芥川龍之介 三島由紀夫に関するニュース

旺文社×文藝春秋「ノートを借りてみたい東大卒小説家は?」アンケート結果発表!文豪・夏目漱石が大差で第1位 その理由は……

DreamNews / 2015年04月13日15時00分

【アンケート調査概要】 実施期間 :2015年2月25日~3月31日 調査方法 :「本の話WEB」内アンケート http://hon.bunshun.jp/articles/-/3390 有効回答 :1,014名 回答者属性: ◇ 会社員=24.0%(243名)、会社役員=0.9%(9名)、公務員=2.8%(28名)、自営業=4.3%(44名)、主婦・主夫 [全文を読む]

有名作家たちの素顔は「人間失格」だった!?『教科書では教えてくれない 日本文学のススメ』

PR TIMES / 2015年03月20日13時06分

夏目漱石、樋口一葉、石川啄木、森鷗外、宮沢賢治、芥川龍之介、太宰治、三島由紀夫、川端康成、中原中也、10名の作家の教科書には載せられないエピソード満載 株式会社学研ホールディングス(東京・品川 代表取締役社長: 宮原博昭)のグループ会社、株式会社学研教育出版(東京・品川 代表取締役社長:碇 秀行)は『教科書では教えてくれない 日本文学のススメ』を発売いたし [全文を読む]

現役東大生たちが語る「教科書より役立った本」に絶句!『コナン』『DEATH NOTE』『ハリー・ポッター』...

リテラ / 2016年03月10日12時11分

一応、夏目漱石や芥川龍之介、三島由紀夫、ニーチェ、孔子、などの名作や古典も入っているが、これはごく一部。ほとんどが、東大生というイメージとはかけ離れた本ばかりなのだ。 たとえば、やたら目につくのが『頭の整理が下手な人、うまい人』(樋口裕一/大和書房)、『まず1分間にうまくまとめる話し方整理法』(著・山本昭生 監修・福田健/日本実業出版社)『スティーブ・ジョ [全文を読む]

村上春樹や東野圭吾だけじゃない!中国で続々と翻訳される日本の文学作品―中国メディア

Record China / 2017年01月01日19時50分

中国ではいまだに、夏目漱石、谷崎潤一郎、芥川龍之介、川端康成、太宰治、三島由紀夫などの明治維新後に登場した偉大な日本人作家たちのファンがたくさんいる。今年初めに、「日本の張愛玲(アイリーン・チャン)」と呼ばれた日本人作家の森茉莉の作品が初めて中国で中国語版が出版され、中国に紹介される日本文学が新たな節目を迎えた。また、同年、東野圭吾の作家デビュー30周年 [全文を読む]

著名人に送られた弔辞や追悼文を厳選し齋藤孝氏が解説した書

NEWSポストセブン / 2016年10月17日16時00分

菊池寛が芥川龍之介に送った弔辞など「作家編」、山田太一が寺山修司に送った弔辞など「文化人編」、倍賞千恵子が渥美清に送った弔辞など「映画・芸能人編」、池田勇人が浅沼稲次郎に送った追悼演説など「政治家・経済人編」、王貞治が川上哲治に送った弔辞など「スポーツ選手編」に分けて、1927年から2013年に発表された計21人の弔辞(および佐藤浩市による喪主挨拶)を収 [全文を読む]

【ドッペルゲンガー】奇跡か、悲劇か!? 飛行機で「もう一人の自分」に出会った!!

tocana / 2015年11月06日09時00分

古今東西、目撃例は枚挙に暇がなく、リンカーンや三島由紀夫、芥川龍之介なども遭遇していたと考えられている。肝心の正体については、「自らの霊である」といったオカルト的視点から「脳の異常による自己像幻視である」という医学的視点まで、各方面から研究されているものの、正確なことは何もわかっていない。 そして今、とあるフライトで、まるで生き写しのような赤の他人同士が乗 [全文を読む]

「ノートを借りてみたい東大卒小説家は?」1位はダントツで夏目漱石! その理由は?

ダ・ヴィンチニュース / 2015年04月13日21時40分

【画像あり】ダ・ヴィンチニュースはこちら ノートを借りてみたい東大卒小説家は? 1位 夏目漱石 (276票) 2位 星新一 (132票) 3位 芥川龍之介 (122票) 4位 森鴎外 (55票) 5位 三島由紀夫 (52票) 6位 中島敦 (45票) 7位 川端康成 (39票) 8位 東浩紀 (23票) 9位 内田百閒 (21票) 10位 安部公房 (1 [全文を読む]

知っていないと赤っ恥!日本人が海外で聞かれる「日本のこと」3つ

WooRis / 2014年04月02日16時00分

『平家物語』『源氏物語』『枕草子』はもちろんのこと、森鴎外や三島由紀夫、夏目漱石、芥川龍之介、太宰治から、村上春樹など現代の作家の作品についてまで、多岐にわたって聞かれることがあります。 それと、もともと英文で発行された新渡戸稲造の『武士道』も、よく読まれているようなので、目を通しておくとよいかもしれません。 ■3:日本の文化 着物のことから、茶道、華道 [全文を読む]

今でしょ先生「1ページ読むだけでガツンと来る本」を熱く語る

NEWSポストセブン / 2013年02月24日07時00分

夏目漱石、芥川龍之介、志賀直哉、川端康成、三島由紀夫あたりの近代文学までですね。現代の作家さんにも素晴らしい方はたくさんいらっしゃると思うんですけど、僕の場合は、手に取って、1ページ勝負なんです。そこでガツンと来ない本は全部返しちゃうんです。――ガツンと来るのが近代文学までだったと。林:ストーリーだけじゃないんですね。僕にとっては、文章そのものが同じくらい [全文を読む]

フォーカス