旦那 堺雅人に関するニュース

ママが選んだ「旦那にしたい芸能人」一番人気はあの超イクメンパパ!

Woman Insight / 2015年08月09日19時00分

そしてこんな人が旦那さんだったら~なんて夢までふくらむのです♪ そんな妄想大好きな主婦って私だけではないのでは? マザーファースト株式会社が20代~30代のママさんに調査したところ、いました、いました! 私のように妄想族の主婦のみなさん!! 今回はそんなママたちに「旦那にしたい芸能人」を尋ねてみました。それでは一気に紹介しましょう。 Q. 旦那にしたい芸 [全文を読む]

ママさんに聞きました!結婚相手を決める上で重要だと思うこと・・・顔重視派は意外にもたった一割! 「旦那にしたい芸能人」第一位はつるの剛士さん! 【ママタントリサーチ部】

DreamNews / 2015年08月03日09時00分

旦那にしたい!「つるの剛士」さんが大人気!【質問】 「この人が旦那ならよかったなー!」そう思う芸能人はいますか? いるなら、できれば理由も一緒に教えてください。★つるの剛士さん・つるのたけし 優しくて家族おもい (25~29歳)・『つるの剛士』 かっこいいし、超イクメンパパだから! (35~39歳)・つるのたけし イクメンだから (35~39歳)・私はつ [全文を読む]

ママが選ぶ今シーズンの「ドラマの主役」2位が相葉クンで1位は…アノ人!

Woman Insight / 2015年06月15日15時50分

4位 家路久(木村拓哉) 『アイムホーム』 【理由】回を重ねるごとにいい旦那、 父親に変化していって観ていて幸せな気分になる。 3位 日野倫太郎(堺雅人) 『Dr.倫太郎』 【理由】相手に最大の思いやりを持って接する姿と、ストレスを吐き出す時の人間くさい姿のギャップがとてもおもしろい。 2位 倉田健太(相葉雅紀) 『ようこそ、 わが家へ』 【理由】気が弱 [全文を読む]

≪主婦が選ぶ、今期のドラマで好きなキャラクター≫第1位は、木村文乃さん演じる『マザー・ゲーム』の蒲原希子!今期一番のハマリ役、憎まれ役のキャラクターは?

PR TIMES / 2015年06月04日09時32分

4位 家路久(木村拓哉) 『アイムホーム』【理由】回を重ねるごとにいい旦那、父親に変化していって観ていて幸せな気分になる。5位 白鳥咲人(山下智久) 『アルジャーノンに花束を』【理由】知的障害があり子供のような言動だったのに、(手術で)知能を得てからはだんだん男らしくなり、ドキっとする。 [全文を読む]

「ひよっこ」に「真田丸」名台詞登場!“大河パロディ”続きファン歓喜

モデルプレス / 2017年09月06日14時51分

世津子を演じる菅野と信繁を演じた堺は夫婦ということもあり、ネット上では「世津子さんのリアル旦那の名台詞をみね子が!笑」「真田丸風味の今朝のひよっこ」「信繁の奥方を救出せよってことか」「ヒデとヤスハルがそれっぽく返事するのも最高」「真田丸ロス復活…もうすぐひよっこロスにもなるのに」などと反響。 『ひよっこ』では、以前にも現在放送中の『おんな城主 直虎』とコ [全文を読む]

”引退報道”で評価が上昇?女優らしからぬ堀北真希の素顔

デイリーニュースオンライン / 2016年03月31日12時04分

バラエティ番組などに出演しても、前へ前へ出て行けるタイプではなく、本質は、家庭的で旦那さまを裏でしっかりと支える女性なのでしょう。 彼女のイメージとしては、引退というよりは、堺雅人(42)さんご夫妻のように、基本的には夫が働き、単発の仕事を、妻である菅野美穂(38)さんのようなペースでやっていくことを考えていると思います。お子さんも早めに欲しいようですし。 [全文を読む]

これであなたも「アゲマン」に!彼の運気を上げる女子の特徴3つ

Woman Insight / 2015年10月09日18時30分

株式会社ウエディングパークが、20代~30代の女性102人を対象に行った調査によると、女性の6割以上が彼氏や旦那の運気を上げたと実感していることが判明。その決め手はパーナーからの愛情!? いやいやそれだけではないようです! そこで今回は、幸福をもたらす女性になれたという人の習慣をチェック! すると、運がいい女性が心がける共通の習慣が見えてきました!! と、 [全文を読む]

出ると視聴率が下がる!? 業界で密かに嫌われる「逆・視聴率タレント」とは

メンズサイゾー / 2013年10月21日10時00分

青田さんだけ出て、旦那の話をするくらいがちょうどいい。あとはチラッと自宅のプライベートビデオに映るとか」 確かに今や単なる「エロ夫婦」という“くくられ方”しかされない2人。それにしても若い視聴者には「安全地帯の…」と言っても通じないのかもしれない。ワインレッドも遠くなりにけり、である。 他には、未だ不倫騒動が尾を引きずっている麻木久仁子や、動物だと「ヘビ」 [全文を読む]

フォーカス