明暗 夏目漱石に関するニュース

「漱石アンドロイド」、12月10日に初の一般公開

PR TIMES / 2016年11月29日17時23分

明暗」執筆中の1916(大正5)年12月9日、胃潰瘍のため49歳で死去。今年で没後100年になります。企業プレスリリース詳細へPR TIMESトップへ [全文を読む]

銀座朝日ビル工事現場に夏目漱石の連載小説の挿絵が登場

PR TIMES / 2015年06月26日16時15分

小説「三四郎」「明暗」の世界が銀座によみがえる 朝日新聞社(代表取締役社長:渡辺雅隆)は東京・銀座6丁目に「銀座朝日ビル」(仮称)の建設を進めていますが、このたび、このビルの工事現場の周囲に、夏目漱石の肖像や新聞連載当時の挿絵と題字をあしらった仮囲いのパネルがお目見えしました。 京橋区瀧山町と呼ばれたこの場所は、1888年に大阪から東京に進出した朝日新聞社 [全文を読む]

岩波書店の歴史的名著を「NDL所蔵古書POD」で復刻!創業初刊の『宇宙之進化』夏目漱石遺著『明暗』など41タイトル

PR TIMES / 2015年01月29日10時49分

丸善が全国大学図書館向けに販売、インプレスR&D・岩波書店・丸善のコラボレーションで実現インプレスグループで電子出版事業を手がける株式会社インプレスR&D(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:井芹昌信)は、株式会社岩波書店(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:岡本 厚、以下岩波書店)との協業で同社の歴史的名著を復刻、販売いたします。[画像1: http [全文を読む]

「この肉体はいつ何時どんな変に会わないとも限らない」(夏目漱石)【漱石と明治人のことば36】

サライ.jp / 2017年02月05日06時00分

【今日のことば】 「この肉体はいつ何時どんな変に会わないとも限らない」 --夏目漱石 夏目漱石の絶筆となった小説『明暗』より。このあとさらに、「それどころか、今現にどんな変がこの肉体のうちに起こりつつあるかも知れない。そうして自分はまったく知らずにいる。恐ろしいことだ」とつづく。 自分の体でありながら、自分の体の中で起こっている変化に、人間はなかなか気づ [全文を読む]

そんなに親たちを断罪してどうするつもり? 「毒親論」に終止符を打つ1冊!

ダ・ヴィンチニュース / 2015年03月20日11時30分

その変化をテーマにしているのは、夏目漱石の晩年の作品『明暗』である。漱石の執筆は、彼の「神経衰弱」を克服する手段でもあった。「現実への直面を受け入れさえすれば、人は変われる」ことを『明暗』で説こうとしながら、漱石は亡くなった。 人は何歳になろうが成長できる。成長のためには、自分が変わりたいと思う方向(自我理想)を見つけ、それを他人の前で装い演じること…つま [全文を読む]

沢尻エリカが“手ブラ営業“!? 親父キラーで人気絶好調の米倉涼子と明暗くっきり

メンズサイゾー / 2014年11月18日10時00分

(文=峯尾) 著書『松本人志は夏目漱石である!』(宝島社新書) [全文を読む]

【ドライブで行く】神奈川の人気観光スポット~都会と自然のハイブリッド県をドライブ♪~

INLIFE~あなたと保険を繋げるメディア~ / 2015年07月31日09時00分

国木田独歩が、「湯河原より」「湯河原ゆき」などの短編を執筆し、夏目漱石が、絶筆となった「明暗」を残したのも湯河原だ。 また、島崎藤村、芥川龍之介、谷崎潤一郎らも訪れた歴史がある。 夏場は海水浴客で賑わう海岸線から県道75号線を西進し、JR湯河原駅を過ぎて東海道線と東海道新幹線の線路をくぐれば、温泉地に向かう坂道が始まる。 歩くには少し長い坂なので、ドライ [全文を読む]

矢口不倫離婚で保田圭“ひとり勝ち”状態!? “結婚特需”はいつまで続くのか…

メンズサイゾー / 2013年07月04日10時00分

まさに同じ時期にくっきりと明暗を分けた2人。仕事の面でも両者は反比例するような格好になっている。 「ただ、保田さんの露出もそう長くは続かないでしょうね。さすがにここまで出続けると、視聴者にも飽きられてしまいますよ。しかし、保田さんの旦那さんは、イケメン・イタリア料理人というテレビ向きのタレント性がありますからね。彼との二人三脚であれば、今後も活躍する場面が [全文を読む]

フォーカス