病気 沖田総司に関するニュース

医師も驚く若者の「免疫力低下」。感染症増加で20代でも風邪から肺炎に!?

週プレNEWS / 2017年01月21日06時00分

現代人の生活は、かつて「オヤジ病」といわれた病気の低年齢化をグイグイ進行させていた! 名医たちの指南で、2017年こそ心機一転、健康なカラダとココロを取り戻せ! ■風邪から肺炎を発症し、入院に至るケースも 人が日常生活を送る空間には、目に見えない雑多な細菌やウイルスが潜んでいる。ただ、若いうちは免疫機能が活発なため、細菌やウイルスが体内に入っても、めったに [全文を読む]

「結核」は神格化された美の病? 文学からわかる、「病」のイメージの移り変わり

ダ・ヴィンチニュース / 2016年11月04日06時30分

いつの時代にも、小説や漫画、映画などのフィクションの世界には、主人公と病気のヒロインとの恋愛を描くスタイルがある。最近だと『四月は君の嘘』、少し古いところだと『世界の中心で、愛をさけぶ』などといったところだろうか。話の途中に死の予感を漂わせ、最後の「死」で読者や観客を泣かせるというパターンだ。こんな定番ストーリーに乗せられてなるものか、と抵抗を試みるもやは [全文を読む]

昔の病気と侮れない……“結核”の脅威には、あの家電が効果覿面!

Entame Plex / 2016年09月21日14時33分

しかし、その脅威とは裏腹に“結核”が「あぁ、昔の病気ね」と侮られがち。実際はというと、結核は現在も世界中で猛威を振るっており、WHO(世界保健機関)の統計では、世界で年間約150万人が結核で死亡、2014年には日本でも約2万人が新たに発病し、毎年2,000人ほどが亡くなっているのだそうです。 そんななか、きたる結核予防週間(9月24日~30日)を前にし、 [全文を読む]

田中角栄より“所得倍増計画”の池田勇人が漫画的に面白いワケ

週プレNEWS / 2016年07月28日06時00分

大学入試では東大を落ちて、病気(落葉状天疱瘡)で大蔵省を退職してエリートコースからも落ちこぼれて、最初の奥さんを病気で亡くした…そんな男が総理大臣になる。資料を読み進めるほど、池田勇人の人生が面白いと思ったんですよ。 それに、他には特別に有名になった映像や漫画の作品もなく、名前を知っているけど具体的には何をしたのか、いつ頃の政治家だったのか人の記憶に曖昧( [全文を読む]

腐女子人気No.1! あの薄桜鬼がついに検定に!?

ダ・ヴィンチニュース / 2013年09月14日07時20分

関連情報を含む記事はこちら まず、隊士級の中には「沖田総司がかかった病気は現代で言うとなんでしょうか」といった本来の新選組の知識だけで解けるものやキャラの名前の正しい読み方。一通りゲームをクリアしていれば解ける問題もたくさんある。しかし、いくら隊士級といえどもやはりそう簡単なものばかりではない。たとえば、ヒロインである「雪村千鶴が最初に屯所にやってきたとき [全文を読む]

フォーカス