三島由紀夫 市ヶ谷駐屯地に関するニュース

佐藤剛による新刊『美輪明宏と「ヨイトマケの唄」 天才たちはいかにして出会ったのか』発売記念トークライヴ開催決定

okmusic UP's / 2017年06月14日18時30分

■書籍『美輪明宏と「ヨイトマケの唄」 天才たちはいかにして出会ったのか』著者:佐藤剛 刊行:文藝春秋 424頁 定価:¥2,200+税 ジャンル:ノンフィクション ISBN-10: 4163906649/ISBN-13: 978-4163906645 <目次> ■第1章:異端にして革命児 「シスターボーイ」と呼ばれて/“天上界の美”と語った三島由紀夫/特異 [全文を読む]

8/17放送のTBS「ゴロウデラックス」で大特集!『告白 三島由紀夫未公開インタビュー』本日(8月8日)刊行

PR TIMES / 2017年08月08日09時00分

[画像: https://prtimes.jp/i/1719/1415/resize/d1719-1415-589159-0.jpg ] 株式会社講談社(文京区音羽)は本日、単行本『告白 三島由紀夫未公開インタビュー』を刊行いたします。 本書に収められているインタビュー音源は、TBS局内で「放送禁止扱い」とされていた一群の音源の中から発見されたものです。「 [全文を読む]

アサヒ芸能「スクープ大事件史」Vol.7(2)“文豪”三島由紀夫がぞっこん惚れた男

アサ芸プラス / 2016年12月31日09時51分

この70年、国内外に衝撃を与えたのが三島由紀夫の割腹での自死だった。 11月25日の午前11時前、みずから主宰する「楯の会」の若者4人とともに会の制服を着用して自衛隊市ヶ谷駐屯地に乗り込み、益田兼利総監を人質とすると、バルコニー前に自衛隊員約1000人を集合させて檄文をまく一方、憲法を改正し、自衛隊を国軍とするためのクーデターを呼びかけたのだ。三島はバルコ [全文を読む]

岸朝子、三島由紀夫、永井荷風 美食家の最後の晩餐

NEWSポストセブン / 2016年05月10日07時00分

■鳴門千鳥本舗 http://www.narutochidori.co.jp 【小説家・三島由紀夫 『末げん』のとり鍋】 昭和を代表する小説家・三島由紀夫。政治活動家でもあり、晩年は民兵組織『楯の会』を結成。自衛隊市ヶ谷駐屯地で、割腹自殺を遂げた(享年45)。 壮絶な死を遂げた彼が選んだ最後の晩餐は、隊員と囲むとり鍋だった。「時折静かに目を閉じ、何かを思 [全文を読む]

三島由紀夫を介錯した関の孫六 衝撃で真中からS字に曲がる

NEWSポストセブン / 2016年04月20日16時00分

遺作『豊穣の海』を書き上げた1970年(昭和45年)11月25日、作家・三島由紀夫は自ら結成した「楯の会」のメンバー4人と陸上自衛隊市ヶ谷駐屯地に乗り込んだ。憲法9条2項がある限り、自衛隊は「違憲の存在」でしかないと見ていた三島は、愛刀を手にしながら自衛官約1000人の前で憲法改正のため決起を促す演説を行った。約20分の演説後、総監室に戻った三島は割腹自 [全文を読む]

ケンカの中身は「文学的」じゃない?仲が超悪かった日本の文豪たち

しらべぇ / 2015年10月30日19時00分

(3)出版社を巻き込んで揉めた「三島由紀夫」と「松本清張」画像出典:Amazon『金閣寺』『仮面の告白』などの作品で知られる三島由紀夫は、恵まれた家庭で生まれ育ち、16歳の若さで作家デビュー。早熟の天才として瞬く間に文壇のスターとなった。一方の松本清張は貧乏家庭で育ち、印刷所勤務や徴兵、新聞社勤務やアルバイトを経て40歳でようやくデビューし、『点と線』など [全文を読む]

三島由紀夫の「最後の晩餐」は鳥鍋 女将は「またいらして」

NEWSポストセブン / 2014年10月14日07時00分

三島由紀夫の「最後の晩餐」は、明治42年に創業した鳥鍋料理の老舗『末げん』だった。三島は連載していた『豊饒の海』の最終回を書き上げた後、自衛隊市ヶ谷駐屯地で割腹し、自決する。 「学生の頃から家族でよくいらしてました。自決前夜の宴は『楯の会』メンバーと5人。私の祖父の時代でした。張り詰めた雰囲気だったと聞いています」(店主・丸哲夫さん)。 三島の食べた看板メ [全文を読む]

