ドラマ 金城武に関するニュース

<Wコラム>いま読みたい! 人気俳優物語~チ・ジニ(後編)

Wow!Korea / 2016年08月10日20時13分

ドラマの撮影が終わったとき、イ・ヨンエはメディアとのインタビューの中でチ・ジニを「今まで共演した俳優の中でも、特にすばらしい俳優」と絶賛した。普段口数が少ない彼女が共演した俳優を称賛するのは非常に珍しいことだ。それほど、イ・ヨンエにとってチ・ジニの存在は大きかったのである。実際、チ・ジニは俳優仲間やスタッフから信頼されている。彼が『宮廷女官チャングムの誓い [全文を読む]

有村架純は!? 人気美女の「初キス」の思い出

日刊大衆 / 2017年02月26日16時00分

ドラマ『おやじの背中』(TBS系)で共演した役所広司(61)が相手だったという。 共演したお笑いタレントの陣内智則(43)らは「去年?」と驚き、「プライベートではないの?」と追及したところ、口に指を当て内緒のポーズをとっていた。山本は明治大学農学部を卒業した理系の知的美女で、しかも大のアニメオタク。本人いわく「趣味でアニメのコスプレをしたりする」とのことで [全文を読む]

2014年独身女性が抱かれたい男ランキング結果発表 独身女性向けWEBマガジン「東京独女スタイル」恒例企画

@Press / 2014年12月26日10時30分

ヒットしたドラマ「昼顔」にハマった独女は多く、同ドラマに出演していた北村一輝も15位にランクイン。ドラマで見せた肉体美に全国の独女がくぎ付けに! ハリウッド部門ではジョニー・デップが3連覇。「大人の男の色気があって、優しくしてくれそう」「男らしく筋肉質のいい体。おちゃらけている時は可愛くて守ってあげたい」との声。 アジア部門では金城武が1位。「筋肉質でギュ [全文を読む]

カン・ドンウォン&金城武の共演もあり!? 人気俳優が音楽系事務所に入る理由

messy / 2016年02月01日18時00分

ドラマや映画、バラエティで確実に稼いでくれる俳優陣がいてこそ、会社経営が安定して成り立つのかもしれません。それに、いまはどの事務所も日本市場ではなく中国市場に目を向けています。中国圏のドラマや映画にキャスティングされたりCMに起用されたりすると、出演料のケタがひとつかふたつ違うなんて話も聞きますしね。 となると、アジア市場を狙う(おそらくメインは中国と思わ [全文を読む]

深田恭子、主演ドラマ惨敗&写真集も「ガッカリ」!「綾瀬&石原に追いぬかれた」末路

サイゾーウーマン / 2014年12月05日13時00分

現在放送中の連続ドラマ『女はそれを許さない』(TBS系)で主演を務めている深田恭子。民放の連ドラ主演は2年ぶりで、初の弁護士役という新境地に挑んでいるが、視聴率は初回から7.0%(ビデオリサーチ調べ、 関東地区/以下同)と今期ドラマワーストでスタートを切り、以降も1ケタの低視聴率にとどまっている。 初回から“消費税割れ”してしまった『女はそれを許さない』は [全文を読む]

HIV/AIDSチャリティライブ『HOPE AND LIVE2015』DAY-2の全出演者が解禁

okmusic UP's / 2015年10月05日16時00分

ドラマー「HAL(SPEED-iD)」がHIVキャリア発覚したことを告白した2013年より多数のアーティストの出演により開催されているこのイベントだが、今年はイベントの開場〜開演時間を利用してのパネルディスカッションも行なわれた。HALをはじめにこのイベントの主催団体となる特定非営利活動法人ジョインライフ機構の川阪進治会長、川阪実由貴理事長の両名、これらの [全文を読む]

日テレが今度は『エンジェル・ハート』を実写化! 伊藤英明、長瀬智也……次なる炎上商法の被害者は誰だ!?

日刊サイゾー / 2015年07月17日00時00分

窪田正孝主演ドラマ『デスノート』が好調な日本テレビが、10月期で人気コミック『エンジェル・ハート』(新潮社、徳間書店)を実写連ドラ化することがわかった。 原作の『エンジェル・ハート』は、ジャッキー・チェン主演で映画化もされたハードボイルドコミック『シティーハンター』をリメイクし、パラレルワールドを描いた作品。実写化はこれが初で、キャストは後日発表されるとい [全文を読む]

長澤まさみの“濡れ場情報”漏えいに事務所が激怒!?

