ゴミ 福岡市に関するニュース

最低限の対策として…「カラスよけのネット」6割超が賛成

NewsCafe / 2015年01月25日12時00分

人間とカラスとの一進一退の攻防…ゴミの散乱のみならず、鳴き声による騒音、繁殖期には威嚇や攻撃などの問題も発生する。最も手っ取り早く、よく見かける対策手段と言えば"カラスよけのネット"だが、これについては「不衛生ではないのか」「あまり効果がない」などの声も聞こえてくる。NewsCafeのアリナシコーナーには「かける網なしのゴミ出し、アリかナシか?」というテー [全文を読む]

ゴミを出すのは、朝じゃなくて“夜”!? 福岡市で、真夜中にゴミの回収をする理由って?

マイナビ進学U17 / 2016年07月13日12時01分

みなさんは毎朝学校に行く前に、家族からごみ捨てを頼まれた経験はないでしょうか? 遅刻しそうなときに頼まれるのは嫌かもしれませんが、通勤途中の会社員やエプロンをした主婦がごみ捨て場に立ち寄り、ごみを廃棄する姿は、日本ではごくありふれた当たり前の風景の一つだといえるでしょう。■カラスを避け、衛生面での効果も高い、ごみの回収方法とは?そんな日本で、朝のごみ捨てが [全文を読む]

「まちづくり」「ものづくり」企業の地域資源・経営資源を新興国インドネシアでリサイクル・再活用する「越境リサイクル」事業

DreamNews / 2017年04月25日09時00分

●日本企業・団体の「まちづくり・ものづくり」資源の事例~インドネシアの都市課題を解決する注目のリソース◇住宅都市・職住近接開発・住宅密集地の都市居住スタイル・セキュリティ住区・街区・住宅分野でのインフラづくり(スケルトンインフィル住宅)骨格と水廻りから始める ライフスタイルのアップグレード・ブロック壁やエンジニアリング・ウッド(合板など)を活用した建築工法 [全文を読む]

福岡市民には人気? 夜間のゴミ収集ってどう思う?【パパママの本音調査】 Vol.65

Woman.excite / 2017年03月06日07時00分

© beeboys - Fotolia.com福岡など一部自治体では夜にゴミ収集を行なっているって知っていましたか。これにはカラスによるゴミの荒らし被害がない、ゴミ収集車による渋滞がなくなるなどのメリットもあるそうです。その反面、人件費が割高だったりなどと言うデメリットも。あなたはゴミを出す時間帯は朝と夜どっちがいいですか。Q.ゴミの夜間収集、どう思う?1 [全文を読む]

ミニマリストが考える「親の家の片づけ」5原則

lifehacker / 2017年08月09日06時30分

ゴミ」の定義は人によって違うので、よかれと思って捨てたモノが原因で関係が険悪になり、作業がストップしてしまうということもありうるわけです。子の立場からすると「明らかなゴミ」でも、いきなり捨ててはいけないモノもあるわけで、著者はこれを親の「ホットスポット(いいかえると地雷原)」と呼んでいるそうです。ホットスポットにはモノが大量にあるので、あえて後回しにすべ [全文を読む]

元自衛官が語る 地震の際に「生存率を上げる」被災対処法

しらべぇ / 2016年04月18日05時00分

■どんなものがあれば役に立つ?「あまり知られてないんだけど、ゴミ袋が役に立つよ。なるべく頑丈ないいゴミ袋。服を濡らさないようにしたり、雨風を防ぐことができるからおすすめなんだ。防水として使うのなら、ポンチョみたいに頭の部分だけをくりぬけばいいね。でも、穴を一切開けなければ、防寒にも使える。だから大きいのがいい。体温が奪われると体力が失われるからさ。そうなる [全文を読む]

「アクティブ・ラーニングイベント」最優秀チーム決定!最優秀チームは長崎の斜面地におけるゴミ回収問題を解決する人工知能を提案

PR TIMES / 2017年08月28日12時00分

【最優秀賞(全国第一位)】「長崎の斜面地でゴミ回収を行う人工知能」長崎県長崎市 真未来塾 チーム名「阿蘭陀坂46」 窄 那明さん(小学5年生)吉田 咲良さん(中学1年生)福間 恵さん(中学3年生)【優秀賞(全国第二位)】「高齢者が自立した生活を送れるよう支援する人工知能」栃木県那須塩原市 まんてんキッズ那須塩原教室 チーム名「Iラブ那須チームGreen J [全文を読む]

山で手軽においしく食べたい おにぎりのお供をフリーズドライで

OVO [オーヴォ] / 2017年08月13日07時20分

それによると、「登山に持参する食べ物で重視する点」は、「手軽さ(簡単に食べられる)」(77%)、「栄養補給」(62%)、「ゴミが出ない」(55%)がトップ3。「山でどのような味・特徴のものが食べたくなりますか」に対しては、「栄養価が高いもの」(55%)、「塩分が多いもの」(50%)、「味が濃いもの」(48%)がトップ3。さらに「山で食べたいみそ汁の具は何で [全文を読む]

マルコメとYAMAPがコラボレーションし、山で食べたいフリーズドライ商品を発売!

