農学部 近畿大学に関するニュース

九州初!9月20日まで、西鉄福岡(天神)駅で「飛び出る」柱巻き広告が掲出されています

PR TIMES / 2016年09月06日13時45分

」 マグロや飛行機、マツタケ、サンゴといった近畿大学農学部の研究成果が、九州の西鉄福岡(天神)駅にて柱を飛び出し掲出されています!掲出期間は2016年8月31日から9月20日まで。 近畿大学農学部は8月31日から9月20日の間、西鉄福岡(天神)駅の2F北口改札内にて九州初の「飛び出る」柱巻き広告を掲出しています。「はみ出さないと、生み出せない。」をキャッチ [全文を読む]

7/24(金)~土用の丑の日限定「うなぎ味のナマズ」近畿大学水産研究所2店舗で限定販売決定 近畿大学水産研究所

PR TIMES / 2015年07月06日15時49分

【本件の背景】近畿大学農学部水産学科の水産経済学研究室では、平成21年(2009年)から6年ものあいだ、「うなぎ味のナマズ」の開発を目指して研究を続けてきました。「うなぎ味のナマズ」とは、日本産マナマズの成魚養殖の技術を体系化することで、食味をうなぎの味に近付けたものです。日本産マナマズは種苗生産技術が確立されているため完全養殖が可能で、うなぎのような資源 [全文を読む]

夏期限定!近大マンゴー 8月5日(金)から販売開始! 阪急阪神百貨店 阪神梅田本店にて

PR TIMES / 2016年08月04日14時23分

[画像1: http://prtimes.jp/i/13864/23/resize/d13864-23-604374-1.jpg ] 【本件のポイント】 ● 近大マンゴーを阪急阪神百貨店で期間限定発売 ● 実学教育の場として本学農学部の学生約100人も農場実習で栽培に携わる ● 販売開始から今年で25年目となる 【本件の概要】 本学附属農場湯浅農場で栽培 [全文を読む]

土用の丑の日を前にウナギ価格が高騰!近大の「ウナギ味の養殖ナマズ」が救世主に

ヘルスプレス / 2016年07月29日22時10分

開発に心血を注ぐのは、近畿大学農学部水産学科の有路昌彦教授。「ニホンウナギは稚魚の乱獲や河川の開発で激減している。国を挙げて保護しなければならない。高値のウナギにはちょっと手が出せない。だが、ウナギと比べて、風味も食感も香りも価格もまったく遜色がないナマズなら、日本人の自尊心と舌を満たせるはず。ナマズは小骨も中性脂肪も少なく健康的。ナマズの頭から取れる美 [全文を読む]

土用の丑の日を前にウナギ価格が高騰!近大の「ウナギ味の養殖ナマズ」が救世主に

ヘルスプレス / 2016年07月29日22時10分

開発に心血を注ぐのは、近畿大学農学部水産学科の有路昌彦教授。「ニホンウナギは稚魚の乱獲や河川の開発で激減している。国を挙げて保護しなければならない。高値のウナギにはちょっと手が出せない。だが、ウナギと比べて、風味も食感も香りも価格もまったく遜色がないナマズなら、日本人の自尊心と舌を満たせるはず。ナマズは小骨も中性脂肪も少なく健康的。ナマズの頭から取れる美 [全文を読む]

「近大生まれのブリ」養殖開始の決定について

@Press / 2014年11月04日18時00分

新宮市と近畿大学の支援のもと設立された和歌山県新宮市の「株式会社食縁(本社:和歌山県新宮市、代表取締役:有路 昌彦(近畿大学農学部水産学科准教授))」が2014年11月2日に新体制と事業計画を発表しました。当社(株式会社東京一番フーズ、本社:東京都新宿区、代表取締役:坂本 大地、証券番号3067)の子会社、株式会社長崎ファームは、第一次産業として筆頭株主と [全文を読む]

ウナギ絶滅の危機を救う? “養殖マグロの近大”が開発した代用ナマズとは

週プレNEWS / 2015年06月06日06時00分

その中心人物である、同大農学部水産学科の有路(ありじ)昌彦准教授が言う。 「開発は6年ほど前、将来を不安視するウナギ養殖業者から『ウナギに代わる魚種はありませんか』と相談されたことがきっかけでした。代替魚選びの条件としてまず重要なのは、業者が今使っている施設をそのまま流用できること。とすると、淡水魚でなければならない。ふたつ目の条件は完全養殖が可能か、もし [全文を読む]

農業に目覚める若者、なぜ急増?遺伝子組み換え作物の農業支配、無農薬の自然栽培を破壊?

Business Journal / 2014年09月19日14時00分

なんと、「男臭い『大根踊り』の印象が強い東京農業大学も実に新入生の4割強を女子が占め」「明治大農学部の女子の志願者は6年前から1500人以上増えた。この間、男子学生の増加は1000人にも満たない。女子の急激な志願者の増加が、全体の倍率を引き上げ、農学部のレベルを高めている」という。 背景には、食の安全性への意識が高まったことと、バイオ技術の進展で食料だけ [全文を読む]

試験販売で注文殺到、“養殖マグロの近大”が新開発したウナギ風ナマズの味はウナギ以上?

週プレNEWS / 2015年06月14日06時00分

そんなチョイスを当たり前にするため、今後も味や食感の改良を続けていきます」(近大農学部水産学科・有路[ありじ]昌彦准教授) 7月以降をめどに市場へ本格参入すべく、鹿児島の養殖施設は現在、大増産の真っただ中だという。 もしかして今年の土用の丑(うし)の日には、全国のウナギ店のメニューに「ナマズはじめました」の文字が躍る!? ※ウナギ風ナマズに関する問い合わせ [全文を読む]

一般社団法人国際タヒボ医学研究会(IMSTR)発足 薬用樹木タヒボの薬理効果を探究 ~薬学・医学などの各研究者間のネットワークの構築が目的~

DreamNews / 2015年05月25日11時00分

【IMSTRの事業内容 】1.タヒボの情報の発信と提供、知識普及及び啓発に関する広報事業2.タヒボの有効成分とその薬理効果の研究と開発3.タヒボの品質評価・認定に関する事業4.タヒボの前臨床試験及び臨床試験に関する事業5.特許権・実用新案権・意匠権・商標権・著作権・出版権及び翻訳権等の知的財産権の取得、譲渡、貸与、利用、管理及び仲介に関する事業6.IMS [全文を読む]

一般社団法人国際タヒボ医学研究会(IMSTR)発足 薬用樹木タヒボの薬理効果を探究 ~薬学・医学などの各研究者間のネットワークの構築が目的~

DreamNews / 2015年05月25日11時00分

【IMSTRの事業内容 】1.タヒボの情報の発信と提供、知識普及及び啓発に関する広報事業2.タヒボの有効成分とその薬理効果の研究と開発3.タヒボの品質評価・認定に関する事業4.タヒボの前臨床試験及び臨床試験に関する事業5.特許権・実用新案権・意匠権・商標権・著作権・出版権及び翻訳権等の知的財産権の取得、譲渡、貸与、利用、管理及び仲介に関する事業6.IMS [全文を読む]

フォーカス