中島みゆき 吉田拓郎に関するニュース

少年の夢は、永遠か。仮面ライダーウィザード。

インフォシーク / 2012年12月18日17時30分

中島みゆきが作詞作曲し、吉田拓郎が歌う「永遠の嘘をついてくれ」。あくまで聞いた話として書く。中島みゆきは自身のデビュー前から、吉田拓郎の大ファンであった。その吉田拓郎は90年代、自分のファンであった中島みゆきに作詞作曲を依頼する。それは音楽に対して弱気になってしまった、という見方もできた。若者のシンボルであった頃に比べて、歌が売れなくなっていた時期だったか [全文を読む]

1000人アンケート「夢の紅白歌合戦」中森明菜が完全復活!

アサ芸プラス / 2012年11月13日11時00分

「5組目は紅組が中島みゆきの『時代』で、白組が吉田拓郎の『旅の宿』というシンガーソングライターの草分け対決です。中島みゆきは吉田拓郎に『永遠の嘘をついてくれ』という曲の提供もしている間柄でもありますからね」 続く6組目は、数年前まで視聴者を魅了していた豪華衣装対決が復活する!? 総合 前事務所社長との確執、レコード会社との契約解除、インディーズでのCD発 [全文を読む]

SMAPのあの名曲は◯◯がもとだった!? ヒット曲の意外な真相ベスト10!秘話満載のカラオケ必携品

ダ・ヴィンチニュース / 2016年09月24日15時00分

誰もが知っているヒットソングには、誰も知らない謎と秘密があったのです!ユーミン、陽水、拓郎、中島みゆき、サザン、オフコース、山口百恵、松田聖子、チューリップ、キャンディーズ、ピンク・レディー、…。カラオケの持ち歌がもっと好きになり、挑戦したくなる歌がきっとあるはず! かつて文化放送の人気深夜ラジオ番組「セイ!ヤング」のパーソナリティーのひとりだった橋本テツ [全文を読む]

chayの2ndアルバムは、恋をしたくなるスパイスがたっぷり

okmusic UP's / 2017年05月24日17時00分

こちらには、シングル曲「それでしあわせ」「好きで好きで好きすぎて」をはじめ、chayがデビュー当時から大切に歌ってきたCD音源化されていない名曲「Together」、ライヴで定番となっているCyndi Lauper「True Colors」、ウルフルズ「笑えれば」、中島みゆき「糸」の豪華カバーも収録。ギター1本でしっとりと歌う、chayの魅力を詰め込んだ内 [全文を読む]

爆笑問題、日本の名曲に隠された“仏教の心”に興奮!

Smartザテレビジョン / 2016年08月15日10時00分

坂本九、南こうせつ、森山良子、中島みゆき、ゴダイゴ、美空ひばり、植木等、キャンディーズ、SMAP、山口百恵、吉田拓郎など、日本の歌謡史を鮮やかに彩ってきたスターの大ヒット曲が続々と登場。宗派を超えたお坊さんたちの解釈と共に、各アーティストの懐かしい歌唱VTRを一挙放送していく。 そして…今回は大人気音楽番組「夜のヒットスタジオ」(フジテレビ系)で、約20 [全文を読む]

<更地ベスト~SAKURA~>大森カンパニーの舞台で体感「劇場が波打つ笑い」

メディアゴン / 2016年03月31日07時20分

ユーミン、中島みゆき、吉田拓郎、井上陽水、浜田省吾、五輪真弓、忌野清志郎、泉谷しげる、チューリップ、六文銭、矢沢永吉、宇崎竜童、甲斐バンド、長谷川きよし、雪村いづみ、ヨネヤマ・ママコ、淡谷のり子、美輪明宏、浅川マキ、坂本龍一、矢野顕子・・・。渋谷ジァン・ジァンはなくなってしまったが、このジァン・ジァンのような劇場でやらせてみたいと思うのが東京ヴォードヴィル [全文を読む]

日本の影響力は中国のいたるところに見られる!若い世代にとってはマルクス主義や社会主義よりも日本の影響力の方が大きい―中国ネット

Record China / 2016年03月10日20時50分

日本は中国のお手本」 「テレサ・テンの日本語の名曲は、彼女の代表作の中の代表作」 「中島みゆき1人で中華ポップス界の半分を養っている。吉田拓郎1人で中国のすべての作詞作曲家に勝る。石川さゆり1人で中国のすべての歌手を恥じ入らせることができる」 「上海万博のテーマソングも日本の曲のパクリだったしな」 「日本の文化が中国に与えた影響って主にアニメだろ」 「どう [全文を読む]

土方隆行&渡嘉敷祐一の名コンビがプロデビュー40周年を記念したスペシャル・ライブを開催

okmusic UP's / 2015年12月24日19時00分

そのかたわらセッション・ドラマーとしては久保田早紀/異邦人、アンルイス/恋のブギウギトレイン等々、大ヒット曲に参加し、それ以外にも、井上陽水、渡辺貞夫、MALTA、山下達郎、山口百恵、中島みゆき、松田聖子、the brilliant green、ケイコ・リー、コブクロ、JUJUなど、ジャズ〜ロック〜ポップスとジャンルの垣根を超え実力派アーティストから絶大な [全文を読む]

