堺雅人 綾瀬はるかに関するニュース

福山雅治や堀北真希は何位?「イケメン男優」「美しい女優」ランキング発表

Woman Insight / 2015年10月02日20時00分

まずは、「この人が出演するドラマを見たい」と思う男性芸能人から発表します! ■「この人が出演するドラマを見たい」と思う男性芸能人[自由回答形式]※全体の上位10位までを抜粋(スカパー!調べ) 1位 堺雅人 50人 1位 木村拓哉 50人 3位 福山雅治 32人 4位 阿部寛 27人 5位 福士蒼汰 24人 6位 水谷豊 20人 7位 小栗旬 17人 8位 [全文を読む]

本誌調査で判明、OL女子はタイプ別でここまで好きな芸能人が違った!

週プレNEWS / 2014年08月12日06時00分

「1位の堺雅人や3位の松山ケンイチにもいえますが、草食系でいかにも優しそうな男性と一緒になるのはピュア子の夢見るところです。もっともな結果でしょう」(菊池氏) お次は、同性についても質問。「憧れの女性芸能人」(Q3)は、ビッチが北川景子、モテ女が綾瀬はるか、ピュア子が佐々木希(のぞみ)、という答えが最も多かった。 Q3)憧れの女性芸能人は? 【ビッチ】 [全文を読む]

「両親のいい夫婦」度、小中高生の半数以上が80点以上と回答!~小中高生の「夫婦」に関する意識調査~

PR TIMES / 2013年11月05日11時42分

1)両親の夫婦円満度80% 2)両親のような夫婦になりたい、6割強 3)「両親のいい夫婦」度に点数を付けると、平均71.6点 しかし、半数以上が80点以上と回答 4)小中高生にとっての理想の夫婦関係は「友達感覚夫婦」 5)小中高生の理想の夫婦の働き方は男女間に意識の差が! 6)小中高生の理想の有名人夫婦TOP3 「田中将大・里田まい」夫妻、「HIRO・上 [全文を読む]

2013年秋ドラマ視聴率ダービー!期待ハズレなドラマを辛口採点

アサ芸プラス / 2013年10月17日10時00分

秋ドラマでも“大本命”と言われているのが堺雅人(39)主演の「リーガルハイ」だ。「半沢直樹」の40%超えの勢いそのままに、前シリーズの10%台前半の平均視聴率を大きく上回ると、放送評論家の松尾羊一氏も太鼓判を押す。 「大本命はやっぱり『リーガルハイ』。前作も視聴率はけっこう高かった。堺雅人は『半沢直樹』でガゼン(人気が)出ちゃいましたね。その余韻が続いて [全文を読む]

踏ん張れなかったNHK大河ドラマ『花燃ゆ』、『平清盛』と仲良く並んで“歴代ワーストタイ”を徹底分析!

おたぽる / 2015年12月15日19時00分

来年の『真田丸』(1月10日スタート予定)は『半沢直樹』(TBS系)、『リーガル・ハイ』(フジテレビ系)で高視聴率をゲットし、“新・視聴率男”を襲名した堺雅人が主演を務め、脚本は三谷幸喜。キャストも木村佳乃、長澤まさみ、草刈正雄、高畑淳子、大泉洋、草笛光子、黒木華、内野聖陽、近藤正臣、斉藤由貴、藤岡弘、吉田羊、高嶋政伸、遠藤憲一、小日向文世、桂文枝、鈴木 [全文を読む]

三谷幸喜 「ギャラクシー街道」大不評でNHK新大河「真田丸」に暗雲が…

アサ芸プラス / 2015年11月15日17時57分

終わってみれば、年間の平均視聴率は過去10年でワースト2位という記録的な大惨敗に終わりました」 今回は、主人公の真田幸村に視聴率男の堺雅人(42)を迎え、12年越しのリベンジといきたいところだが、脚本は早くも迷走気味だという。「三谷さんらしいコメディの要素が満載です。幸村の兄で、関ヶ原の戦いでも名を残す信之を大泉洋(42)が演じているんですが、シナリオには [全文を読む]

ワースト視聴率確定!?柴咲コウが踏み込んだ“オンナ大河”のブラックホール

アサ芸プラス / 2015年08月28日09時59分

2016年は三谷幸喜が脚本を手掛け、いまやCMタレントとして認知されている堺雅人が真田幸村を演じる「真田丸」の出陣が決まっているが、早くも再来年、2017年の企画が発表された。 主演は柴咲コウ。タイトルは「おんな城主 直虎」。1500年代半ば、戦国時代に現在の静岡県浜松市にあたる遠江井伊谷の当主を務め、生涯独身を通した強き女性を演じるわけだが、この大河の発 [全文を読む]

「半沢直樹」が主演交代で来年復活!? 半沢役には西島秀俊が内定!

