夏目漱石 太宰治に関するニュース

有名作家たちの素顔は「人間失格」だった!?『教科書では教えてくれない 日本文学のススメ』

PR TIMES / 2015年03月20日13時06分

夏目漱石、樋口一葉、石川啄木、森鷗外、宮沢賢治、芥川龍之介、太宰治、三島由紀夫、川端康成、中原中也、10名の作家の教科書には載せられないエピソード満載 株式会社学研ホールディングス(東京・品川 代表取締役社長: 宮原博昭)のグループ会社、株式会社学研教育出版(東京・品川 代表取締役社長:碇 秀行)は『教科書では教えてくれない 日本文学のススメ』を発売いたし [全文を読む]

『文豪ストレイドッグス』公式認定!?神奈川近代文学館とのコラボレーションが実現!

PR TIMES / 2014年02月21日16時42分

この度、1984年に開館された歴史ある神奈川近代文学館とのコラボレーションが実現!!神奈川近代文学館ではこれまでの間展覧会として大衆文学、児童、詩歌などジャンルごとの大規模展示をはじめ、夏目漱石、芥川龍之介、泉鏡花、有島三兄弟(武郎・生馬・里見弴)、武者小路実篤、川端康成、太宰治、吉川英治、山本周五郎など個人作家の展示、鎌倉、横浜、川崎など神奈川を地域別に [全文を読む]

『文豪ストレイドッグス』×神奈川近代文学館とのコラボ再び!今回は「谷崎潤一郎展」と競演!!

PR TIMES / 2015年01月23日15時18分

さらに小説版も展開され、2巻までが発売中!文豪ワールドは更なる広がりを見せている!この度、1984年に開館された歴史ある神奈川近代文学館とのコラボレーションが、昨年の「太宰治展」に続き、再び実現することとなった! 神奈川近代文学館ではこれまでの間展覧会として大衆文学、児童、詩歌などジャンルごとの大規模展示をはじめ、夏目漱石、芥川龍之介、泉鏡花、有島三兄弟( [全文を読む]

電子化時代の中で「古書」が紡ぐ物語――「ビブリア古書堂の事件手帖」

ダ・ヴィンチニュース / 2015年01月06日11時50分

夏目漱石、太宰治といった文豪の名作から、手塚治虫や藤子不二雄のマンガ、彼らが世に知られる前の貴重な作品など、多彩なタイトルがこれまで取り上げられてきた。 作者の三上延氏は電撃文庫でデビューし、いわゆるライトノベルを数多く手がけてきた人物だが、得意とする実直な情景描写は本作で余すところなく発揮されている。登場する作品も綿密な調査を行った上で取り上げられ、古書 [全文を読む]

「漫画には筆者の心が鏡のように映るものである」(北沢楽天)【漱石と明治人のことば137】

サライ.jp / 2017年05月17日06時00分

今年2017年は明治の文豪・夏目漱石の生誕150 年。漱石やその周辺、近代日本の出発点となる明治という時代を呼吸した人びとのことばを、一日一語、紹介していきます。 【今日のことば】 「意地の悪い人は、意地の悪い漫画が出来る。漫画は筆者の心が鏡のように映るものである。可恐(おそるべし)可慎(つつしむべし)」 --北沢楽天 北沢楽天は明治9年(1876)生まれ [全文を読む]

トーハン 店頭活性化プロジェクト「文豪気分の旅プレゼントキャンペーン」実施~文豪ゆかりの宿宿泊券をプレゼント~

DreamNews / 2015年10月27日17時00分

特賞は、宮沢賢治ゆかりの「大沢温泉 山水閣」(岩手県)、太宰治ゆかりの「谷川温泉 旅館たにがわ」(群馬県)、川端康成ゆかりの「雪国の宿 高半」(新潟県)、夏目漱石ゆかりの「みやじまの宿 岩惣」(広島県)など全国9つの宿の宿泊券。この他、旅行券や全国発着日帰りバスツアーを抽選でプレゼントします。“旅”というキーワードで集客力を高めると同時に文豪気分に浸っても [全文を読む]

重版決定!!トーチweb連載作品『有名すぎる文学作品をだいたい10ページくらいの漫画で読む。』重版のお知らせ

@Press / 2015年10月06日10時00分

<収録作品> ・太宰治「人間失格」 ・中島敦「山月記」 ・梶井基次郎「檸檬」 ・森鴎外「舞姫」 ・坂口安吾「桜の森の満開の下」 ・フランツ・カフカ「変身」 ・宮沢賢治『注文の多い料理店』 ・永井荷風『濹東綺譚』 ・泉鏡花『高野聖』 ・夏目漱石『三四郎』 ・アンデルセン『雪の女王』 ・芥川龍之介『羅生門』 ・田山花袋『蒲団』 ・幸田露伴『五重塔』 ・新美南 [全文を読む]