三島由紀夫「憲法改正草案」 43年の封印解き全文公開の理由

NEWSポストセブン / 2013年08月05日07時00分

作家・三島由紀夫は1970年11月25日、自衛隊の市ヶ谷駐屯地で自決する直前、このような檄文を発した。 「今こそわれわれは生命尊重以上の価値の所在を諸君の目に見せてやる。それは自由でも民主主義でもない。日本だ。われわれの愛する歴史と伝統の国、日本だ。これを骨抜きにしてしまった憲法に体をぶつけて死ぬ奴はいないのか。もしいれば、今からでも共に起ち、共に死のう」 [全文を読む]

アサヒ芸能「スクープ大事件史」Vol.7(1)“革命”を夢見た過激派の跳梁

アサ芸プラス / 2016年12月30日17時53分

その意味でいえば、70年11月に起きた作家・三島由紀夫の自衛隊市ヶ谷駐屯地自決事件も右寄りの“革命”をめざすものであったといえるかもしれない。それにしても、「よど号」をハイジャックした赤軍派のメンバーが北朝鮮に渡ったというのは、いまを生きる人間にはまったく理解できないのではないだろうか。亡命先として、どうしてあんなオンボロ独裁国家を選んだのか??? と。 [全文を読む]

【11月25日】割腹自殺の三島由紀夫には英霊の魂が乗り移っていた!? 死後46年、今明かされる幻の「皇居突入計画」

tocana / 2016年11月23日13時00分

■日本刀を持ち自衛隊駐屯地に乱入 天才作家・三島由紀夫が壮絶な割腹自殺を遂げてから、すでに46年が経とうとしている。1970年(昭和45年)11月25日、三島は自ら結成した民間防衛組織「楯の会」メンバー4人と共に、自衛隊市ヶ谷駐屯地に乱入。人質を取って立てこもった。三島は、憲法改正のために自衛隊員の決起(クーデター)を呼びかけたが、失敗。その後、彼は「天皇 [全文を読む]

切腹した人間の腹はどうなっているのか? タイのハラキリ動画が話題に

tocana / 2016年10月29日18時00分

やはり有名なのは、昭和を代表する文豪・三島由紀夫だろう。1970年に陸上自衛隊市ヶ谷駐屯地を訪れた三島は、東部方面総監を監禁し、バルコニーでクーデターを促す演説をした後、割腹自殺を遂げた。 また、明治天皇崩御に殉じて自決した“乃木大将”こと乃木希典も自刃によって亡くなっている。乃木は、軍刀で十文字に割腹したあと、軍刀の柄を膝の間に立て、剣先が頸部を貫くよう [全文を読む]

週刊アサヒ芸能「創刊60年の騒然男女」政治・事件スクープの表裏!<思想対立激化「ニッポン10年間」の真実>

アサ芸プラス / 2016年10月27日05時55分

11月に起きた作家・三島由紀夫氏の自決だ。陸上自衛隊市ヶ谷駐屯地に乗り込み、隊員にクーデターを呼びかけたのちに、割腹自殺を遂げる。 年末の特大号12月24日号で「三島事件以後右翼陣営はなにをやる!?」と題した大特集を掲載。右翼の大物、児玉誉士夫氏にインタビューして、これからの民族運動について語ってもらった。「一部の運動者のみの行動では民族全体の運動には発展 [全文を読む]

警察 「前科」がある自衛隊部隊のクーデターを現在も警戒中

NEWSポストセブン / 2015年03月25日07時00分

「憲法改正のための自衛隊決起を訴え、陸自総監を監禁し市ヶ谷駐屯地で自決した三島由紀夫の事件では、多数の自衛隊員の協力者がいたと言われています。基本的に自衛隊内部の調査は左翼思想や新興宗教に関係する隊員が対象ですが、警察から持ち込まれた資料を基に、右翼思想を持つ隊員が調査対象になることもある」(防衛省関係者) 30代半ばの2等陸曹は、自衛隊員が置かれた現状 [全文を読む]

フォーカス