アサ芸プラス / 2014年12月01日09時59分

11月22日に放送された「リーガルハイ・スペシャル」(フジテレビ)は視聴率15.1%を記録し、堺雅人が相変わらずの視聴率男ぶりを見せつけた。これに苦虫を噛み潰した顔をしているのが、堺を視聴率男に押し上げた「半沢直樹」を放映していたTBSだ。一時は「半沢──」の続編制作を断念していていたが、急転直下、来年の放映を決定したというのだ。 「TBSはスケジュールの [全文を読む]

『バカ殿様』志村けんが“セクシー開眼”の長澤まさみに熱烈オファー!「ポスト優香」になる!?

日刊サイゾー / 2017年02月14日09時00分

昨年のNHK大河ドラマ『真田丸』で堺雅人演じる真田幸村の幼なじみを演じ、その“ツンデレ演技”が賛否両論を呼んだ長澤まさみ。同作での着物姿は、いまだ強く印象に残っているが、年明けには一転、1月中旬からスタートした自身初のミュージカル舞台『キャバレー』で、セクシー衣装にチャレンジしている。 ブロードウェイの名作『キャバレー』で長澤は、おっぱいが8割近く見えるコ [全文を読む]

清水富美加「幸福の科学」出家報道で“守護霊インタビュー“=信者の誤解が...実際は星野源から宮崎駿まで勝手に出版

リテラ / 2017年02月12日18時00分

』の新海誠監督、半沢直樹で大ブレイクした直後には堺雅人の守護霊、高倉健や水木しげるが亡くなった直後に高倉健や水木しげるの霊、ほかにもローラ、キムタク、岡田准一、北川景子、菅野美穂、武井咲......など「守護霊にインタビュー」と称して、そのときどきの話題の人物の名前を冠した本を勝手に出しまくっている。ちなみに『アッコにおまかせ!』で驚きの声をあげていた和田 [全文を読む]

第14回「21世紀の連ドラ史」

ソーシャルトレンドニュース / 2016年12月23日11時30分

篤姫を演じた宮崎あおいは大スターとなり、徳川家定役の堺雅人も、その演技力が高く評価された。■2005年のパラダイムシフト俗に、先の『冬ソナ』の大ヒットを受け、テレビの視聴者の構造が女性主導に変わった現象を「2005年のテレビ界のパラダイムシフト」と呼ぶ。現に映画界でも、05年に邦画の興行収入が洋画を逆転。そこから邦画主導の時代になるが、それも映画の観客が女 [全文を読む]

長澤まさみ、上野樹里、高畑充希は「ウザい女」を超越した天才である

Business Journal / 2016年05月01日17時00分

主演の堺雅人が真田信繁(幸村)を演じ、脚本を三谷幸喜氏が務める同作は、初回の視聴率が19.9%(関東地区、ビデオリサーチ調べ/以下同)、第2回は20.1%と、2013年の『八重の桜』以来の20%超えを記録。その後も安定した視聴率を記録し、物語は4月10日放送の第14回から「大坂編」に突入している。 一方、長澤まさみが演じる信繁の幼なじみ・きりの存在が「ウ [全文を読む]

長澤まさみ、『真田丸』での“ウザキャラ“に戸惑いの声...

メンズサイゾー / 2016年02月23日10時00分

主演の堺雅人(42)扮する真田信繁(のちの幸村)の幼なじみで、彼の生涯を支えるパートナーを演じているが、一部の視聴者に違和感を抱かせているようだ。 放送が終わるたびにネット上には、「長澤まさみの"浮いてる感"がハンパじゃない」「着物姿は似合ってるけど時代劇には向いてない」などの手厳しいコメントがチラホラ。彼女が演じる「きり」は1月24日の第3話から登場した [全文を読む]

NHK大河『真田丸』、これからますますおもしろくなっていくぞ!

