演技 石井杏奈に関するニュース

【速報】14歳のルーキー女優、藤野涼子や尾野真千子、佐々木蔵之介ら登壇! 映画『ソロモンの偽証』完成披露イベント

Woman Insight / 2015年02月23日22時20分

1万人の中から選び抜かれた総勢33人の新鋭たちの迫真の演技、脇を固める豪華俳優陣の熱演から目が離せないと公開前から話題騒然の映画『ソロモンの偽証』! ベストセラー作家・宮部みゆきの最高傑作とも謳われるミステリー巨編である本作を、日本アカデミー賞ほか数々の映画賞に輝く成島出監督をはじめとする『八日目の蟬』チームが再結集し、完全映画化! 映画に先駆け、2月23 [全文を読む]

落語家・柳家喬太郎が「娘を持つ父親」としてハッとしたこと

まぐまぐニュース! / 2017年02月16日11時00分

公開に先立って公式上映された東京国際映画祭では、その圧倒的な演技力で海外の映画人から「あれは誰か?」との問い合わせが殺到したという。落語界で様々な愛嬌あるキャラを演じてきた柳家喬太郎さんは、映画『スプリング、ハズ、カム』の中でどんな役作りをしたのか、本人を直撃取材してきました。 なぜ、映画という異分野で「主演」に挑んだのか? ──映画初主演、おめでとうござ [全文を読む]

イタリアのコメディ映画『神様の思し召し』“障害者のフリ”シーンに見る日本の萎縮性

ソーシャルトレンドニュース / 2015年10月29日10時30分

彼の卓越した演技で、いったんはピンチを乗り越えるという、基本的には笑いのシーンだ。また、物語の構造的にも重要なシーンでもある。主人公は、職業で差別する価値観を持った医師。娘の夫のことも職業で差別していたが、徐々に認めていくようになる。そのキッカケともなるのが、この義理の息子の演技シーンである。職業差別が解消されていくキッカケが、このような差別ともとられかね [全文を読む]

実話ベースの映画『地雷と少年兵』が教えてくれる「くくる」ことで見えなくなるもの

ソーシャルトレンドニュース / 2015年10月24日16時09分

■少年キャストは全員が演技未経験内容面にばかり話が及んでしまったが、出演者たちの演技も素晴らしい。特に、少年たちは全員が、演技未経験だったという。マーチンは「クリスマス映画に出ているような俳優は嫌だった」と笑って語った。内容は違うが、極限状態での少年たちの緊張感を描く点では、少年たちが無人島でサバイバルを繰り広げる映画『蝿の王』にも近い雰囲気を感じた。しか [全文を読む]

E-girls・石井杏奈主演映画が“記録的大コケ”!「ほとんど誰も見ていない状態」で……

日刊サイゾー / 2015年09月22日09時00分

しかし、そうした演技上の問題を抜きにしても、EXILE一派がこれまで主演したドラマの視聴率を見れば、彼らが数字を持っていないのは明らか。石井の映画が大爆死なのも、予想できたはず」(映画ライター) これまでEXILEのメンバーが主演したドラマとしては、MAKIDAI主演の『町医者ジャンボ!!』(日本テレビ系)やAKIRA主演の『GTO』『HEAT』(ともにフ [全文を読む]

「dビデオ」新CM、デ・ニーロ×松田龍平の次は中島哲也! 話題の美少女2人が抜擢

AOLニュース / 2013年08月05日05時00分

同じく小松菜奈は「撮影期間も長かったですし、実際に(設定通りの)田舎で、その空気を感じながら演技するのが楽しかったですね。」と、充実した撮影を振り返る。完成したCMは、見た人誰もの心に強く残る、瑞々しさがあふれ出ている素晴らしい仕上がりとなっており、要チェックだ。 【参照リンク】 ・『ドコモdビデオ』公式サイト [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】佐野岳“ハートの強さ”を証明 石井杏奈をE-girls『Follow Me』でデートに誘う

