坊ちゃん 夏目漱石に関するニュース

没後100年! 実は、寂しがり屋の食いしん坊!? 人間味にあふれたおじさんだった、文豪・夏目漱石を紹介する『となりの漱石』

ダ・ヴィンチニュース / 2016年07月26日11時00分

坊ちゃん』『こゝろ』『吾輩は猫である』など、彼が残した数々の名作は教科書にも採り上げられ、一度は読んでみたことのある人は多いだろう。かつて彼の肖像画は千円札にも採用され、多くの日本人に愛される夏目漱石だが、彼がどんな人物だったか知っている人は案外少ないのではないだろうか。 知的で物静か、そんなイメージのある夏目漱石だが『となりの漱石(ディスカヴァー携書) [全文を読む]

エディターにも大人気! 愛媛をめいっぱい楽しむ1泊2日レポート 松山編

NeoL / 2015年10月24日22時08分

坊ちゃんの湯」「マドンナの湯」を男女入れ替え制で楽しめる。数寄屋風の天井の木の香りと極上の道後の湯でゆったりと疲れを癒そう。愛媛県のご当地キャラクター「みきゃん」をあしらったコンセプトルーム「みきゃんルーム」があるのもこのホテルだけ。 「道後温泉 ホテル八千代」 〒790-0841 愛媛県松山市道後多幸町6-34 TEL (089)947-8888 FA [全文を読む]

【素朴な疑問】手品のときの音楽はどうして『オリーブの首飾り』?

まぐまぐニュース! / 2017年01月27日19時58分

夏目漱石、「坊ちゃん」の、先生たる坊ちゃんが宿直中に生徒たちにイナゴでいたずらされた事件の是非を話しあう職員会議の場で、他の先生方が坊ちゃんの素行を問題視する一方、同僚の山嵐が、「一体生徒が全然悪いです」 という発言をしています。この「一体」が、先の肯定文の副詞としての使い方です。そもそも第一に悪いのは生徒であって、坊ちゃんではないという意味です。 ちなみ [全文を読む]

ドラマ『坊っちゃん』嵐・二宮和也の好演ぶりがネット上で話題に 「安定のニノさん」

AOLニュース / 2016年01月04日12時00分

夏目漱石の同名作品を元にドラマ化されたこの作品、二宮は主人公である「坊ちゃん」を演じたが、同作の舞台が明治期ということもあって、その時代背景など、現代劇とは違った難しさのある作品ではあったが、そうした内容であるにもかかわらず、二宮は絶妙な「坊ちゃん」ぶりを披露。そのため、ネット上の視聴者からも「ニノさんの坊ちゃん良かったな」「こういう原作がしっかりとしてる [全文を読む]

“食べる、歴史体験”を提供する新歴史系メディア登場 真田幸村、夏目漱石らが愛した食や店を紹介!~知る・行く・食べるをサポートする『歴食.jp』~

@Press / 2016年07月14日11時00分

伊達政宗が発明した仙台名物や、夏目漱石が「坊ちゃん」で描写したお菓子、江戸っ子が愛した鍋など、武将、文豪、幕末の志士など、その時代の人たちが愛した食を意味します。 『歴食.jp』ではこの“歴食”を軸として、「歴食ストーリー」「実際に行ける歴食店」、さらに独自の評価軸「歴食度」で紹介していきます。 ■『歴食.jp』の特徴 1.歴史×食のオウンドメディア 歴史 [全文を読む]

楽しむために前提知識が必要なNHK「くたばれ坊ちゃん」は成功?それとも失敗?

メディアゴン / 2016年06月28日07時40分

河内まりえ[ライター]* * *6月22日放送のドラマ「くたばれ坊ちゃん」(NHK・BSプレミアム)は、「愛媛発地域ドラマ」と称して、松山を舞台としたドラマである。まずは、番組ホームページから「あらすじ」を以下に引用する。 「10年ぶりに生まれ故郷・松山へと戻ってきた矢崎純平(27)。小説「坊っちゃん」の中で坊っちゃんに成敗された赤シャツの孫として、幼いこ [全文を読む]

勝地涼が山崎努と二人きりで過ごした愛媛での日々!

