松井秀喜 松坂大輔に関するニュース

公開から2週間で早くも1,000万UB突破!高校野球公式サイト「バーチャル高校野球」高校野球100年の歴史から激選された名シーン動画集「甲子園が揺れた瞬間」2015年8月3日(月)公開!

PR TIMES / 2015年08月03日19時57分

「平成の怪物」松坂大輔、「5打席連続敬遠」松井秀喜らの、往年の名勝負が動画で復活 ~侍ジャパントップチーム各メンバーからの特別動画や地方大会ダイジェストも公開~ 朝日新聞社と朝日放送が共同で立ち上げた全国高等学校野球選手権大会のコンテンツを提供する公式サイト「バーチャル高校野球」(URL:http://www.asahi.com/koshien/)内で、過 [全文を読む]

ついにWBC決勝ラウンド! 新聞、テレビが報じていない「侍ジャパン」激闘物語

日刊大衆 / 2017年03月21日08時05分

日本は、「世界のホームラン王」である王貞治氏を監督に据え、イチロー、松井秀喜などのメジャーリーガーを中心に、日本のトッププレーヤーを集めた文字通りのドリームチームを作ろうと試みた。「しかし、松井秀喜は出場を辞退し、国内組も辞退者が相次ぎました。王監督の思い描いたベストメンバーが招集できず、嘆いていました」(スポーツ紙デスク) 結局、メンバー31人のうち8 [全文を読む]

プロ野球史上最高のスターは長嶋茂雄!現役で2位に輝いたのは…

しらべぇ / 2017年02月22日21時00分

長嶋茂雄・王貞治・落合博満・野村克也・福本豊・清原和博・野茂英雄・松坂大輔イチロー・松井秀喜・小笠原道大・新庄剛志・ダルビッシュ有・中田翔・大谷翔平結果、1位に輝いたのはやはり長嶋茂雄(164票)。2位には日本が世界に誇るヒットメーカー・イチロー(119票)がランクインし、3位は世界のホームラン王・王貞治(80票)だった。この3人は他を圧倒しており、日本プ [全文を読む]

【プロ野球】平成の怪物・松坂大輔復活祈願! タイトルを獲得した歴代のベテランたちを振り返る

デイリーニュースオンライン / 2016年12月15日16時05分

■10年の時を経てカムバック 山崎武司(東北楽天ゴールデンイーグルス) 2007年に39歳で本塁打王(43本塁打)と打点王(108打点)を獲得 1996年に松井秀喜(当時巨人)に1本差で本塁打王(36本塁打)を獲得した山崎。その後も30本弱は打つものの、今ひとつ煮え切らないシーズンが続いた。 くすぶっていた山崎だったが、楽天移籍3年目となる2007年は、 [全文を読む]

プロ野球より面白い?選抜高校野球の魅力をスター5人から検証

しらべぇ / 2016年03月21日21時00分

(2)松井秀喜(星稜)平成4年の選抜高校野球大会に出場し、宮古戦で2打席連続の特大ホームラン。続く堀越戦でもホームランを放ち、怪物の片鱗をみせつけた。この活躍は他の高校に脅威を与え、夏の大会で明徳義塾が4打席連続で敬遠することになる。(3)松坂大輔(横浜)平成10年の選抜高校野球大会に横浜のエースとして登場。東福岡の村田修一、PL学園高校の上重聡、関大一の [全文を読む]

甲子園のスター選手を獲得しない巨人 人気凋落心配する声も

NEWSポストセブン / 2015年10月31日16時00分

生え抜きの4番である原辰徳、松井秀喜、投手でいえば江川卓、桑田真澄らがそうです。原や江川は大卒ですが、彼らは甲子園を沸かせた実績を持っており、高校時代からファンが知るスターだったのです。甲子園で彼らに興味を持ったファンは、物語の続きを、巨人戦で見ることができた。 近年は、地上波中継がほとんどなくなり、デーゲームも全国中継ではスポンサーがつかず、関東地区のロ [全文を読む]

「二刀流」大谷選手はやっぱりスゴい 松井、田中、ダル「高卒2年目の成績」と徹底比較

AOLニュース / 2014年07月10日12時20分

■野手編 清原和博 .259 29本 83打点 OPS.907 坂本勇人 .257 8本 43打点 OPS.650 イチロー 188 1本 3打点 OPS.478 松井秀喜 .294 20本 66打点 OPS.843 中田翔 .278 0本 1打点 OPS.623 大谷翔平 .285 5本 20打点 OPS.850(シーズン途中成績) まずは野手の打者成 [全文を読む]

“DeNA・筒香を育てたのは誰だ”論争が勃発していた?