Business Journal / 2016年02月10日06時00分

主人公(堺雅人)は、多くの人が知っている真田信繁(幸村)である。 信長、秀吉、家康といった大物たちがしのぎを削る激動の時代を、信州の小さな一族である真田家の人びとが、渾身の力と知恵で生き抜いていく。その構造は、どこか昨年の大ヒットドラマ『下町ロケット』を思わせ、判官びいきの日本人の感性に訴えるものがある。久しぶりに、大河らしい大河の登場だ。 注目は、『新選 [全文を読む]

ドラマ美女たちの「フェロモン合戦」をナマ報告!(1)NHK大河「真田丸」ヒロイン・長澤まさみのボディラインに釘付け

アサ芸プラス / 2016年01月30日09時57分

主人公・真田信繁(幸村)を演じる堺雅人(42)ら豪華キャストがそろう中、撮影現場では女優陣たちのあふれんばかりのフェロモンがむんむんに漂っているようだ。撮影に参加したエキストラの男性が振り返る。「女優さんが着ている着物は、生地が薄くてボディラインが浮き出やすいので目が釘づけになります。休憩時間はエキストラの間で誰のお尻が魅力なのか、“品評会”をしちゃいま [全文を読む]

裏の日テレが強すぎるわけじゃ、ない…? NHK大河ドラマ『真田丸』雲行きが怪しくなってきた視聴率

おたぽる / 2016年01月27日09時00分

NHK大河ドラマ『真田丸』(堺雅人主演/日曜午後8時~)第3話が1月24日に放送され、視聴率は18.3%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)と過去最低だった。 初回(10日)は19.9%でスタートし、第2話(17日)は20.1%の高視聴率をマーク。これは、大河ドラマでは『八重の桜』(2013年/綾瀬はるか主演)初回の21.4%以来、丸3年ぶりの大台超え [全文を読む]

NHK大河ドラマ『真田丸』 まずまずのスタートを切ったが“不安要素”も……

日刊サイゾー / 2016年01月14日21時00分

16年のNHK大河ドラマ『真田丸』(堺雅人主演/日曜午後8時~)が1月10日、15分拡大でスタートし、視聴率は19.9%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)と、惜しくも20%の大台超えはならなかった。 初回が20%に乗らなかったことで、「低い」とする向きもあるが、12年の『平清盛』(松山ケンイチ主演)以降の大河ドラマで、初回視聴率が大台を超えたのは、1 [全文を読む]

「NHKのせい」の意見大半も……『真田丸』堺雅人の発言が低視聴率『花燃ゆ』井上真央の傷口をえぐる?

日刊サイゾー / 2015年12月15日00時00分

「来年の大河『真田丸』の初回完成試写会が14日に行われ、主演の堺雅人が出席したんですが、『やるからには皆さんに楽しんでいただきたいのですが、あまり損得ばかり考えると、縮こまった、つまらないドラマになってしまうと思います』と、視聴率は気にしない意向を示しました。堺としては、単にこの作品を成功させる意気込みだったのでしょうが、このセリフは井上にとっては痛いで [全文を読む]

田口淳之介、KAT‐TUN脱退! 5月公演で見せた「涙」と「一生忘れないよ」のメッセージ

サイゾーウーマン / 2015年11月25日09時00分

出演した作品も話題作が多く、堺雅人主演で12年に放送された連続ドラマ『リーガル・ハイ』(フジテレビ系)は続編が制作されるほどヒットし、昨秋放送の綾瀬はるか主演『きょうは会社休みます。』(日本テレビ系)も、平均視聴率16.0%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)を獲得。今年の4月からはグループのレギュラー番組『KAT‐TUNの世界一タメになる旅!』(TBS系)も [全文を読む]

AKB48がついにランク外へ……「2014年テレビCM量」に見る広告業界の“AKB離れ”と、メンバーの不安

日刊サイゾー / 2015年02月27日20時30分

ランキング上位には、上戸彩(1位)、堺雅人(2位)、松岡修造(3位)、堀北真希(6位)といった、出稿数の多い携帯電話会社のCMに出演中のタレントが名を連ねたほか、昨年ブレークした西島秀俊(4位)や、同ランキング常連の武井咲(5位)らがランクインした。 一方で、2013年に4位だった大島優子や、8位だった島崎遥香はランク外へ。AKB48が初めてトップテン入 [全文を読む]

フォーカス