トーチwebから『有名すぎる文学作品をだいたい10ページくらいの漫画で読む。』刊行のお知らせ

@Press / 2015年09月10日10時00分

<収録作品> ・太宰治「人間失格」 ・中島敦「山月記」 ・梶井基次郎「檸檬」 ・森鴎外「舞姫」 ・坂口安吾「桜の森の満開の下」 ・フランツ・カフカ「変身」 ・宮沢賢治『注文の多い料理店』 ・永井荷風『ぼく東綺譚』 ・泉鏡花『高野聖』 ・夏目漱石『三四郎』 ・アンデルセン『雪の女王』 ・芥川龍之介『羅生門』 ・田山花袋『蒲団』 ・幸田露伴『五重塔』 ・新美 [全文を読む]

プラス思考に疲れたら。珠玉の「後ろ向きな名言」7選

TABIZINE / 2015年07月27日18時00分

夏目漱石の『草枕』の冒頭シーンで、主人公の画家がこう独白します。どのように生きても、結局この世界は住みにくい? ■「あすは、あすはッて、みんなあすを待ってるけれど、そんなあすはいつまで待っても来やしません」 島崎藤村の歴史小説『夜明け前』より。幕末維新の動乱の時代、抑圧からの解放を求める人々の苦悩を描いています。「何かが変わるかもしれない」という希望が [全文を読む]

明治以降の文壇で一番ケンカが強い作家は誰だろう?

メディアゴン / 2015年06月16日07時00分

文豪・夏目漱石は文部省の嘉納治五郎に教職の世話を受けたが「柔」(やわら)の手解きは受けていない。その漱石門下の志賀直哉は小説の神様というニックネームに馴染まない乱暴者で「人を殴った話」を書いている。しかし、逮捕されてはいない。やはり、文壇最強の喧嘩師は安部譲二を置いて他にない。何しろ、師匠の安藤昇は「日本プロレスの祖」力道山に勝っている。【あわせて読みたい [全文を読む]

ピース又吉「僕が恋愛を書くと暗くなりそう」 記者会見で垣間見せた独自の恋愛観

ウートピ / 2015年04月07日21時00分

大好きな太宰治や夏目漱石、谷崎潤一郎を挙げている。谷崎潤一郎といえば、性的嗜好が独特な作品が多いことでも有名。又吉が挙げている2冊『痴人の愛』『春琴抄』もその筋の人に支持されている作品だ。又吉は「『春琴抄』は究極の愛を描いたものなんですが、まさかの展開があるんです」と熱く語った。 これは又吉の恋愛観を探るチャンスかも? と早速、記者が「今後、女性も喜ぶセク [全文を読む]

筆力は太宰治に匹敵!? 又吉が描く人間くさい「芸人」の葛藤と焦燥

ダ・ヴィンチニュース / 2015年03月06日12時30分

2人の間には、まるで夏目漱石の『こゝろ』の「私」と「先生」を思わせるような密な関係が続いていく。 元々、又吉は「文学好き」を標榜しているが、彼の小説をめくれば、「ここまでの筆力を秘めていたのか」と誰もが驚かされるに違いない。「芸人小説」だと舐めてかかってはいけない。これは、『文學界』が認めた正真正銘の「純文学」なのだ。徹底的に人間の本質をえぐり出している。 [全文を読む]

シリーズ累計600万部突破! メディアワークス文庫の大人気作品『ビブリア古書堂の事件手帖』最新第6巻 12月25日発売

PR TIMES / 2014年12月25日10時29分

夏目漱石『それから』や太宰治『晩年』など実在の名作が登場し、古書に関する薀蓄や背景にある人間ドラマを丁寧な筆致で綴っています。2011年3月にシリーズ第1巻となる『ビブリア古書堂の事件手帖 ~栞子さんと奇妙な客人たち~』を発行、多くの書店員から支持を集め、人気に火がつきました。同年10月にはシリーズ第2巻となる『ビブリア古書堂の事件手帖2 ~栞子さんと謎め [全文を読む]

夏目漱石や太宰治、著作権が切れた「文豪の小説」を勝手に編集しても問題ない?

