松坂大輔 倫世に関するニュース

松坂大輔 3億6千万円新居購入も「家族は米国」寂しき独居

WEB女性自身 / 2017年04月20日17時00分

今年3月、個人事務所名義でポンと3億6千万円を払い、その部屋を購入したのが地元・福岡ソフトバンクホークスの松坂大輔投手(36)だ。 「九州の全マンションの中で 2番目に高い と言われる部屋です。広さは158平米で、松坂さんは室内にトレーニングルームも設置したそうですが、3億超えは破格のお値段です」(地元の不動産業者) 松坂は大リーグのボストン・レッドソッ [全文を読む]

全盛期の姿はどこに…松坂大輔「CS戦力外」で来季も不安な“太め残り”

アサ芸プラス / 2016年10月24日05時56分

ソフトバンク・松坂大輔(36)のことである。今季レギュラーシーズン最終戦となった10月2日の楽天戦に登板。日本凱旋2年目にしてようやく一軍のマウンドに立つチャンスを与えられたわけだが、結果は1回3安打4四死球5失点と目を覆いたくなるようなボロボロの内容だった。 球威、制球ともに一軍レベルとは言えず、調整不足は誰の目にも明らか。しかも、「平成の怪物」とはまる [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】ソフトバンク・松坂大輔投手の人気ぶり。報道陣の多さに攝津投手が「白い巨塔のよう」

TechinsightJapan / 2015年03月22日15時00分

福岡ソフトバンクホークスの松坂大輔投手が、地域情報番組『おとななテレビ』のインタビューに応じた。ホークスの人気選手たちよりもさらに注目を浴びる松坂投手は、キャンプ地でも報道陣が殺到。そんな彼の人気ぶりを見て攝津正投手は「白い巨塔みたいだ」と評する。さらに元NHKアナウンサー・神田愛花の歯に衣着せぬ質問攻めで、松坂投手から奥さんとの貴重なエピソードも飛び出し [全文を読む]

柴田倫世がボストン残留で別居はワガママ? 夫・松坂大輔の胸中は

messy / 2014年12月09日15時30分

米大リーグで活躍していた松坂大輔投手(34)が、9年ぶりに日本球界に復帰することになった。5日には福岡ソフトバンクホークスへの入団会見を行なった松坂だが、日本での活動は単身赴任という形になるという。 最新号の「女性自身」(光文社)によると、松坂の妻で元日本テレビアナウンサーの倫世夫人(40)は「子供たちを国際舞台で活躍できる人間に育てたい」という願いから、 [全文を読む]

松坂大輔に単身赴任決意させた妻の「私は日本に帰らない」

WEB女性自身 / 2014年12月09日00時00分

「9年ぶりに日本球界に復帰することになった松坂大輔投手(34)ですが、実は家族をアメリカに残しての“単身赴任”になるのだそうです」と語るのは、ボストン在住のジャーナリスト。12月5日、福岡市内でソフトバンクホークスへの入団会見を行った松坂。3年間で12億円という破格の契約だ。「1年4億円という年俸もそうですが、野球選手としては“晩年”に入った松坂にとって、 [全文を読む]

松坂大輔 登板ゼロで4億円「給料泥棒」と言われても続ける事情

WEB女性自身 / 2015年09月11日06時00分

松坂大輔(34)が逆風に立たされている。福岡ソフトバンクホークスと「3年12億円+出来高払い」という超大型契約を結び、9年ぶりにメジャーから日本球界へと復帰した松坂。だが直後に右肩の筋肉疲労が判明し、8月には右肩の内視鏡手術を行った。回復には6カ月かかるとみられ、一度も一軍で投げることなくシーズンを終える見通しだ。 「3年12億円ということは、1年あたり4 [全文を読む]

球春捕れたて大放出!プロ野球「覆面スクープ座談会」(4)倫世夫人は松坂大輔をほったらかし?

アサ芸プラス / 2017年04月30日17時56分

B 一方で、和田毅(36)の代役で先発ローテに入るはずだった松坂大輔(36)ですが、結局、右肩の違和感を訴えて一軍合流は回避しました。またネット上を中心に松坂批判が殺到している。A そりゃあ、そうでしょう。今年は3年契約の最終年で、ラストチャンスだよ。このままなら、今年いっぱいで退団だね。C いや、そうじゃないかもしれません。松坂の契約は「3年12億」と言 [全文を読む]

柴田倫世 米国子育ての誤算「娘が日本語を話せない…」

WEB女性自身 / 2014年06月05日07時00分

5月25日、ニューヨーク・メッツ所属の夫・松坂大輔投手(33)は今季初先発で2勝目を挙げた。彼は現在、3人の子どもたちと離れ、ニューヨークで単身赴任生活を送っている。 ’07年のボストン移住当初は2歳だった長女は8歳。その後、アメリカで生まれた6歳の長男、4歳の次女とともに、それぞれボストン市内にある名門私立校に通っている。松坂がニューヨークへの単身赴任 [全文を読む]

里田まい「マー君を“日本一エース”に導いた内助の功と反面教師」

アサ芸プラス / 2013年11月19日10時00分

それで、同じ“姉さん女房”という境遇から松坂大輔(33)夫人で元日本テレビアナの柴田倫世(38)に目が留まったんです」 ところが、周囲から聞こえてくる倫世夫人の評判がよろしくなかったようだ。 「倫世夫人は松坂に怪しい人間が近づかないようにする一心だったようだが、行き過ぎてか『私の知らない人には近づかないで!』と、夫の知人らとの関係性を悪くしてしまったようで [全文を読む]

「給料ドロボー2015」はほぼ確定!松坂大輔の日給110万円なり

アサ芸プラス / 2015年05月27日17時58分

戦力の乏しい下位球団なら真っ先にA級戦犯にされて吊るし上げですよ」(スポーツ紙記者) 倫世夫人のボストン愛、本人のメジャーへのこだわりなど、幾多のハードルがありながら単身赴任で日本球界へ復帰した、ソフトバンクの松坂大輔への風当たりが、ここにきて急激に強くなってきてる。 3月のオープン戦でもそれなりの結果を残したのは初戦だけ。その後2戦は期待ハズレな投球で、 [全文を読む]

松坂大輔がソフトバンクを選んだ理由 2人の女房と200勝達成

NEWSポストセブン / 2014年12月01日16時00分

プロ野球の今オフ最大の大型移籍となったのが、メジャーから9年ぶりに日本球界に復帰し、ソフトバンク入りが決まった松坂大輔だ。工藤公康新監督のもと連覇を目指すソフトバンクが用意したのは「4年16億円」と、西武時代のエースナンバーである「背番号18」という破格の待遇だった。 横浜高校時代からの地元・横浜の熱烈なラブコールを蹴ってソフトバンクを選んだ理由は大きく2 [全文を読む]

ニューヨーク・ポストで「驚くほど美しい妻」報道も……里田まい“B級タレント”からの成り上がり人生

日刊サイゾー / 2014年01月18日12時00分

イチローと結婚した弓子夫人(旧姓・福島、元TBSアナ)や松坂大輔と結婚した倫世夫人(旧姓・柴田、元日本テレビアナ)は、彼女たちの羨望の的です。有名スポーツ選手は海外移籍の可能性も秘めているだけに、“セレブ感”も相当なものだといえます」(同) 女子アナですらこれなのだから、B級タレントにすぎなかった里田の出世ぶりたるや尋常ではないということ。ただし、そのセレ [全文を読む]

フォーカス