川田裕美 スキップに関するニュース

まるでアノ行為!川田裕美アナの“ジュージュー吸い”に視聴者が鼻血

アサ芸プラス / 2017年04月25日17時59分

4月16日に放送されたバラエティ番組「アメトーーク!」(テレビ朝日系)にて、フリーアナウンサーの川田裕美が発したある言動が妄想を呼び起こすと、いまだに話題性を発揮している。 この日は「甘いモノ食べちゃう芸人」として、甘党の芸人たちが出演。そこに大の甘いモノ好きである川田も加わった。 各々が一押しの甘いモノをプレゼンするなか、川田は東京三大豆大福の1つとい [全文を読む]

演技?それとも素?川田裕美の“驚愕スキップ”に視聴者の意見が真っ二つ

アサ芸プラス / 2017年01月11日17時59分

元読売テレビのアナウンサーで現在はセントフォースに所属しフリーアナウンサーとして活躍している川田裕美が、とある論争の的になっている。きっかけは昨年12月30日放送の「アメトーーク年末5時間SP!!」(テレビ朝日系)での「運動神経悪い芸人」に川田アナが紅一点出演した時のことだ。「川田は昨年放送の『世界一受けたい授業』『踊る!さんま御殿』(ともに日本テレビ系) [全文を読む]

可愛すぎる元局アナが「陰毛」発言! 人気バラエティでハートの強さを見せつける

メンズサイゾー / 2016年10月27日18時00分

また宮島は、元読売テレビアナウンサーの川田裕美(33)とスタジオでスキップを披露。川田が"スキップできない女子"と紹介された際に、宮島もスキップをすることになったのだが...。実は彼女もかなりの運動オンチで、奇妙なスキップ姿を見せて中居らをドン引きさせていた。 さらに地方局ならではのエピソードとして、「企画がとんがってる」ことを明かした宮島。『ドォーモ』 [全文を読む]

まるで生まれたての子鹿?川田裕美の“ドジっ子スキップ”に視聴者がキュン死

アサ芸プラス / 2016年06月05日09時58分

フリーアナウンサーの川田裕美がテレビ番組の中で見せたスキップが評判を呼んでいる。 その番組は5月28日に放送された「世界一受けたい授業」(日本テレビ系)の1コーナーで、元マラソン選手の増田明美が楽しく続けられるスーパージョギング術を教えるというもの。川田アナがスキップを披露したのだが、まともにステップが踏めずとてもスキップとは言えない失態をお茶の間にさらし [全文を読む]

“女子アナ界の大谷翔平”? 川田裕美が元地方アナから成り上がった魅力とは

週プレNEWS / 2017年06月04日11時00分

元フジテレビの加藤綾子アナをはじめとした民放キー局出身のフリーアナが活躍する中、元読売テレビの川田裕美(かわた・ひろみ)アナが存在感を強めている。民放キー局に4本、NHKに1本、地方局に2本のレギュラー番組を持つなど、超売れっ子なのだ。 「彼女は学生時代、フジテレビとテレビ朝日、テレビ東京を受験して落ちているんですよ。見返したい気持ちがあるのか、仕事に対し [全文を読む]

「麻婆豆腐にケチャップ」話も空回り!川田裕美が岡副麻希に及ばない理由

アサ芸プラス / 2017年02月15日05時59分

フリーアナウンサーの川田裕美が2月7日に放送されたバラエティ番組「踊る!さんま御殿!!」(日本テレビ系)に出演、料理での失敗談を語った。女子アナファンからは料理が下手なことで知られている川田だが、今回はホームパーティで麻婆豆腐を作ったものの色が白っぽくなってしまったため、なんとケチャップを足してごまかしたというもの。当然、そのお味は想像どおり。友人たちか [全文を読む]

美人で聡明だけじゃダメ 女子アナもキャラ勝負の時代

NEWSポストセブン / 2017年01月22日07時00分

* * * 単価や年収は置いておくとして、フリーの女性アナウンサーの中で、いまもっとも単発のテレビ出演が多いのは、元・讀賣テレビアナウンサーの川田裕美ではないだろうか。 同局制作で全国ネットの『情報ライブ ミヤネ屋』で宮根誠司の横に立っていた彼女が30代になり、「挑戦したい」とフリーを選択したときには、同局関係者はもちろん、出入りのタレントらも「何が不満 [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】KinKi Kids『青の時代』に救われたシシド・カフカ 孤独な中学時代に「陽が射す」

TechinsightJapan / 2017年03月20日20時00分

ちなみに番組ではパーソナリティの川田裕美にドラムを教える場面があった。スキップもままならない川田はリズム感も悪そうだが、分かりやすく指導する様子が伝わり頬笑ましい。見た目はクールで近寄り難い空気を醸し出すシシド・カフカも、話すと気さくで人懐こいキャラクターのようだ。 出典:http://ameblo.jp/kawata--hiromi (Techinsi [全文を読む]

フォーカス