弁護士ドットコムニュース / 2013年03月27日13時52分

夏目漱石」や「太宰治」といった文豪の作品を、電子書籍を販売している各ストアが、無料で「販売」できるのはこのためだ。ただ、誰でも電子書籍を出版できる時代だからといって、これらの作品を有償で販売したとして、炎上こそすれ、まず売れやしないだろう。それならば、新たな視点から作品を「編集」してみたらどうか。著作権の切れた作家の短編作品を集めたアンソロジーを販売する [全文を読む]

スマートフォン電子書籍サービス『yomel.jp』がiOSへの提供を開始

PR TIMES / 2012年04月25日15時57分

<主な作品> ・ドラマ化原作作品「赤川次郎」の“三毛猫ホームズの推理”や、国内外で根強いファンを持つ推理小説 ・「夏目漱石」「太宰治」「芥川龍之介」などの文豪の名作 など 赤川次郎 : 三毛猫ホームズの推理 加藤実秋 : インディゴの夜 エラリー・クイーン : Xの悲劇 アガサ・クリスティ : ABC殺人事件 越谷オサム : ボーナス・トラック 宮沢賢治 [全文を読む]

【50%オフ】つい人に話したくなる! 「雑学本」半額キャンペーン【学研リレーSALE】

PR TIMES / 2017年06月09日14時36分

夏目漱石は自分の間違いを認めない」「森鴎外は元祖キラキラネームの名付け親」「太宰治は芥川龍之介が好きすぎ」など、文豪のトンデモ話が盛りだくさん。ちょっとためになって、だいぶ笑える日本文学コミック決定版!通常価格926円→SALE価格463円『一流の人は、なぜA3ノートを使うのか?』一人で責任を負うプレゼンも、300人の力を結集するプロジェクトも、成功の法 [全文を読む]

累計640万部「ビブリア古書堂」を巻末から読むべき理由

プレジデントオンライン / 2017年04月30日11時15分

第1巻には夏目漱石の『それから』や太宰治『晩年』、あまり知られていないかもしれませんが、私の好きな小山清の『落穂拾ひ』などが出てきます。そして、その本にまつわる謎解きが進められるという設定です。苦労したのは、古書の独特の味わいを読者にどうわかってもらうかでした。読者の人が興味を持ってくれる本が1冊でも増えればうれしい」(三上氏) ■数世代の成長と老いを見つ [全文を読む]

『青空文庫POD』10,000製品突破!3,352作品の大活字版/シニア版/ポケット版3種類で。今回発売は、入手困難な小作品524点

PR TIMES / 2017年03月15日10時35分

泉鏡花『いろ扱ひ』、菊池寛『女強盗』、坂口安吾『余はベンメイす』、太宰治『貨幣』、国木田独歩『まぼろし』、永井荷風『放水路』、夏目漱石『文芸委員は何をするか』など524作品です。 『青空文庫POD』には、日本を代表する名作から入手し難い小作品まで、貴重な作品を幅広く揃えています。是非、お好みのサイズでお楽しみください。 今後も1万2,000点以上の登録作品 [全文を読む]

大人気ビブリオミステリが実写&アニメで映画化決定!『ビブリア古書堂の事件手帖』シリーズ完結第7巻 2月25日発売!!

PR TIMES / 2017年02月10日11時30分

夏目漱石『それから』や太宰治『晩年』など実在の名作が登場し、古書に関する薀蓄や背景にある人間ドラマを丁寧な筆致で綴っています。 2011年3月にシリーズ第1巻となる『ビブリア古書堂の事件手帖 ~栞子さんと奇妙な客人たち~』を発行。古書の魅力にあふれるストーリーは多くの書店員から支持を集め、人気に火がつきました。2012年本屋大賞に文庫初でノミネート、第65 [全文を読む]

村上春樹や東野圭吾だけじゃない!中国で続々と翻訳される日本の文学作品―中国メディア

Record China / 2017年01月01日19時50分

中国ではいまだに、夏目漱石、谷崎潤一郎、芥川龍之介、川端康成、太宰治、三島由紀夫などの明治維新後に登場した偉大な日本人作家たちのファンがたくさんいる。今年初めに、「日本の張愛玲(アイリーン・チャン)」と呼ばれた日本人作家の森茉莉の作品が初めて中国で中国語版が出版され、中国に紹介される日本文学が新たな節目を迎えた。また、同年、東野圭吾の作家デビュー30周年 [全文を読む]

フォーカス