PR TIMES / 2017年07月11日10時00分

また、山ごはんで重要なポイントとして「手軽なこと」「ゴミが少ないこと」「塩分が多いこと」などがあげられ、みそ汁に入れたい具としては、ねぎ・豆腐・油揚げ・なめこ・わかめ・豚肉などが人気だということが分かりました。これらの結果から、「とん汁」「なめこ汁」の2種類のフリーズドライ製品をYAMAPコラボパッケージとして発売するに至りました。両商品は、従来の販売チャ [全文を読む]

防犯カメラネット通販専門の株式会社アルコムが『防犯に対する意識調査』を実施

PR TIMES / 2016年11月30日13時49分

ゴミの不法投棄や住宅の壁への落書き、車へのいたずら等を行う犯人は、高確率で現場から離れた所を居住、行動範囲としていることが多いため、証拠などがない限り取り押さえることは極めて困難になってきます。 そういったことから、犯罪を未然に防ぐ抑止の為、万が一犯罪が起きた際に犯人を検挙するために必要な証拠を作る為にも防犯カメラの効果は非常に重要な存在となってきます。 [全文を読む]

“氷菓処 にじいろ”の「日光天然の氷 四代目徳次郎」の“かき氷”日本各地で期間限定販売

@Press / 2016年07月12日13時00分

天然氷をきれいに成長させるには、ゴミやほこり、雪を取り除くなど毎日のこまめな管理が必要な他、切り出された重い氷を氷室まで運搬するなど重労働を伴います。最近では、気温が十分に下がらなかったり、以前はあまりなかった真冬の雨や湿気を含んだ雪が増えていることにより、氷がなかなか厚くならないなど、地球温暖化による影響が深刻になっています。 [全文を読む]

夏季限定の天然氷の専門店「氷菓処 にじいろ」~「日光天然の氷 四代目徳次郎」“かき氷”日本各地で期間限定販売~

@Press / 2015年06月22日14時00分

天然氷をきれいに成長させるには、ゴミやほこり、雪を取り除くなど毎日のこまめな管理が必要である他、切り出された重い氷を氷室まで運搬するなど重労働を伴います。最近では地球温暖化の影響が深刻になっており、気温が十分に下がらなかったり、以前はあまりなかった真冬の雨や湿気を含んだ雪が増えていたりするため、氷が厚くなりにくく、造ることが難しくなっています。■販売スケジ [全文を読む]

暮らしを豊かにするデザイン家電デザイナーズクリーナー「boltz(ボルツ)」2015年4月2日 カラフルな新色3色登場

PR TIMES / 2015年04月02日12時31分

さらに2.5kgと軽量設計でありながらハイパワーの吸引力を兼ね備えており、微細なホコリや気になるゴミをしっかりキャッチすることができます。この度既存の「ブラック」「ホワイト」に加え、春を感じさせるパステルカラーの「ピンク」「ブルー」、新生活をゴージャスに彩る「ゴールド」の3色を追加し、全5色展開することで、よりお部屋の雰囲気やお客様の好みに合わせてコードレ [全文を読む]

「日光天然の氷 四代目徳次郎」の“かき氷”日本各地で期間限定販売~伝えます。日光アイスファーマー達の熱き想い!~

@Press / 2014年06月18日10時30分

天然氷をきれいに成長させるには、ゴミやほこり、雪を取り除くなど毎日のこまめな管理が必要の他、切り出された重い氷を氷室まで運搬するなど重労働を伴います。最近では気温が十分に下がらなかったり、以前はあまりなかった真冬の雨や湿気を含んだ雪が増えている事により、氷がなかなか厚くならないほど地球温暖化の影響が深刻になっています。■全国でわずか5軒となった氷室日光で大 [全文を読む]

誰がためのおかしな条例 密告、ポイ捨て、餌付け、乾杯まで

NEWSポストセブン / 2013年07月19日07時00分

「たばこだろうがゴミくずだろうが、ポイ捨てしてはいけないことぐらい誰でも分かっている。そんなものは法令で取り締まるべきではなく、マナーを守ろうという人間性の問題。喫煙自体の有無とはまったく関係ないのに、なぜたばこに限定して条例化する必要があるのでしょうか。 [全文を読む]

「エネループ」若ママ向けイベントin福岡で“くり返し使うライフスタイル”をアピール

PR TIMES / 2012年11月27日10時20分

「乾電池に比べどの位長持ちするの?」 「使えない機器はあるの?」「捨てる時は何のゴミとして出すの?」 「電池は機器の中に隠れてしまうけど、こんなデザインのものを使ってるというだけでテンション上がる」 「子どもは電池の入れ替え作業が好き。こんなかわいいならもっと喜ぶし、使い捨てないことを自然と覚えてくれそう」 など、質問や感想を積極的に投げかける若ママも多 [全文を読む]

フォーカス