プロ野球 松坂大輔に関するニュース

【プロ野球】松坂大輔がソフトバンク入り…豪華すぎる松坂世代の軌跡

デイリーニュースオンライン / 2014年12月05日16時50分

想像するだけで胸が高鳴るのは、プロ野球ファンの総意だろう。 平成の怪物の活躍に、期待したい。 (取材・文/井上智博) [全文を読む]

プロ野球「師弟の絆」裏物語 第2回 松坂大輔と東尾修の「一子相伝」(3)東尾が松坂に託した“思い”

アサ芸プラス / 2012年09月12日10時59分

「上司と部下」の関係では“最初の出会い”が大切だが、それはプロ野球の「監督と選手」の関係でも同じである。 【関連記事】 プロ野球「師弟の絆」裏物語 第2回 松坂大輔と東尾修の「一子相伝」(2)松坂が“原点回帰”した プロ野球「師弟の絆」裏物語 第2回 松坂大輔と東尾修の「一子相伝」(4)31歳になって気づいた部分 プロ野球「師弟の絆」裏物語 第2回 松坂大 [全文を読む]

父・深作欣二に望んだ息子・健太の「一子相伝」

アサ芸プラス / 2012年11月30日09時59分

【関連記事】 プロ野球「師弟の絆」裏物語 第2回 松坂大輔と東尾修の「一子相伝」(2)松坂が“原点回帰”した プロ野球「師弟の絆」裏物語 第2回 松坂大輔と東尾修の「一子相伝」(3)東尾が松坂に託した“思い” プロ野球「師弟の絆」裏物語 第2回 松坂大輔と東尾修の「一子相伝」(4)31歳になって気づいた部分 プロ野球「師弟の絆」裏物語 第2回 松坂大輔と [全文を読む]

プロ野球「師弟の絆」裏物語 第2回 松坂大輔と東尾修の「一子相伝」(2)松坂が“原点回帰”した

アサ芸プラス / 2012年09月11日10時59分

【関連記事】 プロ野球「師弟の絆」裏物語 第2回 松坂大輔と東尾修の「一子相伝」(3)東尾が松坂に託した“思い” プロ野球「師弟の絆」裏物語 第2回 松坂大輔と東尾修の「一子相伝」(4)31歳になって気づいた部分 プロ野球「師弟の絆」裏物語 第2回 松坂大輔と東尾修の「一子相伝」(1)「477日ぶり復活勝利」で実践した師匠の教え プロ野球「師弟の絆」裏物 [全文を読む]

プロ野球「師弟の絆」裏物語 第2回 松坂大輔と東尾修の「一子相伝」(1)「477日ぶり復活勝利」で実践した師匠の教え

アサ芸プラス / 2012年09月07日10時59分

【関連記事】 プロ野球「師弟の絆」裏物語 第2回 松坂大輔と東尾修の「一子相伝」(2)松坂が“原点回帰”した プロ野球「師弟の絆」裏物語 第2回 松坂大輔と東尾修の「一子相伝」(3)東尾が松坂に託した“思い” プロ野球「師弟の絆」裏物語 第2回 松坂大輔と東尾修の「一子相伝」(4)31歳になって気づいた部分 プロ野球「師弟の絆」裏物語 第3回 谷繁元信と [全文を読む]

【視聴率】プロ野球開幕戦で出るか?「衝撃の一桁」

デイリーニュースオンライン / 2015年03月28日10時50分

長い冬が終わり、日に日に春らしさが増してきたと同時に、プロ野球も3月27日に待望の開幕を迎えた。男気で広島復帰を決めた黒田博樹、同じくメジャーから福岡ソフトバンクに新天地を求めた松坂大輔、ますます怪物性に磨きがかかる大谷翔平ら、スター選手に注目が集まる。そして昨年、ペナントを制しながらもクライマックスシリーズで阪神に敗退。日本シリーズに出場も叶わなかった [全文を読む]

