ヒット曲 小田和正に関するニュース

【エンタがビタミン♪】ゆず、絶頂期に味わった“挫折”明かす。「地元のヤマハピアノ教室に飛び込んだ」

TechinsightJapan / 2015年05月21日13時20分

当時の彼らはヒット曲を連発する人気グループとなっていたが、その時の感覚を「山の頂上にいるつもりが、霧が晴れたら小田さんという大きな山があった」と表している。 ゆずの北川悠仁と岩沢厚治が5月17日放送の『関ジャム 完全燃SHOW』(テレビ朝日系)にmiwaとともにゲスト出演した。MCの関ジャニ∞には楽曲『T.W.L』を提供した間柄で、この日も『夏色』や『T. [全文を読む]

小田和正のベストアルバム『自己ベスト』が前人未到の500週ランクイン達成

okmusic UP's / 2013年05月29日07時15分

『自己ベスト』はフジテレビ系月9ドラマ『東京ラブストーリー』主題歌として258.8万枚の大ヒットとなった「ラブ・ストーリーは突然に」を始め、「さよなら」「言葉にできない」など、ヒット曲全15曲を収録したベストアルバム。 発売直後の2002年5月6日付、5月13日付の2週に亘って首位を獲得した同作は、登場3週目の5月20日付で早くもミリオン突破。その後もロ [全文を読む]

小田和正が歌い、駆け抜ける!ドームの熱狂のステージがWOWOWに登場!

PR TIMES / 2012年05月01日18時25分

最新アルバム『どーも』を引っ提げてスタートした今回のツアーでは、「グッバイ」「今日もどこかで」「さよならは言わない」「東京の空」をはじめとする同アルバム収録曲を中心に、オフコース時代も含めた彼のヒット曲の数々が次々と披露され、観客に感動を与えていったが、見どころは客席内に張りめぐらされた花道を駆け抜けていく小田和正の姿。7つのステージと外周500メートル [全文を読む]

スキマスイッチALでKANが受けた”新曲”オーダー

dwango.jp news / 2016年12月21日12時16分

2003年のデビュー以来、数々のヒット曲を生み出し幅広い世代のリスナーから支持されてきたスキマスイッチ。デビュー13年目を迎え、全キャリアの楽曲に全てライブアレンジを施した新コンセプトのツアーを立ち上げるなど、これまでとは一味違ったスタンスの活動を展開している彼らの、今作のキーワードはリアレンジ。これまで一貫してセルフアレンジ、サウンドメイク、セルフプロデ [全文を読む]

スキマスイッチ、奥田民生や小田和正らをプロデューサーに迎えたリアレンジアルバム完成!

okmusic UP's / 2016年12月21日14時30分

【その他の画像】SPECIAL OTHERS2003年のデビュー以来、数々のヒット曲を生み出し、幅広い世代のリスナーから支持されてきたスキマスイッチ。デビュー13年目を迎え、全キャリアの楽曲にライヴアレンジを施した新コンセプトのツアーを立ち上げるなど、これまでとは一味違ったスタンスの活動を展開している彼らだが、今作のキーワードは“リアレンジ”。これまでは一 [全文を読む]

​ネイザン・イースト、初の単独来日公演終幕!小田和正らと連日共演

AOLニュース / 2014年11月19日02時55分

ビルボードライブ(東京・大阪)にて4日間に渡り計8公演が開催された今ツアーでは、ソロアルバムからの楽曲やネイザンが参加した大ヒット曲「Get Lucky」(Daft Punk)などが披露。満席の各会場を興奮の渦に巻き込んでいった。 公演には毎回豪華ゲストが招かれ、11月10日(月)はJAY'ED、11日(火)は小田和正とTOKU、13日(水)は杏里が参加 [全文を読む]

ネイザン・イースト初の単独来日公演、小田和正やJAY’EDなど日本のアーティスト達と連日共演!

okmusic UP's / 2014年11月17日19時30分

【その他の画像】NATHAN EASTビルボードライブ(東京・大阪)にて4日間(計8公演)行われたライブは、ソロアルバムからの楽曲やネイザン本人が参加して生まれた空前の大ヒット曲であるDaft Punkの「Get Lucky」などが披露され、満席の会場を興奮の渦に巻き込んだ。また、公演には毎回豪華ゲストが招かれ、11月10日(月)はJAY’ED11日(火) [全文を読む]

話題!スキマ名曲のリアレンジ・リプロデュースアルバム『re:Action』発売!スキマスイッチの2人が登場!

