堺雅人 吉瀬美智子に関するニュース

ドラマ「Dr.倫太郎」の原案小説「セラピューティック・ラブ」は堺雅人を想定して書かれた小説?

メディアゴン / 2015年04月24日09時41分

高橋秀樹[放送作家/日本放送作家協会・常務理事/社会臨床学会会員]* * *日本テレビ木曜夜10時から放送の堺雅人主演「Dr.倫太郎」で、原案とクレジットされる小説「セラピューティック・ラブ」(治療的な愛とでもいうような意味か)を読んだ。著者は清心海(せい・しんかい)氏。精神科医に当て字したものだ。プロフィールを見ると、雑誌記者を経て、精神科医になったとい [全文を読む]

「私は芝居がうまくない」女優・吉瀬美智子を成功に導いた信念と覚悟

ダ・ヴィンチニュース / 2015年07月29日06時30分

驚いたのは、『Dr.倫太郎』で、あの堺雅人と肩を並べていたこと。周りは蒼井優、高畑淳子、小日向文世ら演技派ぞろい。いま絶好調の堺雅人の主演作とあって、選ばれた役者だけが出演している印象があった。 知らないうちに? というより、驚くほど自然に“元モデル”から“女優”へと見事な転身を遂げた吉瀬美智子。本書には、女優を始めたきっかけや、これまで何を感じて何を実 [全文を読む]

<ドラマ「Dr.倫太郎」が第3回目にして停滞?>物語が前に進まない連続ドラマは見るのが辛い

メディアゴン / 2015年05月03日12時25分

堺雅人が天才精神分析家という役を演じているからである。しかし、3回目にしてドラマは止まってしまった。連続ドラマなのにストーリーが前へ進まない。前へ前へ、話が進まないドラマは見るのが辛いと感じるのは筆者だけではあるまい。しかも、ドラマの構造は毎回同じだ。新橋芸者の夢乃(蒼井優)と母(高畑淳子)とのあいだになにやら確執があるが、それを知らずに、倫太郎は、次第に [全文を読む]

<堺雅人は日野倫太郎をどう演じるのか>「Dr.倫太郎」が描くのは日本に30人しかいない絶滅危惧種となった精神分析家

メディアゴン / 2015年04月17日09時37分

水曜夜10時、堺雅人主演の日本テレビ「Dr.倫太郎」である。なぜ見る気になったかは後ほど述べる。俳優・堺雅人を筆者はずっと見てきた。テレビではなく映画である。「ジャージの二人」(2008)、「南極料理人」(2009)、「クヒオ大佐」(2009)。皆、すばらしい出来であった。特に結婚詐欺師を演じた「「クヒオ大佐」は、役に堺雅人が憑依していた。俳優・堺雅人は役 [全文を読む]

“病んでる系”ドラマ対決は、堺雅人『Dr.倫太郎』が圧勝、木村拓哉『アイムホーム』との一騎打ちへ

日刊サイゾー / 2015年04月17日00時00分

今クールの大本命ともいわれる堺雅人主演ドラマ『Dr.倫太郎』(日本テレビ系/毎週水曜22時~)が15日にスタートし、初回視聴率13.9%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)を記録した。 「前クールの柴咲コウ主演『○○妻』の初回14.4%には、わずかに及ばなかったものの、裏番組の阿部サダヲ主演『心がポキッとね』(フジテレビ系)第2話の7.5%には余裕の圧 [全文を読む]

堺雅人興奮!蒼井優、吉瀬美智子ら追加キャスト発表

Smartザテレビジョン / 2015年03月03日06時00分

日本テレビ系で4月から放送される、堺雅人主演の新ドラマ「Dr.倫太郎」から、蒼井優、吉瀬美智子ら追加キャストが発表された。 同作は、堺演じる人気精神科医・日野倫太郎がさまざまな症状を持つ精神疾患患者たちと向き合い、その心に寄り添うことで治療していくストーリー。 さらに、「恋愛なんて一過性の精神疾患だ」とたかをくくっていた倫太郎が、ある女性との出会いから本物 [全文を読む]

『リーガルハイSP』の番組中に流れたCMが話題 「絶妙すぎ」「フジもスポンサーもGJ」

AOLニュース / 2014年11月23日18時15分

それは同番組の「折り返し」にあたる22時台から徐々に流れたCM群で、同番組に出演し、主要な役どころを勤めた面々のうち、堺雅人、新垣結衣、吉瀬美智子について、それぞれ「顔」 となっている企業・商品のCMが、ドラマの流れにあわせるかのように、絶妙に配置されていたというもの。しかも、堺については現実の世界で妻である菅野美穂のCMまで流れるというひと幕もあり、注 [全文を読む]

