エース 宇野昌磨に関するニュース

プリンスアイスワールド2017 横浜公演 宇野昌磨のゲスト出演が新たに決定

PR TIMES / 2017年04月07日12時57分

フィンランドで行われた世界フィギュアスケート選手権で見事2位に輝いた、次世代のエースとして期待をされている宇野昌磨が、プリンスアイスワールドの舞台で世界を魅了した演技を披露いたします。 荒川静香、本田武史など国内外のプロフィギュアスケーターや、総勢24名のプリンスアイスワールドチーム、 既にゲスト出演を発表している安藤美姫、町田樹、織田信成、田中刑事、無 [全文を読む]

女性ファンもキュンキュン!宇野昌磨選手にあって羽生結弦選手にないものとは?

アサジョ / 2016年04月01日09時58分

羽生結弦選手に次ぐ日本の次世代エースとして、そのポジションを確かなものにしている宇野昌麿選手。「4回転を習得してからの宇野選手は滑りが変わっただけでなく、スケートに対する意識も変わり、本当に強くなっています。華麗な表現力にも定評がありますし、スケートファンにはたまらないですよね」(スポーツ紙記者) そんな強さや豊かな表現力で人気もうなぎのぼりだが、宇野選手 [全文を読む]

宇野昌磨 次世代エース覚醒の陰に「身長コンプレックス」

WEB女性自身 / 2015年03月22日09時00分

「豊かな表現力、確実なステップと基礎がしっかりしていたから、期待をしていましたが、これほどの活躍は想定外。今季は4回転、トリプルアクセルと難易度の高いジャンプができるようになったことが大きい。次の五輪では羽生のライバルになるでしょう」 解説者の佐野稔氏も舌を巻く急成長を見せたのは、フィギュアスケート世界ジュニア選手権で頂点に立った宇野昌磨(しょうま)選手( [全文を読む]

逸材の当たり年「大谷翔平世代」に続くのは“3年周期法則”の「1997年組」or“奇跡の世代”「1998年組」!?

日本タレント名鑑 / 2017年05月24日11時15分

エンタメ界でも、BABYMETALのSU-METALとして活躍する中元すず香さん、AKB48グループでは、松井珠理奈さん(SKE48)をはじめ、宮脇咲良さん(HKT48)、向井地美音さん(AKB48)、岡田奈々さん(AKB48、STU48)といった新世代エース、フェアリーズの伊藤萌々香さん、女優の上白石萌音さん、杉咲花さん、小芝風花さん、飯豊まりえさん、 [全文を読む]

羽生結弦のノーミスフリーに宇野昌磨が思わず漏らした本音

アサジョ / 2017年04月04日18時15分

そんな状況でも羽生選手の万一を思い、自分が五輪3枠のために頑張らねばと意識していたというあたり、宇野選手が羽生選手に継ぐ次世代エースとして自覚している証です。その後の宇野選手の演技も圧巻で、金メダルの羽生選手とは、たった2.28点差という堂々の銀メダル。そんなプレッシャーの中でも実力を発揮できる宇野選手の成長を感じました」(前出・スポーツライター) シニア [全文を読む]

宮原知子は越えられるか?フィギュア女子でロシア選手が強い理由

アサジョ / 2017年03月30日10時14分

日本のエース、宮原知子選手の活躍を持ってしても、なかなか太刀打ちできていないのが現状だ。ここに至る大きな要因はソチ五輪にあったという。「2000年代前半にはイリーナ・スルツカヤ選手などが出たものの、実は“冬の時代”も長くありました。ロシアがスケートに力を入れ始めたのは、やはりソチ五輪を視野に入れてからと言えるでしょう。国立のスポーツ施設で一流のコーチ陣やバ [全文を読む]

小栗旬&TOKIOが“女性の好きな下着”を語る! 高橋大輔が恋した選手って…?

Smartザテレビジョン / 2017年03月27日20時57分

ロシア男性ペアのアクロバティックな「白鳥の湖」や、日本の次世代エース・宇野昌磨選手がISUの公認大会で世界で初めて成功させた4回転フリップ、さらには羽生結弦選手が自らの歴代最高得点を更新し、圧巻の強さを見せつけた伝説のシーンなど、TOKIOと共にフィギュアスケートの魅力について語る。 スタジオでは高橋が回転ジャンプを披露する他、「選手に恋したことある?」 [全文を読む]

羽生結弦、全日本欠場でファンがささやく「年末鬼門」説

アサジョ / 2016年12月24日18時15分

世界のエースである羽生選手の欠場に、ネット上ではフィギュアファンから失意のコメントが多数寄せられている。「男子シングルの選手にとっては表彰台が1つ空き、チャンスが増えたと思っているかもしれませんが、視聴率にも影響するでしょうからテレビ関係者はショックでしょうね。今季は村上大介選手もケガが原因で出場権が得られず、宇野昌磨選手のライバルで今季シニアデビューと注 [全文を読む]

羽生結弦が認めた宮原知子の大進化!GPファイナルで何が変わった?

アサジョ / 2016年12月15日10時15分

日本女子フィギュアスケート界のエースである宮原知子選手。今季前半はGPシリーズで表彰台には乗ったものの満足の滑りができず悔しい思いを重ねてきた。しかし「GPファイナル2016」では自己ベストを更新し、堂々の銀メダルを獲得。男子のメダリストである羽生結弦選手、宇野昌磨選手とともに受けたテレビインタビューでは、羽生選手から絶賛される場面もあった。「羽生選手は宮 [全文を読む]

グランプリファイナル開幕!ジュニア女子は好調の坂本花織に優勝のチャンスが!

Walkerplus / 2016年12月08日20時13分

■ ロシア勢は概ね安定した仕上がり 今回、日本勢が3名、ロシア勢が3名という日本対ロシアの戦いとなったジュニア女子だが、ロシアはエースのツルスカヤが欠場、一気に混戦模様となった。グバノワ、ザギトワ、そして繰り上げ出場となったヌグマノワの3名は、公式練習で抜群のパフォーマンスを見せた選手はいなかったものの、概ね安定した仕上がりのようだ。 次世代を担うジュニ [全文を読む]

フォーカス