ダンス 紺野あさ美に関するニュース

テレ東・紺野あさ美、冠番組でダンス披露も本業の”女子アナ”は低迷中

デイリーニュースオンライン / 2016年02月02日15時00分

ゲストの美女をダンスでバッサバサと公開処刑中だが、今だ迷走中の様子も見え隠れする。 ■現役アイドルと遜色ないキレで美人を公開処刑 現在、紺野がレギュラー出演してファンの間で話題になっているのが「紺野あさ美、今から踊るってよ」だ。ポイントは、元モーニング娘。である紺野が、日本各地でゲストの美女たちとダンスを披露すること。12月24日放送分では、モーニング娘。 [全文を読む]

踊れる女子アナ・紺野あさ美、モー娘。OGとしてキレキレのパフォーマンス披露!

メンズサイゾー / 2015年06月25日18時35分

往年のヒット曲「抱いてHOLD ON ME!」「LOVEマシーン」「恋のダンスサイト」「ハッピーサマーウェディング」のスペシャルメドレーを熱唱。ピンクの花柄衣装に身を包んで、懐かしくも新鮮味を感じる歌とダンスを披露した。 さすがに9人の大所帯となればカメラに映るシーンは少なかったが、身長156cmのカラダを目いっぱい動かす紺野のダンスは遠目からもハッキリと [全文を読む]

崖っぷちアナ・紺野あさ美、激しすぎる腰振りダンス披露も話題にならず...

メンズサイゾー / 2015年04月08日10時00分

紺野がカメラ片手に若手女優やモデルを訪ね、「さあ一緒に踊りましょう」と声をかけて、いきなりダンスを披露するという内容は、あまりにもシュールで斬新すぎたのかもしれない。「長期休養に入ったあたりから、紺野さんには『退社秒読みか!?』という報道が出ています。週刊誌などはこぞって紺野さんの局内孤立を報じ、彼女にはもう寿退社しか残されていないという見方をする記事もあ [全文を読む]

紺野あさ美&鷲見玲奈、局の壁越え「恋ダンス」! キレキレの動きとバストの揺れに期待の声

メンズサイゾー / 2016年12月24日15時10分

そんな彼女たちのビジュアル人気を押し上げたのが、エンディングで流された「恋ダンス」だ。 主人公を演じた星野源(35)が歌う「恋」をバックに、新垣を中心とした出演者が披露した「恋ダンス」。中でも女性キャストの姿は「可愛すぎる」と評判で、回を重ねるごとにネットには「やってみた動画」があふれることになった。 この「恋ダンス」にテレビ東京のアナウンサー・紺野あさ美 [全文を読む]

【ウラ芸能】紺野あさ美、取扱説明書はどこに?

NewsCafe / 2015年06月01日15時00分

月曜から木曜の深夜に5分間のミニ番組として放送されました」デスク「モデルとか女子を訪ねてちょこっとインタビューして、いろんな曲に合わせて一緒に踊るだけというシュールな世界なんだよな」記者「紺野のダンスがキレッキレなんです。さすが元アイドルって感じですよ」デスク「そう!それでウワッて思ったんだ。モー娘。の5期メンバーだった高橋愛(28)と新垣里沙(26)とS [全文を読む]

『映画 妖怪ウォッチ』“一緒に踊る”試写会で1000人がジバニャンとゲラゲラポー!

Movie Walker / 2014年12月14日15時00分

司会を務めたテレビ東京アナウンサー・紺野あさ美、観客1000人も巻き込んで、生歌&ダンスを披露した。 それぞれが、今年大ヒットとなった「ゲラゲラポーのうた」、「ようかい体操第一」を歌うと、会場の子どもたちも一緒になってノリノリでダンス!キャラクターのケータとジバニャン、フユニャンも駆けつけ、ジバニャンは「ゲラゲラポー!全員集合の超豪華で!俺っちも、超超うれ [全文を読む]

SKE48が紺野あさ美アナとダンスコラボにファン大興奮

dwango.jp news / 2016年11月28日23時31分

の紺野アナだけあって、キレッキレのダンスが毎回注目を浴びているが、公式ツイッターの最新のつぶやきで、SKE48とコラボしたことを写真付きで発表した。 「SKE48の皆さんと踊りましたみんな礼儀正しくて可愛かったなぁ 写真もたくさん撮りました。放送日などはまた追って…(紺野あさ美)」とのことで、写真の衣装からしてSKE48の冬の代表曲『12月のカンガルー』で [全文を読む]

現役女子大生が組むアイドル「ユニドル」 その日本一決定戦は、とにかく熱かった!

しらべぇ / 2015年09月03日07時00分

】輝く女子に憧れて、「ぱんぴぃ(一般人)に限界はない」という活動方針で頑張ってきたという法政大学の【ぱんぴぃ☆*s】は、チーム名のインパクトはもちろんのこと、チラ見えする太ももと抜群のダンス力で存在感を発揮!どのチームも持ち時間の10分間を最大限に活かし、客席のハートを鷲掴みにしていきます。■大会はさらに高みに向かっていく!後半戦は、関東エリア、関西エリア [全文を読む]

フォーカス