関係 三島由紀夫に関するニュース


今を生き抜くために日本中が取り憑かれた“70年代オカルト”を読み解く

週プレNEWS / 2016年03月01日11時00分

そんな氏にとって、身体改造とオカルトは、いずれも現実社会と密接に関係するという。まずは、氏が身体改造というカルチャーシーンに関わったきっかけを聞いてみた。 *** ―そもそも、どうして身体改造に興味を持ったんですか? 前田 学生時代から出版業界に関わっていて、身体改造との出会いはもっと後になってからなんです。大学卒業後、出版社に就職し、“取材者”として現 [全文を読む]

美輪明宏、赤木圭一郎との関係を告白

アサ芸プラス / 2012年12月12日09時59分

中でも、70年に自決した文豪・三島由紀夫(享年45 )との親密な関係はあまりにも有名である。 「2人が初めて出会ったのは、まだ美輪が10代の頃だった。2度目に会ったのが、美輪がバイトしていたゲイバーで、客として訪れた三島に気づいた美輪は働いているところを見られたくなくて、とっさにトイレに身を隠したというエピソードがあります」(文壇関係者) 三島を男として [全文を読む]

休日は展覧会へ!銀座エルメス フォーラムや岡本太郎記念館、横浜美術館などで開催中の展示情報【お出掛けまとめ/アート編】

FASHION HEADLINE / 2017年01月07日13時00分

アートに触れて、心身をリフレッシュしよう! ■オブジェと身体の共犯、銀座メゾンエルメス フォーラムで「曖昧な関係」展 世代や国籍、表現方法の異なる3人のアーティストの作品を通して、作品と身体との間に生まれる関係性について考察した「曖昧な関係」展が、2月26日まで銀座エルメス フォーラムで開催される。気鋭の現代アーティストが生み出す珠玉の作品をお見逃しなく。 [全文を読む]

『とと姉ちゃん』 朝ドラ史上初の「生涯独身ヒロイン」に?

NEWSポストセブン / 2016年04月12日07時00分

NHK関係者への取材から、気になる今後の展開をどこよりも早く“先取り”した。 ●プロポーズを拒否させた「手編みのマフラー」 朝ドラに欠かせないのがヒロインの「恋」。高畑充希(24)演じるヒロイン・小橋常子(『暮しの手帖』を創刊した大橋鎭子がモデル)の“最初”の相手役は青柳商店の若旦那・清(大野拓朗)だ。清に「思っていた以上にきれいだったから」といわれて以来 [全文を読む]

ケンカの中身は「文学的」じゃない?仲が超悪かった日本の文豪たち

しらべぇ / 2015年10月30日19時00分

今から紹介する以下の3つのケースなどは、作家同士の複雑な関係を示す代表的な例と言えるだろう。(1)問題児「中原中也」と、お騒がせキャラ「太宰治」画像出典:Amazon太宰治は先ほどの川端康成の件だけではなく多くの作家との確執を持ち、作家人生から私生活に至るまでお騒がせキャラというべきか何かと問題の多い作家だった。一方、夭折の天才詩人である中原中也も相当な問 [全文を読む]

『英霊の声』と『共産党宣言』の相似性

クオリティ埼玉 / 2015年08月17日13時08分

ブルジョア階級は、支配をにぎるにいたったところでは、封建的な、家父長的な、牧歌的ないっさいの関係を破壊した。彼らは、人間の血のつながったその長上者に結びつけていた色とりどりの封建的な絆を容赦なく切断し、人間と人間との間に、むきだしの利害以外の、冷たい『現代勘定』以外のどんな絆も残さなかった。彼らは、信心深い陶酔、騎士の感激、町人の悲哀といった清らかな感情 [全文を読む]

面白ければ学生映画も出演OK! 映画愛に溢れる俳優・染谷将太の知られざる名作3選

ソーシャルトレンドニュース / 2015年06月06日08時00分

■「脚本が面白ければ、予算規模に関係なく映画に出演してもらえると噂でした。さすがにここまで有名になった今では無理だと思いますが……」(自主映画スタッフ)という声も。その噂の真偽は不明ですが、映画の専門学校である映画美学校が制作した『ただいま、ジャクリーン』にも出演していることから規模に関係なく映画を愛していることが伺えます。(『ただいま、ジャクリーン』もメ [全文を読む]

「写真家 細江英公『薔薇刑』プリント販売展」開催!