週プレNEWS / 2017年04月03日06時00分

記者A ただ、筒香本人は「2015年の春季キャンプで松井秀喜さん(元巨人、ヤンキースなど)のアドバイスを受け、ポイントをつかんだ」と明言しているし、むしろ監督時代の中畑さんの口出しにはうんざりしていたんですが(苦笑)。 ◆本日発売の『週刊プレイボーイ』16号「プロ野球開幕!! 侍たちのWBC後遺症」では、このほかの注目選手たちの情報も掲載。ぜひお読みくだ [全文を読む]

侍JAPAN戦士、メジャースカウトの「意外な査定」

日刊大衆 / 2017年03月22日06時05分

「アメリカン・ドリーム」を実現する猛者はいるのか!? 第二のイチローや松井秀喜が今の日本にもいるはず!! 連日熱戦が続く、第4回ワールド・ベースボール・クラシック(以下=WBC)。白熱した試合から目が離せないが、勝負とは別の視点から各試合を見ているのが、メジャー球団のスカウトたちだ。「WBCは、選手の実力を見極める“世界のプレーヤーの見本市”でもあります。 [全文を読む]

【プロ野球】イチロー部屋、ダル部屋、マー君部屋に続くのは? プロ野球“本当の出世部屋”はどこだ!?

デイリーニュースオンライン / 2017年01月16日17時05分

プロ野球・2軍選手寮の「伝説の出世部屋」といえば、毎年のルーキーが入寮時に素振りパフォーマンスをするジャイアンツ寮の“松井秀喜部屋”こと「201号室」。間もなく移転となるオリックス・青濤館の“イチロー部屋”こと「406号室」が有名だ。 だが、近年もっとも「出世部屋」としての実績を残しているのが、日本ハム・勇翔寮の「404号室」。ダルビッシュ有(現レンジャ [全文を読む]

【プロ野球】祝新成人! 成人式を迎える選手は? そして日本人メジャーリーガーたちの高卒3年目での成績は?

デイリーニュースオンライン / 2017年01月03日17時05分

松井秀喜(1995年・巨人) 131試合:打率.283(501打数142安打)/22本塁打/80打点/9盗塁/OPS.845 ベストナイン初選出。 ■松井稼頭央(1996年・西武) 130試合:打率.283(473打数134安打)/1本塁打/29打点/50盗塁/OPS.664 スタメンに定着し、怒涛の50盗塁。全試合出場を達成した。 ■城島健司(199 [全文を読む]

2016「アサ芸“裏”流行語大賞」!(1)ベッキーから始まった不貞行為連発の年

アサ芸プラス / 2016年12月04日05時57分

「間違いなく松井秀喜の『メアッツイ』、松坂大輔の『マツザーカ』の影響。安倍総理とトランプ会談でもトランプ陣営が『エイブ』と発音しましたが、明らかな不勉強です」(前出・デーブ氏) コラムニストの青木るえか氏が強烈な印象を拭えなかったのが、MBA取得など経歴詐称で新番組司会を辞退したショーンK(48)。高校時代のアダ名は「ホラッチョ川上」だったという。「テレビ [全文を読む]

北野武「最後に選んだ女」は伍代夏子似の元銀座ホステス

WEB女性自身 / 2016年08月05日06時00分

「等々力ベースは、高級外車や、松井秀喜や松坂大輔からもらった野球道具のコレクションなどを並べた、たけしさんの 城 。そこにチカさんを事実上の妻として迎え、ほぼ同棲状態といわれている。以前はグレート義太夫さんら芸人が等々力ベースに住んでいたが、チカさんが来たことで追い出されてしまった。彼女はたけしさんを『ダーリン』と呼んでいる」(芸能プロ関係者) チカさん [全文を読む]