Smartザテレビジョン / 2016年05月30日16時00分

本作は夏目漱石著「坊ちゃん」を、現代版として再構成した物語。作中“坊ちゃん”に成敗された“赤シャツ”の孫・純平(勝地)が、“坊っちゃん”らしき老人(山崎努)に出会うところから物語は始まる。坊っちゃんと赤シャツの過去の因縁と、愛媛・松山の道後温泉の修復工事をきっかけとした町おこしが絡み合いながら、ふるさとに対して複雑な思いを抱いていた青年・純平の成長を描き [全文を読む]

勝地涼×山崎努で「坊っちゃん」が現代によみがえる

Smartザテレビジョン / 2016年03月08日12時24分

本作は、夏目漱石の名作小説「坊っちゃん」中で、坊ちゃんに成敗される“赤シャツ”の子孫である純平と、かつての“坊っちゃんらしき”老人との因縁の物語。幼い頃から赤シャツの子孫として周囲から白い目で見られ続けたため、故郷・松山を憎んでいた純平は、10年ぶりに故郷に戻った時、坊っちゃんらしき横暴な振る舞いの老人に出会う。 松山のシンボルである道後温泉本館の改修工 [全文を読む]

トーハン 店頭活性化プロジェクト「文豪気分の旅プレゼントキャンペーン」実施~文豪ゆかりの宿宿泊券をプレゼント~

DreamNews / 2015年10月27日17時00分

「今売れている文豪作品フェア」は、「人間失格」(太宰治)や「坊ちゃん」(夏目漱石)など名作を中心に売行きが伸びている作品をラインナップ。「文豪スピンオフ!『文豪ストレイドッグス』まとめ読み」は、異能力をもった文豪キャラたちが繰り広げるバトルアクションを描いた人気コミック(朝霧カフカ原作)とその小説版全点を揃えたフェアで、プレゼントキャンペーンとあわせて展開 [全文を読む]

嵐・二宮和也が「昭和」を伝えるのにぴったりな理由とは?

アサ芸プラス / 2015年08月10日17時59分

来年の夏目漱石没後100周年を記念して16年の新春、スペシャルドラマとして「坊ちゃん」(フジテレビ系)が放送される。主演に抜擢されたのは嵐の二宮和也だ。「二宮は98年元旦に『天城越え』(TBS系)、その年の8月には『二十六夜参り』(TBS系)と、当時14~15歳だったにもかかわらず、続けざまに明治時代と戦時中を舞台にしたドラマに出演し、その演技力の高さが話 [全文を読む]

嵐・二宮和也『坊っちゃん』主演抜擢に「ちょっと待って!」とファンからも疑問の声

日刊サイゾー / 2015年08月07日09時00分

人気アイドルグループ・嵐の二宮和也が、来年、没後100年という節目を迎える明治時代の文豪・夏目漱石の名作『坊っちゃん』のドラマ化に伴い、主役の坊ちゃん役に抜擢された。これに対して、 「イメージに合わない」 「制作陣は原作を読んだことあるの?」 「いくら演技がうまいニノでも、これはちょっと……」 「嵐人気で視聴率を取ろうとしているのがミエミエ」 などと、二宮 [全文を読む]

作家・島田雅彦・平野啓一郎がひもとく 道後・松山の魅力

PR TIMES / 2014年06月26日14時38分

●文豪を癒やした道後の湯 夏目漱石が小説「坊ちゃん」の中で、「温泉だけは立派なものだ」と讃えた道後温泉本館は、今年で改築120周年の大還暦を迎えます。松山出身の正岡子規が、神経衰弱だった漱石に「道後温泉にでも遊びに行くつもりで松山に赴任せよ」と助言したというエピソードも。そんな道後のお湯に浸かって、120年後の現代作家・平野啓一郎は何を思うのか? ●子規 [全文を読む]

「坊ちゃん団子」に「今治タオル」 「愛媛まるごと うまいもんフェア」博多で開催

Walkerplus / 2016年12月06日13時55分

愛媛県産の柑橘を使用し、柔らかく仕上げた「飲むみかんゼリー」や、夏目漱石の小説「坊っちゃん」にちなんで作られた、四国道後銘菓の「坊ちゃん団子」。ふわふわのスポンジでつつまれた「一六タルト」、人気の「今治タオル」。さらに、農林水産品などの特産品も販売。 地元にいながら楽しめる期間限定のフェア。家族で遊びに行こう。【ウォーカープラス編集部/渡邊美佳】 [全文を読む]