スポナビライブ、「パ・リーグ ファンの応援生態白書 2017」発表

PR TIMES / 2017年03月28日16時55分

3/31(金) 2017年プロ野球が開幕! スポナビライブは今年もプロ野球を生&見逃し配信!!●各球団ファンが最も天敵視する選手は? 5球団ファンが「大谷翔平選手」挙げる。最多はホークスファンの68%●今季の優勝をホークスファンの92%が確信の一方で、バファローズファン「当分優勝は無理」が55%●今季シーズン前に最も視聴されたシーンは、『2/9ファイターズ [全文を読む]

「勝利+セーブで250なら……」“投手に厳しすぎる”日本プロ野球名球会、ついに資格改定へ

日刊サイゾー / 2017年01月26日07時00分

実績ある名選手でつくる「日本プロ野球名球会」の入会資格が、2020年頃の改定に向け、準備が進められているという衝撃情報を入手した。 ご存じ日本プロ野球名球会の入会資格は、投手が通算200勝以上、もしくは通算250セーブ以上。バッターは通算2,000本安打以上となっている。ちなみに、いずれも日本プロ野球で記録がスタートする場合に限り日米合算しても認められてい [全文を読む]

『申し訳ない』ついに重い口を開いた松坂大輔投手。一軍未登板で契約期間の半分を消化し「引退」の可能性も......?

Business Journal / 2016年06月15日12時00分

確かに正論かもしれないが、一度結んだ契約で成果が得られなかったために減給や給与返上が発生しては、プロ野球だけでなく多くの契約社会が成り立たない。従って、厳密に述べれば本件で松坂投手には、心情的な要素を抜きにすれば一切の非はない。 他にも一軍でまったく活躍できずに給与を受け取っているプロ野球は当たり前のように存在し、それは彼らにとって当然の権利なのだから。 [全文を読む]

「バッティングが嫌いだった」伝説のホームランバッター・中村紀洋が今だから語る裏話

まぐまぐニュース! / 2016年06月03日06時00分

中村紀洋さん(以下・中村):体幹トレーニングなど、私がプロの世界で行ってきたトレーニングを、将来プロ野球選手を目指す子どもたちを中心に教えています。 じつは私は、体のバランスを意識したトレーニングはしてきたんですが、マシンを使ったウェイトトレーニングはプロの時もやらなかったんです。ウェイトをしなくても、プロで野球をやってこられたんですよ。当時はまだ体幹ト [全文を読む]

【日米野球】先発の藤浪晋太郎や大谷翔平が背負って立つ侍ジャパンの軌跡

デイリーニュースオンライン / 2014年11月16日12時00分

大谷翔平や藤浪晋太郎など、今後の日本プロ野球界を背負って立つ若手が数多く選出されたこともあり、チケットは全戦ほぼ完売。そんなファンの声援に後押しされるように、侍ジャパンが躍動している。 日本代表の小久保裕紀監督が、「2017年のWBCに向けた強化試合という意味合いが強い。相手がどのようなスタンスでも、真剣勝負にこだわっていきたい」と大会前に話した通り、日本 [全文を読む]

【プロ野球】ドカベン・香川伸行(南海)、赤鬼・マニエル(近鉄)ら個性派揃いの1980年の関西パ・リーグとは?

デイリーニュースオンライン / 2017年04月23日17時05分

そのとき、未来の野球ファンが「あんな選手がいた、こんな出来事があった、見たかったな」とワクワクするようなプレーで、プロ野球の歴史を繋いでいってほしい。 矢上豊(やがみ・ゆたか)関西在住の山本昌世代。初めてのプロ野球観戦は、今はなき大阪球場での南海対阪急戦と、生粋の関西パ・リーグ党。以来、阪急、オリックス一筋の熱狂的ファン。プロ野球のみならず、関西の大学、社 [全文を読む]

WBCでの力投でキャリアに深刻な影響受ける投手少なくない

NEWSポストセブン / 2017年03月07日07時00分

「問題はWBCでの成績が、今年のプロ野球シーズンの盛り上がりをも左右することです。第1、2回のように世界一になれば、そのままの勢いでペナントレースも盛り上がるでしょうが、逆に予選(東京)ラウンドで敗退しようものなら、今季の開幕はシラケたものになってしまう」 深刻なのは日本のプロ野球を盛り上げなければいけないトップ選手たちが、国際大会に出場するとその年のシ [全文を読む]

