優香 石井杏奈に関するニュース

【速報】14歳のルーキー女優、藤野涼子や尾野真千子、佐々木蔵之介ら登壇! 映画『ソロモンの偽証』完成披露イベント

Woman Insight / 2015年02月23日22時20分

と仕事のあるフリをしていた」と駆け出しの頃の偽証を告白! 会場を沸かせていました! 続報では 撮影中のエピソードなど、さらに詳しくレポートします! (白鳥優香) 【ストーリー】 クリスマスの朝、雪の校庭に急降下した十四歳。 目撃者を名乗る匿名の告発状、新たな殺人計画、 マスコミの過剰報道、そして犠牲者がひとり、また一人。 何が嘘で、何が本当なのか? 隠され [全文を読む]

映画『ブルーハーツが聴こえる』豪華場面写真が一挙解禁

Entame Plex / 2017年02月14日12時00分

優香、内川蓮生、新井浩文が挑む、シングルマザーと思春期に差し掛かった少年の絆を描く「少年の詩」。 永瀬正敏、水原希子による究極の愛を美しく壮大なビジュアルで描いた異色ラブストーリー 「ジョウネツノバラ」。 豊川悦司、小池栄子、三浦貴大、石井杏奈による震災に翻弄された家族を描くヒューマンドラマ「1001のバイオリン」。 そして、監督には『荒川アンダー ザ [全文を読む]

【インタビュー後編】「ソロモンの偽証」イケメンすぎる板垣瑞生の好きなタイプは○○な女の子

Woman Insight / 2015年04月18日17時00分

『ソロモンの偽証 後篇・裁判』 は 4 月 11 日(土)より絶賛公開中です!(白鳥優香) 日本映画史上最強のヒューマン・ミステリー超大作、感動のフィナーレ!! 宮部みゆき原作、『八日目の蟬』成島出監督で贈るヒューマンミステリー超大作『ソロモンの偽証』、遂に「後篇・裁判」にて全ての真相が明らかとなる――。 前代未聞の生徒だけの校内裁判、遂に開廷。 被告は [全文を読む]

【インタビュー前編】映画「ソロモンの偽証」イケメンすぎると話題の板垣瑞生さん

Woman Insight / 2015年04月14日19時00分

次回のインタビュー後編では、実際にいたら好きになってしまいそうなタイプの女子生徒のお話しや撮影時のおもしろエピソードまで! 赤裸々にお話ししていただきました! 後編もお楽しみに!『ソロモンの偽証 後篇・裁判』 は 4 月 11 日(土)より公開中です!(白鳥優香) 日本映画史上最強のヒューマン・ミステリー超大作、感動のフィナーレ!! 宮部みゆき原作、『八 [全文を読む]

【インタビュー後編】映画「ソロモンの偽証」主演・藤野涼子、大人になったら“またしてみたい”ことって?

Woman Insight / 2015年03月09日20時45分

しばらくは学業に専念するとのことで、すぐに次回作が見られないのはとても残念ですが、いつか大人になった藤野さんの作品を観られる日が来るのを楽しみに待ちたいと思いました! 『ソロモンの偽証 前篇・事件』は大好評上映中! 『ソロモンの偽証 後篇・裁判』は4月11日より公開です!(白鳥優香) 【ストーリー】 クリスマスの朝、雪の校庭に急降下した十四歳。 その死は [全文を読む]

【藤野涼子インタビュー前編】映画『ソロモンの偽証』の撮影現場で、突然「お母さん!」と呼ばれて…

Woman Insight / 2015年03月07日10時00分

本当に中学生?!と思うくらいしっかりとした受け答えがとっても印象的だった藤野涼子さん! インタビュー後編では さらに映画の内容にふれていきたいと思います! 『ソロモンの偽証 前篇・事件』は、3月7日より公開、『ソロモンの偽証 後篇・裁判』は4月11日より公開です!(白鳥優香) 『ソロモンの偽証』関連記事はコチラ! ★あの『ソロモンの偽証』が映画化!1万人 [全文を読む]

【続報】ついに映画化!『ソロモンの偽証』。監督、「14歳の心情の“歪み”は○○で表現した」と明かす

Woman Insight / 2015年02月24日11時40分

そんな『ソロモンの偽証 前篇・事件』は、3月7日(土)より公開です! お楽しみに!(白鳥優香) ★舞台挨拶初回はこちら→あの『ソロモンの偽証』が映画化!1万人から選ばれた新人女優の意外な”偽証”とは…… 【ストーリー】 クリスマスの朝、雪の校庭に急降下した十四歳。 目撃者を名乗る匿名の告発状、新たな殺人計画、 マスコミの過剰報道、そして犠牲者がひとり、ま [全文を読む]

あの『ソロモンの偽証』が映画化!1万人から選ばれた新人女優の意外な”偽証”とは……

Woman Insight / 2015年02月20日11時10分

お楽しみ!(白鳥優香) 【ストーリー】 クリスマスの朝、雪の校庭に急降下した十四歳。 その死は校舎に眠っていた悪意を揺り醒ました。 目撃者を名乗る匿名の告発状、新たな殺人計画、 マスコミの過剰報道、そして犠牲者がひとり、また一人。 何が嘘で、何が本当なのか?保身しか考えない教師たちに見切りをつけ、 ひとりの女子生徒が立ち上がった。もう大人たちに任せておけな [全文を読む]

フォーカス