代表作 三島由紀夫に関するニュース

没後45年に偉業達成!三島由紀夫のエンタメ小説『命売ります』が2015年 紀伊國屋書店新宿本店 文庫年間ランキング1位に

@Press / 2016年01月21日14時30分

著者の代表作である『金閣寺』『仮面の告白』などの横に並べて置いた直後から爆発的に売れ始めたため、店頭入り口のワゴン台を始め、店の全フロアでこの商品を展開するという異例の対応をとり、まさにこのブームの火付け役となっていました。その後も、文豪の隠れた名作フェアを実施するなどしてブームを牽引し続け、1日だけで40冊を超える販売実績も記録(2015年9月27日)し [全文を読む]

佐藤剛による新刊『美輪明宏と「ヨイトマケの唄」 天才たちはいかにして出会ったのか』発売記念トークライヴ開催決定

okmusic UP's / 2017年06月14日18時30分

■書籍『美輪明宏と「ヨイトマケの唄」 天才たちはいかにして出会ったのか』著者:佐藤剛 刊行:文藝春秋 424頁 定価:¥2,200+税 ジャンル:ノンフィクション ISBN-10: 4163906649/ISBN-13: 978-4163906645 <目次> ■第1章:異端にして革命児 「シスターボーイ」と呼ばれて/“天上界の美”と語った三島由紀夫/特異 [全文を読む]

三島由紀夫作品を盗作騒ぎの韓国女流作家、日本でも発刊の代表作も盗作か=韓国ネット「がっかり」「小説家になるのって簡単なんだね」

Record China / 2016年09月20日18時50分

2016年9月20日、韓国・朝鮮日報などによると、韓国文壇を代表する女性作家・申京淑(シン・ギョンスク)氏の代表作である長編小説『母をお願い』に盗作疑惑が持ち上がった。同作品は認知症で行方不明となった母親を娘が手を尽くし捜し回るストーリー。世界各国で翻訳出版された韓国文学の大ベストセラーで、日本でも11年に翻訳出版されている。 韓国の法曹界関係者によると、 [全文を読む]

「彼女はとてもかわいくて、いい子」従来の三島由紀夫のイメージを覆す、妻にベタ惚れな手紙発見

ダ・ヴィンチニュース / 2015年10月13日18時00分

自身の性的傾向を客観的に分析した自伝的小説『仮面の告白』や、昭和24年に闇金融会社「光クラブ」を経営する東大生が自殺を図った“光クラブ事件”を題材にした『青の時代』など、多くの代表作を残し、日本のみならず海外でも広く認められた、日本文学界を代表する作家のひとりである。 また、作品だけでなく“男らしさ”も支持される三島。作家とは思えないほどの鍛えられた強靭な [全文を読む]

今年1番の話題文庫は三島由紀夫のエンタメ小説!?文庫トレンドに異変 文豪作品が突然の大ブレイク、1ヶ月で7万部重版

@Press / 2015年08月06日13時30分

『命売ります』は『仮面の告白』『潮騒』『金閣寺』といった三島の代表作に比べるとほとんど知名度がない、知る人ぞ知るという作品ですが、だからこそ逆に「この機に手にとってみたい」という要素になっているのでは?そう考えた文庫営業担当者が「隠れた怪作小説 発見!」という“発掘小説”色を全面に出したキャッチコピーのもと、社内印刷による手作り帯を簡易的に作成しました。こ [全文を読む]

三島由紀夫『憂国』盗作事件 “韓国の吉本ばなな”はパクリの常習犯だった!?

日刊サイゾー / 2015年06月25日22時00分

代表作『母をお願い』(2009年)は日本を含め22カ国で翻訳出版されるなど、韓国文壇の権威ともいえる。しかし、作品を発表するたびに盗作疑惑が持ち上がっており、文学界ではそのことを事実上黙認してきた。今回騒動になった『伝説』は96年発表の作品だが、実は2000年に、ある評論家が今回と同じく盗作疑惑を提起していた。 「今回と同じ問題を15年前に指摘しました。け [全文を読む]

「写真家 細江英公『薔薇刑』プリント販売展」開催!

@Press / 2013年11月22日10時30分

写真家・細江英公氏の代表作である『薔薇刑』は1963年に刊行され、被写体は作家の三島由紀夫、装幀は杉浦康平の手によるものでした。1971年に出版された新輯版では挿絵と装幀を横尾忠則氏が担当し、1984年の新版では粟津潔が装幀を担当するなど、そうそうたる面々が『薔薇刑』に関わっており、国内外の方々に、今もなお愛されている作品です。 今回のプリント販売展では [全文を読む]

81歳の巨匠・横尾忠則氏「絵も人生も大事なのはプロセス」

NEWSポストセブン / 2017年09月13日07時00分

この時代の横尾の絵画の代表作のひとつが、『ピンク・ガールズ』シリーズだ。1966年、東京・京橋の画廊で個展を開催するにあたり、たった1か月で19点もの作品を描き上げた。ピンク色の肌をした女性たちがパンティに手を入れ自慰にふけり、ひげを剃り、オートバイに乗る──これら既存の型にはまらない作品は三島由紀夫をして「無礼な芸術」と言わしめた。 翌年、劇作家・寺山 [全文を読む]

自称・宇宙人のヘンテコさに笑って泣く ―三島由紀夫が書いたUFO小説のぶっ飛んだ中身とは?

