三島由紀夫 憂国に関するニュース

韓国作家が三島作品盗作で謝罪 “珍しくない”盗作疑惑は暗記教育の弊害?

NewSphere / 2015年06月24日11時34分

韓国の有名女流作家、申京淑(シン・ギョンスク)氏の短編の一部の描写が、三島由紀夫の『憂国』からの盗用だとする盗作疑惑が韓国の文壇を騒がせている。申氏は当初盗作を否定していたが、23日になって韓国紙のインタビューを通じて謝罪し、事実上盗作を認めた。出版社も問題となった作品を収めた短編集を自主回収した。◆三島の『憂国』の性描写を盗用か 発端は、韓国人小説家のイ [全文を読む]

ええ~ッ。そんな繋がりあったの!? 三島由紀夫と石原慎太郎の“アヤシイ“関係!

tocana / 2014年04月26日21時00分

「十一月半ばのよく晴れた夜半すぎ、埼玉県飯能市の大きな邸の車庫から、五十一年型のフォルクスワーゲンがけたたましい音を立てて走り出した」(『美しい星』より引用) 三島由紀夫の小説『美しい星』の冒頭である。ちなみに車の行き先は街の外れにある羅漢山。そして目的はなんと、空飛ぶ円盤との交流である。 小説が発表されたのは昭和37年。以前からUFO観測に熱中していた三 [全文を読む]

三島由紀夫の隠れた怪作が20万部突破!三島作品No.1を決定する“緊急国民投票”も開催中

ダ・ヴィンチニュース / 2015年10月24日09時00分

1968年に『週刊プレイボーイ』にて連載された、三島由紀夫の長編小説『命売ります』。同作は、従来の三島作品のイメージを覆すような、軽いタッチとスリリングな展開で繰り広げられる、極上のエンタメ小説だ。 【画像あり】ダ・ヴィンチニュースはこちら 1998年に文庫版が刊行された『命売ります』だが、2015年10月13日(火)に累計発行部数が20万部を突破した。刊 [全文を読む]

三島作品盗作疑惑の韓国人作家「私の作品は盗作じゃない」、検察調査で=韓国ネット「最後まで失望」「それじゃあ日本人が盗作したと?」

Record China / 2016年03月25日16時10分

2016年3月25日、韓国・東亜日報によると、三島由紀夫の短編小説「憂国」を盗作した疑いで告発された韓国の人気女性小説家・申京淑(シン・ギョンスク)氏が、検察の調べに対し、「盗作ではない」との立場を明らかにしたことが分かった。申氏が同事件に関し、捜査機関に対して立場を表明するのは初めてのこと。 ソウル中央地検は米国に滞在中の申氏にメール調査を行い、盗作疑惑 [全文を読む]

三島由紀夫『憂国』盗作事件 “韓国の吉本ばなな”はパクリの常習犯だった!?

日刊サイゾー / 2015年06月25日22時00分

韓国を代表する女流作家・申京淑(シン・ギョンスク)の短編小説『伝説』が、三島由紀夫の短編小説『憂国』の一部を盗用している疑惑が浮上したのだ。 火をつけたのは、ハフィントンポスト韓国版に掲載された「偶像の闇、文学の堕落」というタイトルの記事。ある小説家による寄稿文だが、比べられた両作品の文章はどう読んでもよく似ている。ネット上では「残念ながらパクリ確定」とい [全文を読む]

三島由紀夫作品を盗作騒ぎの韓国女流作家、日本でも発刊の代表作も盗作か=韓国ネット「がっかり」「小説家になるのって簡単なんだね」

Record China / 2016年09月20日18時50分

申氏は昨年、短編小説『伝説』の一部に三島由紀夫の『憂国』と酷似した部分があるとして検察に告発されたが、検察は今年4月、嫌疑なしと判断した。 再び持ち上がった盗作騒動に、韓国のネットユーザーは次のようなコメントを寄せている。 「またなの?」 「誠実な反省もないまま盗作騒ぎを伏せようとする創批も申京淑も情けない」 「学生時代にはよく読んだし好きな小説家だった [全文を読む]

