息子 夏目漱石に関するニュース

「あーまたこの二月の月がきた ほんとうにいやな月」(小林セキ)【漱石と明治人のことば32】

サライ.jp / 2017年02月01日06時00分

セキが読み書きを学んだのは、息子・多喜二が獄中にあるときだった。思想弾圧の嵐が吹き荒れた昭和初め、非合法下の共産党員でもあった多喜二は繰り返し検挙され、ついには築地警察署内での凄惨な拷問の果てに死亡した。昭和8年(1933)2月20日のことだった。変わり果てた息子の遺体を抱きかかえて、セキは「ああ痛ましや、痛ましや」と涙に沈んだ。 その後のセキは、毎年2 [全文を読む]

「俺は頭が良くない。だから人が一する時は二倍努力してきた」(辰野金吾)【漱石と明治人のことば103】

サライ.jp / 2017年04月13日06時00分

掲出のことばは、その辰野金吾が息子の辰野隆(ゆたか)に、おまえもそうするようにという訓えの意味を含めて、繰り返し語ったことば。のちに仏文学者となった辰野隆は、自身の息子の明にも、同じことを語り聞かせたという。 実は夏目漱石も、一時、建築家を志望しようとしたことがある。一高を卒業して大学へ進む折、専攻を選ぶ必要性から、将来どんな職業につこうかと考え、建築家 [全文を読む]

「実戦の時を考えろ、どこへ球が行くかわかるか」(佐藤紅緑)【漱石と明治人のことば66】

サライ.jp / 2017年03月07日06時00分

野球が大好きだった小学生の息子ハチローとその仲間のため、佐藤紅緑はときどきコーチ役を買って出た。バットを手にノックもする。だが、さして上手いわけではないので、「サード」と声をかけながら打球はファーストやセカンドの方へ飛ぶ。 ハチローが思わず「おとうさん、駄目だ」となじると、父親が反撃に口にしたのが掲出のことば。つづけて、こんなふうに言った。 「俺は、実戦 [全文を読む]

「私は、世界に日本人として生きたい」(藤田嗣治)【漱石と明治人のことば89】

サライ.jp / 2017年03月30日06時00分

中学を卒えたらすぐにでも渡仏したいと思いこんでいる息子を見て、父は上司の森鴎外にアドバイスを求めた。鴎外はこう言った。 「日本画壇には種々の事情もあるから、まずは日本の美術学校を出ておいた方がいい」 アドバイスに従い藤田は東京美術学校に進むが、そこでの窮屈な指導にどうも馴染めなかったという。文展(文部省美術展覧会)にも3年連続で落選。世界の檜舞台に羽ばたく [全文を読む]

7年ぶりのバラエティ出演で涙…細川ふみえ、たけしとの関係を激白

メンズサイゾー / 2014年05月02日13時00分

元夫が背負った負債の取り立てを迫る嫌がらせのメールに悩まされ、正式に離婚をしてからも周囲の視線を恐れてママ友も作れず、息子と2人だけで暮らしてきたという細川。慰謝料などの収入はなく、貯金を切り崩しての生活は決して楽なものではなく、唯一の楽しみは入園料が無料の『東京ドームシティ アトラクションズ』に息子と行き、アトラクションには乗らず、園内を散歩することだ [全文を読む]

地元を題材にした『坊っちゃん2015』を舞台映像化!

PR TIMES / 2015年03月23日15時34分

夏目漱石の『坊っちゃん』をモチーフに、坊っちゃんの孫の孫の息子である「坊っちゃん2015」を主人公にしたストーリーです。 また本編の他に、『坊っちゃん2015』の舞台脚本を依頼された高名な作家「先生」のエピソードを描く予告編もあわせて公開します。[画像1: http://prtimes.jp/i/2663/466/resize/d2663-466-7929 [全文を読む]

歴女も読みたい! 直木賞作家が、“東北を軽視してきた歴史”にマッタをかける、渾身の歴史小説とは?

ダ・ヴィンチニュース / 2015年04月06日11時30分

新作で描いたのは、戊辰戦争を生き抜いた侍・朝河正澄と、その息子にしてイェール大学教授を務めた朝河貫一。近代日本を生き抜いた父子を通じて彼は何を伝えようとしたのか。 「日本人にとって東北とは何か、それを改めて問い直してみたい。ずっとそう思っていた。あれから数年、政府の対応の遅れが次々と露呈しましたが、東北が蔑ろにされてきたのは今に始まったことではありません」 [全文を読む]