TechinsightJapan / 2016年09月11日19時40分

そんな彼らが3か月間にわたる撮影の集大成という『仰げば尊し』の最終回でどのような演技を見せてくれるのか、そして寺尾聰演じる主人公・樋熊迎一はどうなるのか、最後まで目が離せない。 出典:https://twitter.com/oxgakuox (TechinsightJapan編集部 真紀和泉) [全文を読む]

E-girlsなのにダンス下手!?石井杏奈が地味系女子に

Movie Walker / 2015年08月25日11時00分

ダンス下手な演技とステージの上のパフォーマンス、両方を完璧にこなせるのは、ダンスと真摯に向き合ってきた彼女だからこそ。テレビでは絶対に見ることのできないフレッシュな姿を、じっくり堪能してほしい!【トライワークス】 [全文を読む]

【インタビュー前編】映画「ソロモンの偽証」イケメンすぎると話題の板垣瑞生さん

Woman Insight / 2015年04月14日19時00分

WI ご家族の反応はどうでしたか? 板垣 家族は僕の演技にはなにも触れず「(藤野)涼子ちゃん、演技上手だね~」って言ってました。別にいいんですけどね(苦笑い)。 WI 映画を観た一般の方からは「イケメンすぎる!」と話題になっているそうですが、それを聞いてどうですか? 板垣 僕からはなんと言ったらいいんだろう……。(戸惑いながら)はい。照れますね。学校では [全文を読む]

映画「ソロモンの偽証 後篇・裁判」が初日! 佐々木蔵之介の言葉に藤野涼子が涙!

ダ・ヴィンチニュース / 2015年04月13日21時40分

初めはなかなか(演技が)思うようにできなくて悔し涙を流してばかりだったけど、涼子が現場から帰る際にいつも満面の笑顔で挨拶をしてくれてとても救われた。涼子が現場を引っ張り、僕ら大人たちが支えられた。誇りに思う。」とコメントし、それを受けてか、藤野涼子さんも「この舞台挨拶で別れるのはとても寂しいです。でもこれからも頑張ります。」と言葉を詰まらせながら涙ながらに [全文を読む]

【インタビュー後編】映画「ソロモンの偽証」主演・藤野涼子、大人になったら“またしてみたい”ことって?

Woman Insight / 2015年03月09日20時45分

その後の演技に集中出来るようになりました。 WI 夏川さんも同じような経験があったのかもしれないですね。さて、今回時代設定が今から20年以上前と、藤野さんが生まれる前の時代で、現在とは全然違いますよね? 新鮮だったり、不思議な部分はありましたか? 藤野 不思議というよりは、大変だったのは、言葉遣いが今の時代と違う部分があって、つい“ちょー”とか“ヤバい”と [全文を読む]

『ソロモンの偽証』過酷なオーディションを激白!

Movie Walker / 2015年03月06日11時00分

周りには演技経験の多い方もいたので、撮影中はしっかりと根をはって、なんとか自分自身を支えようとしていました」(藤野)、「感謝でいっぱいでした。監督をはじめ、撮影部、照明部、録音部のみなさんなど、全ての方に助けられてあの映画ができました」(板垣)、「心にぽっかりと穴が開いたようでした。みんなと泣いたり笑ったりして、切磋琢磨しながら撮影に挑んで。毎日毎日すごい [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】ドランクドラゴン・塚地武雅、5000人の前で一発ギャグ。演技に「新境地」と自画自賛も。

TechinsightJapan / 2015年02月24日14時25分

続けて、「子供たちのまっすぐな演技の才能、その才能を丁寧に演出した成島監督の才能、それを理解できている僕の才能…」と自画自賛して観客をさらに笑わせ、「僕の新境地になった」と胸を張った。 また、同作で娘・浅井松子を演じた富田望生(14)について、「僕の娘っぽいでしょ? 憎めないキャラクターです」と紹介し、「悲しいシーンがあるんですが、涙ながらのシーンの撮影の [全文を読む]

あの『ソロモンの偽証』が映画化!1万人から選ばれた新人女優の意外な”偽証”とは……

Woman Insight / 2015年02月20日11時10分

そんな藤野さんを、成島監督は 「彼女は演技未経験で本当に何も出来なかったんですが、映画を観てもらうとわかると思いますが、映画の進行とともに彼女も成長しているんです。役や演技での成長ではなくて実際彼女が撮影の中で強くなって、それをそのまま撮っていて 半分、彼女の成長ドキュメンタリーのようなものになっています。想像以上に藤野涼子になりきってくれたと思います」 [全文を読む]

『ソロモンの偽証』の役名でデビュー、異例の“新人女優”藤野涼子が緊張の初会見で語らなかった秘め事とは?

