国際線 日本航空に関するニュース

ANAが悲願のJAL超え。元整備士の異端社長が変えた日本の空の旅

まぐまぐニュース! / 2016年11月29日10時36分

当時国際線を飛べたのは日本航空だけ。それを全日空は、羨望のまなざしで見ていた。全日空の社内には、初代社長が残した「現在窮乏 将来有望」という言葉がいまも掲げられている。 「我々は2機のヘリコプター、たった30人からスタートした会社です。だから現在は窮乏だよと。お金もないし、人もいない。だけど将来、航空産業は有望なんだ、だから君たち頑張れと。給料の遅配の方便 [全文を読む]

ANA、「JAL越え」達成でナショナルフラッグに…「不公平な競争」30年の死闘、だが…

Business Journal / 2016年06月10日06時00分

3月3日、全日本空輸が国際線就航30周年を迎えた。1986年に東京-グアム線就航を皮切りに始まった同社悲願の国際線は、現在では世界39都市59路線(16年3月3日時点)に拡大し、この間に同社の国際線累計旅客数は1億人を突破した。 長い間、業界で「航空憲法」ともいわれてきた国による事業分野の取り決め、いわゆる「45/47体制」の下で、国際線運営が日本航空だけ [全文を読む]

全日空、羽田発着枠優遇の「隠れた政府援助」で巨額利益…でも日航との不公平を訴え

Business Journal / 2017年04月21日06時00分

政府はこの指針に基づき、それまで均等だった羽田空港の国際線発着枠を、全日空により多く配分する傾斜配分を実施した。 その結果、首都圏の多くの利用者にとって至極至便な羽田空港の国際線便数は、全日空が圧倒的に日本航空を上回る。深夜早朝時間帯の便数を除いて、全日空は週間27便で、日本航空の18便の1.5倍も多い。 羽田空港は、年間7950万人が利用する世界第5位の [全文を読む]

航空業界の研究:JAL、ANAの双璧とその他の独立系航空会社、それぞれの特色と勢力地図

楽天みんなの就職活動日記 / 2015年12月03日12時00分

1960年代には他企業との合併と路線継承により、国際線で航空業界を牽引していた日本航空に匹敵する企業に成長しました。当初は国内線専用でしたが、国際線では成田―グアム線で進出した後、欧米やオーストラリア、そしてアジアの路線を拡大してきました。2013年4月に持株会社制を導入し、ANAホールディングスを発足。現在、国内線では首位、国際線では2位の実力を持ってい [全文を読む]

日本最大級ランキング【1】みんなが満足した人気の航空会社はどこ?

TABIZINE / 2016年06月22日07時30分

航空会社は世界中にいくつもありますが、日本航空(JAL)や全日本空輸(ANA)を含めてどこの航空会社が、一番顧客満足度が高いのでしょうか? そこで今回はサービス産業生産性協議会が総計12万人の利用者の回答を集計した、2015年度「JCSI(日本版顧客満足度指数:Japanese Customer Satisfaction Index)」調査結果を参考に、 [全文を読む]

「羽田ーアメリカ直航便」はなぜ遅れてきたのか

Forbes JAPAN / 2016年05月19日10時00分

それまでは、1978年開港した成田空港が国際線、羽田空港が国内線というすみわけが決まっていた。一部、台湾、ソウル、北京路線は羽田空港を使用したが、欧米、東南アジア、オーストラリアなどへの路線は成田発着に限定されていた。しかし、日本への投資の呼び込み、観光客増加の決め手として、都心に近い羽田空港から国際線を飛ばそうという計画が持ち上がった。羽田発着の需要は大 [全文を読む]

成田国際空港運用状況(2017年4月)

