おすすめ 三島由紀夫に関するニュース

京都で読みたい、京都が舞台のティーン向け小説3つ

マイナビ進学U17 / 2015年10月02日12時25分

ホルモーを通して成長し、傷つき、結束する主人公たちのドラマがヘンテコかつ爽快! あなたもホルモーに参戦しながら、京都市内をあっちこっち巡ってみませんか?「黒髪の乙女」と「先輩」が巻き起こす珍事件に抱腹絶倒! 「夜は短し歩けよ乙女」普段小説を読まない中高生に「入り口」としてもおすすめなのは、この「夜は短し歩けよ乙女」。京都の花街先斗町で、同じサークルに所属す [全文を読む]

夏はやっぱり怪談の季節! 江戸から現代の怪談について、小説家・高原英理さんに聞いてみた

ガジェット通信 / 2017年08月14日11時30分

ーー『怪談生活』のなかに入っている、夏におすすめの怪談を教えてください。 主に現代の話からは「ゐる」「あ」「いなか、のくわいだん」「切り株」「落日」「人形の抗議」「顔隠し」「赤い波」「見えない? 一・二・三」「さまよえる霊柩車」「外来者」「のっぺらぼう今昔」「修行」「時間差空間差」「道端」「エジンバラのホテル」「海深く」など。『NHK短歌』誌で穂村弘さん [全文を読む]

坂本真綾「本も音楽も、作品の世界観と自分の重なる一点を探したい」

ダ・ヴィンチニュース / 2016年08月06日18時00分

本誌で紹介してくれた『三島由紀夫レター教室』以外のおすすめ本や、昨年デビュー20周年を迎えて感じた想いなどを語ってくれた。 歌詞づくりをするうえで、言葉選びを大切にしている坂本さん。本を読むときも言葉のリズム感に惹かれることが多いという。『ぼくには数字が風景に見える』(ダニエル・タメット)もまた、訳文の美しさに魅了された一冊。アスペルガー、サヴァン症候群で [全文を読む]

渡部豪太、ストレス解消法は「おいしいと思って空気を吸う」【インタビュー後編】

Woman Insight / 2016年03月18日19時00分

(平山正子) 「令嬢と召使」公演概要 日程:2016年4月21日(木)~24日(日) 劇場:シアタートラム(東京・世田谷区三軒茶屋) 料金:全席指定5,800円(税込) 作:ストリンドベリ(「令嬢ジュリー」より) 翻案:笹部博司 演出:一色隆司 出演:雛形あきこ、渡部豪太 公式ホームページ:http://www.majorleague.co.jp/sta [全文を読む]

人と本とがつながるWEBメディア「ほんのひきだし」オープン

ダ・ヴィンチニュース / 2015年05月19日19時30分

<掲載記事例> くらす ・年齢に合わせて見直そう!「シニアごはん」 ・今日はノー残業デー!早く帰った日は○○してリラックスしよう♪ 知る・学ぶ ・春の雪と三島由紀夫の世界 ・あなたの「戦国時代」のおすすめ本は何ですか? 楽しむ ・〈インタビュー〉押井守さんの仕事場訪問!構想15年の小説『GARM WARS』を語る ・あなたはどっち派?対決文庫Round. [全文を読む]

フォーカス