メンズサイゾー / 2013年12月05日21時00分

主演ドラマ『都市伝説の女』(テレビ朝日系)の第2シリーズが11月22日に最終回を迎えた、女優の長澤まさみ。現在、主演映画『潔く柔く』も公開中で、舞台『ライクドロシー』にも出演している。今年は台湾ドラマ『ショコラ』で初の海外進出を果たし、『レッドクリフ』や『MI:2』などの大作で知られるジョン・ウー監督の映画出演も決まるなど、活躍の場を広げている。 中国では [全文を読む]

「世界7番目のイケメン」な俳優カオ・イーシャン、「国民の夫」中国で大ブレーク!―台湾

Record China / 2017年03月07日22時30分

2017年3月6日、「世界で最もハンサムな100人」で第7位に選ばれたモデルで俳優のカオ・イーシャン(高以翔)が、主演ドラマをきっかけに中国で大ブレークしている。大紀元が伝えた。 台湾出身のカオ・イーシャンは昨年、米映画情報サイト「TC Candler」が発表した「世界で最もハンサムな100人」で、中華圏から選出された3人のうち、トップとなる第7位に選ばれ [全文を読む]

台湾でも人気の“軽熟女”たち、「30代の日本人女優ランキング」 1位は北川景子―台湾

Record China / 2017年02月17日11時10分

金城武と共演した98年のドラマ「神様、もう少しだけ」で台湾でも人気沸騰し、最近では「かわいくてセクシー」な魅力も注目されている。 3位はピュアな印象と高い演技力で好感度の高い宮崎あおい。主演した大河ドラマ「篤姫」は当時、台湾でも高視聴率をマーク。老若男女を問わず、幅広い年代に知られる日本人女優となった。 4位以下の顔ぶれは、石原さとみ、綾瀬はるか、上戸彩、 [全文を読む]

長澤まさみの晴れ着姿が「神々しい!」セクシー路線は改革? 落ち目?

おたぽる / 2016年01月15日09時00分

真田丸の航海が始まります』というコメントを投稿していますが、今月10日から始まったNHK大河ドラマ『真田丸』で、堺雅人演じる主人公・真田信繁の生涯のパートナーとなるヒロイン・きり役で3度目の大河出演を果たし、ファンから期待が寄せられています。今回のきり役は、元気がよく型にはまらない“戦国のヤンキー”といったタイプの役柄のようですが、ヤンキーといえば、長澤は [全文を読む]

人気急上昇中・ディーン・フジオカ、ブレイク前の秘話

NewsCafe / 2015年11月21日16時00分

アメリカのドラマにレギュラー出演するなど、欧米圏でも仕事をしている。俳優としてだけでなく、写真家や、バンドマンとしての一面もあります。日本を拠点にしなくても、国際的に知られた存在でした」 今回の「五代様」役で、やっと本国日本でもブレイクした格好だが、実は以前にも、何度か日本で売り出そうとされていたという。 「当初、現在の所属事務所は、フジオカを第二の金城武 [全文を読む]

板野友美、中国映画で主演決定も「演技できたっけ?」

tocana / 2015年10月03日07時00分

一方、日本でもドラマなどに出演している板野だが、かねてより演技力に対して、疑問符を掲げるネットユーザーたちも多く、今回の中国映画初主演に対しても、 「外国でも笑い物になるのか」 「思い出づくり頑張ってね」 「この人の全てがギャグ」 「っていうかこの人、演技できたっけ?」 と、批判的なコメントが散見された。 「もとより板野はあまり演技に定評はなく、かつ特別 [全文を読む]

破局説を一蹴!? 長澤まさみと伊勢谷友介の継続愛の行方は…

メンズサイゾー / 2014年05月15日14時00分

私生活では、ドラマでの共演をきっかけに俳優の伊勢谷友介と12年秋ごろから交際を始めたといわれており、女性誌や写真週刊誌によって2人の親密な交際が伝えられてきた。すでに同棲しているとの情報が流れたことで、一部では「結婚も間近」という声も聞こえていたが、今年2月には破局が報じられていた。 しかし、2人の仲は現在進行中だったようだ。現在発売中の「女性セブン」( [全文を読む]

ヌード情報が出回る長澤まさみ、破局でエロ路線も加速!?

メンズサイゾー / 2014年02月25日17時30分

2人は2012年夏にドラマで共演したことをきっかけに同年秋から交際をスタートしたといわれ、売れっ子同士の11歳差恋愛ということでも話題となった。しかし、約1年半で交際は終わりを告げたことになり、長澤の所属事務所は「基本的にプライベートのことはすべて本人に任せています」としながらも、破局報道を認めているという。 一部では半同棲状態で年内に結婚するとも報じられ [全文を読む]

長澤まさみ、アジアを代表する女優へ ジョン・ウー監督作品で濡れ場を披露!?

メンズサイゾー / 2013年08月07日10時00分

かつては映画『世界の中心で、愛をさけぶ』などで演じた清純派のイメージが強く残っていたが、20代半ばに差し掛かり、映画『モテキ』やドラマ『都市伝説の女』(テレビ朝日系)でセクシー路線を解禁。今年5月に発売された雑誌「ar」(主婦と生活社)では表紙を飾り、誌面では「長澤まさみの可愛いカラダ!」と題し、長澤流の“ボディの秘密”を告白。「プリっとしたお尻が大好きで [全文を読む]

フォーカス