夏目漱石 草枕に関するニュース

なぜ自分について考えれば考えるほど、どんどん自分が見えなくなるのか?

TABIZINE / 2015年09月17日07時30分

』 有名な、夏目漱石の「草枕」冒頭部分。まるで自分について考えるときの堂々巡りを言い当てているようです。 そして漱石は「草枕」の中で、こう言います。 『ちょっと涙をこぼす。この涙を十七字にする。するや否やうれしくなる。涙を十七字に纏めた時には、苦しみの涙は自分から遊離して、おれは泣く事の出来る男だと云う嬉しさだけの自分になる。』 感情に流されているうちは答 [全文を読む]

漱石の義理の孫・半藤一利氏による『吾輩は猫である』など名作の新しい読み方とは!? 電子版『漱石先生、探偵ぞなもし』がリリース。

DreamNews / 2016年11月07日14時00分

PHP研究所(京都市南区 代表取締役社長:清水卓智)は、夏目漱石の義理の孫に当る作家・半藤一利氏が、『吾輩は猫である』『坊っちやん』をはじめとする名作の新しい読み方を語る『漱石先生、探偵ぞなもし』電子版をリリースいたしました。本書は、今なお愛される漱石作品を、歴史探偵を自称する著者らしい推理とユーモラスな視点からひもといてくれます。漱石没後100年の今年、 [全文を読む]

素敵すぎるママを見て…「モヤモヤしちゃったとき」心に響く名言

BizLady / 2016年11月03日13時00分

夏目漱石の名作『草枕』冒頭の文章が心に効く!雑誌やSNSの中の、苦労も涙もなさそうな美しい世界。これを一種の“芸術作品”ととらえて見ると、一気に心がラクになります。ゴチャゴチャした住みにくい日常の美しい上澄みをすくった清らかな場所だと想像するのです。夏目漱石の『草枕』の中では、この世はとにかく住みにくいからこそ、 “美しい世界”を演出して人の心を豊にする [全文を読む]

村上春樹の新作、酷評&絶賛噴出?「駄作」「真新しさない」「過去の作品を参照して執筆」

Business Journal / 2017年02月27日00時00分

主人公は画家で、絵画をモチーフとした“絵画小説”といえますが、同じジャンルの名作として、村上氏も影響を受けたと公言している作家、夏目漱石の『草枕』が挙げられます。実際に本作のなかでも、随所に『草枕』を思い起こさせる部分が散見されます」(出版業界関係者・A氏) また、同じ絵画小説として、仏小説家ミシェル・ウエルベックの『地図と領土』を喚起されられたとA氏は言 [全文を読む]

くまモンが夏目漱石の命日に、雑司ヶ谷霊園などゆかりの地を巡りました

PR TIMES / 2014年12月10日14時07分

朝日新聞デジタルにて動画掲載中! 12月9日は夏目漱石の命日。朝日新聞で再連載中の小説「三四郎」の主役に扮した学帽・学生服姿のくまモンが都内の漱石ゆかりの地を巡りました。 だれからも愛されるキャラクターの魅力ある映像を、朝日新聞デジタルにてご覧ください。 http://www.asahi.com/ 12月9日は夏目漱石の命日。朝日新聞で再連載中の小説「三四 [全文を読む]

映画「八重子のハミング」スペシャルインタビュー③:高橋洋子さん

認知症ねっと / 2016年11月09日12時00分

夏目漱石の「草枕」の冒頭部分を一緒に朗読したりして…。根気のいる作業ですが、叔母が笑ってくれる事が自分の喜びになって返ってくるというか〝尽くす喜び〟というものを感じました。 誰かのために何かをして〝ありがとう〟って言われる事が嬉しかったんです。だから映画の中のこの夫婦は幸せだったんじゃないかなと思っています。思い出のある二人が手を取り合って、感謝し合って最 [全文を読む]

飲み会続きで痛んだ肝臓、コンビニのドリンクやサプリは無意味?薬や白米、白砂糖もNG!

Business Journal / 2015年11月27日06時00分

兎角に人の世は住みにくい」 夏目漱石は小説『草枕』の冒頭でこのように書いています。まったくそのとおりだなぁ、とつくづく思う今日この頃です。住みにくい人の世を思い切って離れられれば、それもいいのでしょうが、なかなかそうもいかないというのが現実で、時には意に染まないながらも付き合わざるを得ない宴席などもあります。 昔に比べれば減ったとはいえ、特にこの季節はいろ [全文を読む]

プラス思考に疲れたら。珠玉の「後ろ向きな名言」7選

TABIZINE / 2015年07月27日18時00分

夏目漱石の『草枕』の冒頭シーンで、主人公の画家がこう独白します。どのように生きても、結局この世界は住みにくい? ■「あすは、あすはッて、みんなあすを待ってるけれど、そんなあすはいつまで待っても来やしません」 島崎藤村の歴史小説『夜明け前』より。幕末維新の動乱の時代、抑圧からの解放を求める人々の苦悩を描いています。「何かが変わるかもしれない」という希望が [全文を読む]

能年玲奈に暗雲!?“合流”予定の小泉今日子が「もう関係ない!」と周囲に……

日刊サイゾー / 2015年07月01日20時30分

続けて「ママの夏目漱石の事を話すシーンが大好き。段田安則さんと寝転んでるとこも好き!」「暗転から開けて浅野和之さんが出てきた瞬間にその佇まいだけで笑いをかっさらってらっしゃったのが凄かったです。あんな風になりたい!と憧れました」と舞台を回想し、感想を述べている。 小泉といえば、能年の今後を占うキーパーソンの1人。騒動勃発後に発売された「週刊文春」(文藝春秋 [全文を読む]

【著者に訊け】夏川草介 シリーズ最新作『神様のカルテ0』

NEWSポストセブン / 2015年04月26日07時00分

筆名は夏目漱石+川端康成+『草枕』+芥川龍之介で、夏川草介。自身、信州大学医学部を卒業後、長野県内の救急病院に5年間勤め、白衣のポケットに入れた漱石が激務を支える拠り所だった。そして2009年、『神様のカルテ』でデビュー。本屋大賞第2位に輝くなど大きな話題を呼ぶが、軸足はあくまで地域医療にある。「時々僕と一止を混同されて困ることもありますが、やっているこ [全文を読む]

藤子・F・不二雄が食べていた新宿のつぶあんギッシリどらやき

NEWSポストセブン / 2015年04月22日11時00分

例えば、文學界随一のようかん通と呼ばれたのは、夏目漱石。《あの肌合が滑らかに、緻密に、しかも半透明に光線を受ける具合は、どう見ても一個の美術品だ》(『草枕』より)。東京文京区本郷の藤むらのようかんといわれている。 一方、森鴎外は饅頭茶漬けが大好きだったという。長女・森茉莉の著書『貧乏サヴァラン』で、鴎外が爪の白いきれいな手で割った饅頭をご飯にのせ、煎茶を [全文を読む]

フォーカス