著作 三島由紀夫に関するニュース

佐藤 剛の新著『美輪明宏と「ヨイトマケの唄」 天才たちはいかにして出会ったのか』が6月に発売

okmusic UP's / 2017年05月26日17時00分

NPO 法人ミュージックソムリエ協会会長の佐藤 剛の著作による書籍、『美輪明宏と 「ヨイトマケの唄」 天才たちはいかにして出会ったのか』が、6月14日に文藝春秋より出版されることがわかった。【その他の画像】美輪明宏『上を向いて歩こう-奇跡の歌をめぐるノンフィクション』(岩波書店/小学館文庫)、『黄昏のビギンの物語』(小学館新書)の著作などをはじめ、自身が運 [全文を読む]

“ミッキーマウス保護法”が電子書籍を破壊する? TPP交渉に潜む著作権延長の罠

Business Journal / 2013年05月15日17時00分

環太平洋経済連携協定(TPP)交渉で、米国が求める著作権保護期間の延長措置が、電子書籍や映画の廉価版DVD販売など、「パブリックドメイン作品」を活用するビジネスにダメージを与えかねないーーそう伝えるのは、5月13日の日本経済新聞朝刊だ。 日本では現在、著作者の死後50年、映画は公表後70年の著作権保護期間が設定されている。一方、米国では死後70年、映画など [全文を読む]

中国の日本文学ファンが注目すべき作家―中国コラム

Record China / 2017年08月27日07時30分

京都大学入学後は、西洋哲学や宗教学に興味を抱くようになり、ミルチャ・エリアーデ、マルティン・ブーバー、トマス・アクィナスらの著作を、大学の図書館から借りて読んだという。おそらく、この若さにして膨大な読書量と理論的な深い思考を通じ、彼は大学在学中に処女作「日蝕」を書きあげた。当時、執筆素材を準備するために、十数巻で構成されている平凡社「中世思想原典集成」を1 [全文を読む]

村上春樹や東野圭吾だけじゃない!中国で続々と翻訳される日本の文学作品―中国メディア

Record China / 2017年01月01日19時50分

翻訳作品を出版する磨鉄図書は、東野圭吾の「ラプラスの魔女」以外にも、日本の有名推理作家の湊かなえの「絶唱」、有名映画監督の岩井俊二と作家の乙一が手がけた「花とアリス殺人事件」、日本のファンタジー小説の巨匠である夢枕獏の著作であり、先ごろ中国人映画監督のチェン・カイコー(陳凱歌)によってリメイク映画が撮影された「妖猫伝」の中国語版を立て続けに出版するという [全文を読む]

文章力もセンスもある...が、元少年Aが“サブカル不快感野郎“である紛れもない理由

tocana / 2015年10月22日08時00分

『絶歌』には触れられていないが、鬼畜系のムック本として知られる『危ない1号』(データハウス)を作っていた編集者の吉永嘉明の著作『自殺されちゃった僕』(飛鳥新社)には興味深い記述がある。"テレビを見ていて、神戸で少年の頭を校門の上に置いた例の酒鬼薔薇聖斗が友人にあてた年賀状が映しだされたことがあった。そこには『危ない1号』第1巻のイラストの模写が描かれていた [全文を読む]

<テレビを作る、事件を伝える>地方在住者の願う「テレビ報道」のあり方

メディアゴン / 2014年12月27日00時11分

以下は吉永氏の著作からの引用である。 「私ははっとした。男は浅沼を刺したのだ。大変だ。私は裸足のまま、階段を駆け上がった。連絡用のマイクのスイッチをいれた。『大変です。浅沼さんが刺されました。』応答は全く無い。『重大ニュース。重大ニュース。浅沼さんが右翼に刺されました。』私は再びマイクに叫んだ。『何やっているんです。馬鹿。こちら日比谷公会堂の吉永。応答して [全文を読む]

ダイナビジョン、伊勢にて櫻井 秀勲氏との講演会を夏至の日(6月21日)に開催~テーマは開運学。才能を開花させ、幸せを手に入れる方法について~

@Press / 2013年06月14日09時30分

以後、運命学・女性学など、その著作数は200冊を超えます。2009年より早稲田運命学研究会を主宰しています。2013年、82歳で「きずな出版」を立ち上げ若い作家を育てることに尽力するとともに、自身の執筆活動にも意欲的に活動中。『パーフェクト リバティー教団第二代教祖 御木徳近 奇跡とカリスマの人』を第1冊目とする「日本の教祖伝シリーズ」は、これからのライフ [全文を読む]

フォーカス