最期 三島由紀夫に関するニュース

「彼女はとてもかわいくて、いい子」従来の三島由紀夫のイメージを覆す、妻にベタ惚れな手紙発見

ダ・ヴィンチニュース / 2015年10月13日18時00分

さらに、昭和と共に生きたと言われ、自決した最期も、実に三島らしい幕引きであり、三島信者を作る要因となっている。 なお、自衛隊の決起を呼びかけた後の自決“三島事件”は、当時の世間に大きな影響を与え、三島事件に触発されたのかクーデターが世界各地で発生した。また、同事件を描いた映像作品も数多く制作されており、近年では監督・若松孝二、主演・井浦新(ARATA)の映 [全文を読む]

魂を揺さぶる「46人の最後の言葉」を元に、彼らの人生を紐解いていく。『著名人が遺した最期の言葉~自殺、殉死、謎の死の果てに~』キニナルブックスにて9月2日にキンドル電子書籍としてリリースいたしました。

DreamNews / 2014年09月05日18時00分

株式会社クリエイターズギルド(本社:東京都千代田区、代表取締役:熊切康知 http://www.cguild.com)が運営する電子書籍レーベル「キニナルブックス」にて、『著名人が遺した最期の言葉~自殺、殉死、謎の死の果てに~』(著者:スーサイドノート研究会)を9月2日にキンドル電子書籍としてリリースいたしました。株式会社クリエイターズギルド(本社:東京都 [全文を読む]

田中好子、越路吹雪、淡路恵子が人生の最期に遺した言葉とは

NEWSポストセブン / 2015年10月05日16時00分

※女性セブン2015年10月15日号 [全文を読む]

伊藤左千夫『野菊の墓』ヒロイン民子の名台詞【漱石と明治人のことば190】

サライ.jp / 2017年07月09日06時00分

このあとふたりは心ならずも引き裂かれ、ヒロインは哀しい最期を迎える。作品のイメージと作者の風貌とは、必ずしも一致しないことがある。川端や三島の写真は広く流布していて、知らぬ人はいないだろうが、さて伊藤左千夫の顔となるとどうだろう。知らぬまま『野菊の墓』を読んで感動した読者は、かなりの数にのぼるのではないだろうか。かくいう私もそのひとり。中学1年の頃に作品を [全文を読む]

闇に消えた「放送禁止映像」を大追跡!(6)<映画篇>酒井法子の初濡れ場「空蝉の森」は倒産で公開中止

アサ芸プラス / 2016年11月20日17時57分

ただし、三島氏の最期と同じく割腹シーンがあるため、未亡人がフィルムの焼却を要請している。 公開から40年後にようやくDVD化されたが、美輪(当時は丸山)明宏と共演した「黒蜥蜴」(68年、松竹)は今もソフト化が禁止の状態。また、その生涯を緒形拳主演で描いた「mishima」(84年、ルーカスフィルム)は、少年期の自慰シーンなどが遺族の怒りを買い、日本では公開 [全文を読む]

フォーカス