@Press / 2013年11月22日10時30分

また、三島由紀夫関係は、初版本、限定本、自筆原稿、署名色紙、ポスター、スチール写真など数多く取り揃えております。 写真家・細江英公氏の代表作である『薔薇刑』は1963年に刊行され、被写体は作家の三島由紀夫、装幀は杉浦康平の手によるものでした。1971年に出版された新輯版では挿絵と装幀を横尾忠則氏が担当し、1984年の新版では粟津潔が装幀を担当するなど、そ [全文を読む]

一橋大学で百田尚樹氏の講演中止。そんな時代だから読み返したい「三島由紀夫vs一橋大生」

週プレNEWS / 2017年06月28日06時00分

それは彼の考える民主主義と深く関係している。 (2)民主主義とは「一対一」だ 彼は「私は人間というものは全部平等だと思う」と説く。 三島「…人間が一対一で決闘する場合には、えらい人も、一市民もない。そこに民主主義の原理があるのだと私は考える」 ここで言う平等とは貧富の格差がないことではなく、意見を持つ者としての貴賎(きせん)はないということだ。しかし、それ [全文を読む]

あなそれ 他の不倫ドラマとの違いは行動への後悔のなさ

NEWSポストセブン / 2017年06月14日07時00分

エロや愛欲も感じられず、思い出作りのような不倫関係。伝統的に「よろめきドラマ」ともいわれる(由来は三島由紀夫の『美徳のよろめき』から発したとされる)不倫のドラマは、事に至るまで、またはその後の葛藤や後悔が軸になってきた。 どっぷりベッドシーンが話題になった鈴木京香の『セカンドバージン』然り、全編涙目の上戸彩の『昼顔』然り。ところが美都は、中学時代の同級生有 [全文を読む]

ポルノ以上に禁断の領域? 男が絶対に認めたくない欲望を直視した異色作

文春オンライン / 2017年05月25日17時00分

離婚しているが、38歳の主婦との間に肉体関係がある。かつて彼が書いた手記を読んで突然、訪ねてきた奈緒の母親探しを手伝ううちに、29歳の奈緒にひかれていく。 家族のもとを去った母親に執着しながら、セックスが苦手で普通の恋愛関係を拒む奈緒。若い彼女の言動は理解できないが、そのぶん珍しくもあり、自分の母親との間に不全感を抱えていた塩原は、幼児のように絵本の読み聞 [全文を読む]

CD「黛敏郎個展-涅槃交響曲へ至る道-」(3SCD0031)4月20日発売!

DreamNews / 2017年04月03日11時30分

今回は上演にあたり、当時の関係者へのリスニングも経た。それによるとなんと、この曲の第2楽章には、その頃学内で初演されたばかりの、矢代秋雄のピアノ協奏曲の第2楽章の引用も入っているという。黛の洒脱とテクニック、池内友次郎が「本物の音楽家」だと形容した天賦の才能が聴き取れる。編成:フルート,オーボエ,クラリネット,ファゴット,ホルン,トランペット,トロンボーン [全文を読む]

三島由紀夫作品を盗作騒ぎの韓国女流作家、日本でも発刊の代表作も盗作か=韓国ネット「がっかり」「小説家になるのって簡単なんだね」

Record China / 2016年09月20日18時50分

韓国の法曹界関係者によると、今年6月、エッセイストのオ・ギルスン氏が『母をお願い』は自身の随筆を盗作したものだとし、申氏と出版社「創批」を相手取り各1億ウォン(約910万円)の損害賠償と同作品の出版差し止めを求める訴訟を起こした。1回目の裁判は今月8日、ソウル中央地裁で開かれている。 オ氏は08年に出版された『母をお願い』について、01年出版の自身のエッ [全文を読む]