ニコニコの堺雅人、ガンガン喫煙の蒼井優……大盛り上がりの『Dr.倫太郎』打ち上げ模様

日刊サイゾー / 2015年06月30日13時00分

精神科医という難役から解放されて、スッキリした様子でした」(芸能事務所関係者) 堺雅人主演で平均視聴率12.7%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)を記録した『Dr.倫太郎』(日本テレビ系)の打ち上げが、先日都内のレストランで行われた。 「クランクインは2月末で、撮影期間は3カ月半近くありました。難しい専門用語が多い中、堺さんは自分で本を買って勉強していました [全文を読む]

堺雅人 大河撮影前の2か月休暇を妊娠中の菅野美穂に捧げる

NEWSポストセブン / 2015年06月29日16時00分

主演の堺雅人(41才)をはじめ、蒼井優(29才)、吉瀬美智子(40才)、内田有紀(39才)、小日向文世(61才)などが参加した1次会は夜7時にスタート。夜10時過ぎには、場所をダーツやビリヤードも楽しめるバーへと移し2次会へとなだれ込んだ。 「もともと夜12時までの予定だったんですが、お酒もすすんでヒートアップしていたこともあり“朝までやっちゃおう!”って [全文を読む]

堺雅人 シャンパン20本!歓喜の打ち上げ姿に「ホストみたい」

WEB女性自身 / 2015年06月26日06時00分

それもあってか、この日の打ち上げを『最後の楽しみ!』と首を高くして待っていましたね」(日本テレビ関係者) 最終話が平均視聴率13%を記録し、全話を通して2ケタ台をキープした堺雅人(41)主演ドラマ『Dr.倫太郎』(日本テレビ系)。その打ち上げが6月18日、都内のパーティ会場で行われていた。 午後7時前になると堺や蒼井優(29)や吉瀬美智子(40)などが会場 [全文を読む]

なぜ「Dr.倫太郎」は「精神科ではなにが行われるのか?」という視聴者の興味が描かれなかったのか?

メディアゴン / 2015年06月23日07時00分

すべて見た理由は主人公の日野倫太郎(堺雅人)の役が精神分析家だからである。筆者が一番関心を持っていたのは倫太郎が行う精神分析の様子であったが、それ自体は最終回までついに登場しなかった。この点は非常に残念であった。しかし、精神分析過程はドラマとしては難解すぎて、見る人には理解の外にあるからであろうから、賢明な選択だったかも知れない。さて、これから書くことは第 [全文を読む]

蒼井優がドラマ「Dr.倫太郎」で見せた大胆シーンとは?

アサ芸プラス / 2015年06月17日05時57分

堺雅人(41)主演のドラマ「Dr.倫太郎」(日本テレビ系)で、蒼井が演じるのは置屋の売れっ子芸者。幼い頃に母親から虐待を受けたトラウマから解離性同一性障害(多重人格)を患い、堺の勤務する大学病院に通っていた。 5月20日に放送された第6話では、蒼井の治療を拒否するように、別の人格がみずからの体に落書きをしてしまう。 外出先の公園で精神科医の堺や同僚の吉瀬 [全文を読む]

<ドラマ「Dr.倫太郎」への期待>主人公・堺雅人と蒼井優に課された「禁欲原則」

メディアゴン / 2015年05月07日07時00分

主人公の日野倫太郎(堺雅人)は、精神科医の中の精神分析家である。病院内では脳科学を信奉し、患者の心に寄り添わないくすりを処方するだけの医師と対立している。心理療法の技法の一つ「精神分析」は科学的証拠がないことが批判されて、本場のイギリス、アメリカでも劣勢である。英米では、分析を受けることは、いまや富裕層の娯楽、ステイタスだと認識されている。宗教であるとする [全文を読む]

「Dr.倫太郎」第3話は夫婦のDV疑惑に向き合う

Smartザテレビジョン / 2015年04月28日22時34分

堺雅人演じる精神科医・倫太郎が、患者や周囲と向き合う姿を描くドラマ「Dr.倫太郎」(日本テレビ系)。4月15日の初回放送では平均視聴率13.9%、4月22日の第2話では13.2%(視聴率はビデオリサーチ調べ、関東地区)を記録し好調が続く。 4月29日(水)放送の第3話では、主婦の小林弓子(宮本真希)が階段から転落し、病院に運び込まれる。外科医の百合子(吉瀬 [全文を読む]