ダ・ヴィンチニュース / 2015年05月02日09時00分

『仮面の告白』『潮騒』『金閣寺』といった代表作に比べて、マイナー感の否めない作品だが、それはあくまで一般社会での話。オカルトファンにとっては数ある三島作品中、もっとも興味深い作品といっても過言ではない。ここでは三島文学ファンがまだ気づいていない(かもしれない)、『美しい星』のディープな魅力について、オカルトサイドからじっくり迫ってみたい。【宇宙人一家の凡 [全文を読む]

政府は知らずに叩き墓穴? 前川前次官「華麗なる経歴」に元首相の名

まぐまぐニュース! / 2017年06月03日22時59分

村上の代表作『ノルウェイの森』に出てくる寮は、和敬塾をモデルにしている、となっています。 このように、Facebookに上がった方のコメントをたどっていくと、大筋で間違いないことがわかりました。 そして、「前川喜平氏を貶めることは、氏の妹が中曽根博文(弘文)議員に嫁いでいることから、父の中曽根康弘氏をも貶めることになりますよ」という小澤さんの指摘に副ってい [全文を読む]

休日は展覧会へ!銀座エルメス フォーラムや岡本太郎記念館、横浜美術館などで開催中の展示情報【お出掛けまとめ/アート編】

FASHION HEADLINE / 2017年01月07日13時00分

初期作品から代表作「Portrats」などを含む大規模な展示となる。 ■ヨーガン レールが最後に残したメッセージ。海辺のゴミで制作した光のオブジェなど約140点を十和田市現代美術館で公開 衣服、インテリア用品、家具、キッチンウェアなど、ライフスタイル全般のデザイナーとして知られるヨーガンレール(Jurgen Lehl)。没後初の回顧展となる「On the [全文を読む]

「デーモン閣下? ピアソラ? これが邦楽!?」コラボで進化する新しい邦楽のかたち。

PR TIMES / 2016年02月11日10時34分

[画像4: http://prtimes.jp/i/14302/70/resize/d14302-70-918811-4.jpg ] 今回取り上げる作品は、阿部公房の代表作「砂の女」。 昆虫採集に出向いた砂丘で突如閉じ込められ、女性と暮らすことを強要された男性を描いた作品です。 映画化もされて、海外でも高い評価を得ています。 この作品に合わせて、舞台では [全文を読む]

横尾忠則が魅了された153点の『全Y字路』集【NADiffオススメBOOK】

FASHION HEADLINE / 2015年10月22日21時00分

2000年以降のライフワークとなる代表作絵画「Y字路」シリーズに焦点を当てた本書。ある夜、横尾が幼い頃によく通った郷里の三叉路鋭角部分あった模型店の跡地を訪ねたところ、そこは個人的な記憶に関与しないただの普遍的なY字路になっていた。「その時、私意識から切り離された風景こそ、絵の対象になるべきだと思った。」とモチーフであるY字路との出会いを語っている。 収 [全文を読む]

【書評】お化け好きが急所をつかんで描いたお化け好きの評伝

NEWSポストセブン / 2015年05月25日16時00分

『高野聖』は劇場で上演されて、鏡花の代表作となったけれども、水木版の妖怪女がしっとりと色っぽい。谷川で衣服を脱いで旅僧を誘惑するシーンが圧巻です。 この女の手にかかると、馬にされちまうんだからね。このお化けは、もともとお化けだったから、理由のないお化け。水木コミックのお化けもこちらのほうです。鏡花最後の小説『縷紅新草』は金沢を舞台にした墓参小説で、三島由紀 [全文を読む]

【書評】お化け好きが急所をつかんで描いたお化け好きの評伝

NEWSポストセブン / 2015年05月25日16時00分

『高野聖』は劇場で上演されて、鏡花の代表作となったけれども、水木版の妖怪女がしっとりと色っぽい。谷川で衣服を脱いで旅僧を誘惑するシーンが圧巻です。 この女の手にかかると、馬にされちまうんだからね。このお化けは、もともとお化けだったから、理由のないお化け。水木コミックのお化けもこちらのほうです。鏡花最後の小説『縷紅新草』は金沢を舞台にした墓参小説で、三島由紀 [全文を読む]

美輪明宏 舞台楽屋で「楯の会の青年がいきなり土下座」述懐

NEWSポストセブン / 2014年09月30日07時00分

そんな美輪氏の代表作の一つが舞台『黒蜥蜴』だが、この作品の裏にあった驚きのエピソードをジャーナリスト・青木理氏が聞いた。 ──美輪さんは長崎の遊郭街で育ったんですよね。 美輪:水商売の家で、隣が映画館。映画って人生を疑似体験できるんです。フランス、ロシア、ドイツ、アメリカ、監督や俳優もプロ中のプロばかりだった50年代迄の作品を見て、男女の裏側や駆け引きは商 [全文を読む]

清純派から脱却!? 市川由衣、8年ぶり映画主演で過激な絡みに挑戦!

メンズサイゾー / 2014年03月27日17時40分

出来上がった作品を見て、私自身が自分の代表作だと胸を張っていえる作品になりました」とコメントしており、本人もかなり手応えを感じているようだ。 「どこまで脱いでいるのかはまだはっきりとはしていませんが、女優としての転機になることは間違いないでしょうね。市川といえば、デビュー以来清純派のイメージが強かったですが、昨年放送されたドラマ『ラスト・シンデレラ』(フジ [全文を読む]

フォーカス