PR TIMES / 2017年02月18日14時06分

2月15日(水)に、これまでのヒット曲を奥田民生、小田和正らをプロデューサーに迎えリアレンジ・リプロデュースして収めたアルバム『re:Action』が発売されたことでも話題のスキマスイッチ。その制作秘話はもちろん、2月25日放送当日に39歳の誕生日を迎えるメンバーの常田真太郎からどんな話が聴けるのか?生放送でサプライズがあるのか?必聴です。25日(土)13 [全文を読む]

小田和正、宇崎竜童ら豪華アーティストが出演する「オールナイトニッポンALIVE」開催決定

okmusic UP's / 2015年11月12日15時00分

それ以来フジパシフィックミュージックとニッポン放送「オールナイトニッポン」は数多くのヒット曲の誕生を後押ししていくことになる。 その中で、ザ・フォーク・クルセダーズ、オフコース(小田和正)、ダウン・タウン・ブギウギ・バンド(宇崎竜童)、大滝詠一といった日本の音楽シーンを切り開いた才能豊かなアーティストに関わってきた。 そして、2016年3月1日(火)、日本 [全文を読む]

CDが売れていた90年代、大物音楽プロデューサーたちが躍動していた

週プレNEWS / 2015年08月21日06時00分

『おどるポンポコリン』に代表されるように、90年代の初期はアニメやCM、ドラマや映画とのタイアップからヒット曲が誕生する時代だった。 91年の年間チャートを見ると、フジテレビ系月9ドラマ『東京ラブストーリー』の主題歌だった小田和正の『Oh!Yeah!/ラブ・ストーリーは突然に』に始まり、CHAGE and ASKAの『SAY YES』(ドラマ『101回目 [全文を読む]

鈴木雅之、ヒット曲満載のトリビュートアルバムがリリース決定

Entame Plex / 2015年03月16日23時43分

シャネルズ/ラッツ&スター時代の大ヒット曲から鈴木雅之ソロの代表曲まで、全13曲のヴァラエティに富んだカヴァーが聴ける、超豪華なトリビュートアルバムに仕上がっている。 なお、鈴木雅之は5月30日から全国ツアーもスタートする。 [全文を読む]

海援隊 100万枚ヒット曲を出すも天国から地獄に真っ逆さま

NEWSポストセブン / 2014年11月22日07時00分

撮影■二石友希 ※週刊ポスト2014年11月28日号 [全文を読む]

​ネイザン・イースト、初の単独来日公演終幕!小田和正らと連日共演

AOLニュース / 2014年11月19日15時40分

JAY'EDはファレル・ウィリアムズの大ヒット曲「HAPPY」とDaft Punkの「Get Lucky」を熱唱。ネイザンが"日本の兄弟"と呼ぶ小田和正は、自身が『NATHAN EAST』に提供した楽曲「Finally Home」を演奏し、杏里は名曲「オリビアを聴きながら」を、ネイザンの美しいベースにのせて歌い上げた。 そして、各公演のアンコールではバラー [全文を読む]

紅白出場を目論むMay.J、なぜネットでここまで嫌われる?

messy / 2014年06月17日16時00分

すっかり嫌われ者になってしまったMay.Jだが、昨今の音楽業界では第三者のヒット曲をカバーすることがひとつの表現として浸透しており、彼女以外にもカバーアルバムを発表しているアーティストは多く存在している。BENI(28)やクリス・ハート(29)、Che'nelle(31)らはその代表的な例だろう。とはいえ、彼らはMay.Jに比べて露出もそれほど多くなく、 [全文を読む]

EXILE、小田和正、ミスチル……「歌がうまい」人は声が高い!?