有名男女が巻き起こした“盗作騒動”「安倍なつみも騒動に…音楽業界はこの手の話が多い」

アサ芸プラス / 2015年09月13日17時57分

「1~2曲ではなく、自分で作詞したという数十曲に対して盗用が指摘されており、ネタ元も椎名林檎やCocco、中島みゆきなど比較的わかりやすく露骨なものが多かった。そういえば、浜崎と同じエイベックス所属の倖田來未や大塚愛にも同様の疑惑が頻繁にささやかれていましたね」 ただし、音楽界での盗作疑惑はウヤムヤに終わっているのが実情だ。どれだけ似ていたとしてもシラを切 [全文を読む]

徳永英明、自身初となるアコースティックスペシャルライブ2DAYS開催決定

okmusic UP's / 2014年12月14日15時00分

■アルバム『VOCALIST 6』2015年1月21日(水)発売 【初回盤A】(CD+DVD) UMCK-9714/¥4,536 (税込) 【初回盤B】(CDボーナストラック付) UMCK-9715/¥3,456 (税込) 通常盤(CD) UMCK-1505/¥3,240 (税込) <収録曲> ■CD 01. さよならの向う側 作詞:阿木燿子 作曲:宇崎竜 [全文を読む]

德永英明、カヴァーアルバムの金字塔 最新作詳細発表

dwango.jp news / 2014年11月05日20時05分

【『VOCALIST 6』全収録曲】1. さよならの向う側(1980) / 山口百恵(作詞:阿木燿子作曲:宇崎竜童)2. WOMAN “Wの悲劇”より(1984) / 薬師丸ひろ子(作詞:松本隆作曲:呉田軽穂)3. サンキュ.(1995) / DREAMS COME TRUE (作詩:吉田美和作曲:吉田美和/中村正人)4. 寒い夜だから…(1993) / [全文を読む]

嵐の櫻井翔もランクイン! 「先生・上司にしたい音楽アーティスト」ベスト20を発表!

ダ・ヴィンチニュース / 2014年08月19日11時50分

1位:福山雅治 2位:武田鉄矢 3位:桑田佳祐(サザンオールスターズ) 4位:小田和正 5位:坂本龍一 6位:稲葉浩志(B’z) 7位:長渕剛 8位:さだまさし 9位:矢沢永吉 10位:櫻井翔(嵐) 11位:加山雄三 12位:井上陽水 12位:中島みゆき 14位:谷村新司 15位:桜井和寿(Mr.Children) 16位:氷室京介 17位:aiko 1 [全文を読む]

「この人から教わりたい!」と思う、先生・上司にしたい音楽アーティストTOP20

Woman Insight / 2014年08月18日16時03分

休み明けの勉強や仕事が待っているかと思うと気が重いですが、こんな先生・上司だったら頑張れそう? 旬のアーティスト情報を取り扱う音楽情報誌『CD&DLでーた』で、10~60代の男女を対象とした、「先生・上司にしたい音楽アーティスト」ランキングが発表されました! 「先生・上司にしたい音楽アーティスト」 総合ランキングTOP20 [有効回答者数/n=1858人] [全文を読む]

【先生・上司にしたい音楽アーティスト】発表。「この人から学びたい!」と思う音楽アーティストは?

PR TIMES / 2014年08月18日11時04分

(調査期間:2014年7月14日~7月15日)●「先生・上司にしたい音楽アーティスト」 総合ランキングTOP20設問:あなたの「先生・上司にしたい音楽アーティスト」と、その理由を教えてください有効回答者数 n=1858人順位:アーティスト名1位:福山雅治2位:武田鉄矢3位:桑田佳祐(サザンオールスターズ)4位:小田和正5位:坂本龍一6位:稲葉浩志(B'z) [全文を読む]

日比谷野外音楽堂90周年を記念して開催される夢のイベントをWOWOWで放送。音楽シーンを代表するプロデューサー、小林武史・亀田誠治を中心に、豪華アーティストが集結した一夜限りの“音楽絵巻”。

PR TIMES / 2013年06月26日14時38分

さらに、Salyuの透明感あふれる歌声が印象的な荒井由実の「ひこうき雲」や、一青 窈がドラマティックに歌い上げた中島みゆきの「わかれうた」。豊かな情感を湛えた森山直太朗によるチューリップの「青春の影」に、宮田和弥が万感の思いを込めたRCサクセションの「スローバラード」など、楽曲の色あせることのない魅力がみずみずしく届けられたのも素晴らしい。 このほかにも [全文を読む]

キノコホテルのkeme、“私の青春のひとつが音になった”と語る2ndソロアルバムを7月に発売

okmusic UP's / 2013年06月19日19時00分

また、アートディレクションにもこだわりが随所に表れており、フラワープリントのキャップにギターストラップ、トロイ・ブロス製の赤いベストを身につけた本人を、吉田拓郎、かぐや姫、中島みゆき、井上陽水を手がけた名カメラマン田村仁の息子の田村ヒロが撮影している。ジャケットはLP時代の名物であるオビをそのままにプリントした紙スリーブ仕様。 7月14日には、矢沢洋子& [全文を読む]

フォーカス