朝日新聞社、Android TVアプリ「オンデマンド高校野球」をリリース

ITライフハック / 2016年07月21日17時00分

松坂大輔の決勝でのノーヒットノーラン、池田高校のやまびこ打線、松井秀喜の5打席連続敬遠など、過去の名シーンを余すところなく楽しめる。■オンデマンド高校野球(ソニー)■ITライフハック■ITライフハック Twitter■ITライフハック Facebook■デジタル家電に関連した記事を読む・海洋ミッションに役立つ4つのセンサーを搭載した“G-SHOCK”が登場 [全文を読む]

Android TV(TM)アプリ「オンデマンド高校野球」スタート

PR TIMES / 2016年07月20日19時05分

松坂大輔の決勝でのノーヒットノーラン、池田高校のやまびこ打線、松井秀喜の5打席連続敬遠など、過去の名シーンを余すところなくお楽しみください。この「オンデマンド高校野球」についての詳細は、以下の動画をご参照ください。元プロ野球選手の森本稀哲(ひちょり)さんと高校野球大好き芸人のかみじょうたけしさんが、実際に「オンデマンド高校野球」アプリを使って過去の名勝負を [全文を読む]

90年代ドラフトのドラマ 赤フン福留指名、憮然とする由伸等

NEWSポストセブン / 2015年10月24日07時00分

◆ゴジラ松井をミスターが引き当てた! 後の「国民栄誉賞師弟」誕生【1992年】 夏の甲子園で「5打席連続敬遠」を受けた怪物・松井秀喜(星稜高)は当然この年のドラフトの超目玉。中日、阪神、ダイエー、巨人の4球団が指名した。巨人は長嶋茂雄監督自らが抽選に臨んだ。シーズン順位によって巨人のクジ引き順は最後だったが、残り物に福はあった。 交渉権獲得を確認すると、 [全文を読む]

汗と涙のあの夏の物語 日販限定流通商品『甲子園100年物語』を販売

DreamNews / 2015年07月28日10時30分

不運のエース太田幸司、「怪物」と呼ばれた江川卓、バンビこと坂本佳一、荒木大輔、桑田真澄・清原和博のKKコンビ、5打席連続敬遠の松井秀喜、平成の怪物・松坂大輔など、甲子園から生まれたスター選手は数知れません。本商品は、名監督として名高い常総学院の木内幸男元監督と、その教え子である元プロ野球選手の仁志敏久による師弟対談や、阪神の若きエース藤浪晋太郎の独占インタ [全文を読む]

【試写室】「アメトーークSP」で一足先に熱い夏が!

Smartザテレビジョン / 2015年07月18日06時00分

まず、工藤公康や清原和博、桑田真澄、イチロー、松井秀喜ら過去の名選手たちの甲子園での活躍ぶりを一挙プレーバック。最近の選手でも、ことしのオールスターで両リーグ通じて最多得票を獲得した森友哉、甲子園記録の22奪三振を記録した松井裕樹などの、伝説の名勝負を振り返る。 これは筆者のような高校野球ファンが声を出して見入ってしまうほどの絶妙なVTR構成であり、「ア [全文を読む]

【試写室】「アメトーークSP」で一足先に熱い夏が!

Smartザテレビジョン / 2015年07月18日06時00分

まず、工藤公康や清原和博、桑田真澄、イチロー、松井秀喜ら過去の名選手たちの甲子園での活躍ぶりを一挙プレーバック。最近の選手でも、ことしのオールスターで両リーグ通じて最多得票を獲得した森友哉、甲子園記録の22奪三振を記録した松井裕樹などの、伝説の名勝負を振り返る。 これは筆者のような高校野球ファンが声を出して見入ってしまうほどの絶妙なVTR構成であり、「ア [全文を読む]

夏に比べてドラマがない? センバツ甲子園の隠れ伝説

週プレNEWS / 2015年03月21日06時00分

最近では92年に出場した星稜・松井秀喜(元ヤンキース)。この年から外野のラッキーゾーンが撤去されたが、2試合で3アーチと関係なし。 98年には“平成の怪物”横浜・松坂大輔(ソフトバンク)がセンバツデビュー。久保康友(DeNA)がエースの関大一に勝って優勝し、春夏連覇に向けて進み始めた。 “ハンカチ王子”と呼ばれる以前の早稲田実業・斎藤佑樹(日本ハム)は、 [全文を読む]

フォーカス