プロ野球「キャンプ絶好調」報道はなぜいつも大ハズレなのか

NEWSポストセブン / 2017年02月27日16時00分

2月1日のキャンプイン以降、どのスポーツ紙にも、景気がいい報道ばかり溢れている。だが、昨年のキャンプ報道を検証すれば、「絶好調報道が大ハズレばかり」であることがハッキリとわかる。たとえば、ソフトバンク・松坂大輔(36)の場合はこんな具合だ。 メジャー帰りの“元”剛腕は“眠れる獅子”となって久しいが、今年は西武黄金時代の「投げ込みフォーム固め」で猛アピール。 [全文を読む]

【プロ野球】復活の日は来るか!? 体重9キロ減でキャンプに臨んだ松坂大輔と「松坂世代」の崖っぷち選手たち!

デイリーニュースオンライン / 2017年02月10日17時05分

文=井上智博(いのうえ・ともひろ) 【関連記事】 [全文を読む]

斎藤佑樹「背番号1」に変更 「あと1年?」「めざす勝ち星?」の声も

しらべぇ / 2016年12月20日11時00分

(画像はYouTubeのスクリーンショット)プロ野球・日本ハムファイターズの斎藤佑樹投手(28)が、来季から背番号を現在の「18」から「1」に変更すると報じられた。18は、桑田真澄(巨人)松坂大輔(西武・福岡)や前田健太(広島)など、プロ野球界でエースが背負うナンバーとして有名。齋藤は、入団6年間で14勝しかしておらず、エースナンバーは返上することになった [全文を読む]

【プロ野球】平成の怪物・松坂大輔復活祈願! タイトルを獲得した歴代のベテランたちを振り返る

デイリーニュースオンライン / 2016年12月15日16時05分

最近のプロ野球の関心事に「松坂大輔(ソフトバンク)の復活」がある。 当の本人もこのオフはプエルトリコのウインターリーグに参加するなど、精力的に活動。来季にかける思いが伝わってくる。 特に今季は、パ・リーグでは松坂と同学年の和田毅(ソフトバンク)が最多勝、35歳の糸井嘉男(オリックス)が盗塁王のタイトルを獲得し、セ・リーグでは39歳の新井貴浩(広島)がリーグ [全文を読む]

プロ野球セ・パ「不良債権男」はコイツらだ!(2)ソフトバンク・松坂大輔が居座れる理由

アサ芸プラス / 2016年11月14日12時56分

金本監督が「超変革」を掲げた1年目が4位に終わった阪神だが、「監督に『超変革』を要請された鳥谷は『変われって言われても、もうオッサンだし。いまさらどう変われと‥‥』と不満をにじませました。嫌『超変革』が絶不調の原因の一つでしょう」(球団関係者) これまでチームの顔として貢献してきた鳥谷も、来季以降は扱いに変化が現れる可能性があるのだ。「首脳陣は遊撃のレギュ [全文を読む]

侍ジャパンの戦いに不安 WBCにメジャー組は出場できるか?

しらべぇ / 2016年11月13日19時00分

(画像は侍ジャパンオフィシャルサイトのスクリーンショット)10日からプロ野球日本代表「侍ジャパン」対メキシコ、オランダ代表との試合が行われた。全勝確実と思われたが、投手陣が打ちこまれて負けた試合もあり、采配や戦力不足を不安に感じた人が多かった模様。■第1回から連覇も第3回は敗退WBCは2006年に第1回大会が開かれ、日本はボブ・デービッドソンの誤審などがあ [全文を読む]

【プロ野球】背番号18は今でもエースナンバーか?現役選手を徹底検証

デイリーニュースオンライン / 2016年08月09日16時05分

文=サトウタカシ (さとう・たかし) 【関連記事】 [全文を読む]

フォーカス