代表曲 吉田拓郎に関するニュース

小田和正を筆頭に豪華アーティスト陣が贈る至極の音楽番組「クリスマスの約束2013」放送決定!

okmusic UP's / 2013年12月05日08時00分

【その他の画像】小田和正13年目を迎えた今年の「クリスマスの約束2013」は、小田和正が豪華ゲストアーティストを迎え入れながら小田の楽曲を含む、ゲストの代表曲など全17曲を歌い上げた。舞台となった舞浜アンフィシアターは、高度の芸術的エンターテインメントで世界的に名高いシルク・ドュ・ソレイユが公演で使用していた劇場。ステージと客席の距離が近い上、小田が作り [全文を読む]

堂本剛「出会えて本当によかった」吉田拓郎への熱い思い

ザテレビジョン / 2017年07月21日20時50分

97年の夏にリリースされたデビュー曲「硝子の少年」は、作詞を松本隆、作曲を山下達郎が手掛け、彼らの代表曲の1つになった。この20年間、常にクオリティーの高い楽曲を生み出してきた彼らが、その音楽性をさらに育むことになったのが「LOVE LOVE あいしてる」(フジ系)であることは間違いない。この番組もデビュー記念日の7/21に、16年ぶりに復活。堂本剛も収録 [全文を読む]

森口博子が「可愛すぎる」と大評判! ピース又吉とのデート企画に視聴者メロメロ

メンズサイゾー / 2017年01月19日17時10分

しかし又吉はカラオケが苦手なようで、まずは森口が自身の代表曲で映画『機動戦士ガンダムF91』の主題歌『ETERNAL WIND~ほほえみは光る風の中~』を熱唱。憧れの女性が目の前で歌っている姿を見て、又吉は終始ニヤニヤするのだった。 その後、又吉は吉田拓郎(70)が1972年に発表した『リンゴ』を歌ったが、アップテンポな曲ではなかったため、あまり盛り上がら [全文を読む]

ボブ・ディラン、“反骨の詩人”の「破天荒伝説」

日刊大衆 / 2016年11月01日11時30分

代表曲もアレンジを変えているので、ちょっと聴いただけでは分からないほどです」(前出の編集者) ノーベル賞受賞決定後、沈黙を続けているが、過去にはグラミー賞やピュリッツアー賞を受け取っている。「賞をもらうのは嫌いじゃないので、沈黙はディラン流の演出かも。ああ見えて食えないジイサンですからね(笑)」(前出の富澤氏) 代表曲『ライク・ア・ローリングストーン』のよ [全文を読む]

井上陽水、代表曲の数々やカヴァーを披露し、トークも冴えたNHKホール公演

okmusic UP's / 2016年03月23日11時00分

photo by 有賀幹夫■【セットリスト】1 ミスコンテスト 2 カナリア 3 Make-up Shadow 4 映画に行こう 5 断絶 6 リフレインが叫んでる 7 リンゴ 8 女神 9 瞬き 10 夢であいましょう 11 ジェラシー 12 とまどうペリカン 13 嘘つきダイヤモンド 14 バレリーナ 15 最後のニュース 16 氷の世界 17 勝者 [全文を読む]

井上陽水、人気のカバーアルバム第2弾『UNITED COVER 2』が遂に発売!

okmusic UP's / 2015年07月29日16時00分

【その他の画像】井上陽水第2弾となる今作も、自身の代表曲「氷の世界」のセルフカバーや、井上陽水がデビュー当時から人気を二分していた吉田拓郎の「リンゴ」を初カヴァーするなど話題性十分! どちらも世界的サルサバンド、オルケスタ・デ・ラ・ルスのとの競演となっている。 「シルエット・ロマンス」(大橋純子/1981年)、「リフレインが叫んでる」(松任谷由実/1988 [全文を読む]

井上陽水、アルバム「UNITED COVER 2」7月29日(水)発売 !

PR TIMES / 2015年07月28日18時44分

第2弾となる今作も自身の代表曲「氷の世界」のセルフカヴァーや、井上陽水がデビュー当時から人気を二分していた吉田拓郎の楽曲を初カヴァー(楽曲「リンゴ」)の両曲が世界的サルサバンド、オルケスタ・デ・ラ・ルスのとの競演により収録されています。 その他、「シルエット・ロマンス (大橋純子 1981年)」、「リフレインが叫んでる (松任谷由実 1988年)」、「有 [全文を読む]

井上陽水、ポリドール(現・ユニバーサルミュージック)に40年ぶりに復帰

okmusic UP's / 2015年06月18日20時00分

中でも注目は自身の代表曲「氷の世界」のセルフカヴァーや、井上陽水がデビュー当時から、人気を二分していた吉田拓郎の楽曲を初カヴァー(楽曲「リンゴ」)。両曲とも世界的サルサバンド、オルケスタ・デ・ラ・ルスのとの競演により、原曲とはまた違った魅力を持った楽曲となっている。 その他、「シルエット・ロマンス」 (大橋純子 1981年)、「リフレインが叫んでる」 (松 [全文を読む]

1000人アンケート「夢の紅白歌合戦」中森明菜が完全復活!

