ニュース 松坂大輔に関するニュース

【プロ野球】イチロー部屋、ダル部屋、マー君部屋に続くのは? プロ野球“本当の出世部屋”はどこだ!?

デイリーニュースオンライン / 2017年01月16日17時05分

1月冒頭から先週にかけ、各球団で続々と新人選手の入寮がニュースとして報じられた。その際、スポーツ紙を中心にお決まりのフレーズとして登場するのが「出世部屋」というフレーズだ。今年の新人選手絡みでは、筆者がざっと確認しただけでも…… ※野球の見方が変わるスマホマガジンでニュースやコラムが読み放題! ■巨人1位吉川、出世部屋入寮に「気持ち引き締まる」(日刊スポー [全文を読む]

【プロ野球】100キロ超えは当たり前!球界の重量番付2016

デイリーニュースオンライン / 2016年02月19日16時00分

※野球の見方が変わるスマホマガジンでニュースやコラムが読み放題! ■NPB史上最重量、アマダー堂々の来日 《2016年 パ・リーグ体重上位TOP10》 横綱:アマダー(楽天) 135キロ 193センチ 大関:メヒア(西武) 118キロ 198センチ 関脇:ミコライオ(楽天) 115キロ 205センチ 小結:井上晴哉(ロッテ) 114キロ 180センチ 前 [全文を読む]

【プロ野球】キャンプ始動も引き取り手なし…松中信彦はどうなる?

デイリーニュースオンライン / 2016年02月08日17時00分

※野球の見方が変わるスマホマガジンでニュースやコラムが読み放題! ■NPBじゃなきゃ、ダメなんです! 「自分の居場所がない」と、ソフトバンクを退団。11球団どこでもウエルカムで新天地からの誘いを待っていた松中だが、シーズンを終えても年を越しても、その誘いはなく、とうとうキャンプが始まった。春季キャンプでの入団テストを志願するも現時点(2月3日)ではどこか [全文を読む]

覚せい剤所持で逮捕の清原和博、韓国では人気者だった? 訪韓時には密着取材も……

日刊サイゾー / 2016年02月04日20時00分

元プロ野球選手で、現在はタレントとして活動している清原和博が覚せい剤取締法違反(所持)容疑で逮捕されたニュースは、お隣・韓国でも大きく報じられている。 「525本塁打、日本球界の往年の強打者、清原の墜落」(通信社「聯合ニュース」)、「1980~90年代の球界スター清原、覚せい剤使用で逮捕」(一般紙「世界日報」)、「番長・清原の墜落、麻薬容疑で逮捕」(スポー [全文を読む]

「○年に1度の…」「岡山の奇跡」等のアイドル報道頻発背景

NEWSポストセブン / 2015年09月22日07時00分

今年の夏は『50年に1度の記録的な大雨』というニュースが全国各地で報道されており、「50年に1度」はキーワードとなるほどだった。ちなみに2013年には気象予報士の森田正光氏が「1000年に1度の猛暑」と指摘し、今年は「観測史上最長の猛暑日」もあるなど「○年に1度」「○○史上」はニュース映えするようだ。 また、気象だけでなく他の分野でも“○年に1度”というニ [全文を読む]

【高校野球】78球で完全試合も?少ない球数でも輝いた伝説の投手たち

デイリーニュースオンライン / 2016年07月22日16時05分

3日間で「423球」を投げ、敗れてしまったことがニュースとなった。 また、同じ18日には昨年のセンバツ覇者・敦賀気比が福井大会でまさかの初戦敗退。5季連続の甲子園出場を逃した衝撃とともに、ドラフト候補のエース、山崎颯一郎の延長「15回208球」に及ぶ熱投が報われなかった悲しさ・悔しさが伝えられた。 過密日程やチーム事情など、どうしてもひとりの投手に負担がか [全文を読む]