PR TIMES / 2017年05月25日11時31分

国際線外国人旅客数が開港以来最高となりました。 また、航空機発着回数をはじめ以下の項目について4月として過去最高となりました。 【航空機発着回数】 ▶航空機発着回数 国際線・国内線ともに好調だったことにより、前年同月比5%増の20,636回と4月として過去最高となりました。 ▶国際線発着回数 オーロラ航空/ウラジオストク線の新規就航・増便(3月20日・26 [全文を読む]

「9時間のフライトでバナナ1本」は本当?機内食が出る時間の目安とは

ZUU online / 2017年05月18日17時20分

機内食といえばやはり国際線である。残念ながら近年人気を集めている、いわゆる格安航空では機内食の無料提供を行っていないことが多いが、大手航空各社ではエコノミークラスであっても、もちろん機内食は無料提供されている。食事の時間帯に関して日本航空を例に見てみよう。日本航空では離陸後1時間を目安に提供されている。ただし深夜出発便等は到着約2時間半前を目安に提供してい [全文を読む]

JAL対ANA 「羽田大戦争」は天王山へ、勝者はどちらだ

NEWSポストセブン / 2016年10月07日07時00分

10月30日、ANAの羽田―ニューヨーク便・シカゴ便が新規就航するが、それに先立って同社は、ニューヨークの観光スポットや人気料理を紹介するテレビCMを大量投入するなど、「日本最大の国際線ネットワーク」を強調するのに躍起だ。 営業部門のANA社員はなぜか浮かない顔をする。「昨年度、うちは初めて国際線旅客数でJALを上回り、今年度は連結純利益で過去最高を更新 [全文を読む]

トラベル・航空・運輸ランキング!人気5社から始める業界研究

楽天みんなの就職活動日記 / 2016年09月21日12時00分

第1位:全日本空輸(ANA)国内線・国際線ともに首位のANAが人気ランキングでも1位に。ANAは傘下にLCCのバニラエアとピーチ持ち、M&Aや出資に積極的なのが特徴です。国内線は横ばいで、国際線は燃油チャージの影響が大きく低迷しています。一方で空港業務の委託や、訪日客向けの物販が好調です。10月にはNYとシカゴに新たな昼間の便が就航され、より便利になってい [全文を読む]

エイビーロード『エアライン満足度調査2015』

PR TIMES / 2015年07月01日11時57分

総合満足度は「シンガポール航空」が4年連続の1位 2位は「日本航空」(前年3位)、3位に「ANA」(前年2位) 株式会社リクルートライフスタイル(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:淺野健)に設置された「エイビーロード・リサーチ・センター」(センター長:沢登次彦)は、2014年に海外渡航をした方を対象に、国際線エアラインの満足度調査を実施しました。ここに [全文を読む]

「JTB 海外航空券」サイトにて、サービス拡充が著しい日本航空でポイント還元キャンペーンを実施

PR TIMES / 2015年04月24日18時44分

機内インターネットの導入や手荷物を2個まで無料に変更したことに加え、イギリスSKYTRAX社より2013年に「ベスト・ビジネスクラス・エアラインシート」賞を受賞し世界1位の評価を得た新しい座席「JAL SKY SUITE」や羽田空港国際線ラウンジのリニューアルなど矢継ぎ早にサービスを拡充しています。本キャンペーンでは、質の高いサービスをお得に体験いただくた [全文を読む]

ANA注目幹部も明言 2大航空会社の主戦場は国際線へ

NEWSポストセブン / 2017年06月09日07時00分

国際線が成長の柱であることは間違いなく、乗り継ぎの利便性などで訪日外国人を国内の地方に誘う機能も高めないといけない。 そのため、私たちも多言語化などで国際線予約のバリエーションを拡充しています。世界のあらゆる世代のお客様に寄り添うサービスや商品づくりが求められていると考えます」 そう語るのは全日本空輸(ANA)の執行役員で子会社・ANAテレマートの社長・梶 [全文を読む]

日本航空が2路線に新規就航!成田=メルボルン線(9月1日)、成田=コナ(ハワイ島)線(9月15日)