アサ芸プラス / 2012年11月13日11時00分

第60回ではマイケル・ジャクソンの代表曲をSMAPが踊って会場を沸かせたが、今回は、6月15日に姉・伊藤エミが永眠したザ・ピーナッツ、5月30日に死去した尾崎紀世彦の歌う姿を映し出し、後半戦へ──。 【関連記事】 1000人アンケート「夢の紅白歌合戦」大トリは山口百恵 1000人アンケート、見たくない紅白出場歌手ランキング 吉永小百合 封印された肉食系「愛 [全文を読む]

chayの2ndアルバムは、恋をしたくなるスパイスがたっぷり

okmusic UP's / 2017年05月24日17時00分

「あなたに恋をしてみました」は50万ダウンロードを記録したchayの代表曲で、多くの方に結婚式で使われる人気曲でもある。原曲は明るくポップなアレンジだが、今回は結婚式にぴったりなバラードに仕上げ、“たくさんの方がこの曲で幸せになってほしい”というchayの願いが込められている。この「あなたに恋をしてみました(Wedding ver.)」は先行配信とストリー [全文を読む]

加川良追悼! 教育勅語復活のいまこそ思い出せ、国のために命を捨てることのばかばかしさを歌った「教訓Ⅰ」

リテラ / 2017年04月08日19時30分

そんな彼の一番の代表曲は、なんといっても、1971年に発表された「教訓I」だろう。この曲は〈青くなってしりごみなさい にげなさい かくれなさい〉というサビのフレーズを繰り返しながら、「国のために命をすてる」という美学のくだらなさをこう暴いていく。〈命はひとつ 人生は1回だから命をすてないようにネ あわてると ついフラフラと御国のためなのと言われるとネ〉〈 [全文を読む]

「ムッシュかまやつ 追悼特別番組」のお知らせ

PR TIMES / 2017年03月03日16時37分

60年代にはグループサウンズの礎を築いたザ・スパイダースのメンバーとして多くの代表曲を作曲し、70年代にはソロとして「我が良き友よ」、吉田拓郎とのデュオで「シンシア」などのヒットソングを生み出します。音楽活動を続けるかたわら、TVドラマ「時間ですよ」等へ俳優として出演、また司会者としても活躍。その後も、様々なジャンルのアーティストとの交流やユニット活動を [全文を読む]

阿部寛と天海祐希らが『恋妻家宮本』で名曲を大合唱!?

Movie Walker / 2016年11月03日05時00分

本作の劇中歌が、原作でも登場する吉田拓郎の代表曲「今日までそして明日から」に決定した。 1971年に発売された本楽曲は、現在まで数多くのアーティストにカバーされている名曲。「明日からもこうして生きて行くだろう」と元気づけられる歌詞、力強く前向きなメロディは、熟年離婚の危機に面した中年教師の宮本陽平が人生に悩み、葛藤しながらも周りの人々とかかわるなかで家族の [全文を読む]

長渕剛に激似アーティストとしてマニアが絶賛、Takuya Nagabuchiにハマる魅力とは?

週プレNEWS / 2016年01月08日18時00分

■長渕の代表曲から激レア未発表曲まで披露 この日の動員数は100名限定でチケットは完売状態。会場周辺には、どこからともなく現れた筋肉マッチョな肉体&独特なソリコミを入れたイカつい長渕ファンと思しき人々らがゾクゾク…。恐る恐る会場入りすると、開幕10分前から長渕のライブ同様“ツヨシ! ツヨシ!”と剛コールで会場が揺れる。 そこに「こんばんわ~」と現れたのは [全文を読む]

美輪明宏が「SONGS」に登場!

Smartザテレビジョン / 2015年08月26日15時12分

美輪が披露するのは、代表曲「ヨイトマケの唄」、菊池章子のヒット曲「星の流れに」のカバー、そして美輪のオリジナル「愛の贈り物」の3曲。 さらに、ことし7月、故郷である長崎で行われた作家・瀬戸内寂聴とのトークショーの様子も紹介する。 対談は「戦後70年、これからを生きるあなたへ」をテーマに、戦争体験者である二人が、戦争と平和だけでなく、文化、宗教、人生訓と多 [全文を読む]

吉井和哉、キャリア初となるカヴァーアルバムは日本の昭和歌謡をフィーチャー

okmusic UP's / 2014年10月01日17時00分

今回の作品の発売元、日本コロムビアに所属し、昭和の歌謡界の女王と呼ばれた美空ひばりの「真赤な太陽」(1967年)、弘田美枝子の「人形の家」(1969年)など吉井和哉の幼少期だった60年代の名曲から、前川清の熱唱で一世を風靡した内山田洋とクール・ファイブ「噂の女」(1970年)、吉田拓郎作曲、森進一の代表曲「襟裳岬」(1974年)など、70年代に流行した演歌 [全文を読む]

女性300人に聞いた私のお気に入り昭和歌謡1位は「異邦人」

WEB女性自身 / 2014年07月25日19時00分

まさにバンドブームの代表曲のひとつです」。 5位は松任谷由実の『守ってあげたい』( 81年)。「ユーミンはそれまでのフォークの分野に、ファッショナブルな歌詞とサウンドを持ち込み、NMという呼称を確立した歌姫。同世代の女性の支持が高いはずです」。アンケートにも「ユーミンが大好き」「ユーミンは私の青春」という意見が、驚くほど多く寄せられた。 昭和歌謡の魅力を富 [全文を読む]

フォーカス