黛敏郎個展 ―涅槃交響曲へ至る道― 今こそ再評価されるべき天才の仕事を聴く

DreamNews / 2016年05月26日09時00分

今回は上演にあたり、当時の関係者へのリスニングも経た。それによるとなんと、この曲の第2楽章には、その頃学内で初演されたばかりの、矢代秋雄のピアノ協奏曲の第2楽章の引用も入っているという。黛の洒脱とテクニック、池内友次郎が「本物の音楽家」だと形容した天賦の才能が聴き取れる。編成:フルート,オーボエ,クラリネット,ファゴット,ホルン,トランペット,トロンボーン [全文を読む]

愛国心ということ

クオリティ埼玉 / 2015年07月05日00時32分

仙台のキリスト教系の高校出身だが、新興宗教のほうに興味があり、宗教団体の生長の家とも関係があると話していた。 その後、何回か学内で見かけたが、やがて姿を見ることはなくなった。当時から本格的に右翼活動に加わっていたとは知る由もなかった。だから卒業後20年ほどして新右翼の理論家としてマスコミに登場した時は驚いた。 浦和の講演会は、目下の最大テーマ、集団的自衛権 [全文を読む]

少年と人妻の不倫…名作『肉体の悪魔』の作者を愛した男たち【芥川奈於の「いまさら文学」】

しらべぇ / 2015年05月09日12時00分

■憧れとエロスだけで終わらぬ魅力 ©iStock.com/Artem_Furman まず、当時のラディゲは、「僕」とマルトとの関係に似た同じような恋愛経験をしているといわれていること。そこには、“スキャンダラス”な一面が存する。 そして、まだ思春期である少年が親や多くの大人に反抗する姿、「妊娠」という現実を突きつけられた時の心情、何より愛する人妻とのやり [全文を読む]

“女子の刀剣萌え“に騙されるな! 日本刀ブームとネトウヨの根っこは同じだ

リテラ / 2015年05月02日00時09分

世の"右傾化"というヤツと関係しているのだろうか。 たしかに、日本刀は右翼思想との結びつきが非常に強い。たとえば戦中、靖国神社では、靖国刀と呼ばれる軍刀が造られ、陸軍将校らに供給されていた。これは日本刀の復活を唱えた陸軍の希望によるものだったと言われている。 戦後も、三島由紀夫が陸上自衛隊東部方面総監部に乗り込みクーデターを狙った事件の際、愛蔵の日本刀を身 [全文を読む]

三島由紀夫が指摘した美輪明宏の“5%の短所”

WEB女性自身 / 2015年03月21日19時00分

私たちのことを“恋愛関係”と書き立てるメディアも多くありましたが、とんでもない話です。昔ある雑誌で文壇の方々と対談する連載をやっていました。その対談に三島さんにも出ていただきました。そのときこんなことを言われました。「君には95%の長所がある。才能もあるし美貌もある。だけど、5%の短所がある。その5%の短所は、95%の長所をいっぺんで吹っ飛ばしてしまうく [全文を読む]

井上荒野の新作 不倫は嫌いな人も絶対しないとは言い切れぬ

NEWSポストセブン / 2015年02月08日16時00分

しかし、家の裏にある森の再開発を行う不動産業者として現れた中学の同級生と肉体関係をもってしまう。男は、沙知が家族と過ごす週末にも連絡してくるように…。著者は、「10人いたら10人が全員違う感想を抱く小説を書きたいと思って、この作品も書きました」と語る。 「悪い関係、救いのない恋愛を書きたかった。三島由紀夫に『美徳のよろめき』という作品がありますけど、私は、 [全文を読む]

フォーカス