小説 超特急に関するニュース

【速報】スタイリッシュな超特急メンバーに毎月会える!?企画がヤバイ!

Woman Insight / 2015年11月17日18時00分

詳しくは、11月21日(土)発売の『CanCam』1月号を是非チェック♥ 『CanCam』2016年1月号(小学館) ★『CanCam』公式HPはコチラ→ http://cancam.tv ★超特急主演映画『サイドライン』公式ノベライズ『小説 サイドライン』も大好評発売中! ★超特急公式HPはコチラ→ http://bullettrain.jp/ 【あわ [全文を読む]

超特急のユースケがドラマの主演に大抜擢

okmusic UP's / 2015年08月18日10時00分

権藤から、ある女流作家の自伝小説のゴーストライターをやらないかと誘われた直木は、かつてその女流作家のゴーストをやっていたと噂された先輩、村上健二(平間貴之)の死の真相を探る為、その依頼を受ける。 ホテルに5日間篭もり、寝食を共にして彼女の自伝小説を書くよう権藤に指示された直木は、最年少で阿久津山賞を受賞した女流作家、吉永彩(山村芽生)と対面する。 スラン [全文を読む]

トランプ政権、誤情報を「別の事実」と呼び波紋 政府発表はもはや信用できないのか

Forbes JAPAN / 2017年01月24日10時42分

ジョージ・オーウェルの小説「1984」で描かれた「真実省」をほうふつとさせるこうした政府の姿勢は、情報に基づいた判断や戦略立案のために不可欠な基盤を覆すものだ。人々の間では不安が広がっている。ワシントン・ポストによると、科学者らは、新政権が気候変動に関する米当局のデータをオンライン上から取り下げることを危惧し、各種資料の保存作業を超特急で進めているのだとい [全文を読む]

福士蒼汰「言葉が胸に刺さる、何度も読み返したいほど大切な1冊」

ダ・ヴィンチニュース / 2013年12月30日11時20分

福士自身も実写映画に出演した、人気エンターテインメント小説だ。 「すらすらと読み進んでいって、気づくと読み終えていました。自分が演じたということとは関係なしに、純粋に面白くって。キャラクター一人一人に好感が持てますし、人間味あるセリフ回しが好きです。各キャラクターの恋愛模様が描かれているので、アクション以外の部分も楽しめますし。俳優という“演じる側”から見 [全文を読む]

半沢直樹で盛り上がる“脇役陣”(1)一番の当たり役「片岡愛之助のオネエ口調」

アサ芸プラス / 2013年10月10日10時00分

「現在、連載中の小説『半沢シリーズ』第4弾である『銀翼のイカロス』で、黒崎が帰ってきたのです。これは池井戸氏が片岡の演技を気に入ったためと言われており、ドラマの続編でも片岡が起用されることが予想されています。もっとも舞台の予定に、年明け公開の映画『シベリア超特急シリーズ』の主演も決まっていて、スケジュールはいっぱいのようです」(芸能プロ関係者) [全文を読む]

フォーカス