美男美女、人生最後のセックスは切腹の余力を残して終了!? ―三島由紀夫『憂国』|連載第3回

ダ・ヴィンチニュース / 2015年06月27日11時30分

「愛おしき変態本」第3回は、三島由紀夫の『憂国』をお届けする。昭和の時代を生き、ノーベル文学賞候補ともいわれた日本を代表する作家のプロフィールを紹介しよう。【画像あり】ダ・ヴィンチニュースはこちら●みしま・ゆきお 1925年(大正14年)東京市四谷区出身。本名は平岡公威。41年、学習院中等科在学中に『花ざかりの森』を雑誌に発表、この時「三島由紀夫」のペンネ [全文を読む]

現代人に理解不能な日本人の不思議を描くナショナリズム小説

NEWSポストセブン / 2012年11月18日07時01分

本書には、一組の夫婦が三島由紀夫の割腹自殺について語り合う場面も登場するが、著者は三島由紀夫のように直接に政治を語りはしない。 空手に絡めて時折語られるナショナリズムは、ある部分で肯定され、別の部分では強烈に否定される。熱烈な愛国者として登場する空手組織の二代目宗家に、「抹茶は、適当にミキサーでガリガリやったって構やしないんだ」といわせる、一筋縄ではいかな [全文を読む]

文庫週間・月間ランキング1位!盛り上がる文豪作品ブーム 三島由紀夫のエンタメ小説が発行部数20万部突破

@Press / 2015年10月21日11時00分

株式会社筑摩書房(所在地:東京都台東区、代表取締役社長:山野浩一)が1998年に刊行した三島由紀夫『命売ります』(ちくま文庫)は売上好調につき、2015年10月13日、累計発行部数20万部を突破いたしました。(2015年10月21日現在 24刷 累計21万1,200部)刊行から今年6月までの17年間は4万部という静かな売れ行きでしたが、新しい帯を付けて再展 [全文を読む]

三島由紀夫は手塚治虫と白土三平を買わず、赤塚不二夫を絶賛している。

メディアゴン / 2015年07月09日01時30分

柴川淳一[郷土史家]* * *日本を代表する小説家をひとり挙げろと言われれば、筆者は迷わず三島由紀夫と言う。小説や文学に無知な筆者がそう言っても否定する人は少ないと思う。つい最近、筆者は三島由紀夫が大変古くからの漫画ファンであったという事を知った。 評論家の平岡正明氏が「昭和マンガ家伝説」(平凡社新書)の中で次のように書いている。 「三島由紀夫は手塚治虫と [全文を読む]

『三島由紀夫 展示即売会』開催!~ 「小宮山書店」、4階ショールームにて7月14日(土)より ~

@Press / 2012年07月06日10時00分

株式会社小宮山書店(本社:東京都千代田区、代表取締役:小宮山 慶太)が運営する古本屋「小宮山書店」は、2012年7月14日(土)から7月29日(日)まで、4階ショールームにて『三島由紀夫 展示即売会』を開催します。『三島由紀夫 展示即売会』:http://www.book-komiyama.co.jp/mishima_exh.php【代表取締役 小宮山 慶 [全文を読む]

闇に消えた「放送禁止映像」を大追跡!(6)<映画篇>酒井法子の初濡れ場「空蝉の森」は倒産で公開中止

アサ芸プラス / 2016年11月20日17時57分

映画界において、鬼門とされるのが故・三島由紀夫氏の名前だ。自身が製作・監督・主演を務めた「憂国」(66年、ATG)は、興行的にも大ヒット。ただし、三島氏の最期と同じく割腹シーンがあるため、未亡人がフィルムの焼却を要請している。 公開から40年後にようやくDVD化されたが、美輪(当時は丸山)明宏と共演した「黒蜥蜴」(68年、松竹)は今もソフト化が禁止の状態 [全文を読む]

三島作品盗作疑惑の韓国人作家、「嫌疑なし」処分に=韓国ネット「これが韓国の素顔」「韓国がノーベル文学賞を受賞できない理由」

Record China / 2016年04月01日17時20分

検察は「申氏が三島由紀夫の短編小説『憂国』を盗作して出版社をだまし、印税などを不正に得た疑いがある」との告発者の主張に対し、「出版社が申氏にだまされた証拠はなく、出版社側もだまされた事実はないと供述した点などを考慮した」と明らかにした。 検察は申氏から最近受け取った盗作疑惑を否定する趣旨のメールや、申氏を召喚して行った調査の内容などを基に、最終的に詐欺や [全文を読む]

フォーカス