「バッティングが嫌いだった」伝説のホームランバッター・中村紀洋が今だから語る裏話

まぐまぐニュース! / 2016年06月03日06時00分

出典元:まぐまぐニュース[全文を読む]

“和田の代役・松坂”の代役に摂津の名前が挙がるチーム

ベースボールキング / 2017年04月13日12時00分

◆ 3人合わせて370勝 期待していたファンも多かっただけに、このニュースは大きな話題を呼んだ。その中でタイトルと同じくらい目を引いたのが、「松坂の代役候補」として摂津正の名前が挙がっていることである。 摂津と言えば、2010年代のソフトバンクを支えたエース右腕。和田の代役として松坂が出てきている中、さらにその代役として摂津が控えているという選手層の厚さ [全文を読む]

川崎宗則の“激安”復帰でバッシング再燃!“給料ドロボー”松坂大輔に屈辱ヤジ

アサ芸プラス / 2017年04月05日17時58分

2軍戦を見るかぎり、かつての川崎を取り戻すにはもう少し時間がかかりそうですが、メジャー帰りでも決して偉ぶらず謙虚な川崎のソフトバンク復帰に、ファンならずとも応援ムードのようですね」(スポーツ紙記者) 川崎の男気溢れる対応には絶賛の声が多かったのだが、このニュースが出た直後から、あの男が再び叩かれている。「松坂大輔投手です。松坂は3年12億という大型契約を結 [全文を読む]

【プロ野球】復活の日は来るか!? 体重9キロ減でキャンプに臨んだ松坂大輔と「松坂世代」の崖っぷち選手たち!

デイリーニュースオンライン / 2017年02月10日17時05分

「松坂世代」の今シーズンは、どうなるのだろうか? ※野球の見方が変わるスマホマガジンでニュースやコラムが読み放題! ■火の玉ストレート復活なるか? 「松坂世代」の代表格といえば藤川球児(阪神)を挙げる人も多いだろう。全盛期には、ホップして見えるとまで言われた「火の玉ストレート」を武器に絶対的クローザーとして活躍。球史に名を残す名投手となった。 2013年に [全文を読む]

【プロ野球】シーズンオフの風物詩!? ミスタープロ野球が広めた「自主トレーニング」にまつわるアレコレ

デイリーニュースオンライン / 2017年01月05日17時05分

契約更改もほぼ終わると、シーズンオフのニュースはめぼしいものがなかなか出なくなってくる。だが、新年を迎えると、続々と情報が入ってくるのが自主トレーニングの話題だ。 ある選手は球団の施設で、ある選手は海外で行うなど、様々なアプローチで2月1日のキャンプインに向けて体を仕上げていく。また、近年はウェアの品質向上、トレーニング理論の発達などで自主トレ事情も一昔と [全文を読む]

【プロ野球】平成の怪物・松坂大輔復活祈願! タイトルを獲得した歴代のベテランたちを振り返る

デイリーニュースオンライン / 2016年12月15日16時05分

(※年齢はタイトル獲得年の満年齢) ※野球の見方が変わるスマホマガジンでニュースやコラムが読み放題! ■プロ入り18年目でも元気いっぱい 工藤公康(福岡ダイエーホークス) 1999年に36歳で最優秀防御率を獲得(防御率2.38) FAでダイエーに移籍して5年目(プロ18年目)の1999年に初の最優秀防御率を獲得。前年の故障離脱というアクシデントから、見事 [全文を読む]

背水のウインターリーグ参戦も松坂大輔に冷たい視線。バッシング逃れすら虚しい?

