堺雅人 二宮和也に関するニュース

「嵐」二宮くんはモテるけど結婚に踏み切れない?恋愛傾向を星占いでチェック【恋占ニュース】

ココロニプロロ / 2016年06月17日10時15分

過去にはCNNが発表した「まだ世界的に名前は売れていないが、演技力のある日本の俳優7人」に、堺雅人さんや寺島しのぶさんと一緒に選ばれたことも!ニノの星回りをチェック!映画『母と暮らせば』で、日本アカデミー賞最優秀主演男優賞に輝いたのも記憶に新しいところ。戦争で亡くなり、幽霊となった息子が母(吉永小百合さん)の元に現れるというこの作品で、二宮さんは彼にしかな [全文を読む]

CM好感度 上戸彩を広瀬すず、有村架純が追う!

Smartザテレビジョン / 2015年06月15日17時18分

2014年度CMタレント好感度TOP10(CM総合研究所調べ) 男性部門 1位松田翔太、2位濱田岳、3位桐谷健太、4位堺雅人、5位ダンテ・カーヴァー、6位松岡修造、7位大野智、8位櫻井翔、9位二宮和也、10位妻夫木聡 女性部門 1位上戸彩、2位樋口可南子、3位広瀬すず、4位柳原可奈子、5位杉咲花、6位石原さとみ、7位米倉涼子、8位新垣結衣、9位ローラ、1 [全文を読む]

本誌調査で判明、OL女子はタイプ別でここまで好きな芸能人が違った!

週プレNEWS / 2014年08月12日06時00分

「1位の堺雅人や3位の松山ケンイチにもいえますが、草食系でいかにも優しそうな男性と一緒になるのはピュア子の夢見るところです。もっともな結果でしょう」(菊池氏) お次は、同性についても質問。「憧れの女性芸能人」(Q3)は、ビッチが北川景子、モテ女が綾瀬はるか、ピュア子が佐々木希(のぞみ)、という答えが最も多かった。 Q3)憧れの女性芸能人は? 【ビッチ】 [全文を読む]

『半沢直樹』どハマリの嵐・大野智、原作関係者からのメールに「続編に出演希望!」

サイゾーウーマン / 2014年02月12日09時00分

昨夏に放送され、一大ブームを巻き起こした堺雅人主演ドラマ『半沢直樹』(TBS系)。香川照之演じる大和田暁常務の“土下座シーン”は、タレントがテレビ番組でモノマネを披露するなど芸能界にも大きな影響をもたらしたが、遅ればせながら同作にハマったのが、国民的アイドルグループ・嵐のメンバーだ。 1月23日放送の『ARASHI DISCOVERY』(FMヨコハマ)では [全文を読む]

空前のテレビドラマ人気 小劇場出身の舞台役者が支えている

NEWSポストセブン / 2013年08月10日16時00分

登場する役者や制作陣の「存在感」が作用している、とは言えないでしょうか? 「半沢直樹」の堺雅人。「あまちゃん」のクドカン。まさしく、余人をもって代え難い存在感を放っています。「この人でなければ、この味は出せない」。そう思わせる個性や存在感がテレビドラマの世界を奥深くし、また面白くしているのでは。 堺雅人も、クドカンも、「あまちゃん」ワールドを賑わせている松 [全文を読む]

芸能美女たちの“年下誘惑現場”を一斉調査!(1)吉田羊はあのスキャンダルで…

アサ芸プラス / 2016年04月29日09時57分

13年放送のドラマ「半沢直樹」(TBS系)で、堺雅人の部下役を務めたこともあるイケメンだが、芸能関係者がこう明かす。「中島はみずからを『マザコン』と称するほどの年上好き。一方の吉田も今年に入って放送されたトーク番組で、『8歳年下の男性とつきあったことがある』と告白していました。実は吉田は売れない頃に『半沢直樹』にチョイ役で出ていて、2人が知り合った頃、昔の [全文を読む]

嵐のメンバーで考えてみた「相性のいい上司と部下」星座の組み合わせ

WooRis / 2015年10月30日21時00分

■3:隣の星座の人『WooRis』の過去記事「堺雅人&菅野美穂も!占い師が教える“結婚相手になりやすい”星座の組み合わせ」でもご紹介していますが、“隣の星座の人”とは部下と上司の関係でも相性がいいとか。その理由は、自分が持っていないものを持っているため、興味が湧いたり、助けられたりする関係になりやすいからとのこと。引き続き同じケースで考えてみると、松本潤さ [全文を読む]

「キムタクもAKBも圏外!」“本当に人気のある”タレントランキングは大々的に報じられない……

日刊サイゾー / 2013年04月08日11時00分

一方、女性タレント部門は1位が綾瀬はるかで、以下、フィギュアスケートの浅田真央、天海祐希、ベッキー、そして、先日、俳優・堺雅人との電撃結婚を発表した菅野美穂となっているが、綾瀬と浅田は3回連続で1位を争い、天海は3回連続で3位にランクインしている。 「同調査は今回で81回目で、半年に1度行われ、知名度・人気・イメージ評価からランキング付けをするため、一般 [全文を読む]

フォーカス