日刊サイゾー / 2012年12月06日09時00分

披露される歌は、なぜかAKB48や嵐の過去の曲などが多く、今年を代表するヒット曲の少なさが改めて実感されるところだ。 ところで、歌番組を見るたびに、もうひとつ不思議に思うのは、「歌がうまい」とされる歌手がたいてい声の高い人ばかりだということ。 たとえば、2012年8月3日発売の『オリ★スタ』(オリコン)では、カラオケ特集内で、3,000人が選ぶ「歌がうま [全文を読む]

第11回「フジテレビ物語(後編)」

ソーシャルトレンドニュース / 2016年10月22日12時00分

〇『19xx』(90年10月~91年9月)毎回、1つの年を取り上げ、当時のヒット曲を背景に、ひたすら世相映像を流すシンプルな構成が持ち味。 〇『アインシュタイン』(90年10月~91年9月)企画・小牧次郎、構成・渡辺健一。城ヶ崎アナらがサイバー系の衣装に身を包み、CGをバックに難解な科学ニュースを伝えた。演出の福原伸治サンはこの2年後に『ウゴウゴルーガ』 [全文を読む]

「オールナイトニッポン ALIVE ~ヒットこそすべて~」のステージで豪華アーティストが競演!

okmusic UP's / 2016年03月02日14時00分

『スモーキン・ブギ』や大ヒット曲『港のヨーコ・ヨコハマ・ヨコスカ』を熱唱。デビューアルバムをニッポン放送のスタジオでレコーディングした秘話も明かし、会場を驚かせた。 そして会場から大声援で迎えられた小田和正は、『僕の贈り物』を披露。「フジパシフィック50周年おめでとうございます!『ラブ・ストーリーは突然に』があるのもフジパシフィックのおかげです!」というコ [全文を読む]

ニッポン放送「HAPPY FM93」開局&フジパ50周年記念ライブが武道館で開催!

AOLニュース / 2015年11月12日18時50分

1966年に有楽町ニッポン放送の一室で産声を上げたフジパシフィックミュージックは、翌1967年に「オールナイトニッポン」をスタートさせて以来、数多くのヒット曲の誕生を後押ししている。 同イベントには、泉谷しげる、稲垣潤一、宇崎竜童、ウルフルズ、小田和正といったゆかりのアーティストたちが出演する。 【参照リンク】 ・フジパシフィックミュージック オフィシャ [全文を読む]

亀田誠治と布袋寅泰が“J-POPギター”の魅力を解説 『亀田音楽専門学校 SEASON 2』スタート

リアルサウンド / 2014年10月04日13時00分

音楽プロデューサーの亀田誠治がJ-POPのヒット曲を分析するテレビ番組『亀田音楽専門学校 SEASON 2』(NHK Eテレ)の初回が10月2日に放送された。(参考:山口百恵の曲はなぜ“ツンデレ”? 亀田誠治×槇原敬之が名曲「プレイバック」を分析) この番組は亀田が校長、中村慶子アナウンサーが助手を務め、毎回様々なアーティストがゲスト講師として出演する音楽 [全文を読む]

【こんなに面白いジャニーズソング2】嵐と少年隊が時代を越え繋がる『a Day in Our Life』

AOLニュース / 2014年01月01日00時30分

サンプリングの有効活用はお手の物だったわけだが、『a Day in Our Life』においてサンプリングの元にしたのは、嵐にとってジャニーズの大先輩である少年隊が1987年にリリースしたヒット曲『ABC』だったのである。 『ABC』において全編で流れている美しいリフのメロディー。これが、15年という時を経て当時最先端だったミクスチャーラップの『a Day [全文を読む]

フォーカス