週プレNEWS / 2016年12月15日10時00分

来季はもう後がないという覚悟や、野球へのひたむきさ、悪あがきを見せてほしいですね」(スポーツ紙デスク) 週プレもふたりの復活を祈りたい! (取材/本誌ニュース班) [全文を読む]

【プロ野球】背番号18は今でもエースナンバーか?現役選手を徹底検証

デイリーニュースオンライン / 2016年08月09日16時05分

※野球の見方が変わるスマホマガジンでニュースやコラムが読み放題! ■各チームの「背番号18」の選手と今季の開幕投手 【ソフトバンク】 背番号18:松坂大輔/開幕投手:攝津正(背番号50) 【日本ハム】 背番号18:斎藤佑樹/開幕投手:大谷翔平(背番号11) 【ロッテ】 背番号18:藤岡貴裕/開幕投手:涌井秀章(背番号16) 【西武】 背番号18:多和田真 [全文を読む]

【プロ野球】意外と多かった?野球部出身のニュースキャスターたち

デイリーニュースオンライン / 2016年04月23日16時04分

※野球の見方が変わるスマホマガジンでニュースやコラムが読み放題! ■『羽鳥慎一モーニングショー』羽鳥慎一アナウンサー 神奈川県立横浜平沼高校野球部出身。「野球実況がしたい」と日本テレビに入社したのが、現在はフリーで活躍する羽鳥慎一アナだ。横浜平沼高時代はアンダースローの投手として活躍。3年時には激戦区・神奈川で4回戦まで進んだが、その4回戦で横浜高校の前 [全文を読む]

【視聴率】プロ野球開幕戦で出るか?「衝撃の一桁」

デイリーニュースオンライン / 2015年03月28日10時50分

DMMニュースではニュースとカルチャーを絡めたコラムを連載中。愛称は田中‟ダスティ”ねぃ [全文を読む]

田中投手、“今のところ”順調に活躍 松坂投手を反面教師に、米球界へ順応…米メディア分析

NewSphere / 2014年05月21日11時59分

これは海外メディアでも大々的に取り上げられ、国際的なニュースとなった。松坂は最初の2年間は通算33勝と好成績を残したが、その後は2009年から2012年で17勝と期待された成績を残すことはできていない。同記事は、この松坂投手の奮闘がその後の田中投手の成績につながっていると報じている。 メジャーリーグの球団は、田中投手のスカウティングの際、松坂投手の苦闘の理 [全文を読む]

松坂桃李 シンケンジャーの秘密は撮影終盤まで知らなかった

NEWSポストセブン / 2012年09月28日16時01分

「詳しくは言えませんが、実は、ノブに浮気疑惑も出てきちゃうんです」 ※女性セブン2012年10月11日号 【関連ニュース】『梅ちゃん先生』松坂桃李 堀北真希に話しかけられなかった右ヒジ手術で長期離脱の松坂に同僚「4人目の子は確実だね」松坂大輔は小太り東洋人 期待はずれで無駄遣いと米メディア上重聡アナ含め松坂大輔と戦った高校球児の10年後を追った書ダルのワ [全文を読む]

フジ大島由香里 「ニュースJAPAN」じゃ報じないE乳伝説 「胸元全開衣装で取材中にブラがクッキリ!」

アサ芸プラス / 2012年09月20日10時59分

10月改編で「ニュースJAPAN」への登板が決まった大島アナは、かねてより次世代のエースとして注目されていた。が、注目されていたのは、アナウンス力だけじゃない。ゆかりんの「美巨乳エピソード」を、いざ開陳する! * 現任の秋元優里アナ(28)に変わり、新しく「フジテレビ夜の女王」の座につくのが、入社6年目の大島由香里アナ(28)だ。 女子アナウオッチャーの丸 [全文を読む]

WBC 日本が騒げば騒ぐほどメジャーが儲かる構図に変わりなし

NEWSポストセブン / 2012年09月07日07時00分

ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)の不参加を決議していた日本プロ野球選手会が一転して参加表明すると、そのニュースは日本中を駆け巡った。 一方、アメリカでは、ロイターやAPなどの通信社が打電するのみの扱いで、大手新聞社やスポーツ専門サイトが大きく、また独自の切り口で扱ったのは皆無。WBCを巡る報道にも日米の温度差は、依然として存在しているのが現状だ [全文を読む]

フォーカス