息子の同級生と… 現役感バリバリの安達有里が相変わらず暴走気味

メンズサイゾー / 2014年08月08日14時20分

しかし、彼女が遊ぶ相手というのが、21歳の息子の同級生だというから、そのパワフルさには舌を巻く。「よく家に息子の同級生が遊びに来る」と話す安達は、息子が家にいない時でも友人たちがいることもザラにあると語り、その延長線上として、息子の同級生と飲みに行ったり食事に行ったりするのだという。彼女は「浅草だから」と弁解していたが、下町ではそんな光景は当たり前の様子 [全文を読む]

「京大3兄弟」長男 イチロー実施の反復練習は勉強でも重要

NEWSポストセブン / 2016年07月05日07時00分

同作は、3人の息子を塾も通わせずに京大に進学させた破天荒なオヤジ、翻弄される妻、そして個性豊かな3兄弟を描いた、爆笑あり、感動ありのコミックエッセイ。『女性セブン』の人気連載マンガ『ホーツキさんちのオヤジ』(2015年5月~11月)をまとめた単行本だ。 子どもをやる気にさせ、将来、本当に役立つ知識を身につけさせるための、泰伸さんの授業が始まります。今回の質 [全文を読む]

舛添都知事の異常な湯河原好きはあの文豪への崇拝が理由だった!?

アサ芸プラス / 2016年06月13日15時15分

とくに芥川への傾倒ぶりはすさまじく、息子に『龍之介』と名付けたことは新聞のコラムで明かしているほど。その芥川が湯河原に長逗留していたことは、現地の人なら誰でも知っている史実です」 明治期の湯河原には数多くの文豪たちが集まり、芥川が滞在していた中西屋旅館の跡地は、観光ツアーのコースにも組み込まれている。その中西屋は舛添氏の別荘からわずか1.5キロで、散歩コー [全文を読む]

広末涼子、“馬乗りで濃厚なキス“がエロすぎる! 「熟女の色気」溢れる生々しいエロスに絶賛の声

メンズサイゾー / 2014年09月25日17時00分

2013年には、井川遥(38)を主演に据え、義理の息子と関係を持ってしまう『ガラスの家』が放送され、濡れるような喘ぎ声を漏らす井川の濡れ場や濃厚なキスシーンは、ネット上でも話題になった。前述の関係者が指摘したように、これだけ大人の女性たちの危険な恋物語がドラマ化されているのは、やはり視聴者の多くがそれを見たいと願っているのだろう。 NHKドラマに続いて、上 [全文を読む]

「これ大丈夫かな?」 すみれ、極小ブラジリアンビキニ姿を披露! 健康的なエロさ炸裂!!

メンズサイゾー / 2014年08月04日15時30分

石田純一と東尾理子夫妻の人気はいまだに健在で、父親譲りのダメさ加減を引き継いでいる息子のいしだ壱成もまたバラエティで注目を集め、そしてすみれのブレイク。いよいよ芸能界屈指の勢力になりつつ石田ファミリーだが、次にその一員となるのが誰なのか、多くの視聴者が早くも注目しているのは間違いない。 (文=峯尾/http://mineoneo.exblog.jp/) [全文を読む]

同棲報道にマザコン疑惑 上り詰めた坂上忍に相次ぐ女性問題

メンズサイゾー / 2014年02月15日13時00分

ぼくは直接知りませんが、自分でスナックを経営しながら、息子のスキャンダル時には素早くマスコミに対応してうまく立ち回り、それでいて俳優のマネジメントもこなすのですから、かなりのやり手ですよね。今の坂上さんのブレイクがあるのも母の存在なくしては語れないでしょう。坂上さんがマザコンかはわかりませんが、それだけ強い絆があることは否定できないと思います」(業界関係者 [全文を読む]

「2LDKで46万円」「最近は55歳の熟女と…」ピース綾部の“赤裸々”プライベート

メンズサイゾー / 2013年10月16日10時00分

特にゲストとして出演した綾部には集中砲火が浴びせられ、番組冒頭から、「女将さんと××するとき、枕元に置いてある息子の写真を伏せる」や「SM嬢にホテルのキーホルダーを突っ込まれている」など、過激な発言が連発。こうした話題は以前から番組でネタになっているものではあるが、この日の放送では、「左足の甲に脱○された」といったネタも新たに投下され、メインを務める千原 [全文を読む]

「つまんねぇ番組!」毒舌暴走・高嶋ちさ子 “ネットの書き込み”に怯えていた過去

メンズサイゾー / 2013年06月26日18時00分

3歳の息子に「地獄に行け!」と言われた話や、母に高級エステをプレゼントしたら「裸でお金握ってるほうがよっぽど気持ちいいわよ」と逆ギレされた話など、歯切れよく語っていた。 さらに高嶋は、ある番組の収録で、休憩中にピンマイクをつけたまま「つまんねぇ番組!」と漏らしてしまったことを告白。マネジャーにマイクを抑えられて、自分の声が番組スタッフに届いていることに気づ [全文を読む]

フォーカス