博多マルイにて、愛媛の名産品が勢揃いした『愛媛まるごと うまいもんフェア』開催

PR TIMES / 2016年12月05日13時00分

愛媛県産の柑橘を使用し柔らかく仕上げた『飲むみかんゼリー』や、夏目漱石の小説「坊っちゃん」にちなんで作られた四国道後銘菓の『坊ちゃん団子』、ふわふわのスポンジでつつまれた上品な味わいの『一六タルト』、さらには農林水産品など地元に愛される特産品を多数取り揃えました。クオリティが高く、人気の今治タオルも種類豊富にお取扱いいたします。 この機会にぜひ博多マルイへ [全文を読む]

4つの県を回っちゃおう!ゴールデンウィークだからこそ回れる四国のオススメ名所

clicccar / 2016年04月21日14時33分

なかでも、道後温泉本館はあの有名な夏目漱石の小説”坊ちゃん”に登場しました。日本の和を感じさせてくれる造りはとても魅力的。愛媛県を訪れた際にはぜひとも道後温泉で旅の疲れを癒したいところです。 ■桂浜 場所は高知県高知市になります。浦戸湾口、龍頭岬と龍王岬の間にある海岸です。高知県を代表する景勝地でもあり、その証拠に松の緑と海岸の海と砂浜がとてもよく合う風景 [全文を読む]

道後温泉本館で温泉に浸かったあと喉を潤す地ビールの愉しみ

IGNITE / 2016年03月10日10時00分

地ビールの種類は、漱石ビール(スタウト)・マドンナビール(アルト)・坊ちゃんビール(ケルシュ)・のぼさんビール(ヴァイツェン)。 軽やかでフルーティな坊っちゃんビールをオーダーし、クゥーッと喉に流し込む。いやはや五臓六腑に染み渡る美味しさだ。 住所:愛媛県松山市道後湯之町5-6 電話:089-921-5141 道後温泉本館 入浴料金・営業時間:http: [全文を読む]

二宮和也 ドラマ撮影現場で監督から「天才!」の声

WEB女性自身 / 2015年11月25日06時00分

ここで、夏目漱石の没後100周年の節目に放送される新春スペシャルドラマ『坊ちゃん』の撮影が行われていた。 12日間かけて作られたというオープンセットには、明治時代を再現した建物がずらりと並ぶ。そんななか、ミルクホール(飲食店)でカットの声がかかっても、小道具のかき氷をパクパク食べている二ノの姿。どうやら早朝からの撮影でおなかがすいていたよう(!?)。 次の [全文を読む]

「いやしこむ」では、思い出の本に関するアンケートを303人に実施しました。第1位は、20代からの支持を集めたあの本でした。

DreamNews / 2015年10月07日12時00分

」(33歳女) □『ノルウェイの森』村上春樹(講談社)「人が人を純粋に愛する深さが伝わってきた」(44歳男) □『蒼穹の昴』浅田次郎(講談社)「人間ドラマと時代の大局を浅田次郎先生の視線で描き出した傑作です」(24歳男) □『坊ちゃん』夏目漱石「読み終わってスカッとします。大好きです」(23歳女) □『きけわだつみのこえ』日本戦没学生記念会編集(岩波文庫) [全文を読む]

【読書と恋愛傾向に関する調査】本を読む男性はレディーファーストでロマンチック

PR TIMES / 2015年03月05日16時09分

【読書男子に人気の作家10名】・東野圭吾(「容疑者Xの献身」「白夜行」「手紙」など)・村上春樹(「ノルウェイの森」「1Q84」など)・百田尚樹(「永遠の0」「海賊と呼ばれた男」など)・池井戸潤(「オレたちバブル入行組」「下町ロケット」など)・伊坂幸太郎(「オーデュボンの祈り」「ゴールデンスランバー」など)・湊かなえ(「告白」「白雪姫殺人事件」など)・夏目漱 [全文を読む]

年末年始、まだ間に合う!「女ひとり旅」で行きたい温泉ランキング

Woman Insight / 2014年12月12日18時50分

◆第1位 道後温泉(愛媛県) 1位は夏目漱石の「坊ちゃん」ゆかりの地で、レトロな街並みが楽しめる道後温泉。 松山市内は交通の便が良く、坊っちゃん列車やからくり時計、手湯・足湯、食べ歩きグルメetc……フットワーク軽く観光が楽しめて「女ひとり旅にぴったり」と人気を集めています。 ちなみに4位~10位までのランキングはコチラ。 ◆第4位 伊東温泉(静岡県) [全文を読む]

フォーカス