『Dr.倫太郎』ハリセンボン近藤春菜の“女優ぶり”に各方面から絶賛の声「オファー相次ぐ」

日刊サイゾー / 2015年04月28日09時00分

主演の堺雅人が1年半ぶりの連ドラとあって注目される精神科医の物語で、内田有紀や吉瀬美智子らと共演した。 この回の視聴率は平均13.9%(ビデオリサーチ調べ/関東地区)と突出した数字ではなかったが、近藤はゲスト出演で、重要な仕事を任されたことに嫉妬した同僚から嫌がらせを受け、うつになる役を好演。堺が演じる倫太郎の名医ぶりを際立たせていた。 精神的に病んだ様子 [全文を読む]

期待外れの数字でも、堺雅人が「Dr.倫太郎」の番宣に出たがらない理由

アサ芸プラス / 2015年04月22日09時59分

4月15日スタートの堺雅人主演ドラマ「Dr.倫太郎」(日本テレビ系)の初回視聴率が13.9%を記録。4月期の民放ドラマでは、木村拓哉主演「アイムホーム」(テレビ朝日系)の16.7%に次ぐ数字だ。「ですが、もともと『半沢直樹』(TBS系)の続編を蹴って出演したという噂があり、前評判が高かったので期待外れという声もあります。それに『半沢直樹』や『リーガルハイ』 [全文を読む]

「一緒に堕ちよう...」 蒼井優、話題の新ドラマで美しく謎めいた“心に闇を抱える“芸者を好演

メンズサイゾー / 2015年04月16日23時00分

数字を稼げる演技派俳優・堺雅人(41)が主演を務める同ドラマ。初回の平均視聴率は13.9%(ビデオリサーチ、関東地区調べ/以下同)と、フジテレビ系の月9ドラマ『ようこそ、わが家へ』の13.0%を超えて、いまのところ今クールの連ドラではトップの数字を獲得した。 堺が演じるのは人々の心に寄り添う優しきスーパー精神科医。仕事には熱心だが「恋愛とは一過性の精神疾 [全文を読む]

阿部サダヲ主演『心がポキッとね』に「期待外れ」の声続出、山口智子の演技は「昭和すぎる」と微妙な評価

日刊サイゾー / 2015年04月09日20時30分

今回も、偶然の出会いから始まっているため、ドラマの世界観に入り込めない視聴者もいるようです」(テレビ誌記者) 15日からは、裏番組として堺雅人主演ドラマ『Dr.倫太郎』(日本テレビ系)がスタートする。 「次回以降、いよいよ『Dr.倫太郎』との“水10”視聴率対決が始まる。『Dr.倫太郎』には、ヒット作続きの堺のほか、蒼井優や吉瀬美智子といった人気女優が出演 [全文を読む]

「Dr.倫太郎」堺雅人は半沢直樹に似ている!?

Smartザテレビジョン / 2015年04月06日14時40分

日本テレビ系で4月15日(水)からスタートする堺雅人主演の連続ドラマ「Dr.倫太郎」。堺演じる精神科医・日野倫太郎が悩める人々の心に寄り添い、その心の傷を癒やそうと奮闘する姿を描く同作で、倫太郎の幼なじみの外科医・水島百合子役を演じる吉瀬美智子が、絶賛撮影中の現場の模様を語った。 堺と吉瀬は「リーガルハイ・スペシャル」('14年フジテレビ系)以来の共演。「 [全文を読む]

究極の選択!? 堺雅人『Dr.倫太郎』VS阿部サダヲ『心がポキッとね』水10対決が波乱の予感

日刊サイゾー / 2015年03月05日00時00分

ヒット続きの堺雅人が主演を務める連続ドラマ『Dr.倫太郎』(日本テレビ系/水曜22時~)のキャストが3日に発表され、視聴者の期待感が高まっている。 同作は、柴咲コウ主演『○○妻』の後番組として、4月にスタート。堺が演じるのは、天才精神科医でありながら、恋愛は全く不得手の倫太郎。そんな彼の人生を、蒼井優演じる売れっ子芸者との出会いが大きく変えていく。 堺、蒼 [全文を読む]

フォーカス