ・永井荷風『ぼく東綺譚』 ・泉鏡花『高野聖』 ・夏目漱石『三四郎』 ・アンデルセン『雪の女王』 ・芥川龍之介『羅生門』 ・田山花袋『蒲団』 ・幸田露伴『五重塔』 ・新美 [全文を読む]

日露戦争に勝っても「日本は滅びる」と見ていた夏目漱石 外交評論家 加瀬英明

クオリティ埼玉 / 2015年04月15日13時22分

日露戦争というと、私は夏目漱石の『三四郎』の1節を思い出す。 この作品は、主人公の三四郎が東京帝国大学に合格して、上京する車内の場面から始まっている。 水蜜桃を好む中年男に出会うが、「いくら日露戦争に勝って、一等国になってもだめですね」というので、三四郎が「しかし、これから日本もだんだん発展するでしよう」と答える。すると、男がすまして一言だけ、「滅びるね [全文を読む]

日本ではどんなことが尊敬される?紙幣を見ればそれが分かる―中国メディア

Record China / 2016年10月18日07時50分

過去には5000円札に教育者で思想家の新渡戸稲造、1000円札に小説家の夏目漱石など政治以外の分野において偉大な功績を残した偉人ばかりがそろっている。 紙幣の肖像画からも、日本が知識や文化を重んじる国であることが分かる。日本人は学ぶことに熱心で、日本が急速に発展でき数多くのノーベル賞を受賞した原因となっている。日本の文化を褒めるつもりはないが、優れているも [全文を読む]

『青空文庫POD』1月刊行は440作品、1,320製品!-牧野信一、林芙美子、宮沢賢治、宮本百合子、福沢諭吉などの作品を中心に-

PR TIMES / 2016年01月07日10時23分

なお、1月の刊行は、牧野信一81点、宮本百合子39点、林芙美子25点、宮沢賢治21点、夏目漱石12点、福沢諭吉3点など70名の作家の作品をセレクトいたしました。今までと同様に3サイズ、通常月の約4倍の440点を「Amazon.co.jp」、「三省堂書店オンデマンド」(ポケット版は販売されません)、「ウェブの書斎オンデマンド本 楽天市場店」、「honto.j [全文を読む]

だいだい10ページ。”史上最も肩のこらない文学入門” 中島敦『山月記』を読む

ダ・ヴィンチニュース / 2015年09月27日11時00分

今回は特別に、『山月記』をだいたい8ページくらいの漫画で読んでみよう! 有名すぎる文学作品収録作品 太宰治『人間失格』 中島敦『山月記』 梶井基次郎『檸檬』 森鴎外『舞姫』 坂口安吾『桜の森の満開の下』 フランツ・カフカ『変身』 宮沢賢治『注文の多い料理店』 永井荷風『ぼく東綺譚』 泉鏡花『高野聖』 夏目漱石『三四郎』 アンデルセン『雪の女王』 芥川龍之 [全文を読む]

プラス思考に疲れたら。珠玉の「後ろ向きな名言」7選

TABIZINE / 2015年07月27日18時00分

夏目漱石の『草枕』の冒頭シーンで、主人公の画家がこう独白します。どのように生きても、結局この世界は住みにくい? ■「あすは、あすはッて、みんなあすを待ってるけれど、そんなあすはいつまで待っても来やしません」 島崎藤村の歴史小説『夜明け前』より。幕末維新の動乱の時代、抑圧からの解放を求める人々の苦悩を描いています。「何かが変わるかもしれない」という希望が [全文を読む]

『純文学少女こゝろちゃん』朝日新聞夕刊一面で連載スタート

PR TIMES / 2014年11月07日17時33分

少女が語る名作文学の新スタイル書評 夏目漱石の名作「こゝろ」や「三四郎」の再連載が好評の朝日新聞社は博報堂と共に、日本の読書文化を盛り上げる新たな取り組みとして「こゝろ読書倶楽部」を発足し、新キャラクター『純文学少女こゝろちゃん』による文学作品の書評連載を、11月8日朝日新聞夕刊一面広告欄(※)にてスタートします。 ※名古屋本社版のみ11月10日中面にて [全文を読む]

『源氏物語』を角田光代が、『たけくらべ』を川上未映子が新訳する! 「池澤夏樹 個人編集 日本文学全集」収録作品発表

ダ・ヴィンチニュース / 2014年05月20日11時20分

明治以降の文学は夏目漱石、森鴎外からはじまり谷崎潤一郎、宮沢賢治、大岡昇平、開高健、大江健三郎、須賀敦子など、厳選した作品が収録される。2007年に刊行が開始され30巻で完結した「池澤夏樹=個人編集 世界文学全集」にも『苦海浄土』が収められていた石牟礼道子は今回の全集でも収録が決まった。さらに、モダニズムの尺度から選ばれるという『近現代作家集(I・II・ [全文を読む]

フォーカス