逸話 坂本龍馬に関するニュース

『竜馬がゆく』登場の竜馬剣豪逸話は偽書に騙された架空話説

NEWSポストセブン / 2013年07月15日16時00分

※週刊ポスト2013年7月19・26日号 [全文を読む]

幕末・維新・明治・近代のクイズで脳トレ 認知症予防

認知症ねっと / 2016年11月04日08時00分

歴史の知られざる逸話も掲載 幕末から明治にかけてのクイズを掲載した脳トレ本「クイズ幕末・維新・明治・近代」が発売された。この書籍には様々な歴史クイズのほかに、教科書などでは紹介されない知られざる歴史の逸話も掲載されている。著者は日本大学豊山女子高等学校・中学校講師で、Y-SAPIX日本史科講師の山野井亮氏。そして、監修は医療法人慶洋会理事長で、ケイユウ四谷 [全文を読む]

169cm・坂本龍馬の右手を懐に入れた写真に「胃潰瘍だから」説

NEWSポストセブン / 2016年07月14日16時00分

西郷の妻が銅像除幕式で『うちの人はあげな顔ではなか!』と叫んだという逸話もある。ただ、奄美大島に流された際、風土病であるフィラリア症にかかり陰嚢水腫という睾丸が膨れ上がる病気になったことは史実です」(同上) ※週刊ポスト2016年7月22・29日号 [全文を読む]

坂本龍馬 逸話と一致する点が多く「ADHDだった」説も

NEWSポストセブン / 2016年05月30日16時00分

これが、龍馬の逸話と一致する点が多いのだ。 こうしてみると、病が歴史の変化をもたらした事例は枚挙に暇がない。病は歴史を揺り動かしてきたと言える。足利尊氏は、矢傷からの細菌感染により52歳で世を去った。南北朝の動乱を長引かせた尊氏の突然の死は、尊氏だけでなく日本の歴史にとっても予期せぬものだったに違いない。 歴史に「たられば」が許されるなら、という夢想話で名 [全文を読む]

イケメンだらけの人物事典がたまらない! こんな日本史なら好きになること間違いなし!!

ダ・ヴィンチニュース / 2015年12月21日06時30分

日本史の教科書に出てくる重要人物250人の経歴や、逸話などが載っている中、注目すべきはビジュアルである。みな、こぞってイケメン&美女ばかりなのだ。まるで乙女ゲームに出てくるようなイケメンに、某有名な戦国ゲームに出てくるような服装、髪型をした歴史上の人物が勢ぞろい。 「それって史実じゃないでしょ?」「子供が勘違いしたらどうするの?」なんて野暮なことは言わない [全文を読む]

西郷隆盛の妻が亡夫の銅像を見てつぶやいた衝撃の一言【漱石と明治人のことば156】

サライ.jp / 2017年06月05日06時00分

側でこれを耳にした西郷従道が、あわてて注意したという逸話が残されている。 来年のNHK大河ドラマでは俳優の鈴木亮平がこの薩摩の英傑を演ずるというが、西郷さん、ほんとは、どんな容貌の人だったのだろう? 文/矢島裕紀彦 1957年東京生まれ。ノンフィクション作家。文学、スポーツなど様々のジャンルで人間の足跡を追う。著書に『心を癒す漱石の手紙』(小学館文庫)『漱 [全文を読む]

歴史上の偉人に心酔する夫に妻「夜の生活も偉人並みに」要求

NEWSポストセブン / 2014年05月06日16時00分

も~、ゆっくりドラマを観させてよ! 「あのねぇ、秀吉は愛妻家で、妻のねねがお茶を入れようとすると『オレがやる』って自分で入れたんだって」 そんな逸話はないんですが、主人は「秀吉がやったんならオレもやるよ」。そんな主人が、とんでもないことを言い始めました。 「龍馬の師の勝海舟って正妻の民子の他に、お妾さんが5人もいたんだ。羨ましいよなぁ」 アンタはまず、正妻 [全文を読む]

フォーカス