PR TIMES / 2017年05月29日15時51分

~コナは成田空港としての新規地点!成田空港の国際線ネットワークは110都市に~ 日本航空(IATAコード:JL、以下JL)が、2017年9月より、本邦航空会社で唯一となる成田=メルボルン線及び成田=コナ線に新規就航することとなりましたので、お知らせします。今回新たに開設されるコナ線は国内空港唯一の毎日運航による就航であり、JLとしても2010年10月以来約 [全文を読む]

格安航空LCCは危険なのか?パイロットの低レベル化&欠航続出のリスクも

Business Journal / 2017年04月26日06時00分

国内線を飛ばす春秋航空日本も、国際線を運航している他国のLCCも、日本の安全規準は満たしています。整備面も、最低限の安全レベルは保っているでしょう。春秋航空日本の場合は、親会社が潤沢な資金を持っているので、安全面についてもそれなりにコストはかけているようです」(同)●パイロットのレベルはピンキリ 一方で、主席研究員はこうも語る。「LCCのパイロットのレベル [全文を読む]

「JTB海外航空券」サイトにて、日本航空ヨーロッパ行きのタイアップキャンペーンを実施

PR TIMES / 2014年08月22日18時32分

日本航空の国際線は、預け手荷物2個まで無料、また一部特定路線では機内へのWi-Fi導入・最新シート導入などサービスを拡充しており、お客様からの支持が高くなっています。JTBホームページの海外航空券サイトでは、2014年10月から2015年1月出発において、ヨーロッパ方面の予約が前年比27%(8月11日時点)増加しており、さらなる販売強化を目的に、人気の高ま [全文を読む]

飛行機の搭乗時間、なぜ国内線は10分前で、国際線は30分前?日本航空さんに聞いた

Business Journal / 2014年08月04日18時00分

日本航空のホームページで確認してみると、国際線の場合は「ご搭乗の手続きは(出発時刻の)60分前までにお済ませください」と記載してある。 ついでに、国内線の場合についても調べてみると、搭乗手続きそのものに関する時間の記述はなく、「出発保安検査場は15分前までに通過してください」とある。ということは、出発時刻の20分前のチェックインでも大丈夫ということか。 チ [全文を読む]

これは乗りたい!日本航空のファーストクラスが豪華すぎ!

Woman Insight / 2014年07月23日21時00分

日本航空が国際線の運航を始めたのは1954年。当初は、欧米のエアラインを前に苦戦を強いられていましたが、1960年代に入り、機体の増強と路線網の拡充に力を入れて、集客数は急速に増大。日本が誇るエアラインとして盤石の地位を築き上げました。 近年、日本航空のビジネスクラスでは新シート「スカイシート」を順次投入中。シートの周りをパーテーションで囲んでプライベート [全文を読む]

長谷部誠選手 ユニセフ公共CM ■ JAL(国内・国際線全便)で放映

PR TIMES / 2013年03月29日11時18分

CM映像提供中 「FIRST TOUCH(ファーストタッチ)」 ― 子どもたちのために、一歩踏み出そう -長谷部誠選手出演のユニセフ公共CM(30秒)が、来る4月1日(月)から5月31日(金)の間まで、日本航空(JAL)の国内・国際線全ての便(一部機材・路線を除く)の機内で放映されることになりました。■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■ [全文を読む]

ANA、空を飛びながらスマホを使えるサービス、国内線に―2月末まで無料

インターネットコム / 2016年01月25日17時30分

空を飛びながらスマホを使えるサービスは、日本航空(JAL)が国際線と国内線に、ANAが国際線に導入してきた。料金はそれぞれ異なる。なお過去にスカイマークは無料で使えるサービスを導入したが、機材の変更があって止めた。 今回、ANAが国内線に導入したWi-Fiサービスは、スマートフォンなどをつないで、無料で動画などを視聴できるほか、有料でインターネットにつな [全文を読む]

フォーカス