週プレNEWS / 2014年11月13日21時00分

応募総数1万人という中から、異例ともいえる半年間かけたオーディションで選ばれた彼女は、なんとほぼ演技未経験!にもかかわらず、大抜擢されたのだ。 この日の会場には抽選で募集された“傍聴人”のほか、70を超えるマスコミ媒体が出席。邦画の、それも制作中の作品の会見にこれだけの報道陣が集まるのも異例だ。会場にいたスタッフも「映画の会見でこんなに集まることは珍しいで [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】岩田剛典、過酷すぎる撮影に「監督を恨みました」

TechinsightJapan / 2017年06月02日06時30分

岩田は「現実離れした設定でのお芝居は初めてだったので、そういう世界観に飛び込ませていただいて楽しく撮影できました」と新鮮な気持ちで演技に取り組めたことを報告した。 「撮影が本当にハードで、がんちゃんとななみさんにはこの場を借りて謝りたいなと思うぐらい」と恐縮気味に語り出した落合監督。雪が降り、極寒の中「カットをかけるまで歩いてください」と指示された岩田と桜 [全文を読む]

完璧主義!?広瀬すず、「1日4時間ヴァイオリンを練習」

Movie Walker / 2016年08月03日20時52分

「母の死をきっかけに、ピアノが弾けなくなる役なんですけど、感情を出しながら演奏するという難しさがありました」と、演技と演奏の両立に苦戦したという。 そんな2人を間近で見ていた新城監督は「すずちゃんは完璧主義なので、マッサージ師が必要になるくらい練習していました。賢人は楽しみながらやっていた印象ですね」と、それぞれの取り組み方を分析。撮影時に2人の演奏を聴い [全文を読む]

BUMP OF CHICKEN、新曲「アリア」がTBS日曜劇場『仰げば尊し』の主題歌に!

okmusic UP's / 2016年07月13日13時00分

その娘・奈津紀役に多部未華子を配し、今注目の若手俳優の真剣佑、村上虹郎、石井杏奈(E-girls)、北村匠海(DISH//)、太賀、佐野岳らを生徒役に迎え、熱い演技でぶつかり合っていく。 今作の主題歌である「アリア」は、軽やかかつ疾走感あふれるリズムの上を跳ねるように響くベル、流れるように歌うギターリフが秀逸なナンバーで、美しさと儚さの双方を内在するメロデ [全文を読む]

BUMP OF CHICKEN、「仰げば尊し」主題歌を担当

Smartザテレビジョン / 2016年07月13日04時00分

その娘・奈津紀役に多部未華子、ほか、今注目の若手俳優・真剣佑、村上虹郎、石井杏奈(E-girls)、北村匠海(DISH//)、太賀、佐野岳らを生徒役に迎え、熱い演技でぶつかり合っていく。 今作の主題歌である「アリア」は、軽やかかつ疾走感あふれるリズムの上で、跳ねるように響くベル、流れるように歌うギターリフが秀逸。また美しさとはかなさの双方が内在するメロディ [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】娘と愛犬が心の会話 永野芽郁が出演する新CMにほっこり

TechinsightJapan / 2016年04月30日16時20分

すでに視聴したフォロワーから「めっちゃくちゃ可愛かったです! 芽郁ちゃんも! 柴犬も! 笑」「ながめいさん大人」「芽郁ちゃんー! 大人っぽいうわー」などの反響があり、16歳とは思えぬ落ち着いた演技が好評を得ている。 積水ハウスのテレビCMはこれまで天海祐希、香里奈、二階堂ふみ、多部未華子、剛力彩芽、山本美月、石井杏奈などが出演してきた。永野芽郁も今回の出演 [全文を読む]

フォーカス